やる夫が徳川家康になるようです 34 (AA(アスキーアート)) 4245回

2008/10/19 10:17┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
やる夫が徳川家康になるようです 33 
http://moemoe.mydns.jp/view.php/14445



203 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 13:52:04.07 ID:4Da2VQko
第34話「父と兄と弟と」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取り、
そして泰平に導くまでの、苦難の物語である。


       ____
    /      \
   /  ─    ─\      皆の者、ご苦労であったお。
 /    (●) (●) \   
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      今後とも、幕府のために尽くすように。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

1615年5月9日、徳川秀忠、京都に凱旋。
5月10日、やる夫、諸大名を前に労をねぎらう。
5月15日、公家衆等からも祝いの挨拶を受ける。


216 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 13:54:34.42 ID:4Da2VQko
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\    戦が終わりましたお。
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


そして5月16日にはやる夫自ら朝廷に赴き、戦勝報告を行なう。
大坂城の戦いは終わった。これ以降「島原の乱」など、
内乱的な戦乱や一揆は起こるものの、戦国時代のような、
家と家と大規模な戦争、というものは無くなった。
戦国時代は終わったのである。

この年の7月には、元号が「慶長」から「元和」に変わったが、
この事から、これを「元和偃武」と言う。


222 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 13:57:16.12 ID:4Da2VQko
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |

更に豊臣宗家に味方した浪人狩りが徹底して行われた。
もともとが食い詰め浪人達であり、これを放置しておくことは、
治安の上でも良くなかった。


232 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 13:58:58.96 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  ……冷酷なようだけど、
/    (─)  (─ /;;/   これら浪人達は、
|       (__人__) l;;,´    戦争がなければ食っていけない連中だお。
/      ∩ ノ)━・'/    これからの時代には不要な人間なのだお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

       ____
    /      \
   /  ─    ─\   戦争以外に食う能力のある人間は、
 /    (●) (●) \   関が原から大坂城の戦いまでの間に、 
 |       (__人__)    |  たいてい、新しい職を見つけているお。
 \     ` ⌒´   /  だから……豊臣に味方をした浪人は、
                真田や後藤、毛利などの一部を除けば、
                たいていが荒くれ者ばかりだお。


242 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:01:18.10 ID:4Da2VQko
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、  人殺し以外に能の無い連中、と。
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l  ……乱世ならば良いでしょうが、
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',  これからの時代においては、
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、 全くもって不必要な人間達です。
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii   豊臣の味方をした浪人達は、
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l  徹底して見つけだし、殺すべきです。
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  …………うん。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

やる夫は思った。こうなることが解っていたからこそ、最後の戦いで、
真田信繁も毛利勝永も、そしてその部下達も死に物狂いで戦ったのだろう、と。

信繁や勝永は、自身の意地なり、豊臣宗家への忠誠なりで戦っていたのだろうが、
その部下達は、ここで負けたら、もはや後が無いと思ったからこそ、
決死の突撃を、やる夫に対して行ったのだ。


254 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:03:55.60 ID:4Da2VQko
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ……それでは正純、浪人狩りを徹底して行うお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  また、行方不明の、豊臣秀頼の子供も、
 |        ̄      |  絶対に見つけだすんだお。
 \              /



      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',


そして、豊臣秀頼の息子一人と、娘一人が見つかり(共に側室との子供)、
京都所司代、板倉勝重のもとへ連行された。


262 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:05:36.78 ID:4Da2VQko
         ____
       /      \
      /  ─    ─\   ……そうかお。案外、早かったお。
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\   娘のほうは、女でもあり、お千の養女でもあるから、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\  寺に入れて助命するがいいお。
  |     |r┬-|       | ……ただし、男のほうは、許すわけにはいかないお。
  \     ` ー'´     /  これは、殺すのだお。

こうして、秀頼の息子の国松は、5月23日、斬首された。享年8。

武家の子供は、たとえ小さくても、男であれば普通、殺された。
……はるか昔、平清盛は、若い源頼朝と、幼い源義経を助命したが、
成人した二人は、やがて平家を滅ぼした。
ここで豊臣国松を生かせば、徳川家が平家になりかねないのである。


269 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:07:37.31 ID:4Da2VQko
    ,/                                 .``''1エiiiiエ:i''"         美iiw
   /,i'                                  ,,ィ''jl||||||||||llii:;、     w,, 美'"
`i、,i',/                                  ``''1エ皿エ:i''"   美、 |!洲  w
.|i;: ;| .「 レ  _,,,/                            ,,ィ''jl|||||||||||li美=w、 美!:llll|,美=w"
リi ;リ,r'"~ソ .k; ;/ `7=================================rク ``'1エ皿エ:i''" wii=美 `wii'"美'"
:!i ;イ ji; ;l._,, |i; ;j= モ//リ,.',.',.',.',.',.',.',.',.',.',.',:,i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i//リヲ/ヨ、. ww美w、     `=美、洲  美w
ji;: ;j==<_,,.fi; ;L .モ//リ i',i',i',:',:',:',:',:',:',:',:,:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j'// リヲ/゙i、ヨ、   "''美ii ィ-//  |!洲|,,r'"`w
fi;: ;| |i; :i,=-|i: ;|. モ// リ,i',i',',i',i',;',;',;',:'',:',:',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',j,'// リヲ/:l|_゙i、ヨ、.wii美''" "'=w美=美、洲~
|i;: ;|=''""~ fi: ;i モ//リ i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'// リヲ/jl||lllll゙i、 美=wii美i!_ ~美_>美、:|_,==美
|i;: ;| イi ;ノ='''" モ// リ;,i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',// リヲ/jlll||lllll__゙i、ヨ、 `美`美_~美=|!洲:j~ l: ;iL
ji;: ;j fi;: ;| i: ,r'/; / リ,;',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i','//r'、\kkkkkkkkkk .美、  "美~^'=j!:洲:|_,=-美
li;: ;| |i;: ; ,,r''/盒 j,;',:',:',i',:':,i',:',i',:',i',:',i',i',i',:',i',i',:',i',i',:',i',i',' 盒リ`i、':、\kkkkkk 美=w美w,,_wL. |!:洲_美=iiw
;; ,、 _,,-'',r''":,:',;',;',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',i',i',i',i',i',i',i',i',i'`i、 '::、゙i、kkkkkkkkk"''美;''==、_j!:洲;L_,,美=
 {l,,r''",:',:',:',:',;',;',:',:',:',:',:',:',:',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',:',i',`i、 ';〔〕kkkkkkkkj;i='j: :;il ,=~!!:洲イ'" ;ij
;;: :``ミ牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟牟彳[jjjjjjjiiiiiilllllll  j: :;ijソ ト:洲:;| .l: ;i|
;;: ;| |i;: ;j ;: i:. | |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |―‐| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 .|: :;i|  .f!:洲:L_,,wii
;;: ;lリ _ ,,从 ! : | |iiiiiiii| |甬ヨ| |甬ヨ| |fjfjfj f甬ヨ| |甬ヨ| |iiiiiiii| |:|llll|:|lll|:|lll||ll||ll|| 川川 j: :;ij  .j!:洲;j'".: ;ij
- '''^::::::::: ::::::: | |―‐| |冊ヨ| |冊ヨ| |fjfjfj f冊ヨ| |冊ヨ| |―‐| |:|llll|:|llll'jl:-‐::'''",>  .|: :;i|  .|!;洲;| ,|: ;i|
::::::::::::::::::_,,-‐└― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠― 亠ーー┴、'''"~ _,:-;‐ij"i!    .从 ;l、 |!;洲:j~^'' '"
::::::::::::  '====ィ=== ィ=== ィ====ッ:―‐ッ====ィ=== ィ=====;ィ==i:ii"[l! ‐'::~::::::::::::~゙゙ - '"'::::|!::洲:|:::::::::
   :::::::::::::::::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::::j','三j'j::::::: ::::Ll,!;:::::Ll,!;:::::Ll,!;::└'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   f!;i洲;l:::::::::
       :::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::: ̄:: ̄:::::::::::::: ̄::::::: ̄::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   |!;j洲:|

娘のほうは助命され、寺に入れられた。
その後、天秀尼という名前で1645年まで生き、37歳で死んだ。
ここに、豊臣秀吉の直系の子孫は断絶した。


279 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:09:18.27 ID:4Da2VQko
         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,-  ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______


更に幕府の処置は続いた。
豊臣秀吉は死後「神」となり、「豊国大明神」として祀られたが、
この神号を剥奪され、「国泰院俊山雲龍大居士」に改められ、
供養も、明治維新後に復活するまで、仏法式ということになった。

秀吉が祀られている豊国神社も破壊されることになったが、正室のねねが嘆願し、
本殿だけは残った。だがそれらも、三代将軍家光の時代には破却されてしまった。


297 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:11:45.66 ID:4Da2VQko
      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o     な、なんちゅう量だおww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /


6月2日、大坂城の焼け跡から掘り出された金銀がやる夫の元へ届いた。
その数は、大判で金が約28000枚、銀が約24000枚だった。


315 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:13:59.77 ID:4Da2VQko
 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ //   '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、  
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`  大量ですね……
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l  
  i:j::::::::|i                   / ,'::::::::::::::::::::',  幕政のために、
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、 ありがたく使うとしましょうか。
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii  
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l  
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\    そうするがいいおww
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   でも、本当によくまあ、こんなに貯めたもんだお。
  |    /| | | | |     |   これだけあるなら、幕府の未来のために、
  \  (、`ー―'´,    /   埋蔵金にでもしようかお?wwwうはwww
       ̄ ̄ ̄
かくして豊臣に関する処置は終わった。


335 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:16:33.62 ID:4Da2VQko
しかし……

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   …………。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ……父上。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 


346 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:18:17.25 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  /  \ /\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ……忠輝のこと、なのですが。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

やる夫の息子であり、秀忠の弟、松平忠輝。
……彼は、今回の大坂夏の陣前後の行動に、問題が多かった。


354 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:19:57.94 ID:4Da2VQko
ここで時間は、夏の陣より少し前に戻る。



  (((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))   急げ急げ!
    ((:: :;;  (´・ω・)っ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど・・・・・
          i_ノ┘

         ∧__,∧ 
      ⊂( ´・ω・`)     はいやー!戦いに遅れるな!!
        ヽ    )
         /ヾ∧   
        彡| ・ \
         彡|  丶._)つ
        ( つ ~~/
⌒ヽ     /   ⌒)    Y⌒ヽ
  人    /__ し   ノ⌒ヽ  人 ズドドドド…
Y⌒ヽ)⌒ヽ し   Y⌒ヽ   Y  )⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


夏の陣の直前。秀忠の旗本2人と、兵士20数名が、馬に乗って急いでいた。


367 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:22:17.69 ID:4Da2VQko

         _,,,,---,,-'''''~~~~~\_,,--,,,__,,,,--'''''-'~~'~/ ヽ,,_
       __ /;;;;;;;;::::::;;:;;;;;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ-,,_
   _,,,-(~~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::;;;;;;:::::::::;;;;;;;:::::::::::::::::.....ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::\~~~~''''ヽ
 _/;;;;;;;;;;::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (::::::::::;;;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;::::::::::::::::;;;;;;::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;:;:;:;:;:;:;:\
 l;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶 ___::::::::::::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;:::::::::::'---;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ..:;:;:;:;:;:;ヽ、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;~ /::::::::::::/::::::::::;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;:;:;:;:;:;:;:\
(_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,__i_i_i_i___,[]n「「「「[][]nnnn_ nn[][]nnnnn_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,_,-------''''''''''''''''''''~~~~~~~~~~~~~
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~''-,,,_~'''''--,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ~'''-,,_  ~~''''-,,,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ~'''-,,_    ~~''''-,,,,_〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜   ~''''-,,_    ~~'''''-,,,,_〜 〜 〜 〜 〜 〜
 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜   ~''''-,,,_     ~~''‐-,,_ 〜 〜 〜 〜
〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜 ~''‐-,,,_     ~'''''‐-,,_ 〜 〜
 〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  ~'''-,,,_      ~~''--,,,
〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜   ~'''-,,_
 〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜 ~''''-,,,,_
〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  〜  ~''''-

そして、近江の守山……。


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ   ……なんとしても、あの兄貴より手柄を立ててやる……
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

ここを、忠輝が進軍していた。


378 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:24:03.19 ID:4Da2VQko

         ∧__,∧ 
      ⊂( ´・ω・`)     はいやー!戦いに遅れるな!!
        ヽ    )
         /ヾ∧   
        彡| ・ \
         彡|  丶._)つ
        ( つ ~~/
⌒ヽ     /   ⌒)    Y⌒ヽ
  人    /__ し   ノ⌒ヽ  人 ズドドドド…
Y⌒ヽ)⌒ヽ し   Y⌒ヽ   Y  )⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ……!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

