定年の日、妻の陰謀、夫の反撃 (修羅場の話) 178263回

2010/10/02 23:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:tn1946
質問:どうお考えになりますか
質問者:tn1946

始めまして、定年退職を目前に控えた62歳の男性です。
今は、50歳の妻と2人で暮らしています。
会話も多く、いつも家族で助け合ってきたと思っていました。
しかし、2年ほど前から妻がそれとなくよそよそしくなり、夫婦の関係も拒否されてきました。

私は、技術者で特にきれいな水を作るための技術を開発し、それなりに世間でも認められています。
娘やお婿さんも人間にとって大切なことをしていて嬉しいし誇りに思うと言ってくれます。
しかし、妻はそれに関心もなく、身綺麗にしている口の達者でスマートな銀行マンのような男の生活に以前から関心を寄せていました。

残念ですが、それは仕方ないと思いますが、妻が心を寄せている男性がいることを知り、心から失望しています。
私は家ではパソコンはしませんが家内はします。
家内は私がパソコンに弱いと思いこみ、時々、開いたままにしたりしますし、パスワードをかけていません。
ある晩、家内がパソコンを開いたまま、風呂に入ったので、見るともなく画面に目をやるとメールの途中でした。
何気なく見たところ、男名の相手に激しい愛の告白があり、私への軽蔑と罵倒の数々もありました。
驚き、受信ボックスを開いたところ、同じような内容が男からも来ています。

そうして、私の定年の日に家内は離婚を申し出て、退職金を持って出ていくことまで書いてありました。
ただ、メールの内容から、心の浮気段階で、離婚したらすぐ一緒になると言う心の不貞のように思いました。
しかし、退職金を宛にして既に家内名義のマンションを短期ローンで購入したことも分かりました。
驚きに震える手で、メールの内容をCD−ROMにコピーして、パソコンを元の状態に戻し後は考え込んでしまいました。
マスコミやら人の人生をもてあそぶ有識者やらの影響もあって、夫への復讐と熟年離婚がもてはやされています。
だけど、精一杯家庭サービスも仕事もしてきた人間に対してすることではなく、人間性にもとる行為だと思い、次のようなことにしました。

これはおかしいでしょうか。
ご意見おきかせください。

心を他の人間に移すことは体の不貞にも増して耐えられないものなので、考えました。
退職金は、退職後を楽しみに、遊びもせずに働いてきて得る2人のための老後の資金のはずでした。
しかし、受け取らずに(退職せず)、私は嘱託として長く会社に残り、働ける間は給与として受け取ることにしました。
会社も法律、財務専門家と相談してそうしてくれることになりました。
その結果、家内は離婚しても退職金の分与は無く、現有の僅かの貯金と家の分与しかありません。
お金が欲しければ家にいるしかありません。

その後、探偵事務所の調査で2人は既に体の関係にある証拠も入り、相手も特定出来ました(既婚)。
銀行通帳の管理など一切は家内に預けています。
月末の給与と退職金は一緒に振り込まれるので、それを持って家を出ようと家内は思っているようです。
しかし、家内からの離婚申し出と同時に、退職金は無いことを伝えます。
それは人を裏切った当然の報酬として受け取ってもらいます。
なぜなら、私の人生を完全に否定したのですから。

昨今の風潮から、もしかして、定年離婚の申し出があるかもしれないとは思ってはいました。
それが単に、自分一人になりたいと言うなら、それに応分の応援をして離婚するつもりでいましたが、残念です。
また、これを知って、お金のために家にいたいと言っても証拠付きで離婚します。
これで心が晴れたわけではありませんが、最近の定年を契機とする妻側からの身勝手で人間性のない離婚の突きつけの風潮に対して、頑張ってきた男たちに何かヒントになれば思います。
ただし、男ももっと強く、魅力的になる必要があると思います。
ないものねだりの女性たちを満たすための熟年離婚には、しなやかで効果的な対応をしましょう。
こんなのはいかがでしょうか。 



質問:予想通りの展開ですが、
No.4421243(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4421243.html?ans_count_asc=1)で質問しましたtn1946です。
皆様には励ましの言葉、アドバイスを頂き、ありがとうございました。

私は本日で会社の定年を迎えました。
歓送会は前に開いていただき、本日は午前で会社内をあいさつし帰宅しました。
本日24日は私の会社の給料日で、これまでの慣習では定年退職の最後の給料と退職金が振り込まれる予定でした。
会社の担当者の話では妻は大分前にそれを会社に確かめて、確信していたようです。

