重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。 (泣ける体験談) 90159回

2011/05/06 00:37┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:フラクタル
【重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。】2010年3月10日 0:02

特定防止のため、曖昧な内容になることはご容赦ください。

30代半ばのサラリーマンです。
妻は30歳前後、結婚数年目、子供はいません。

最近、体の不調を感じ検査したところ、ある進行性の疾患に冒されていることが分かりました。
徐々に身体の機能が失われていき、発病から数年、遅くとも10年で死に至ります。
今の医学では、延命はできても、治癒は不可能です。

これが癌のように治癒の可能性があり、だめな場合は2〜3年以内で死に至る病気の場合は、妻に看取って貰いたいなという気があるのですが、私の病気の場合はそれを望んではいけないように思います。
もし、私が10年生き延びてしまったら、妻は再婚は困難になり出産はできなくなるからです。
妻はかなり美人なので今なら再婚相手には困らないでしょう。
ですので、今のうちに離婚した方が妻のためだと思います。

前置きが長くなりましたが、ここで皆様にお尋ねしたいのは、離婚を切り出す場合、事情を正直に説明する方が良いのか、しない方が良いのかということです。
妻の性格(正義感が強く頑固)からみると、事情を説明した場合、病の夫を捨てるなんて考えられないと、離婚を拒絶するような気がします。
一方、妻に何の落ち度もない現状では、離婚を切り出す理由がないのです。
まさか、多少料理の味付けが濃いからといって離婚するわけにもいきません。
浮気なら離婚沙汰になるかもしれませんが、相手がいないんですから無理です。
それにできれば妻を傷つけずに別れたいのです。

今は社会生活に大きな支障はありませんが、3〜6か月のうちに重大な支障が出始め、1年以内に入院が必要になるようです。
できれば、支障が出始める前に離婚したいのです。
病気が知られると妻が離婚し辛くなりますので、親類友人の誰にも相談できません。
皆様のご意見だけが頼りです。
宜しくお願いいたします。 



【トピ主です。ありがとうございます】フラクタル(トピ主)2010年3月12日 12:59

レス遅れて申し訳ありません。

妻に何か感づかれたのかもしれません。
妻は起床が早いので先に就寝し、私は別室でネットなどしていることが多く、本文はそれでアップしました。
10日の夜にここを見ていたところ、突然妻が部屋を覗いて、「毎晩遅いと身体壊しちゃうよ。」と言いました。
病気より先に心臓発作で死ぬかと思いました。
妻がこの部屋を覗きに来るなんて、ついぞなかったことです。
平静を装っているのですが・・・・

勤務先のそばにネットカフェを見つけ、今なめこ狸さんのレスまで拝見しました。
たくさんのレスをいただき、驚きと感謝の念で一杯です。

最初は、正直に話すようにというアドバイスだけでしたが、2日目くらいから違うレスも頂くようになったかと思います。
正直に言うしかないかなという気はしています。
実は妻を騙しとおせたことがないのです。
デートの遅刻の言い訳も、エイプリルフールの悪戯も秒速で見破られます。
なら、迷うことはないようですが、正直に話した場合の妻の返答が明らかなので、逆に「妻に選ばせた」というポーズだけで、責任から逃げているような気もしてくるのです。

続きは夜にします。 



【夫婦だろ】匿名希望 2010年3月10日 18:55

言わないでどうする。
大体あなたの言う「妻を思って」なんざきれいごと。
私が考える「妻を思って」は離婚せずに今死ぬことになります。
そうすれば介護の苦労もなく、奥さんには保険金も残せるし。
離婚と違って後顧に憂いを残すこともなく。
今死ねないのは奥さんのことより残された時間をより良く生きたいという自分自身の欲があるからでしょう。
だったら格好つけてないで欲張れよ。何のために結婚したんだか。



【続きです】フラクタル(トピ主)2010年3月12日 21:08

皆様のレスの中に、妻に知らせず離婚すれば真相を知った妻が「信用されてなかった」と傷つくだろうと推測されているものがあります。
妻のお立場でのレスなので、異論を挟み難いのですが、私は妻が真相を知らされなかったことに憤ったり、私の死を看取ることができなくて悲しむことはあっても、自分が「信用されていない」と思うことはないように思います。
私は妻が死の床にある夫を見捨てるような女ではないことを100%信用しています。
だからこそ、真実を伝えることを躊躇しているのです。

匿名希望さんへ
3月10日18:55のレスに書かれていることは、既に検討ずみです。
妻がどうしても離婚に同意しない場合は、その選択肢もあると思っております。
ただ、何も知らせずに自死することは、どう考えても妻を深く傷つけるでしょうから、それはしません。
また、医学の進歩に希望を託したい気持ちもあります。
それができなくなるくらいに体の機能を失う直前まで実行は保留しようと思っております。