秀忠軍の兵士がやってきて、そして、馬に乗ったまま、忠輝を追い越そうとした。


388 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:25:31.77 ID:4Da2VQko
      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L   (こいつは兄貴の旗本か……
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒    この俺を、馬に乗ったまま、追い越していくとは。
    )    Y    (         無礼なやつ!!
   /γ⌒     ⌒ヽ\        兄貴は俺を嫌っているようだが、
  /  |         |  ヽ       それが部下にも伝染したか!?
  |   ヽ__人__ノ   |       おのれ……俺をなめるな!!)
  \     `ー'´     /


         ∧__,∧ 
      ⊂(u´・ω・`)     ウギャア 秀忠サマーン!!
        ヽ    )
         /ヾ∧   
        彡| ・ \
         彡|  丶._)つ    ズバーッ!!>
        ( つ ~~/
        /   ⌒)   
        /__ し  
        し   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

忠輝は「無礼討ち」として、秀忠の家来を斬り捨ててしまった。


408 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:27:55.76 ID:4Da2VQko

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっははは、
        )    Y    (      愉快痛快!!
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   この俺をなめるから、こうなるんだ!
  ((  |   |          |   .|
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ
     \     `ー'´   /

さらに忠輝は道明寺の戦いで遅刻し、
また、翌日の夏の陣最終決戦であった天王寺・岡山の戦いには、
のんびりと行軍してきた上、めぼしい手柄もあげなかった。


425 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:30:08.37 ID:4Da2VQko

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ……俺はどれも間違っていないぞ。
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    徳川一門たるこの俺を、乗馬の上、抜き去った旗本が悪い。
    )    Y    (      道明寺の戦いでも、大将たるこの俺が、最後に来るのは当然。
   /γ⌒     ⌒ヽ\     天王寺・岡山の戦いでも、真田と毛利が父上の本陣に突っ込んだが、
  /  |         |  ヽ   俺も俺なりに必死に動いたのだ!
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

              __
             /: : : : :`ーv - 、
            /: : : : : : : : : : i: : : :丶
            l: : : : : : : : : : :ノ: : : : : }  ……左様。我々は間違っておりません……。
             」: : く  ̄ \: ll: : :_: : :ノ
           (Iヽ_/ヽ,ニミ  ` '_´ ィ: /
      r- 、  __ 千于i___ ノ <t:ァ`i'´
      ゛-'、ノ\_つl l l __  _ /  /
       /_>´ ̄ `i   r`=y'` /
       」  ‐'二二) lヽ_ 二__/
    ... -‐' ヽ    _二i ヽ:_:_:_:_:l ヽ‐-、
/ ̄      〉  < ヽ__/、 .,l /l |    ̄\

……なお、伊達政宗もまた、大坂夏の陣ではひとつの事件を起こしている。
5月7日の大決戦の際、伊達隊の前方には幕府軍の神保相茂隊が配置されていた。
神保隊は明石全登の攻撃を受け、総崩れになったが、後ろにいた政宗は、自軍が巻き込まれるのを防ぐため、
同じ幕府軍の神保隊を砲撃し、撃ち殺した、というのである。

混乱していた戦場である為、状況がはっきりと解らず、
結局、幕府は政宗の「自軍が巻き込まれるのを防ぐため」という言い分を通し、
伊達家はお咎めなしとなった。


449 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:32:51.27 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  /  \ /\    仮にも将軍家たるこの私の部下を殺しておいて、
  /   (●) (●)ヽ   謝罪も何もないとは何事だ!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   せめて一言、何か言いに来たらどうなんだ!   
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

これらの忠輝の動きを知った秀忠は激怒した。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  …………。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

やる夫も、快くは思わなかった。


462 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:35:16.61 ID:4Da2VQko
       ____
    /      \
   /  ─    ─\    これはまずいお。
 /    (●) (●) \   せっかく、豊臣宗家を倒し、
 |       (__人__)    |   幕府の安定が望めると思ったのに。
 \     ` ⌒´   /

            ____
  +        ./ \  /\ キリッ
        / (●)  (●)\    ここは、やる夫と秀忠、そして忠輝の3人で、
      /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒  \   よく話し合ってみるべきだお。
      |      `-=ニ=-      |
      \      `ー'´     / +

やる夫が戦勝報告のために、朝廷を訪れたことは、この話の最初のほうで触れた。
やる夫は、この朝廷訪問に、忠輝を伴って行こうとした。


477 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:37:17.04 ID:4Da2VQko
             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \   忠輝!
      /( ●)  (●)\ )   やる夫と秀忠と一緒に、朝廷に行くお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

やる夫、秀忠、忠輝の3人で集まり、話し合うべきだと思ったのだ。


483 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:38:33.05 ID:4Da2VQko
だが……

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ……舅殿。
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    父上が朝廷に共に行こうということだが、
    )    Y    (      これはどうであろうな?
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

              __
             /: : : : :`ーv - 、
            /: : : : : : : : : : i: : : :丶
            l: : : : : : : : : : :ノ: : : : : }  ……左様ですな。
             」: : く  ̄ \: ll: : :_: : :ノ  大御所様も将軍家も、
           (Iヽ_/ヽ,ニミ  ` '_´ ィ: /   この度の婿殿のお働き、
      r- 、  __ 千于i___ ノ <t:ァ`i'´   ご不満の様子……
      ゛-'、ノ\_つl l l __  _ /  /     ……行けば必ず処罰されましょう。
       /_>´ ̄ `i   r`=y'` /
       」  ‐'二二) lヽ_ 二__/
    ... -‐' ヽ    _二i ヽ:_:_:_:_:l ヽ‐-、
/ ̄      〉  < ヽ__/、 .,l /l |    ̄\



501 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:40:27.53 ID:4Da2VQko
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ……そうだな。俺は嫌われているからな。
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    では、病気とでも言ってことわるか。
    )    Y    (      
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

                  r ;;;;;;;;;;;;;;;; .'^-;,_ ;;;;;;;;;;; ヘ ;;;;;;; _, '^ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
                  ヽ ;;;;;;;;;;; i   ` - ,_;;;; l `, ,.-'   ヽ ;;;;;;;;;;;; /
                   ヽ ;;;;;;;i _,-、           ,;- 、i ;;;;;;; /  いいえ、
                    ヾ;;;;i  "ヽヽ,       ,.-'"   ヽ;;;/,.,  それだけではなく、
                   r"`ヽi    ─` "-,_.  -,.'"-tuーュ  i;;" ヽ 領国に帰ってしまうのがよろしいかと。
                   i ヽ, i;i  l"     `│:::  `  ̄,   i,' γ i
                    ヽ i i  l`ヽ   ,.i :::::.        i ,  i  勝手に国に帰れば、
                    ヽ .i i  ヽ┘- .'".i :::::::.        i;  .;'   大御所様は怒るでしょうが、
                      ヽi i       i ::::::::..       !y'"   いずれ怒りも冷めましょう。
                       ヽヽ   ,.: - 、_ヽ ' ,.: - :.,_,  //     夏の陣の出来事も、
                        ヽヽ`" ~,____,.. 、  //i     時間が経てば、ほとぼりも冷めるかと。
                         ヾ    ̄__,...      ,.',/ .i
                         l ヾヽ   ::::::...    /,/:::: i     
                         l ヾヽ        /,/:::::::: !
                     _,.-='"l  ヾ -=;;;;;;;;;;;;;=- './:::::::_,.'ヘヽ._

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉   ……勝手に帰ったら、
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    それこそ処罰の理由を与えるのではないか?
    )    Y    (      
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

522 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:43:36.44 ID:4Da2VQko
                  r ;;;;;;;;;;;;;;;; .'^-;,_ ;;;;;;;;;;; ヘ ;;;;;;; _, '^ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
                  ヽ ;;;;;;;;;;; i   ` - ,_;;;; l `, ,.-'   ヽ ;;;;;;;;;;;; /
                   ヽ ;;;;;;;i _,-、           ,;- 、i ;;;;;;; /   いいえ。
                    ヾ;;;;i  "ヽヽ,       ,.-'"   ヽ;;;/,.,   忠輝様は大大名。
                   r"`ヽi    ─` "-,_.  -,.'"-tuーュ  i;;" ヽ そしてこの政宗の婿にございます。
                   i ヽ, i;i  l"     `│:::  `  ̄,   i,' γ i
                    ヽ i i  l`ヽ   ,.i :::::.        i ,  i  ……そう、例えば、このまま婿殿が、
                    ヽ .i i  ヽ┘- .'".i :::::::.        i;  .;'  朝廷に行けば、処罰されるでしょうが、
                      ヽi i       i ::::::::..       !y'"   本国に戻った上ならば、大御所様も、
                       ヽヽ   ,.: - 、_ヽ ' ,.: - :.,_,  //     処罰しにくくなると思います。
                        ヽヽ`" ~,____,.. 、  //i
                         ヾ    ̄__,...      ,.',/ .i      なぜならば、処罰したら、
                         l ヾヽ   ::::::...    /,/:::: i      婿殿とこの政宗が組んで、
                         l ヾヽ        /,/:::::::: !      謀反されるかもしれない……と考えるからです。
                     _,.-='"l  ヾ -=;;;;;;;;;;;;;=- './:::::::_,.'ヘヽ._   未だ豊臣の残党が多いこの時期に、
                                              徳川一門の婿殿が謀反を起こせばそれこそ一大事……     
               

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっははは、なるほどなるほど!
        )    Y    (      本国に戻れば、俺の兵もたくさんいる!
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   そこで俺を罰すれば、俺が舅殿と組んで謀反するかも……か!
  ((  |   |          |   .|    なるほど、さすがは舅殿だ。
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ   そうしてほとぼりが冷めるのを待てばいいわけか、うん!
     \     `ー'´   /     よし、そうしよう!

537 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:46:14.18 ID:4Da2VQko
.       /          / ,. -─、、   \    .,、               ∧
      /        ∠ /    ヾヽ   \  / |  __        } (こうして秀忠と忠輝をどんどん仲違いさせるのだ。
       |         /   /' ̄ \ヾ\   \/ レ' ̄   ヽ.      i|  恐らく、やる夫はもうすぐ死ぬ!
       |       /⌒'l /      \ソ二ゝ     _/⌒l 、       /  そうすれば、わしと忠輝で手を組み、
       |      /    Y        \   /二二ソ'´   ! }    /   戦下手の秀忠相手に一戦交えても良い。
      \ ,..、- 、 ̄\.  |          /   ヽ <二o二ヽ /    /    その頃には、スペインとも手を組めているだろう……
     /⌒l ̄ト、ヽ ヽ.  |7/ノ\         /    |  ヽ、   /    /     わしと忠輝、スペインの力で天下をとってやる!)
      |へ/ ハノ_/  / ||  /\__/       .|       |   /
     し'  /  ノ l ̄ ̄ ||,<____       〈.         │ /       ./ ̄\            / ̄\
       ̄\─七7〉'7。゚,.lイ   ̄ ̄ ̄ ̄ヾヽ.  -、  _ヽ         トy        |    ヽ          /    /
        \ V // ‖   / ̄\   ``   ´._._     / |   ____ |    l  }.          /    /
          \/ノ | ||   \ ヽ `─、___ヽ─ヾヽ.   / |{ ̄ / |.   ̄}-. 、 人 Y⌒ヽ.    /    /
             |ゝ  l ‖    \______ ̄フ ヾ=- / 丿\{ .|  /´ヽノ'´ /`` 、,_/``ヽ. /    /
             | |  |‖         、__,  ̄      / /    \ヽ {   | /  / .>、 .`/    /
             |  l .ヽ||                       /´        \_{ /ヽ.l {  /  / /ヽ/    /
             |  ヽ |ト、                   /         /ヽノ/_l ヽ /  .{ /  彡ゝ   /
             |  ヽ || \               /|        /   / l`l─-二ヽl_ ミソ   .|
             |   ヽ||   ヽ.,──一二 ̄ー 、   / .|        \  ノ\ノ `ヽ_ヽ  ヽ     .|
             |    .||                 \/  .|          \   ヽ     `´`一'     |
             |    lj 、                 |             \                 |

かくして、忠輝はやる夫の誘いを病気と称して断った。しかしその裏では川遊びをしたりもしていた。
そして、やる夫の許しも秀忠の許しも得ずに、領国へ帰国してしまった。


553 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:48:18.36 ID:4Da2VQko

     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっははは、俺の動きが不気味だろう、親父も、兄貴も!
        )    Y    (      処罰できるものならしてみろ、
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ   舅殿と手を組み、大坂城から脱出した浪人達と合わせて、
  ((  |   |          |   .|    天下をひっかきまわしてやるわ!
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ   あっははは、痛快、実に痛快!!
     \     `ー'´   /


575 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:50:10.91 ID:4Da2VQko
……ここで、物語は現在の時間軸へ戻る。1615年6月……。

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   …………。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

    / ̄ ̄\
  /  \ /\      父上、忠輝のワガママを許してよいのですか!?
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 



583 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:52:07.75 ID:4Da2VQko
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   もちろん、処罰はせねばならんお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  秀忠の部下を殺した……戦場に遅刻した……
  |     (  (      |  そして今回、やる夫達の許しも得ずに、帰国した。
  \     `ー'     /   どれをとっても処罰ものだお。

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ただ、今はあまりに政情不安だお。まだ処罰できんお。
  /   (●)  (●)   \  ……豊臣軍生き残りの浪人を、捕まえるんだお。
  |      (__人__)    |  それは治安のためでもあるし、
  \     ` ⌒´     /   幕府のためにもなるんだお。


593 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:54:11.61 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  (それにしても忠輝……
/    (●)  (● /;;/    今はまだ、自分は処罰されないと踏んで、
|       (__人__) l;;,´     帰国したんだお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      だが忠輝の行動にしては、あまりにも計算じみて、
.\  "  /__|  |      裏に影が見え隠れしている……)
  \ /___

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  (おおかた伊達政宗あたりが裏で焚きつけたんだお。
/u   (─)  (─ /;;/   ……あの男の野心家ぶりも大したもんだお。
|       (__人__) l;;,´     秀吉の死の直後、忠輝と五郎八姫を婚約させたとき、
/      ∩ ノ)━・'/     政宗は野心でギラギラしていた……。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |      ……年をとれば、野心も無くなり、
  \ /___        徳川政権の良き支えになると思っていたのに……
                 これは、やる夫の計算違いだったかお?)