帰宅しましたところ、家内は家におり、長いお勤めご苦労様と労ってくれました。
というか、心苦しさを紛らすためでしょうか。
お茶をしている時、妻から一通の封筒を渡されました。
同時に、結婚指輪を外しました。
その時、彼女は何か勝ち誇ったような今まで見たこともない冷たい眼で笑っていました。

封筒の中には、予想通り、自分も主婦を定年退職し、会社からの退職金を自分の退職金として貰うと書いた手紙と署名・捺印済みの離婚届が入っていました。
そこには、最近目にする馬鹿としか言いようのない熟年離婚推奨本や低劣なマスコミが囃し立てる<離婚の理由>を並べ立てた書面もありました。
私も静かに話してやりました。
離婚の意思はわかったので合意するが、いくつか伝えたいことと、確認することがある旨を言い、書斎から不逞の証拠などを持ってきました。
はじめに、離婚届に署名・捺印しました。
あまり簡単に進むのに、妻は訝しがりました。

そこで、本日退職したけれど、今後も嘱託として働くことにした。
二人の生活は自分が働く間は安定して保たれることになった。
その代り、一時的な退職金はごくわずかである。

以上を伝えましたところ、妻は驚いて、自分に相談しないでおかしいと食ってかかりましたので、金が必要なら離婚しないで居ればよいとも伝えました。
妻は、怒りに震えていました。

続けて、妻の不倫の証拠の数々を示し、こちらから、お前を不貞のために、離婚すること、手続きに入ること、本日すでに倫相手に内容証明を送ったこと、そして両者に慰謝料を請求することを伝えたうえで、離婚届を確保しました。
ただし、これから正当な評価で財産は分与することも伝えました。(慰謝料と差し引くといくらにもなりません)
妻は半狂乱になり、室内の物を投げ、打ち壊して、先ほど家を飛び出して行きました。

予想どおりの展開になりました。
長い一日でした。
これからどう出てくるのか知りませんが、私の決意は変わりません。
明日、弁護士と進め方を確認します。
ただ、昨日、帰宅途中に娘のところに寄って、事情を話しましたところ、娘もすでに感づいていて、それで良かったと同意してくれました。
妻が家事をさぼり、若いころから隠れて男友達と遊んでいたこと感づいており、私が家の面倒をみていたことへの深い感謝を示したことが救いでした。

この進め方で、人間として、不適切なことがあるでしょうか。
今は不信の間柄になった妻とは言え、一時は信じていたので、若干、気になるところです。
ご報告といま一つのお伺いです。
よろしくお願いたします。 



回答
回答者:noname#93706
>妻は半狂乱になり、室内の物を投げ、打ち壊して、先ほど家を飛び出して行きました。
このシーンをビデオに撮っておくべきでしたね。

破壊し散らかした現場は必ず写真に撮ってメモをしておいた方が良いです。
法は女子に甘く男に厳しいですから後々、DV等のでっち上げにお気を付け下さい。



この回答へのお礼
残念ながらビデオは撮っていませんでしたが、ボイスレコードはとりました。
部屋の損壊状況は本日、弁護士と一緒に撮りました。



回答
回答者:plokij75
前回のご投稿を読ませて頂いていました。
「事実は、小説より奇なり!」と言う言葉があるそうですが、事実として、実行される女性がいらっしゃるのだと知り、唖然としていました。

でも、以前は、生涯の伴侶と思っておられたであろうパートナーに裏切られたにも関わらず、良くここまで耐えられて、冷静に対処されたことを敬服致しております。

>今は不信の間柄になった妻とは言え、一時は信じていたので、若干、気になるところです。

と言う思いを読むと、せめて、一歩踏み留まっていれば!?許される道もあったのかも知れませんね??
でも、一線を越えてしまっていれば、当然の報いだ思います。
そして、あなたの屹然たる態度や処置は、個人的なことに留まらず、世の一部の熟年女性への警鐘にも値するのではないかと思っております。

お嬢さんの同意が得られて、本当に良かったですね。
子供は親の背中を見て育つ!と言われていますが、お嬢さんも見ていてくれましたね!
たとえ、パートナーは失っても、立派なお嬢さんを育てられて、あなたの言動に理解が得られれば、きっと、今日は人生の金メタルを得られたのではないかと思います。

定年まで勤め上げれば、経験からして、心身共に疲れていらっしゃると思いますが、もう一踏ん張り頑張ってください。

その内、一段落すれば。。。
新しい人生!?が待っています! 第二の青春の始まりです!  