【ありがとうございます。近況です。】フラクタル(トピ主)2010年3月15日 13:05
ノノアさんのレスまで拝見してます。
100人以上の方が、私の悩みを共に真剣に考えていただいていること、本当に感謝いたします。

日曜日、妻の買い物中にアクセスしようと思っていたら、
いつまでたっても出かけない。??と思っていたら、妻から
「たまには外で食事しない?」と誘われ、某チェーン店へ。
店では、小部屋へ案内されました。
予約済みでした。

少しアルコールが回ってきたところで、
妻が「最近、何か悩みごとがあるんじゃない?」と、訊いて来ました。
これだけ、お膳立てが揃っていれば、こちらも、それなりの準備はできます。

仕事関係のトラブルがある。
厄介だが、解決の目処は立っている。と伝えました。
「そうお、まさか女性関係じゃないよね〜。信じているからね〜」と、冗談ぽく、
でも目は笑わずに言われました。

怖かった。
この妻相手に、嘘でも浮気話はできそうにありません。
浮気相手に制裁を加えずして、収まらないように思えます。
「好きな人ができた」でも許してもらえそうにないです。
白状しかけましたが、何とか踏みとどまりました。

思いは千千に乱れてます。
まだ結論はだせそうにありません。



【皆様、私はずるい奴です】フラクタル(トピ主)2010年3月15日 21:15

レスありがとうございます。
皆様の暖かくも厳しいアドバイスに触れ、自分の心の中を見直してみると、本当に妻のことを第一に考えて、離婚を考えたのか、自信がなくなってきます。

今は、自分に訪れる運命について、何の実感もありません。
でも、自分で自分の身体を動かせなくなり、気持ちすら伝えることができなくなって、ただ死を待つだけの日々がやってくるかと思うと気が狂いそうになります。
そのとき、妻にそばにいてもらいたい、助けて欲しいという願いは心の奥底にあります。
でも、そのときそばにいるのは、明るく溌剌とした今の妻ではない、長年の看病に疲れ絶望感に苛まれた姿の妻でしょう。
私は、その姿を見たくないだけかもしれない。
自分のせいで、妻をそんな姿にしてしまったという罪の意識から逃れたいだけかもしれない。
そして、妻に頼りたいという気持ちを封印し、妻の幸せという綺麗事を言っているだけじゃないか。
そんな、ずるい奴なんじゃないかという気もしてくるのです。



【愛想をつかされるということ】フラクタル(トピ主)2010年3月16日 12:58

レスありがとうございます。
皆様のレスの中に、情けない男を演じて妻に愛想をつかされたらどうか、というアドバイスがございます。
なるほど、それなら浮気話よりは妻は傷つかないように思えます。
堕落した元夫の動静なんか知りたくないと思ってくれれば、真相に気付く可能性は低くなります。

ただ、問題は妻に愛想を尽かさせるには時間がかかるということです。
妻は、自分が選んだ夫が堕落した場合には、必死になって立ち直らせようとするでしょう。
そしてそれがなかなか効を奏さなくても、すぐには諦めません。
そうこうしているうちに、病状が顕著になってしまいそうです。

妻との出会いは、あるサークル活動の場で、私がやっていた(難しくはないが手間隙がかかる)ある役割の後任に、まだ入って間もない彼女が名乗りを上げたことです。
可愛い彼女に話ができるのは嬉しかったですが、新人で要領の分からない相手なので一から教えなければならず正直面倒臭い気もしました。
私も1年で音を上げたその役割を彼女は結婚で退会するまでずっと続けていました。
誰も後任に名を上げなかったので。
妻はそういう人間です。



【ありがとうございます】フラクタル(トピ主)2010年3月16日 21:03

レスありがとうございます。
ke-kiさんまで拝見してます。

妻がすでに苦しんでいるのではないかというご指摘。
確かに私の挙動不審さを訝っているだろうとは思いますが、それを浮気に結びつけているとは思わない・・・思いたくないだけかもしれませんが。

日曜日のことも字数の関係ではしょりましたが、私の説明の後、すぐにあの発言になったのではなく、普通に労いと励ましの言葉をかけてくれています。
今は、浮気ではなくセクハラ(の加害者にされてしまうこと)を心配しているのではないかと思っております。

多くの皆様から正直に打ち明けろというアドバイスをいただきながら、決断できないのは申し訳なく思います。
ただ、一度打ち明けると、私も妻も、もう後戻りはできません。
もう少しだけ悩みたいです。