……かくして、幕府による浪人狩りは、さらに厳しくなっていった。


606 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:56:36.19 ID:4Da2VQko
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

江戸。


          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  具合も大分良くなったみたいね?
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ

   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l  ああ、あれからもう一ヶ月だからな。
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l  色々と世話になったな。
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ


617 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 14:58:37.01 ID:4Da2VQko
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/  ……いいのよ。
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |   ふふっ……
          | | i!   | ///  __  /// |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │

  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l   ……なんだよ、その笑い方は……
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l////  ,  'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /  //r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ

             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !  ごめんなさい。
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /  
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/   そうそう、
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃    三好政勝は幕府に所属ってことにしておいたわ。
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |     今は浪人狩りが厳しいから、
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !     幕府にとりあえず形だけでも籍は置いておいて。
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !    
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ    
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│

633 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:00:13.00 ID:4Da2VQko
  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l  浪人狩り……か……
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l  ……信繁……みんな……
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/    ……鎌之助殿。
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/       信繁が死んだなんて話、
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/        俺は信じないぞ……
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/        もう少ししたら俺は、信繁と、
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/           仲間達を探しに、大坂へ行くつもりだ。
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\

ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ   ………………。
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |! ミミミ       !     ミミミ  / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|

真田信繁討ち死にの噂は、政勝の耳にも入っていた。
だが政勝はそれを信じなかったし、そして行方不明になっている兄や、
他の仲間達のことも気になっていた。


643 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:02:13.91 ID:4Da2VQko
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    政宗と忠輝に付け入るスキは与えないお。
    /    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /

         ___
       /     \
      /   \ , , /\    予定より少し早くなってしまったけど、
    /    (●)  (●) \   構わんお。
     |       (__人__)   |   親藩、譜代、外様……
      \      ` ⌒ ´  ,/   全ての大名の締め付けを、いっそう厳しくするんだお。
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 二度と日本を乱世にしないため、 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 幕府の安定のため、必要なことだお。
     |            `l ̄
.      |          |


651 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:03:57.64 ID:4Da2VQko
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

1615年7月7日、幕府は諸大名を伏見に集め「武家諸法度」を布告した。

武家諸法度は、
1611年、幕府が諸大名から誓紙を取り付けた3か条に、
以心崇伝が考えた10条を加えたものである。
やる夫が命じ、以心崇伝が考え、秀忠の名前で発布した。

諸大名を統制するために、武士の心得や、行うべきことなどを明記。
この法度は時代と共に改定され、例えば、後に三代将軍家光の時代には、
参勤交代の制度を条文として加えるなどしている。


660 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:06:01.66 ID:4Da2VQko
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    武士みんなが守るべきルールだお……
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |              |
  \               /

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     武家諸法度に違反した大名は、
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    容赦なく潰していくお。
  |     |r┬-|       |   ……大名がなくなれば、それだけ、
  \     ` ー'´     /    幕府の力が強くなり、政権が安定するお。


その後、幕府の定めたルールである武家諸法度に違反した大名は、
容赦なく取り潰された。武家諸法度により、諸大名は厳しく統制された。


674 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:08:18.96 ID:4Da2VQko
    ____          
 ゝ/_______ヽ      
 / | / ─ 、─ 、|     大御所様がいるなら文句も言いたいけど……
 | __|─|  / | ヽ  |     もう、どうでもいいや……。
 (   U─ oー ´ヽ   
  ヽ   , ──┘ノ     
   \ ( _,ヘ_//  /)_   
   / |/\//^\/ヽ ∋  
  / |      、   /

福島正則も、この武家諸法度に違反したとして(これはやる夫の死後になるが)1619年に改易された。
この改易については、幕府の陰謀だとか、幕府内の派閥争いに巻き込まれたとか、
様々な説があるが、とにかく、改易されてしまったのである。

正則はその後、ほとんど廃人同様になったという。
そして、1624年に死去した。


688 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:10:27.69 ID:4Da2VQko
         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \  
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒〜" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃ 
     |            `l ̄
.      |          |

その後、福島家と並んでの豊臣恩顧であった加藤家も、
これまたやる夫の死後であるが、改易された。

これだけ見ると外様大名狙い撃ちであるが、
しかし武家諸法度は、外様のみならず、譜代、親藩などの大名にも、
しっかりと適用され、違反した大名は次々と潰されていった。

この結果、幕府の政権は更に強化されるが、しかしながら、
大名が次々と潰されたことにより、大量の浪人が排出され、
江戸時代初期の失業問題へとつながる。
やがて、この失業問題が、島原の乱や由井正雪の乱などの一因へと繋がっていく。


705 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:13:15.80 ID:4Da2VQko
                | |
                | |  ,..._
          ,.r-、 ,ry | |  ヒ;;;::}
      ィt:、 ,:'::::// '''´ | |  ,、.、  ,..,..._
      {:::}::}/::::r'ノィー::、 | |  ヾ、゙、//::::jr;::、
     ,rヾ''"ゞ=' 'ヾ.....⊃' ! !  ヽ''ヾ:、::;' `''",.=-、
     ー'’._ ,r'う {::jj ,.、、 _,...::::::''ヽ  ,.,´  {{::::::::ヽ.
    ,;'"'" ̄ヾ´,.., r::';;〃l'l::::;;:::::::f'_ ヾ'〃) `ヾ::::::/
   〈::::::::/ノ ヾ,jヽ='. ,,ヽへ-(ヾ::゙、 ゞ',.,.、 //::::/
    ヾ:::::゙、゙、 {{) {:::jj' ",,,,、 c;、ヽ='  ゙、::゙;ヾヾ/_
    ヾ::::/:ノ ,,,,_ (:ヾ'''⊆|:::::|P,r,r:、 ,:'''7  ``' ゙/〃
     ゙ー' /:::::;}}`",.,rt:、゙´ //::::/ ゙ー',.r::::、  _`'’
     r:::、、ヾ-''n.く:::;:::゙、゙、 ヾー' { ̄:::::ノ!,ィ'r':::|
     |::::::| |''ヽ`_,,.`'ヘ;r'ノ,..-:、_ _ `='-'" | |:::::|
  ___.   |::::::| |_`__|`ii'"''" /7 i'i::l´______|_|:::::|

さらにこの時期、幕府は「一国一城令」を発布。
一部の例外を除いて、ほとんどの大名に、城をひとつしかもたせないようにした。

諸大名の軍事力を統制し、また、諸大名に城をひとつしか持たせないことで、
幕府に逆らう力を無くすようにしたのである。


713 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:15:04.96 ID:4Da2VQko
         |:;:;:;;:;:;:;:;:i;:;::::;:;|
         |;:;:_:_;:;_:;:l:;_:_;:_;|
         |___|__|
        /   ・    ・ \    公家も統制するお。
      /    (●)  (●) \  
      |       (__人__)    | 
      \________/
         /|├┤├┤|\

7月17日には「禁中並公家諸法度」が布告。
公家衆、そして皇室までもが、幕府の管理下に置かれることになった。
江戸時代を通じて改定されることのなかったこの法令は、
公家、そして天皇が行うべきことを幕府が決める、という法令である。

かくして、諸大名、公家、そして皇室……
日本国内の全ての勢力を、幕府は事実上、統制することになった。



726 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:16:31.77 ID:4Da2VQko
        ___
      /      \
   /          \    ……これでいいお。
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    やる夫の仕事も、もうほとんど終わったお。
 |       (__人__)    |   後は、きっと、秀忠がなんとかしてくれるお。
 \     ` ⌒´   /

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   ……しかし、後は……
/    (─)  (─ /;;/    忠輝と、伊達政宗……
|       (__人__) l;;,´     この問題をなんとかしないといけんお。
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___

そうこう悩んでいる駿府のやる夫の下へ、ある人物が訪れた。


742 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:18:24.85 ID:4Da2VQko
             ./ ̄ ̄\
            /  ! 丶 丶 丶
            /\_i 丶/ ̄
            |    ---'< 一、                      ,-─-、
            |     /  /                     / 丶、 丶
            |       /                     / _  ̄i ̄
            |     /──--、__               ./     /
            |     |     __ 丶、            /    /  お久しぶりです、大御所様。
            \__/   ///ー-、 丶            .|    |
             |    |   | | |   |  | !           /一一-'
             |    | 丶.)_,/ ,.-丶 / |          ./    /
            /    .|丶、Y.(;)>  <(;) | |         /    /
            /     | |~    _,!  .| |        /    /
            |     |  |.   ==  /| |       ./    /
            |     |  | 、    /..| |      _/    /
            |     |  ! ` ー-' .| |  ,-一 ̄|      /
      , ---─ ,i      ト. 丶、_/ ! ̄| |-|   丶丶    /
     (     / !     /丶丶、丶  ! |  |__| 丶   丶 -一''
                 おふく(春日局。今はまだ幼い三代将軍家光の乳母)

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    おふくちゃん! よく来たお!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  いつ見ても可愛いお!!
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     / 


757 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:19:47.07 ID:4Da2VQko
       |  | | : : : : │: ::|: : : |     /ニニ ,,l゙: ::,!: ../ │ :|: ゙l
       │ .l゙ | : : : : ": _,,―‐'゙\__/     l゙: :/: :/,i ..,l゙: ,/: :゙l
       .|  .| | : : _,,-'"`              ゙̄:i/: .,/: ./:: : l゙
      │: : |: 丶  '゙l、               : `i、/ : : :/:::: :l゙
      '|``'-|: : 丶  ゙i、''゙,,ニニニミ'    /  ,ニニニ、、  |: : :_,,/.:: :│  
      │、: : \、:ゝ ゙l゙(、 ◎ ,)  | (  ◎  )'  ̄i'‐ : : : : :l゙  まぁ、大御所様、可愛いなどと……
      l゙  │: : \、: :/   ̄ ̄"   : 、 ' ̄ ̄"   /: : : : : :l゙ 
     .| .":|: : : |゙l::` ̄'//////      l  //// ./: : ::: : : : :,!   ポッ……
     .|  l゙  │゙l::: : :       .、,,_ _,,i、     \::::::::::::: : :,|
     l゙: . |  : |;;│:         `"        : ::,l゙;:,、: : : |
     |: │ :: |;;;;;゙l,: :       ニニニニ=‐      : ./::::l゙: : : : |
     |、:" | : |;;;;::::丶、:      .,,,,,,,,,,,、     : ,,'":: |:  : : |
     |: : : ,! : |;;;;;::::;;;`-、:             ..,,i´;;;;;: |:  : : :|
     | : : :|` : |;;;;;;;;;;;;;;;;,/'-,_:        : ._,,/;;;;;;;;;;; |:   : : l
     |:: : : |: │;;;;;;;;;;;;/  : `''-,,_: .__,,,,,,,-‐'゙);;;;;;;;;;;;;;;;;;;│  : : :|


 ,':l::::::::::::/::::::::::/::::///   __ノ____   !:i::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::/:::/ミ // u '"_.三___` i:j::::::::::::::::::::、
  j:::::::::::://、j::/●゙ヽ "    ,彳_●_ノ   ,::::::::::::::::::::i`
  i::::::::::ii   j/ ' ̄     `       /j::::::::::::::::::::l    (きめぇ……)
  i:j::::::::|i              u   / ,'::::::::::::::::::::',
  j,'::,:::::l',                 '  /i::::::::::::::::::::、
  "ソ i:::::l::'        丶 -        jメi::::::::::::::::::l
  " l:::::i::',                 / ,::::::::::::::::::ii
    i::i::::j::ヘ    , .,,,、_,....、..,,      ,::::::::::::::::::::l
    j:::::メ:::::ヘ,      、_____,         /:::::i:::::l:::::::i:i
    メ:ソi::::::::::ヽ             , ':::::::l:::::i:::::::i::l
    j  i::l:::::::::| ヽ         ,/:/::::::i:::::::l:::::::lヘ:i
     ソ !:::::::::l  ヽ       /::/:::::::::i::::::l:::::::j ヾ
     _l:::::::::l    'ー---.ィ::::::::::ノ::::::::::i:::::::i:::l