この回答へのお礼
ありがとございます。
このようなことに当たってしまたことを恨んでも仕方ないので、自分の人生の成長の試練として受け止めることにしました。

そうです、もし、昨日の話し合いで謝罪し、再び一緒にいたいということがあったら違った展開もあったと思います。
今朝、妻から電話があり、謝罪は一切なく、一緒にいたくないこと、私への嫌悪を言うに至って、私の決意は固まりました。

今度の件で、熟年離婚、不倫に関する書籍やネット情報をかなり見ましたが、今の男女を問わないこの風潮に恐ろしさを感じますし、無責任で低レベルな不倫礼讃、離婚礼讃、熟年離婚礼讃をはやし立てる物書きやマスコミには憤りを覚えます。
世論をリードする立場が、社会崩壊を先導しているようなものではないでしょうか。
今回、苦しみながら、強く感じたことです。

お言葉のように、今は、最愛の娘夫婦といるときが心なごみます。彼らの勧めで、当分、彼らのところで暮らすことになりました。

心温まるお言葉、本当にありがとうございました。



回答者:rurinohana
前の質問時から拝見しています。
なるほど、妻の離婚計画行動に
気がつかない男性が多いなか、
稀有な例だと思います。

今日は弁護士さんの所へ
相談に行っているところでしょうか?

「元」奥様は家を出たままですか?

弁護士さんに聞いてみてください。
家の鍵を取り替えて
元奥様が勝手に家に入ることを防ぐことは
合法か否か。

あなた様の留守に
家財道具の運び出し、証拠の持ち出しなどされると困りますよね。

あとは、くれぐれも気をつけていただきたいのは
身の危険です。

離婚金銭トラブルで
殺傷沙汰など
日常茶飯事ですから。
ことらが、法的にきちんと進めていても
あちらが法を無視した行動に出ると
どうしようもないです。

私の前夫は
法的に拘束力の高い
「公正証書」での慰謝料の契約を
安々と無視し、一万ずつ5回払ったところで
停止させました。

もちろん、法的にはいくらでも私には請求する権利があるのですが
私は女の一人暮らし、前夫へ請求の連絡をすると
恫喝され「暗がりを一人で歩くな」など
身の危険を暗示するような事も言われ
「元夫が離婚時の金銭トラブルで、元妻を殺害」などという
新聞の見出しがとても人事には思えず
怖くて引越しし、住所を隠し
連絡先もわからないようにし
もちろん慰謝料の請求もそれからしていません。

命が大事ですから。

こちらが、法で理詰めでいけばいくほど
向こうは太刀打ちできないと
法からそむいたやり方できます。



この回答へのお礼
昨日、この手の問題を専らにしている知り合いの弁護士に相談し、方針を立てました。
仰る通り、現状の保全が大切ということで、破壊された部屋の写真を取り、併せて、話し合いの折りの録音(前にその必要性を読んだので)と不貞の証拠品を複数複製し、数か所に置きました。
また、資産関連は家から持ち出し、保管しました。
妻は飛び出したので、鍵も携帯も財布も忘れていきましたので、家には入れません。
お書きいただいた無法な行為に備えて、本日、警備システムを導入して、不法な侵入に備えました。
今朝、妻の兄弟を通じて会いたい電話がありましたが、「弁護士の指示で私の方針が決定しているので、弁護士を入れて、日を改めて事実の確認から始める」と事務的に伝えました。
家の状況を伝え、中には入れないこと、身の回りの物を持ち出すなら、娘と弁士事務所の立ち会いのもとにすることを伝えました。
今は、とても会う気になりません。
いよいよ、離婚に向けて重苦しい時間を迎えることになりますが、人生の試練として、冷静に臨み、人間性と品性だけは失わない心と態度を持ち続けるつもりです。
これから、分らないことなどでお導きいただければ幸いに存じます。
ありがとうございました。


出典:教えて!goo
リンク:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4426865.html?ans_count_asc=1
  投票  (・∀・):5569  (・A・):1259  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/22635/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用