【ずるくていいんです】ころり 2010年3月16日 14:59

弱くていいんです。
自分本位でいいんです。
未来が恐ろしくていいんです。

前回の投稿の補足になりますが。
もし、トピ主様が本気で離婚したいなら。
「奥様を傷つけずに=事実を知られずに」は絶対に無理です。
それなら「傍にいられると自分が精神的に辛い」と正直に言えば、
奥様に「貴方のために別れる」と言い訳を用意することができます。

奥様が同意しなくても、書類のみの離婚はお勧めしたい。
貴方は奥様を介護から遠ざける目的で離婚したいなら、親兄弟もいらっしゃらない、と思ってよろしいでしょうか?
離婚すれば、介護の負担は親兄弟に行きますので。
いらっしゃらない前提なら、一人身になれば、病院等に入院できるのではないかと思います。
「特定疾患なら国の多額の扶助金で…」と書いていらっしゃる方がおられましたが、残念ながら多額ではありません。見舞金は微々たるものです。
トピ主様の1人世帯であるほうが援助は増えますし、奥様の負担も減らせるのではないでしょうか。

ともあれ、理想論では語れません。
率直に奥様に心をさらけだし、思い切り泣いて楽になってくださればと思います。



【ころりさまへ】フラクタル(トピ主) 2010年3月17日 13:07

レスありがとうございます。
ご質問にお応えします。

親兄弟はいます。
祖父母も1人います。
親はいま、その介護で大変です。
兄弟には頼ろうとは思ってません。

法的な義務が彼らにあるとすると、迷惑をかけることになります。
調べてみます。 



【遅かれ早かれ】J 2010年3月18日 11:46

大変なご病気のようで、ご心労に掛ける言葉もありません。
まずはご自愛下さい。
トピ主様の発言だけ読ませて頂きました。
最愛の奥様に真相を知らせたくない、との趣旨ですよね。
自分が同じ病気になったらではなく、家族が同じ病気になったらどうするか、どう思うかを考えてみました。
今まで良好な関係だったパートナー、家族が突然意味不明の行動を執りだし挙句に断絶、別離などと言う事になった場合の心の傷は如何ばかりかと。
それと人間の好奇心は侮れません。 
例え憎しみの果てに別れた相手でも、いつかふと気になり近況を知りたくなる、調べてみると言う可能性はそれなりに有ります。
それを知った時の悲しみは、今知らせるのと同じではありませんよ。
私も人の親であり又子でも有ります。
当初、どうやって奥様に隠し通すかと言う話でしたが、トピ主様最新のレスではご親族にも知らせずに済まそうとしておられる。
親の立場として子供が最後の時にそのような態度をとったら、、、
亡くす事以上に大きな悲しみかもしれません。


【生きる為に】リル 2010年3月18日 15:21

奥様は絶対離さないでください!

私が思う(他の方も言っている)病の場合は看護する家族が居なければ、生きるものも生きられなくなります。
ケアの担当や生活の指導のために年に1〜2回1ヶ月間入院をしますが、それ以上は病院には置いてくれません。必ず家族が呼び出され、在宅介護になります。
その時、奥様がいなければ一体どうするのでしょう…。
親兄弟を引っ張り出し「介護」させるのですか?一人では何も出来なくなるのですよ。
手から始まりましたか?ご飯の用意さえ出来なくなります。
足から?すぐに歩けなくなります。

 これが現実です。
診断を受けたのなら自覚症状があるのですね。
グズグズしてられません!
今すぐ奥様にお話し、医師やケアマネと今後を相談ください。

私からのアドバイス(大至急)
○PCとネット環境の充実
・手からの症状であれば足で操作できるよう
・瞳の動きでキーボードが操作できる物があります
○バリアフリー化
○コレステロールの高いものを食べる(まだ医学的根拠はありません。勝手な持論です…)

奥様は「犠牲」になるのではありません。
あなたと共に生きるのです。 



【レスありがとうございます。まだ決断はできません。】フラクタル(トピ主) 2010年3月18日 21:15

リル様のレスまで拝見してます。

J様
親兄弟にまで知らせないとは、思ってませんでしたが、そう読み取れますか。
何か私の潜在意識にそういう思いがあるのでしょうか。

リル様
ご指摘のこと、まだ覚悟が足りません。
この病気、生き延びると周囲に大きな迷惑をかけるのですね。

妻は退避させることができても、親兄弟は逃げられない。
迷惑をかけても、お返しができるのであれば、いいのですが、そうでないのなら・・・・
どうしても、ある考えが頭をよぎります。