782 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:22:08.69 ID:4Da2VQko
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    しかし、竹千代(家光)の乳母のおふくちゃんが、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  このやる夫に何の用だお?
  |              |
  \               /

                  /  ̄ ̄  ̄ヽ、
                 /     一、 ヽ、
                 /   ///ーー|  .ヽ  実は大御所様。
                 |   | | |    | // |  ……最近、秀忠様とお江様は、
                 | ヽ.)==、 ,.-ヽ  │ 竹千代様より、弟の国松(後の忠長)様のほうを、
                 |ヽ、Y.(;)> <(;)>7  |  可愛がっておられるのです。
                 | |~   !._,!  (_/|
                 |  |、  ===  /| |
                 |  | \    / .| |
                /|  ! | ` 一 ' |  | |
             , -一一>. ヽ >、_/ ! ̄| |一--

秀忠とお江の間には、竹千代の後、さらに男子が生まれていた。


794 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:24:01.83 ID:4Da2VQko
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     ……む……
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\   可愛がっている、とは、どれくらい……?
 |        ̄      |
 \              /

                  /  ̄ ̄  ̄ヽ、
                 /     一、 ヽ、
                 /   ///ーー|  .ヽ   ……跡取りを、竹千代様ではなく、
                 |   | | |    | // |   国松様にしよう、というくらいに。
                 | ヽ.)==、 ,.-ヽ  │
                 |ヽ、Y.(;)> <(;)>7  |
                 | |~   !._,!  (_/|
                 |  |、  ===  /| |
                 |  | \    / .| |
                /|  ! | ` 一 ' |  | |
             , -一一>. ヽ >、_/ ! ̄| |一--

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ……本当かお?
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
  |     (  (      |
  \     `ー'     / 


803 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:26:08.26 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (●)  (● /;;/    ……本当だとしたら、秀忠はバカだお……。
|       (__人__) l;;,´     兄より弟を、両親が可愛がり、結果、お家騒動になる。
/      ∩ ノ)━・'/     こんな話が、古来、どれだけあると思っているお?
(  \ / _ノ´.|  |      
.\  "  /__|  |
  \ /___

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    信長殿がそうであったお。弟と家督を争い、
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  結果的には信長殿が勝ったけど……
 |        ̄      |  下手をしたら、あそこで織田家が滅んでいたかもしれんお。
 \              /

数十年前、破天荒な性格をした信長と、礼儀正しい弟とで、織田家の家督争いが起こった。
やる夫は、それが将来、徳川家でも起こることを案じた。


812 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:28:13.58 ID:4Da2VQko
       ____
     /⌒  ⌒\
   /=⊂⊃=⊂⊃=\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ぼくはえらい! おじぎしろ!!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
     竹千代(徳川家光)

      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k   父上、母上、ご機嫌いかがですか?
  リ  (●)  (●)  k   
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     (⌒(     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\
     国松(後の徳川忠長)

秀忠もお江も、竹千代よりも、素直で利発な、国松のほうを愛した。


830 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:30:14.13 ID:4Da2VQko
それが竹千代にも伝わり……

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o⊂⊃=⊂⊃゚o  \  ぼくはえらくないのか……?
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

竹千代はすっかり落ち込んでしまった。
性格がおとなしくなり、そしてひねくれていってしまった。



845 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:32:32.70 ID:4Da2VQko
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \    ……これはまずいお。
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    ……こういったことがあってはいけないお。
    / (●)  (●)    \   ……跡継ぎは、兄が継ぐことを必ず優先させる。
    |   (__人__)    u.   |  この事を幕府の今後の基本としていくお。
     \ u.` ⌒´      /   器量など……そんなものは、周囲が補佐すればいいお。


乱れた戦国時代であれば、優秀な人物が、トップに立ち、バシバシ物事を決めていく必要がある。
時には兄弟の順序より、能力や資質をもって跡継ぎを決めるときもある。
現にやる夫も、次男の秀康ではなく三男の秀忠を跡継ぎとした。
(これは秀康が病気であったことや、結城家に養子に行っていたこともあるのだが)

しかし、これからは泰平の世である。たとえ世継ぎが優秀でなくても、後を継ぐのは兄であり、
弟や他の身内はこれをあくまで補佐する……という考えを進めるべきだと、やる夫は思った。
徳川家がお家騒動を起こし、天下が二つに割れるようなことだけは、避けねばならない。


862 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:35:47.76 ID:4Da2VQko
そんなある日……

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やる夫はちょっと鷹狩りに行ってくるお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

そう言ったきり、やる夫は、

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、

江戸城へやってきた。


880 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:37:55.53 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     これは父上!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     来るなら来ると前もって連絡があれば、
 |       ( <  |      出迎えに参りましたものを!
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\    いやいや、今日は遊びに来ただけだお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   固くなる必要はないお。 
  |     |r┬-|     |  それより、孫の顔が見たいお。
  \      `ー'´     /   竹千代と国松を呼んでくれだお!!

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      !!
 |      ` ⌒´  |     
 ヽ         /       ……かしこまりました。
 /   ヽ     ノヽ 


886 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:40:09.84 ID:4Da2VQko
               _
              ゝ  _,,.>ニY_´ ̄`ヽ
             ,. '"´:::::::::::::::::`_ヽ_ノ
            /:.:.:::.:.:.:_;: -‐_,´-‐ ''\
             ,':: :イ:::: !, ‐'´呂_,,.. _---ヽ   義父上、二人を連れて参りました。
           i .:レ|   !,. _‐ニ_-‐=- ̄_'l
             |..:.:l´,l:、:.:トl=-‐ヽヽ ̄`ヽ..、`!
           !. ::|'‐'、ヽ:lヽィ=l、l :::l  ::::`'!
           ヽ :!,ィテヽヽ ゞ‐' l:. :::| :. ::::::l
             ヽヽ`'´' `   /イ ::l .::; ::::l
             ヽヽ、`、-   クl .:/:::::l :::|__
           __  l :`::..- r ' ! ::!::; ‐'´i´ i

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o⊂⊃=⊂⊃゚o  \    …………こんにちは。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k    お祖父様、こんにちは!
  リ  (●)  (●)  k     ご機嫌麗しく存じます!
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     (⌒(     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\


901 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:42:24.48 ID:4Da2VQko
          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\    うん! よく挨拶をしたお!!
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |   それでは、お菓子をあげるお。
     \     `ー'´   /    ……竹千代、こっちへ来るがいいお。
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  =⊂⊃=⊂⊃=  \  ……はい。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

        ___
      /      \
   /          \    おうおう、可愛い可愛い!
  /   ⌒   ⌒   \   さぁ、やる夫の手からお菓子を貰うといいお。
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

       ____
     /⌒  ⌒\
   /=⊂⊃=⊂⊃=\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   あ、ありがとうございますお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


916 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:44:39.83 ID:4Da2VQko
      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k    
  リ  (●)  (●)  k    …………。
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     (⌒(     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\

      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k    お祖父様、国松にもお菓子を……
  リ  (⌒)  (⌒)  k     
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     |r┬-|     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\     たわけっ!!!
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       堯l、E ノ <
               レY^V^ヽl 


934 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:46:31.48 ID:4Da2VQko


      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k    
  リ  (○)  (○)  k    !?
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     (⌒(     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\

               _
              ゝ  _,,.>ニY_´ ̄`ヽ
             ,. '"´:::::::::::::::::`_ヽ_ノ
            /:.:.:::.:.:.:_;: -‐_,´-‐ ''\
             ,':: :イ:::: !, ‐'´呂_,,.. _---ヽ   !!
           i .:レ|   !,. _‐ニ_-‐=- ̄_'l
             |..:.:l´,l:、:.:トl=-‐ヽヽ ̄`ヽ..、`!
           !. ::|'‐'、ヽ:lヽィ=l、l :::l  ::::`'!
           ヽ :!,ィテヽヽ ゞ‐' l:. :::| :. ::::::l
             ヽヽ`'´' `   /イ ::l .::; ::::l
             ヽヽ、`、-   クl .:/:::::l :::|__
           __  l :`::..- r ' ! ::!::; ‐'´i´ i

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  / u (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      …………。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ
./ /   ∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ / 


943 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:47:55.64 ID:4Da2VQko
      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\     誰がお前を、今、呼んだ!?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\    兄であり主君でもある竹千代と共に、
  |     |r┬-|       |   自分も食べ物を貰おうとは何事だお!?
  \     ` ー'´     /

       ____
     /\  /_\
   /( ●)}liil{(●)\    己の分際をわきまえよ、国松。
  /    (__人__)   \   お前は竹千代の弟であり、後々は、家臣として、
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |  三代将軍の竹千代の下で働かねばならぬ身ぞ!
  \    |ェェェェ|     /   後ろに控えているがいいお!!


959 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:50:21.44 ID:4Da2VQko
      vw w v
   ,乂       乂
  冫 从 人 从リ リ,,K
  彡リ" ⌒   ⌒、 从k    
  リ  (○)  (○)  k    ……あ……あ、はい…………。
  (| :::::⌒(__人__)`⌒::::|)   
   |     (⌒(     |    
    \    `ー'    /
   /\__ニ___/\

       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     …………!
   /  =⊂⊃=⊂⊃=\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i    
   ヽ、    `ー '   /

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\    ……さぁ、竹千代。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  もうひとつ、お菓子をあげるお。
  |     |r┬-/      |  おお、もっと食べて、大きくなるんだお!
  \     ` ̄'´     / 


974 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:52:18.31 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  / U (ー) (ー)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      (……父上、申し訳ございません。
 |      ` ⌒´  |       秀忠の不徳にございました)
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

……こうして、やる夫は、秀忠やお江、そして他の重臣達の前で、
はっきりと幕府の三代目は竹千代(家光)であると、明言したのである。

これより以後「跡継ぎは長男」というルールが決まる。
後の八代将軍吉宗も、言語障害があった長男、家重に九代目の将軍職を譲っている。
家重より弟を新将軍にしようという動きもあったが、吉宗は後継者争いを恐れ、
やる夫に習い、長男の家重を選んだ。


22 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:54:30.80 ID:4Da2VQko
 : ゙゙"'ー-、,,
 : : : : : : : `゙'''ー-、,,,、
: : : : : : : :       `゙'-、
 : : : : : : : :        `ー--,
     : : : : : 、: .      : : ゙ヽ、
      ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:゙゙゙゙'''''''‐- 、 ,,,,,_
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:`゙''ー-       _,,.--ー''''''"゙
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''"" ゙゙̄"'''''―-
''"''''"""''"""'''''"""''""''""",,,,-‐'゛'''''"""''""''''""''"''''""''"""'''''"""''""゙''、,,"'''''―--'''""''"''''"""''"""''''
..:ヾ:ヾ.ヽ.:ヾ:  ヾヾヽ.:ヾ ...ヾ.,. .ヽ.:,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ヾ:.,..ヽ.:ヾ .. ヾヾヽヾ. ヾ .. ヾヾヾ``'‐.``'‐.、ヾヽ..ヽ.:ヾ .
  ヾヾ      ヽ.:     ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛  ヾ ..    .,.ヾ.,.   .ヽ    .:ヾ:. ..ヽ``'‐.、``'‐.、    .:
  ヾヾヽ ヾ      ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛ :.,..ヽ.:ヾ .. ヾ      ヾヾヽ ヾ       ヾ.,. .ヽ.:ヾ:
     ヾヾヽ ヾ,,,,-‐'゛,,,,-‐'゛      ヾヾヽ ヾ         ヾ::.ヾヾ
''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''""

以後、少し余談をする。
江戸時代以降、武家だけではなく、農民なども「長男に全てを相続させる」というやり方になる。
これは次男、三男以降の弟達にとっては全く涙目で、まさに冷や飯を食わされる状況になるのだが、
しかし、これにもやはり、理由がある。

例えば更に時代が遡り、鎌倉時代。鎌倉時代は、生まれた子供に、時として女性にさえ、
分割して財産を相続させた。現代的なやり方である。しかし、これには問題があった。


39 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:57:16.99 ID:4Da2VQko
_..                ,,.-'ヽ
ヽ "゙ー-、、         / : :!
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /
  ヾ_:::,:'           -,ノ    ……腹減った。
  ヾ;.   ,         , 、;,
    ;;   (:::) , ... 、, (:::);:
    `;.       C)   ,; '
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、

_..                ,,.-'ヽ
ヽ "゙ー-、、         / : :!
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /   親から貰った農地が、兄弟みんな平等だから、
  ヾ_:::,:'           -,ノ    結局、みんな少ない農地しかもらえない。
  ヾ;.   ,         , 、;,    これじゃあメシが食えねえ。
    ;;   (:::) , ... 、, (:::);:
    `;.       C)   ,; '
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、

