喪ヲタの馴れ初め (エロくない体験談) 66726回

2011/01/09 14:26┃登録者:< `∀´ >『御懐妊オメデトウニダ』┃作者:502
うちは職場結婚。俺が課長をやっていた部署に新しく来た派遣社員が嫁。 
知り合った当時、俺は30代半ばのもてない隠れオタク(模型・特撮・マンガ・アニメ)で、親兄弟や 
友人からは結婚をせっつかれていた。 
結婚したくないわけじゃなかったがモテないのを自覚していたし、自分の趣味が大事で、少なくとも 
自分の趣味を理解して許してくれるくれるような女、できれば同族のオタクじゃないと結婚は無理、 
とネガティブに思い込んでいた。 

嫁は俺とぜんぜん違う社交的なタイプで、中学・高校ではソフトボール、大学ではガチなスポーツ系の 
サークルにいて、スポーツ万能のスレンダーマッチョだ。知り合った当時は20代の末。背が高くて 
姿勢が良くて肩幅も広くて、今もそうだけど腕にはビッと筋が浮き上がっていた。 
美人だなあとは思っていたが、ルックスは怖め(天海祐希に似ていると言われる)だし、運動神経 
ほぼゼロのメタボ気味オタク中年としては妙にコンプレックスも感じて、絶対この人と恋愛関係とかは 
ないな、と思っていた。 
だからなんで嫁が俺に惚れてくれたのかは未だによくわからない。仕事に対する真剣さとか責任感とか 
真面目さとか言われたことはあるが、あんまりしつこく聞くと、嫁は顔を赤くして怒っちゃうんで。 

中小企業なんで、嫁が俺を憎からず思っていることは社内では役員・上司や部下に到るまで(俺を除いて) 
ほぼ気づかれていて、みんなで「(俺)と(嫁)さんをくっつけてやろう」という応援体制だったらしい。 
それを結婚式のスピーチでバラされたときはもう恥ずかしくて恥ずかしくて氏にたかったぜ。 

そんなわけで、嫁が働き始めて2ヶ月程たった頃、俺の仲の良い同期(アホ)がキューピッドを買ってでた。 
そいつと飲みの約束をした店に行ってみたらそいつは来なくて、代わりに嫁が現れた。うろたえる俺。 
携帯には「悪いけど急に行けなくなった。がんばれー」というメールが。 
嫁は「(同期)さん来れなくなっちゃったんですかー」ととぼけていたが、もちろん共犯だった。 
うわどうすんだよと狼狽したが帰るというわけにもいかないし、じゃあ、と嫁とサシで飲むことに。 

嫁はよく飲みよく食べ、頬を赤くしてケラケラ笑う様子に、印象は「キツそう」→「意外と可愛い」に。 
そのまま二軒目・三軒目にハシゴして盛り上がり、駅まで送る途中、喪男一世一代の勇気を振り絞って 
「また飲みに誘ってもいい?」と尋ねた。返事は「ぜひお願いします」。心のなかでガッツポーズ。 
同期には翌日昼メシをおごった。 

その後、嫁とちょくちょくメシ食ったり飲みに行くようになり、完全に惚れてしまっていたが、 
引かれるかもと不安で自分がオタクだとはまだ言えなかった。だがいつまでも隠していても仕方がない、 
言って引かれたらもう誘うまいと覚悟を決め、いつものように飲んだ帰り、河っぺりのベンチで 
酔い覚ましをしている時に、自分はオタクで、これこれこういうものが好きなんだとカミングアウトした。 
俺「いい年齢して気持ち悪いよね。引いた?」 
嫁「うーん、引くっていうか、私そういうのよく知らないから」 
ほーらみろやっぱり駄目だあきらめろもうおしまいだ、と頭グルグルしていたら嫁が言った。 
「けど、知らないからいいんじゃない?俺さんが知ってて私が知らないこともあるし、私が知ってて 
 俺さんが知らないこともあるし。お互いに知らないことがある方が、教えたり教えられたりして 
 世界が広がるでしょ」 
今考えれば当たり前なんだが、その時は「そうか!そういう考えもあるのか!」と感動した。で、 
俺「こんなオタク野郎でよかったら俺と付き合ってもらえますか」 
嫁「(笑いながら)いいですよ」 


嫁とのデートは、交代でお互いの行きたいところに行く、という感じだった。 
嫁のときはハイキングとか野球やサッカー観戦。芝居や相撲も見に行った。 
俺のときは映画が多かったけど、嫁にせがまれてメイド喫茶(俺も行ったことなかった)にも行った。 
嫁は男前なんでメイドさんに「カッコいいです〜」ってモテてた。模型屋やホームセンターに半日 
いたこともあった。 
お互いに知らないものばっかりばかりだったけど、付き合ってなければ一生知らなかったものばかり。 
確かに嫁の言うとおりなんだなと思った。 

11月、嫁の部屋で鍋をしているときに結婚を切り出した。 
嫁によると「おっさんだし見た目もアレだし給料もたいしたことないけど、一生大事にするから」 
とかそんなことをカミカミで言ったらしいが、テンパッててよく覚えてない。 
嫁は熱燗でちょっと赤くなった顔でニマーッと笑い 
「ふひひひ、やーっと言ったね」俺の頭をうりうりする。 
「でもありがとう。嬉しい。よろしくお願いします」 
「…うわ、こういうのってすっごい照れるもんだね!きゃー」。顔を隠して脚をバタバタする。 
あんまり可愛いかったんで押し倒してコトに及んだが、そこは経験の多くない喪男の悲しさ、嫁に 
色々と指導を頂きつつ、なんとかうまいこといきました。 

その後、お互いの実家に挨拶。 
嫁実家では義父に「…こんな男女みたいなのでいいの?本当にいいの?大丈夫?」と真顔で聞かれ、 
俺の実家では母親に「こんなオタク息子に嫁に来てくれるなんて〜」と泣かれ、ニヤニヤ顔の弟に 
過去のオタク行状をバラされたりした。貴様だってオタクだろうに…。 

結婚して3年目だけど、二人とも一人暮らしが長く料理も家事もできるから、なんか共同生活という感じ。 
料理も平日は嫁が、土日は俺が作ってる。まあ毎日ほんと楽しいわ。 
嫁は結構なイタズラ好きなんで、本気でびびらされることも多いが… 

結婚生活もデートしていた頃と同じで、お互いに知らないことを教えたり教わったり。 
嫁は新居に持ち込んだ俺のオタクグッズについても何も言わず、俺の漫画やDVDをよく見ている。 
今のお気に入りは「北斗の拳」と「覚悟のススメ」、それに「仮面ライダーV3の風見志郎」だ。 
逆に俺は嫁につきあってジムに行ったり、サイクリングやウォーキングに出かけたりして、体を動かす 
楽しさを教えてもらった。嫁と本気キャッチボールしているのは俺ぐらいじゃなかろうか。 
何よりも嫁と一緒にいることが趣味になってしまって、オタク趣味の方はあまり手を出さなくなってしまった。 

長々とノロケ話を書いて申し訳ない。木曜に嫁が妊娠していることがわかって、浮かれっぱなしなんだ。 
40目前にして父ちゃんになる予定です。元オタクの中年としては出来すぎだな。 







出典:  
リンク:  
  投票  (・∀・):2609  (・A・):702  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/23980/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用