まだ決断はできません。
見守っていただいているのに優柔不断で申し訳ありません。



【沈没船と救命ボート】フラクタル(トピ主)2010年3月19日 13:02

昨晩、夢を見ました。
DVDも購入したある映画のシーンが下敷きになっているようです。
沈没しようとする豪華客船には十分な救命ボートがない。
「女性と子供から」乗り組む。
私と離れたくないと泣き叫ぶ妻を周囲の手を借りて無理やりボートに乗せる。
沈みゆく船からボートの上の妻に向かって微笑みながら手を振る。
妻も目を真っ赤にしながらも、口を歪め手を振る。
ここで目が覚めました。

心配そうに覗き込む妻の顔がありました。
悪い夢を見たとだけ伝えました。

私の看病をしたからといって、妻が同じ病で死んでしまうなんてことは決してないのですが、何かそのイメージが私の心の中にはあるようです。



【21日】ころり 2010年3月17日 20:49

NHKスペシャルで、ALSという病気のかたの特集があります。
トピ主様がALSかどうかは存じませんが(お答えは求めていません。祖母はALSでした)似たような症状とお見受けします。
奥様と一緒にご覧になってはいかがでしょうか。 



【完全閉じ込め】フラクタル(トピ主)2010年3月23日 20:32

レスありがとうございます。
ころり様にご紹介いただきましたNHK特集を妻と二人で見ました。
衝撃でした。

この番組は、二人で見ることも多い(この前は巨大地震シリーズを見ました)ので、妻を自然に誘うことができました。
見終わった後、話をしました。
もちろん、番組の感想と、仮定の話としてです。
照川さんともうお1人の方とも、病人の夫と介護する妻でしたので、お互いに自分の立場に置き換えておりました。

私は、照川さんに共感し、照川さん同様そういう状態になったら人工呼吸器を外してほしいと願う。むしろ最初から装着を拒否する。介護する人のことを考えると、治癒する見込みがなければ意思の疎通が容易なときに結論を出すのが、先に逝くもののつとめだと、と言いました。

妻は、たとえ「ピッ」の音しか返ってこなくても、いや何の返事も返すことができなくなっても夫に意思のある限り見捨てることはできない。介護がどれだけ大変でも耐えれる、耐えてみせると反論しました。

予想通りの答えでした。
続きます。 



【方策】フラクタル(トピ主)2010年3月23日 20:37

やはり、病気のことを知ると妻は絶対に離婚を承知しないように思えます。
嘘は見破られますので、無理やり離婚するしかないようです。
皆様のご意見にあるように、何も知らせずに私の死を知ることは、妻が大きく傷つくでしょうから、離婚届を記入した後に真実を知らせるつもりです。
そして、妻の名誉のために、妻が病気のことを知らずに離婚を承知したということの証人が必要です。

納得せずに離婚届に署名する人はいないでしょうが、何とか方策を考えます。

治療のこともありますし、いつまでも病気を隠してはおけません。
今月中には決着をつけたいと思います。
ただ、私が普通に社会生活を送れるうちは、離婚届の提出は保留するつもりです。



【楽しい思い出をたくさん作ってあげてください】sarada 2010年3月23日 16:26

連休中はどこかに出かけられたでしょうか?

前レスは、もし、隠されて別れた時の奥様の気持ちを考えたレスになりましたが、今、2人の時間を大切にしてほしいと思い再度レスします。

体の自由のきくうちに2人でゆっくりできるビーチリゾートなどの旅行を楽しまれて、素敵な時間をたくさん奥様に作ってあげてほしい 

もうすぐ桜の季節ですね。お2人で静かな所で楽しめるといいですね

これからできなくなりそうな楽しい事、2人でたくさんして

自分の部屋にこもらないで一緒にいてあげてください

素敵なレストランで夜景を眺めながら奥様を見つめてあげてください

「愛してる」と言ってしっかり抱きしめてあげてください

その時間が奥様の力になるように

病気の症状が出るのが遅れ2人の時間が増えますように



【sarada様、レスありがとうございます】フラクタル(トピ主)2010年3月24日 13:02

思い出作りのご提案ありがとうございます。
私としては、残り少ない人生を生きる糧となる思い出は是非作りたいと思っております。
今まででも、十分二人の歴史は積み上げてきましたが、別離を前提にした日々はまた別でしょう。

ただ、妻の立場に立てば、夫から無理やりに離婚届を書かされた後でも、その相手と旅行をする気になるのか、大いに不安です。
ある程度時間がたてば、私の思いも理解してもらえると信じておりますが、GWはその期間として十分なのか疑問です。