_..                ,,.-'ヽ
ヽ "゙ー-、、         / : :!
 i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
  i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /   こうなれば借金でもするしかねェ!
  ヾ_:::,:'           -,ノ
  ヾ;.   ,         , 、;,
    ;;   (:::) , ... 、, (:::);:
    `;.       C)   ,; '
    ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、

100の農地を5人兄弟に分けて与えれば、20ずつしか5人はもらえない。
そしてひとつの家族が生きていくのに50の農地が必要であったならば、
当然、30の不足分が出る。こうなると借金でもするしかないが、
これは根本的な解決にはならない。……かくして5人兄弟は、
みんな貧乏になってしまい、死んでしまった者もできたとさ。

親からの財産や農地が足りないなら、外で働くしかないが、
鎌倉時代当時は現在のように、外で働く場所も少ないから、それも難しい。


53 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 15:59:58.00 ID:4Da2VQko

        , -'""'- 、                    _,..-'''"~""~"""''''- 、
      , -'"::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、             _,..、-''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;; ;;:;: :::''"'- 、
    , -'"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、      _,,.-‐''"::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':::::''::.;;'' ;;:;: :::''"'- 、
.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.. ;'"'":;.;'":;. :.
::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;''
,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;i;';.,,,.;
.::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:..:..::::..:..::.:..:...::..:..::..:...:..::.:..:...::..:..::..:..:.
'"""'''""""'''""""'''"", -'", -'"""'''"""'"""'''""""'''"""""'"", -'", -'"""'''""""""'''""""""'''
,,  ,,  ,, ,,   , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,, , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,
,,  ,,  ,,  ,,, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
,,  ,, , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
  , -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'" ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,
, -'", -'",,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  , -'", -'"  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,  ,,   ,,
""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""""'''""
""' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" """' ''" " """

「たわけ」という言葉があり、これは「田分け」を語源とする説がある。
たわけとは、バカとか愚か者とか、そういう意味だが、
田んぼを子供達に均等に分けていく内に、一人分の農地がどんどん少なくなり、
結果的に子孫が飯を食えなくなる。
これは結局愚かな行為なので、たわけと呼ぶようになったという説である。

これは一種の俗説でしかなく、たわけの語源は「戯け者」である。
しかしながら、こういった俗説が出てくるほど、農地を子供に均等に分けていくのは、
当時としては愚かな行為であった、ということは確かである。

かくして、鎌倉時代より長い時間を経て、紆余曲折を経た後、
江戸時代の農地や家督、財産は、基本的に長男相続制となり、現代まで、
その色は残っているといっていい。……余談は、これで終わる。


73 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:02:44.11 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   …………。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   竹千代と国松については、これでいいと思うお。
/    (●)  (● /;;/    だが……やる夫、そして秀忠がいなくなったとき、
|       (__人__) l;;,´     後継者争いをしそうな人間が、あと一人……
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      ……忠輝……。
.\  "  /__|  |
  \ /___ 



89 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:05:24.41 ID:4Da2VQko
      *             ┼
        ,〜-,〜-,〜-,
   十    |_駿 府 城|     + + +
       _|_~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      父上、先日は竹千代のことで、
 |       ( <  |       ご迷惑をおかけしました。 
 ヽ     `-'  /       息子のことは、父である秀忠がなんとかせねば、
 /   ヽ     ノヽ       ならないものを……。

         ____
       /      \
      /  ─    ─\    いや、それはもういいお。
    /    (●)  (●) \   ……それより。
    |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /



99 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:07:32.69 ID:4Da2VQko
      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    息子のことは父がなんとかする……かお。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  まさにその通り。それならば……やる夫も、
 |        ̄      |  恥ずかしながら、ある人物のことを、秀忠に相談したいのだお。
 \              /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ     父上らしくもなく、もって回った言い方をなさいます。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     ……はっきりと、誰のことを相談したいのか、  
 |      ` ⌒´  |     お願いします。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 


109 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:09:13.95 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   …………。
|       (__人__) l;;,´
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/    (●)  (● /;;/    松平忠輝。
|       (__人__) l;;,´     
/      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |      
.\  "  /__|  |
  \ /___ 


122 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:11:22.31 ID:4Da2VQko
 !| !| ゛ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ: ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノ | ! l
| ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞヾ;; !|
! ! ヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ; l |
 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ !|
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!
 ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! !ヾ;ゞゞヾゞゞ\|iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ  ! | ! |!l |!l |! !| !| ! ! |  !
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;; ; :::|/! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! ! |
! !  | !|  ! l    _/__/_ //   !   | | |i;iii;; ;; :::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l   |! ! |  l
| ! ! | ! |!l |!    / /       ー―――――――――――   ! | !|  !l  |!  !| !|! l|!
 |! !  | !|   !l    /   l|! !| ! | !l | |i;iii;;;;; ::::|! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !   |
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !|i;iii;;;;; ::::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l


   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    ……雨か。
    )    Y    (      ……最近はよく降る……。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


136 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:12:29.86 ID:4Da2VQko
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ギョロッ
  〈  ●ノ\   /\ ●〉     五郎八……
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ       最近、舅殿から連絡がないな。
    )    Y    (
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

     ゝ             __  ―- 、.ノ
   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1  伊達家重臣の片倉景綱殿が、
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !  最近は重い病にかかっておられるとか。
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ   それで父上は、片倉殿の分まで、
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/   藩の仕事をしなければならなくったそうです。
   (         _ノ    r=.   ノス   お忙しいのですよ。
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )
   l   l.    l     / ̄       /ヽ

152 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:14:20.54 ID:4Da2VQko
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    ……そうか。
    )    Y    (      
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

     ゝ             __  ―- 、.ノ
   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1  (……後悔しているんだわ、忠輝様は。
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !   大御所様と、将軍家に、反発したことを……
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ    時間が経つにつれ、悔やんでおられる。
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/    
   (         _ノ    r=.   ノス    そのことを、父上に相談したいのでしょうけど……)
    ヽ.      ーァ       / ノ    
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ   忠輝様、父上にお話がありましたら、
   /  /  ̄ l___ .. -┤, ィ´     )   ご自分から手紙を送ってみてはいかがでしょう?
   l   l.    l     / ̄       /ヽ

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ    ……ん……いや、別に大した用があるわけじゃない。
    )    Y    (      いいんだ、何もしなくて。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ   何もしなくて……いいんだ……。
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /



164 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:15:47.35 ID:4Da2VQko
      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、                          ;;⌒  、
       (_,,,  ;;ノ          ;;⌒  、        (;;; ,,;;    ヽ、
                   (;;; ,,;;    ヽ、            (_,,,  ;;ノ
       /         /     (_,,,  ;;ノ                /
              _,,,...:-‐‐=-..,,,_           /         __,.. -
.、   /     /  ,r'";; ;  /    ;;\,,,,,...   /     _,,. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,
;;;,`';;.、      ,,r'";; ;; ;,,,     ;;; ,/;; ;;;,`';;.、--‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;
;; /;;,`';;.、  /:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、/;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,     /  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; /;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,/ ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,,
_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:/_


         ____
       /      \     大坂の戦いでの遅刻と不手際……
      /  ─    ─\    将軍家の旗本を殺し謝罪も何も無く……
    /    (●)  (●) \  参内をさしたる理由もなく断り、
    |       (__人__)    |  やる夫と秀忠に無断で帰国……
     \      ` ⌒´   /   いずれも許しがたし。……だお。

181 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:17:39.93 ID:4Da2VQko
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   ……その裏にいるのは、恐らく政宗だお。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  忠輝と五郎八姫を結婚させたのは、
  |     (  (      |  やる夫の不覚であったお。
  \     `ー'     /

      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    ……やる夫は、忠輝を処分しようと思うお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /

    / ̄ ̄~\
  / ⌒   ⌒\    父上は、忠輝をいかように処分するおつもりで?
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   ……謹慎……蟄居、が妥当だと思うお。
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´     ただし、豊臣秀頼のことを任せたように、
/      ∩ ノ)━・'/     今後の幕政を握るは秀忠だお。
(  \ / _ノ´.|  |      最終的には秀忠が決めること……。
.\  "  /__|  |      ……秀忠はどう思うお?
  \ /___ 


190 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:19:49.75 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\       ……先日、竹千代と国松のことで、
  /   (●) (●)ヽ     秀忠は父上より教えられました。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     幕府の安定のため、徳川家のお家騒動を防ぐには、
 |      ` ⌒´  |     弟が兄に逆らうようなことがあってはならないと。
 ヽ         /     弟は兄の家臣なのだ、と。
 /   ヽ     ノヽ

    / ̄ ̄\
  / \  /\
  /   (●) (●)ヽ     忠輝があくまで私に従わず、これを軽んじるのであれば、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     ……切腹もやむを得ぬかと存じます。  
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ

       ____
    /      \
   /  ─    ─\    ………………。
 / U  (●) (●) \     
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /


209 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:21:57.05 ID:4Da2VQko
    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ    国松が竹千代に従わねばならないように、
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|    忠輝も私に従わねばならない……   
 |      ` ⌒´  |    そうでしょう、父上?
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/ U  (ー)  (ー) \    ……その、通り……。
|       (__人__)    |    ………………。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

    / ̄ ̄~\
  / _ノ  ヽ_\
  /U  (●) (●)ヽ      ……父上……。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |      父上は……
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 


216 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:23:32.26 ID:4Da2VQko
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \   ……やる夫は昔、お前の兄、信康を、
  |     (__人__)    |   切腹させたことがあるお。
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    もしここで忠輝を切腹させれば、やる夫は……
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   二回も、息子の腹を切らせることになるお。
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   やる夫は今、とても後悔しているお。
    / (●)  (●)    \  生まれてすぐの忠輝を嫌い、
    |   (__人__)    u.   |  遠ざけたことに……。
     \ u.` ⌒´      /

226 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:25:26.97 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄~\
  / _ノ  ヽ_\
  /U  (●) (●)ヽ      …………。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |      
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     …………秀忠。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \    もう一度、もう一度だけ、忠輝と話し合おうだお。
  |     (__人__)    |    お忍びで、やる夫、秀忠、忠輝の三人で会うんだお。
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    会って、話し合うお。
  / o゚((●)) ((●))゚o \   信康のときも、やる夫と信康が、そして妻の瀬名が、
  |     (__人__)    |   よく話し合っていれば、瀬名と信康は武田と内通することもなく、
  \     ` ⌒´     /   やる夫も殺さずに済んだのかもしれないんだお。


240 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:27:20.41 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /U  (●) (●)ヽ   ……父上、解りました。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|   そうしましょう。    
 |      ` ⌒´  |   私も、弟を好んで殺したくはありません。
 ヽ         /   忠輝が二度と私を軽んじることなく、幕府の命に従うのならば、
 /   ヽ     ノヽ    切腹ではなく、蟄居の罰で済ませましょう!


その日のうちに、密かに使者が忠輝のところへ走り、やる夫と秀忠が、
内密に会いたいという旨を伝えた。


251 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:29:22.78 ID:4Da2VQko
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;; ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. (   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....

……いつの間にか、雨は止んでいた。
空から、陽が射し込んでいた。

忠輝は、やる夫達と会うことを了承した。やる夫は忠輝が素直に応じたことにほっとした。

258 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:30:52.93 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   ……忠輝に会いに行くお。
/    (─)  (─ /;;/    もっと早く、話し合うべきだったお。
|       (__人__) l;;,´     
/      ∩ ノ)━・'/     
(  \ / _ノ´.|  |      
.\  "  /__|  |      
  \ /___


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)  
/    (●)  (● /;;/    ……このセリフ……昔も言ったお。
|       (__人__) l;;,´     人間はいくつになっても、失敗と反省の、
/      ∩ ノ)━・'/     繰り返しなのかもしれんお。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ 


264 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:32:40.42 ID:4Da2VQko
:::::::::::::::::::*:::::::;;:::::::::::::::::::::::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::;;;;;:::::::::::;;:::::::;::::::::::::::
:::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂ っ , ― 、:::::::;;从从
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(ゝ__________ノ):::::::::;;;;τ,,⊃  ):;;爻爻爻炎炎ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))3 :::o;:::::。::::` ー '";爻爻爻炎炎炎炎
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::;:::::::::::::;;::::::::;;爻爻爻炎炎粂粂炎
::::::::::::::::::::::::::::::::::く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ::::::;::::*:::\;;::爻爻乂jj爻爻炎粂乂メ
::::::::::;:::::::::::::::::::く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::::;;;;彡ミ;;爻爻爻爻炎炎粂粂粂
::::::::::::::::::::::::::ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''彡炎;爻乂!爻炎炎"粂炎粂粂
::::::::::::::::::::/`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;\;;;爻爻爻炎粂乂粂粂
;;;;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ);;;;爻爻乂メiii粂/粂炎
;;;;;乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ;;;;;;;;ゞ爻爻爻炎粂爻
:;;;;;:;;;;;:ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ''''':;;:;;;;;:;;;;;:;;:; ゞ爻|, ゙レ爻
:;;::;;:;;:;;;::|"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | : :::;:;;::;::;;::;;;;;;;:::;::;;爻|'''(:)"i;::
::::::::::::::::|. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .:::::::;::;::;::;;:;;::;;::;;:;;;;:;;.|...:;|:::|;:;:
::::::::::::::::|. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : :::;::::;:::;:::;::;:::;:;_:;::::::.!..,;;|:;;!;;
::::::::::::::::|. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | ..::::::::::::::::::::::::::|,.| ̄|!,,,;;|:::l::::
::::::::C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ : ::::::::::::::::|:;|羅|:;;;;;l::::::;;
::::::::|}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : : ::::::::|..|  |;;:;;;;!:::i:::
:::::『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : : ::::::::::|:.|雲|::::::;i;::::::
: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : : |::|  |::::::;;::::y:::
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|    :  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .       |;:|寺|::::::;;::::::::
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wjvww\wj从爻
""Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    …………
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     / 



275 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:34:13.64 ID:4Da2VQko
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    ……そういうわけだお。
    /    (●)  (●) \   大坂の陣前後の忠輝の行いには、
    |       (__人__)    |  非常にまずいものが多かったお。
     \      ` ⌒´   /  故に、謹慎を申し付けるつもりだお。

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ……しかし、そちらにも言い分があるだろう。
 |      ` ⌒´  |      何か言いたいことは……あるか?
 ヽ         /      忠輝……。
 /   ヽ     ノヽ 


286 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:36:07.04 ID:4Da2VQko
     ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ ))
   ((〈● ノ\   /\ ●〉
      ヽ彡'  ヽ /    ヾ_ノ    はっははは……こんなところまで呼び出して!
        )    Y    (      何を言い出すかと思えば父上も兄上も!
     γ⌒γ⌒     ⌒ヽ⌒ヽ    回りくどい言い方はおやめください。
  ((  |   |          |   .|    結局、私と伊達殿が手を組んで、謀反されるのが怖いのだ!
((   ヽ ヽ__人__ノ  ノ    だから謹慎など命じる! あっはっは!
     \     `ー'´   /

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ     俺が兄上の旗本を殺したのも
    )    Y    (       向こうが俺を軽んじるようなことをしたからだ!
   /γ⌒     ⌒ヽ\      大坂の陣に後から来たのも大将ならば
  /  |         |  ヽ    万が一の際の奇襲を恐れ、ゆっくり来るのは当然!
  |   ヽ__人__ノ   |    朝廷に行かなかったのも、本当に病であったからだ!
  \     `ー'´     /  

    / ̄ ̄\
  / \  /\
  /   (●) (●)ヽ     ………………!!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      ` ⌒´  |      
 ヽ         /      
 /   ヽ     ノヽ 


303 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:38:25.08 ID:4Da2VQko

    / ̄ ̄\
  / \  /\
  /   (●) (●)ヽ     ペラペラペラペラとよく喋る口だ!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|     言い分があるかと思えばどれもこれも言い訳がましい!!
 |       ( <  |      いや、言い訳であってもいい。なぜそれを、
 ヽ     `-'  /      もっと早く、私や父上に話さなかった!!
 /   ヽ     ノヽ


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L   話して解る親父と兄貴じゃねえだろう!!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒    生まれてこの方、親父と兄貴が、 
    )    Y    (        俺の話や言い分を、聞いてくれたことがあったか!?
   /γ⌒     ⌒ヽ\       
  /  |         |  ヽ      
  |   ヽ__人__ノ   |      
  \     `ー'´     / 


317 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:40:24.77 ID:4Da2VQko
    / ̄ ̄\   ノ L
  / \  /\  ⌒
  /   (○) (○)ヽ       だから今、聞きに来たんじゃないか!?
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|       本来ならばお前は切腹ということも考えた。
 |       ( <  |        だが弟を殺すのも忍びないと思い、
 ヽ     `-'  /        こうして話し合いに来たんじゃないか!
 /   ヽ     ノヽ        お前があくまでそういう姿勢なら、
                    私はお前に切腹を命じる他は無い!

      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L   おお、出たぞ!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒    兄貴の本音が出た!!
    )    Y    (        俺が嫌いなんだ、だから腹を切らせたいのだ!
   /γ⌒     ⌒ヽ\       
  /  |         |  ヽ       はっはっは、征夷大将軍様は、
  |   ヽ__人__ノ   |       戦は下手だが、下の立場の人間に、
  \     `ー'´     /       腹を切らせるのはお得意のようだ!!



    / ̄ ̄\   ノ L
  / \  /\  ⌒
  /   (○) (○)ヽ       言ったな、貴様ぁっ!!!!!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|       
 |       ( <  |        
 ヽ     `-'  /        
 /   ヽ     ノヽ  


342 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:42:44.70 ID:4Da2VQko
        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\    二人とも!!
     /    (__人__)   \   ……やめないかお!!
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       堯l、E ノ <
               レY^V^ヽl


    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /U  (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ち、父上……。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 


354 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:44:29.98 ID:4Da2VQko
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/U   (ー)  (ー) \   ……忠輝。
|       (__人__)    |   今まで、やる夫はお前に、親らしいことは、
/     ∩ノ ⊃  /    してやれなかったお。
(  \ / _ノ |  |     だから……今、はじめて、やろうとしているお。
.\ “  /__|  |     ……頼むから……やる夫の言うことも、
  \ /___ /      聞いてくれお。


      ノ L
      ⌒
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L   何を今さら……!
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒    有無を言わさずやればいい! 
    )    Y    (        生まれたばかりの、何もできない俺を嫌って、
   /γ⌒     ⌒ヽ\       遠ざけたように!!
  /  |         |  ヽ      今回も、何もできない俺に対して、
  |   ヽ__人__ノ   |      有無を言わさず切腹を命じれば良い!!
  \     `ー'´     /


    / ̄ ̄\   ノ L
  / \  /\  ⌒
  /   (○) (○)ヽ       忠輝、お前はっ……!!!!!
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|       
 |       ( <  |        
 ヽ     `-'  /        
 /   ヽ     ノヽ 


364 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:46:22.04 ID:4Da2VQko
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  もう、もうやめるお……!!
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    忠輝……お前も後悔しているんだお!?
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   やる夫と秀忠に反発したこと……
  |     (__人__)    |   だから、そんなにムキになって、
  \     ` ⌒´     /   今も強く反発しているんだお!?



   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    ………………。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     / 

378 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:48:02.18 ID:4Da2VQko
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    秀忠も、忠輝を意識していたんだお!?
  / o゚((●)) ((●))゚o \   関が原の時、失敗をした自分が、
  |     (__人__)    |   忠輝よりも下なのではないかと、思ったことが、あるんだお?
  \     ` ⌒´     /   関が原から今までずっと思っていたんだお?
                  だから忠輝の言葉に敏感すぎるほど、反応するんだお!?

    / ̄ ̄~\
  / _ノ  ヽ_\
  /U  (●) (●)ヽ      …………。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |      
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 


386 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:49:34.60 ID:4Da2VQko
            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    ……もう、もういいじゃないかお。
    / (●)  (●)    \   やる夫が忠輝を嫌い、遠ざけたのも後悔、
    |   (__人__)    u.   |  秀忠が忠輝を意識しすぎたのも後悔、
     \ u.` ⌒´      /   忠輝が父と兄に反発したのも後悔……。


            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \    これ以上……
    / (ー)  (ー)    \   親子兄弟で、後悔を重ねあうのは、
    |   (__人__)    u.   |   やめようじゃないかお……!
     \ u.` ⌒´      /

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    …………父上……。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |u  ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /


394 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:51:01.77 ID:4Da2VQko
:::::::::::::::::::*:::::::;;:::::::::::::::::::::::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::;;;;;:::::::::::;;:::::::;::::::::::::::
:::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::⊂ っ , ― 、:::::::;;从从
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(ゝ__________ノ):::::::::;;;;τ,,⊃  ):;;爻爻爻炎炎ミ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ε(@ )3))__))__))__))__))__))__))__))3 :::o;:::::。::::` ー '";爻爻爻炎炎炎炎
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/A ヘ∧ ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::;:::::::::::::;;::::::::;;爻爻爻炎炎粂粂炎
::::::::::::::::::::::::::::::::::く`77/''λ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ::::::;::::*:::\;;::爻爻乂jj爻爻炎粂乂メ
::::::::::;:::::::::::::::::::く777/⌒λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:::::;;;;彡ミ;;爻爻爻爻炎炎粂粂粂
::::::::::::::::::::::::::ぐ777/⌒゙λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ''彡炎;爻乂!爻炎炎"粂炎粂粂
::::::::::::::::::::/`777/⌒`λヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘへ:;\;;;爻爻爻炎粂乂粂粂
;;;;(乂_/`777,,γ⌒ヽ∧゙_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ_ヘ/乂_ノ);;;;爻爻乂メiii粂/粂炎
;;;;;乂んんんんん乂(0)んゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ,ゝ_(,,ノ;;;;;;;;ゞ爻爻爻炎粂爻
:;;;;;:;;;;;:ロ/ ロ/ ロ/ ロ/─|"|""|-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ-ヾロ''''':;;:;;;;;:;;;;;:;;:; ゞ爻|, ゙レ爻
:;;::;;:;;:;;;::|"||r────|. |  | ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|| ̄|  | : :::;:;;::;::;;::;;;;;;;:::;::;;爻|'''(:)"i;::
::::::::::::::::|. || r──┐ |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | .:::::::;::;::;::;;:;;::;;::;;:;;;;:;;.|...:;|:::|;:;:
::::::::::::::::|. || |「「「「「| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | : :::;::::;:::;:::;::;:::;:;_:;::::::.!..,;;|:;;!;;
::::::::::::::::|. || |l_l_l_l_l_| |. |  |    ||「「「「「「|「「「「「「||  |  | ..::::::::::::::::::::::::::|,.| ̄|!,,,;;|:::l::::
::::::::C=============○===Ω ||「「「「「「|「「「「「「||  |Ω==○ : ::::::::::::::::|:;|羅|:;;;;;l::::::;;
::::::::|}|::::|. ||,,____|}{|  | | i| || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||  || i||::::|}{| : : : : ::::::::|..|  |;;:;;;;!:::i:::
:::::『[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[[【】]]]]]]]]]]]] ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|]]]]]]]]]] : : ::::::::::|:.|雲|::::::;i;::::::
: : : | | ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|. |  |;;;;;;;;; |   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| | : : : : : : : |::|  |::::::;;::::y:::
  . | | 二二二二二二|. |  |二二|    :  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| .       |;:|寺|::::::;;::::::::
:爻rw从wfwvrw从jwwiiwjWvwjw爻wv,,,,,, ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|wkWwj,,wjvww\wj从爻
""Www爻wj""w"~"~~`"w~~""ww"f"~W"""~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~`"


399 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:51:45.00 ID:4Da2VQko
   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    ………………。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      …………。
 |      ` ⌒´  |
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ

       ____
     /      \
   / ─    ─ \    ……忠輝。
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     / 

404 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:52:53.01 ID:4Da2VQko
       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    父として、お前が生まれたときの行い、
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   申し訳なく思うお……。
  |     (  (      |   
  \     `ー'     /

    / ̄ ̄~\
  / _ノ  ヽ_\
  /U  (●) (●)ヽ      …………忠輝。
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      
 |      (_/´  |      私も、お前を意識しすぎたところがあった。
 ヽ         /      ……すまん。
 /   ヽ     ノヽ

   ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
    ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
    )    Y    (    ………………父上……。
   /γ⌒     ⌒ヽ\
  /  |         |  ヽ
  |   ヽ__人__ノ   |
  \     `ー'´     / 



414 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:54:34.91 ID:4Da2VQko
   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ   ………………父上、兄上……!
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。   ……申し訳、ありませんでした……!!
. /.  〉 〉           |  ヽ   
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /        
  /           く   

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\     …………。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |   ……秀忠。
 \              /

    / ̄ ̄\
  / ─  ─\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ……松平忠輝。
 |       ( <  |
 ヽ     `-'  /
 /   ヽ     ノヽ

    / ̄ ̄~\
  / \   /\
  /   (●) (●)ヽ
 .| ⊂⊃(__人__)⊂|      ……大坂の戦い前後の不届きにより、
 |      (_/´  |      蟄居を、申し渡す。
 ヽ         /
 /   ヽ     ノヽ 

439 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:56:47.50 ID:4Da2VQko
   ,_⌒ヽ      γ⌒_ヽ
  〈● ノ\   /\ ●〉
   ヽ彳゚  ヽ /   ノノヾllフ   ……ははぁっ……!!
.   ) )   Y  。(.ノ ( lj
  /{ {⌒      ⌒ヽ\゚。   
. /.  〉 〉           |  ヽ   
. |  し'___人__ノ   |
 \     `ー'´     /        
  /           く  

……松平忠輝は、武蔵国深谷に蟄居の身となった。1615年9月のことであった。
更にその後、忠輝は上野国藤岡に移され、謹慎の日々を送った。


451 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 16:59:18.24 ID:4Da2VQko
     ゝ             __  ―- 、.ノ
   /           ___    )、     )
  f       ___/  )_/ )   /1  ……忠輝様……!
  |       -‐ィ'´ >.=、   / ,ィ´、. !
  i        ノ   ┴┘  ̄l-j { ノ
  ヽ.      し、__,_      ,  ̄ 〈/
   (         _ノ    r=.   ノス
    ヽ.      ーァ       / ノ
.     _>‐、_r一'    、_/,-‐' `ヽ

五郎八姫はその事を知り、切腹にならなかったことにほっとしながらも、
忠輝の身を案じ続けた。

458 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:00:32.78 ID:4Da2VQko
              __
             /: : : : :`ーv - 、
            /: : : : : : : : : : i: : : :丶
            l: : : : : : : : : : :ノ: : : : : }
             」: : く  ̄ \: ll: : :_: : :ノ  ……徳川やる夫……
           (Iヽ_/ヽ,ニミ  ` '_´ ィ: /   わしの考えを見抜き、
      r- 、  __ 千于i___ ノ <t:ァ`i'´    婿殿を謹慎にしたというのか……?
      ゛-'、ノ\_つl l l __  _ /  /
       /_>´ ̄ `i   r`=y'` /      
       」  ‐'二二) lヽ_ 二__/       
    ... -‐' ヽ    _二i ヽ:_:_:_:_:l ヽ‐-、     謹慎処分を食らった婿殿が、
/ ̄      〉  < ヽ__/、 .,l /l |    ̄\  今後、将軍になる可能性はまずない。


                  t ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,, ;;;  ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, i
                  r ;;;;;;;;;;;;;;;; .'^-;,_ ;;;;;;;;;;; ヘ ;;;;;;; _, '^ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /
                  ヽ ;;;;;;;;;;; i   ` - ,_;;;; l `, ,.-'   ヽ ;;;;;;;;;;;; /
                   ヽ ;;;;;;;i _,-、           ,;- 、i ;;;;;;; /   ……我が野望は……
                    ヾ;;;;i  "ヽヽ,       ,.-'"   ヽ;;;/,.,
                   r"`ヽi    ─` "-,_.  -,.'"-tuーュ  i;;" ヽ  ……天下は……
                   i ヽ, i;i  l"     `│:::  `  ̄,   i,' γ i
                    ヽ i i  l`ヽ   ,.i :::::.        i ,  i
                    ヽ .i i  ヽ┘- .'".i :::::::.        i;  .;'
                      ヽi i       i ::::::::..       !y'"
                       ヽヽ   ,.: - 、_ヽ ' ,.: - :.,_,  //
                        ヽヽ`" ~,____,.. 、  //i
                         ヾ    ̄__,...      ,.',/ .i
                         l ヾヽ   ::::::...    /,/:::: i
                         l ヾヽ        /,/:::::::: !
                     _,.-='"l  ヾ -=;;;;;;;;;;;;;=- './:::::::_,.'ヘヽ._
                 _,. -="   l' ` -:.ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /_,.-'"  i  ` - .,_

この年の12月、政宗の腹心であった片倉景綱は死去した。
政宗にとって、幼い頃からの腹心、景綱の死は痛かった。

政宗は何事も、この景綱に相談していた。この相談役がいなくなったことは、
政宗の心を落ち込ませた。


467 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:02:00.58 ID:4Da2VQko
    ::::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:
    ...:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:
   .  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..
    ...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..

                   ..,,;;;;;::::::::...
                  , '""    ""''` .
                , '          `:、
               ,!               l.
               l             !
   ""''''""""'"""''""""'""'''""""''""'""""''"'"'"""'"'"'""""'""""'""''

年が明け、1616年(元和2年)が訪れた。


478 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:03:23.31 ID:4Da2VQko
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘  政勝殿、お客様よ。
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ

           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|  客? 俺に……?
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ   .     j       //ノ  ……誰だ?
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´


488 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:05:07.17 ID:4Da2VQko
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|   お久しぶりです、政勝殿。
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  霧隠!?
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./  生きていたのか!!
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \

     |:::/::::f:::,イ ヾ::::.ト、: : \: : : : :\: : : : : :ヽ : : ヽ: : :!:.!:::}: : : :!: !
.   /::/:::::!::f::::! ヾ:::k \: :ヾ丶、: : : ヽ __,.,_: :丶: : :! : !Z_::!: : : ト、ヽ、
   /::::f:::::::!:::!::::! .,,_ヾ:ヽ  \ヽ、_,,.><"ゞ、: : : :ヾ: : !: :ト、ヾ: : i :! `ーヽ
.  /::/!:::::::!:::!:::::ヽ, `Y::{   ヾ´ r',.ィ-zュァ\: : ヾ: :!: :ヒ_ ,〉 /: !  おかげさまで。
 //  !:::::::!::ト、::::::ヽf弋ヾ、    ´、ゞ-‐'   ト、 !ヽ! lノ/ ./| /  ケガが酷くて、今まで動けませんでしたが……。
     !::::ハ::! ヾ::::::::!`¨´ j`          |: :ヾ: : ,.ト' / ,イ.|/
       !:::! ヾ ヾ:::::::!.  /              |: : : : :,イ: :/ fヾr 、
      ヾ|    ヾ:::::ヽ〈.,__           |: : : :/ !::ハ:: :!/   \
            \:::i丶、` __,       |: : :/ /  >、!   /ヽ、
               ヾj   \ ー      ./|: ://  /    /   \
                      丶、.__,,.イ  ,|/'´  /    /     \
                   _,///_>'´   /       /        ヽ、


500 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:06:49.05 ID:4Da2VQko
    ::::.:::.:.:.::.:.::.::.:.::.:.:.:.::.:::.:.:.::.::.::.:.:.::.:.::.:.:.:.::.::.::.::.::.::.:.::.::.::.:.::.::.::.:.::.:.::.:.:.::.:.::.:.:
    ...:..:.:..:...:.:.:..:..:.:.:..:.:..:.:.:.:..:..:.::..:.:..:.:.:.:.:..:.:..:..:.:.:..:..:..:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:.:.:.:..:
   .  ..:.:.. .. . ...:.:.:..:... ..:.:.:... . .  ..  .:.:.:.:....   ....:.:.:.. ..:.::..:...  ....:..
    ...  ...     ...:.:.             .    ...   ....:.:.:.:.::..

                   ..,,;;;;;::::::::...
                  , '""    ""''` .
                , '          `:、
               ,!               l.
               l             !
   ""''''""""'"""''""""'""'''""""''""'""""''"'"'"""'"'"'""""'""""'""''

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  そうか……
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /   兄上は……死んだのか。
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \

::|      :   l     ヽ:.  ヽ、::..  ヽ:..   ':::.  !::.  i
::l  :   .:   !       ヽ:. ヽヽ、::.. ヽ::/  ':::.  !、:. |
:::i ::  :l:   l          \ ヽ \/ヽ:::.   ':.  | ヽ:. !
r┤:::  :l::  |  ̄ ̄```ー- \ ヽ ,r‐ァォヤ、::.  i::: |  ヽ|
.ト| ::::  :l::: | ,r≠T〒ト    \ヽ-┴'´ |、:::. !::: |
.i' i :::::.. :ヘ::. l `ー┴ー'      \、   !::l:::. |::::::| 見事な最期でした。
ヽヾ, :、:. ::ヽ::.!            、 \. |:::ハ:::ハ:::::| ……政康殿の助けがなければ、
::::\!:::l::.::::::lヽヘ                 ヽ  i::/ }:;' ',::::| 拙者も生きてはいませんでした。
::::ヽ:.::::ヘ:::::::! ヽ            / /::/ |'  ',::|
ヘ:::}ヽ::、::',:::::!               /!::{     ヾ
 '::| !::Xlヽ:::',、       -―‐‐'  ィ l::i
  '.i ';' ト ヽ:! ヽ、       -  / ! ヽ!ヽ_
  ,/  |  ヽ   ` 、      /  l    、`ー、
.//    !  \     ` ー-r-'   l    !   ` ヽ 、


505 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:07:56.27 ID:4Da2VQko
               /:/:.::/: : : : /..:/:.::.:.::.:......  ::.::.::.::.ヽ   
           ノィ:..::/:/:...::./::./::.: イ':..:/:.::.:.::.:...} :.::.::.::l   
            l:./.7.::.::./:イ/ /:イ:.::.::./::.:./::.:....:.::.:l 
             |:{/ 7:.::: イ′ー 、/´ /:.:. イ:::.:.:/:./:.:|:.:.:|:|  
           j,小.|:.:/   _  \_j/ /::/j:/::.:/:.:.:.!:!  …………。
           /小.!/     ``=ミr‐ミ'/⌒} /イ::./:..|:.::ハ!
           ノイイ/!′       } ノ _ ムーノ:/:.:/|:/
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´ |       /ノ    ヽV:イ:./ j′
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |  l       /       { ノ´
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l  l   く`{        i′
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l ハ  `ソ_       }
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /

           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj 武士として兄上も本望だっただろう。
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!  
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ  ……他のみんなは?
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/   わからないのか?
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /       ……信繁も、やはり……
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \

515 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:09:14.09 ID:4Da2VQko
        _ _. : : : : - ・・ - 、
      _ ,': : : f:: ̄: :`:丶、: :\::`::、
     /: : : :,: :|: : : : : : : : : 丶::`、ー`
     |: : : :/:\l: : : : : : : :: : : : ::ヽ丶
    |: : : :|: : : : |: : : : : : : : : :::: : ::ヽヽ
    |: : : :|: : : : ,ヽ: :.: : :::::::.:.: :ヽ: :::|:::i   そこです、政勝殿!!
    l: : : :|: : : |  ヽ::`、、:::、::,:::..:..::ヽ|`ii
   _A: : : :|: : ::|   ヽ::ヽヽi'_ヽ、、::ヽ亅i
  /l::|:::|:::||: :|::|-―--、``、,従リ .|::|ヽト、
, :´: : l: :|/| :fl: ::|、ト弋仍  、    |:::|、i: : `、
: : : : :\: :ヽ|tヽ:|::ll ´    |   .||::|: |: : : :`、
: : : : : : : : : ;]``、:|:|゜    |'   i .|': ::|: : : : : `、
: : : : : : `ヽ、:: : :iヽ`、.  、-‐ァ / i: : : | : : : : : : `、
: :: : : ::::::::::::::ヽ: L_`|;\.  ̄ / i: : : : :| : : : : : : :`ヽ
: :、_ィー--.、ヽ:: :>:;{ ヽ、 , ' / : : : : |: : : : : : : : :`、

           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|  なっ、何だ!?
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!  お前、顔が近いぞ!!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´



524 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:11:10.74 ID:4Da2VQko
                   , '´ ̄`¨ー- 、_
               _,.-‐''"`::::::::::::::::::/`ヽ`¨ー-、_
               /::::::::::::::::::::/ヽ/,ヘ:::::::::\:::::::::`ー- 、_  
            /::::::::::::::::::::/:::::/!::/!::::ヽ:::::::::::ヽ::::::::ヤ´ ̄
          /::::::::::::::i::::::/:::::://,、,、,!:::::::ヽ::::::::::ヽ::,、::ヽ   あくまで噂ですが……
           /,.イ::::::::::::l::::/:::::://   !:::l:::::ト、.:::::::::!::::!ヽ::i
           /イ::::::ハ!:::!:::,イ/`¨'ー-、!:::l::::::!_」.::::::::!::::| ヾ!  豊臣秀頼様と、
           !∧::〈(`!!:!::,'|/ .r'ヒア`!:ハ::::ヒア!::::::::ト、::|   信繁殿が、生きているそうなんです。
            !:::ヽ、_!:::::!      リ ヾ! l:::::::::! リ   ……大坂城から脱出し、
            ノ,::i::i::i::ハ::.!        _> ノ::/!:/     薩摩(鹿児島)へ落ち延びた、とか……!
            ,.ハ|::,ハ| ヾ!、.    r‐-‐ァ ./::/ |/
          /!  レ'\.   \   `ニ´/|∧!
         /  ヽ   ヽ、_.  `i'ー-<`ヽ

             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  な、なんだって!?
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´

.     / i       | lニ'^´ヽ |  ト.  1   .|  |   〉
    | |  | | | l     | |l.  |」.斗|ー | ! / 〉
    | |  | | | |   」斗ヒ] ヒ_ jハ.  ! リ、 ,ハ
       |  、´l ̄j.ニト    ´ ヘ´r‐、 iンL.ル | Y | ',   ………………。
      ヽ!、  |ヽゝfVrt.',      うッソ|.     レ  | ',
       ー\|ヽ. 込}         ̄ | l    l   ト. ',
         |  ',   '        | |  | l   | ヽ ',
         |   ヽ    -    ,. |,'!  ,′′  !  ヽ
         ||   `ト,、._   /   | ./ ,′   |\
            、ト.  ハ.| l/ ヽ ´   .ノイ |/    .|ァー-

542 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:12:50.49 ID:4Da2VQko

      *             ┼
        ,〜-,〜-,〜-,
   十    |_駿 府 城|     + + +
       _|_~~~~~~~~           ┼ +  *
      __i .i-.、 __  +
    rii | i_,! 'ー'l |,_l"'i ト,   *       十           十
_  __.゙| '"         ." |__     +       +
└┘ i.L,r-''"i ̄ ̄i~~゙"i''-.,」_.|_iーi ___       
┬─┬ト''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|..|,,__~".''''ーk,,i=i、.rii l"l,,l l.,l"i ト,.
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|  |_~"'l'''' iー-i-.ニL." ___ ^.」
┬回┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~",-、.=、~|~"'l''.ーiー-.|'"|_._|__|~i''i|   ┼
┴┬┴ri'"~|□ ̄| ̄~"l''ー|~"|;;;|.|;;| .~"|".' ''l -i |r''i"□_| ~!|
┬┴┬r''l"~ ̄| ̄ ̄|~゙"''i.|~"|;;;|.|;;|._~'_"|"'l': ri'|i'"|_._|__||''i|

         ____
       /      \
      /  u   ノ  \     ……ん……
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    やっぱり、お腹が時々痛くなるお。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   食欲もいまいち出ないし、
  |     (__人__)    |   無理に何か食べてもご飯が美味しくないお。
  \     ` ⌒´     /


559 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:14:55.42 ID:4Da2VQko
         ____
       /      \
      /  u   ノ  \    ……たぶん、これは、寄生虫だお。
    /      u (○)  \   前にもかかったことがあるお。
    |         (__人__)|   これくらい……やる夫が調合した、
     \    u   .` ⌒/   薬を飲めば、治るお。

      ____
     /\  /\
   /( ○)  (○)\    それにしても、こう気分が落ち込んではいかんお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\   病は気から……! 気分を晴らすために、
  |     |r┬-|  u    |   鷹狩りに行くお。身体は動かさないとかえってなまるお!!
  \ u   ` ー'´     /

こうしてやる夫は、翌日……
1616年1月21日、駿府城を出て、郊外の田中という場所へと向かった。

578 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:16:37.31 ID:4Da2VQko
             (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
  ⊂二⊃     (;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;;;;;ゞ;;;;ヾ;;;;;)
            (;;;;;ゞ;;;;ヾ\\/ /;;;/ /;;;;;;;;;ゞ;;;;)     ,:-'"⌒"'-:,
             (;;;;ゞ;;;;;ヾ;;;| l i l i /;;;;;;;ゞ;;;;)    ,:-'"      "'-:,
        ,:-'"⌒"'-:,  (  .|i | il i |        (;;;;;;);;;;)         "'-:,
      ,:-'"::: ::: ::: ::"'-:,,  .| l i | i l|      ,:-'(;;;;;);;;;;);;;)"          "'-:,
    ,:-'" :::: ::::: ::::: ::::  "':| |i l i | |   ,:-'"  (;;;;;;(;;;;;;)
  ,:-'" ::::  :::::::  ::::: ::::: :::::|i | il i |i.|,:-'"      |li|
,:-'" ::::::  :::::::::   :::::::: ::::::::::| l i | i li |        |il|
"'"''"'"'""'"''"'"'"''"'"''"'"'"''"'"MjiijMrソルM"'"'"'"''"'"ソjルMソルソル'""'"""""'""'"'"'
    ""'"           ""'""'""'"'"''"'"
              ""                    "'""""
                            """"
    """'                                    '""""'
""'"                """"        ""'"""


        ___
      /      \
   /          \     うーん、やっぱり鷹狩りは楽しいお!
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              / 

589 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:17:39.10 ID:4Da2VQko
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l   大御所様!
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |   気分も良くなられたようで何よりです!
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/   
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    ……う、うん。
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\  しかしお前とも長い付き合いだお。
 |        ̄      |  一体お前は、年はいくつなんだお……?
 \  u           / 


617 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:19:28.02 ID:4Da2VQko
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l   大御所様は何か勘違いをされているご様子。
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/   拙者は四代目ですぞ!?
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ    初代は大御所様が今川の人質の頃、三河で働き、
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /     二代目は浜松で三方が原の戦いのとき、
  ', i、-----.、       `''"i`'''l      大御所様を出迎え、後に岡崎で活躍。
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,     三代目は伊賀越えに同行し後に影武者を務め、
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、    そして拙者は関が原以降、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ   大御所様のお側に仕えております!
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /

       ____
     /      \ 
   / ─    ─ \    ……なんだお、その、強烈に後付け設定くさい話は……。
  /   (○)  (○)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     / 


647 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:21:24.33 ID:4Da2VQko
         ヽ:r‐'、  __
           〉‐r '´     `丶
         /:::ヽ         ヽ
.        ,':::::::::::ヽ.          '、
.         l:::::::::::::::/ .,、z:ュ、,_.  ,、=,   まぁそれはともかく!
          l;:::::::::::/ ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|
        l ヽ::::::::l  ''`¨¨´   ヽ |   いま、京都のほうでは、
         ヽ ヽ::::::!      ,ィ _.  ', .l   「天ぷら」なる料理が流行っているそうでございます。
         ヽ_λ:i.     ' `'゙`'‐'i゙ ,'
          l ヽ`'.    ,∠.ニフ /
           l ` 、 、   い.... ,' /
        ,r<ヽ、 ヽ', .ヽ`二フ.,'
       ,.イ  \.丶、`' .、,_`,.ィヽ、
.     / .',    \ 丶、   l. ', ヽ'.-、
  ,. -.'´    \    \ \   ! .l  ',  `‐ 、


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  天ぷら……かお?
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ 


674 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:23:19.47 ID:4Da2VQko
         ヽ:r‐'、  __
           〉‐r '´     `丶
         /:::ヽ         ヽ
.        ,':::::::::::ヽ.          '、     はい。
.         l:::::::::::::::/ .,、z:ュ、,_.  ,、=,     魚肉のすり身を油で揚げ、
          l;:::::::::::/ ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|     橙の酢を少しかけ、
        l ヽ::::::::l  ''`¨¨´   ヽ |     それにネギとニンニクをすってかけるものです。
         ヽ ヽ::::::!      ,ィ _.  ', .l     大変に美味であるとか。
         ヽ_λ:i.     ' `'゙`'‐'i゙ ,'
          l ヽ`'.    ,∠.ニフ /     駿河湾ではこの時期、黒鯛が釣れますゆえ、
           l ` 、 、   い.... ,' /      これを天ぷらにしてみてはいかがでしょう。
        ,r<ヽ、 ヽ', .ヽ`二フ.,'       最近、食欲がないとのことでしたので。
       ,.イ  \.丶、`' .、,_`,.ィヽ、
.     / .',    \ 丶、   l. ', ヽ'.-、
  ,. -.'´    \    \ \   ! .l  ',  `‐ 、


現在の天ぷらとは異なり、現在で言う薩摩揚げの様なものであったとされる。


694 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:25:22.98 ID:4Da2VQko
       ____
     /      \
   / ─    ─ \     ふーん。
  /   (●)  (●)   \
  |      (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | それじゃ、食べてみようかお?
  |    ー       .| お前に任せるお。
  \          / 

713 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:27:23.91 ID:4Da2VQko
.                   ________
                  | 田 中 城    |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧
                <⌒> 
                 /⌒\  
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

その日の夜、やる夫は鯛の天ぷらを食べた。

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     おお……美味い!!
  / /// (__人__) ///\    ブラボー! おお……ブラボー!!
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

         ヽ:r‐'、  __
           〉‐r '´     `丶
         /:::ヽ         ヽ
.        ,':::::::::::ヽ.          '、
.         l:::::::::::::::/ .,、z:ュ、,_.  ,、=,   美味いっ!
          l;:::::::::::/ ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|
        l ヽ::::::::l  ''`¨¨´   ヽ |   大御所様、新鮮な魚の天ぷらに、
         ヽ ヽ::::::!      ,ィ _.  ', .l   コメの飯! 温めた酒!!
         ヽ_λ:i.     ' `'゙`'‐'i゙ ,'
          l ヽ`'.    ,∠.ニフ /    かぁ〜っ、たまりませんな!!
           l ` 、 、   い.... ,' /
        ,r<ヽ、 ヽ', .ヽ`二フ.,'
       ,.イ  \.丶、`' .、,_`,.ィヽ、
.     / .',    \ 丶、   l. ', ヽ'.-、
  ,. -.'´    \    \ \   ! .l  ',  `‐ 、


726 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:28:13.50 ID:4Da2VQko
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  全くだお、うめぇお! 実にうめぇお!!
  |    /| | | | |     |  もうひとつ、さらにひとつ、ついでにもうひとつ!
  \  (、`ー―'´,    /  バクバクバク!! うめぇーっ!!お!
       ̄ ̄ ̄ 

752 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:30:05.99 ID:4Da2VQko


  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
.                   ________
                  | 田 中 城    |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧
                <⌒> 
                 /⌒\  
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ

そして……やる夫は床に入った。
狩りの疲れと、美味い食事。満足して眠りについたのだが……


773 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:31:56.44 ID:4Da2VQko
……午前2時ごろ。


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\     は……ぐぅっ……!!
  /    (__人__)   \    なんだ……お……??
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   お腹が……
  \    |ェェェェ|     /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    ゲホッ!! グェ……ゲホォ!!
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   ノドが詰まって……タンも……
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

794 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:33:07.34 ID:4Da2VQko
         ヽ:r‐'、  __
           〉‐r '´     `丶
         /:::ヽ         ヽ
.        ,':::::::::::ヽ.          '、
.         l:::::::::::::::/ .,、z:ュ、,_.  ,、=,   大御所様!
          l;:::::::::::/ ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|   ……ひょえーっ!!
        l ヽ::::::::l  ''`¨¨´   ヽ |
         ヽ ヽ::::::!      ,ィ _.  ', .l   大丈夫ですか!?
         ヽ_λ:i.     ' `'゙`'‐'i゙ ,'
          l ヽ`'.    ,∠.ニフ /
           l ` 、 、   い.... ,' /
        ,r<ヽ、 ヽ', .ヽ`二フ.,'
       ,.イ  \.丶、`' .、,_`,.ィヽ、
.     / .',    \ 丶、   l. ', ヽ'.-、
  ,. -.'´    \    \ \   ! .l  ',  `‐ 、

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    (こいつが無事……ということは……
  / o゚((○)) ((○))゚o \    天ぷらが問題ではないお。食あたりでは……ないお!
  |     (__人__)    |   ……お腹のあたりにある、しこり……
  \     ` ⌒´     /   これは……寄生……虫……?)

症状から見て、この時のやる夫は胃がんであったとされる。
それが、普段はあまり食べない油ものを一度に大量に食べたため、
症状が悪化したのであった。

しかし、やる夫は以前にも寄生虫にかかったことがあり、
経験上、寄生虫だと判断した。


818 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:35:10.64 ID:4Da2VQko
<ゲホォッ!!!!!!


         ヽ:r‐'、  __
           〉‐r '´     `丶
         /:::ヽ         ヽ
.        ,':::::::::::ヽ.          '、
.         l:::::::::::::::/ .,、z:ュ、,_.  ,、=,   お、大御所様!
          l;:::::::::::/ ´ ,r'ャ、`' i'rャ;|   
        l ヽ::::::::l  ''`¨¨´   ヽ |
         ヽ ヽ::::::!      ,ィ _.  ', .l   
         ヽ_λ:i.     ' `'゙`'‐'i゙ ,'
          l ヽ`'.    ,∠.ニフ /
           l ` 、 、   い.... ,' /
        ,r<ヽ、 ヽ', .ヽ`二フ.,'
       ,.イ  \.丶、`' .、,_`,.ィヽ、
.     / .',    \ 丶、   l. ', ヽ'.-、
  ,. -.'´    \    \ \   ! .l  ',  `‐ 、


838 :1 ◆QznAE2I9mA :2008/10/18(土) 17:36:28.65 ID:4Da2VQko
  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
.                   ________
                  | 田 中 城    |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ∧
                <⌒> 
                 /⌒\  
       _________]皿皿[-∧-∧、
    /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|
 /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|
|ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ


「誰か!! 誰かあるか!! 医者を呼んで参れ!! 医者を……!!」


第34話「父と兄と弟と」終わり
最終話「暁の空」へと続く


出典:やる夫が徳川家康になるようです 元和編
リンク:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=part4vip&key=1223890058&ls=50

出典:やる夫が徳川家康になるようです 元和編
リンク:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi?bbs=part4vip&key=1223890058&ls=50
  投票  (・∀・):11  (・A・):8  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/14487/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用