また、妻が私との思い出を胸に抱いて一生独り身で暮らしていくのであれば、離婚した意味がありません。
妻が私とのことは過去の思い出にして、別の人と新たな人生を送る意欲をもってもらわなくてはならないのです。

こういうご経験をされた方は稀でしょうが、ご意見を賜ればと思います。 



【計画の概要です】フラクタル(トピ主)2010年3月25日 21:07

皆様から厳しいお叱りのレスを頂戴しながら、このようなレスをして申し訳ないですが、妻に離婚届に署名させる計画の概要です。

次の日曜日に、自宅に妻の両親と兄弟に来ていただきます。
手狭ですが、妻の判子が必要なので外では無理です。

最初に以下の説明をします。
ある事情があって離婚せざるを得なくなった。
その事情は妻が離婚届に署名捺印後に説明する。
理不尽は承知しているが、その事情を知らずに妻が離婚届けに署名したということが大切なので、従って欲しい。
離婚届は妻の両親に預かっていただきたい。
私の言動に信用がならないというのなら、調査でも何でもしていただいて、了解後私に渡して欲しい。
ご両親のお立場で、この離婚が妻のためにならないと思われるのなら破棄していただいても構わない。
妻が希望すればすぐにでも届け出るが、そうでなければ半年程度は待つと思う。

妻は、納得しないと思いますが、ご両親が預かるということを担保として、信用してほしいと頼みこみます。

署名後、病気の状況を説明し、理解を得たいと思います。
ビデオは撮っておいて、妻が私を見捨てたという批判が出たときに備えます。



【逆の立場では】フラクタル(トピ主)2010年3月26日 13:06

レスありがとうございます。
レス総数が313本、300人近くの方々が私の悩みに我が事のように考えていただいていること、感謝いたします。

ただ、殆んどの方のアドバイスに従わない決意をしたこと、申し訳なく思います。

逆の立場なら、どうか?というご質問がありましたが、妻と私では事情が違うように思います。
女性の場合には、出産可能年齢というのがあります。
妻に10年介護させると約40歳、出産は極めて厳しくなります。
確かに私でも、40代半ばという年齢は子育てを考えると楽ではないですが、女性ほどの困難はないように思います。
ですので、妻が離婚を考えることはないでしょうし、私も妻の死まで看とります。

あと、妻以外の誰に介護させる気か?というご質問がありましたが、自分が身動きできなくなってからの介護は妻のイメージしかなかったです。
でも、その妻のイメージは自ら消しました。
ですので、身動きできなくなってからの自分については、何のイメージもないです。



【トピ主さんへ】ある妻 2010年3月26日 17:47

トピ主さんが、奥さんを大切に思っていること、きっと奥さんには通じると思うよ。

でも、トピ主さんが思うほど奥さんは弱い人じゃないと思うよ。
サークルでの面倒な役職をやり遂げた人なんでしょ。

トピ主さんの病気は遺伝性なの?
そうじゃなければ、今からお子さんを作ることもできるでしょ。
奥さんはきっとトピ主さんの子供を欲しいと思ってるはずだよ。

子育てと看護の両立は大変だけど、奥さんならやりとげると思うよ。

トピ主さんは、奥さんをずっと「護ってあげたい」と思って生きてきたのかな?

でも、これから数年間は奥さんに護ってもらっても良いんじゃないですか? 



【話し合いました】フラクタル(トピ主)2010年3月28日 19:41

本日、話し合いを行いました。
15時に妻の両親と兄弟に自宅に来ていただきました。
食事会にしようかとも思いましたが、結局は正直に「重大な話がある。」ということで、説明しました。
その内容については、妻はもちろん皆から問い詰められましたが、それはその場で明らかにする、事前に話すと意味がなくなると押し通しました。

概ね、前に書いた計画通りに進行しました。
そのとき、意外だったのは、もっと感情的に反発するかと思っていた妻が、冷静だったことです。
「私を裏切るようなことをしようとはしてないことを、私の目を見て誓って。」
と言って、私が誓うと「わかった。」と承諾しました。
でも、いざ、離婚届を前に出されると、かなり動揺していたようですが、しっかりと署名捺印をしました。

その離婚届を私の用意したクリアファイルに挟み、義父がかばんに入れるのを見てから、私は病状と自分の決意を話し始めました。



【話し合い(続き)】フラクタル(トピ主)2010年3月29日 3:35

話し終えた後、その場をしばらく沈黙が覆いました。
妻が口火を切りました。
「その病気、最後は絶対に介護が必要なんでしょ。私と離婚して、誰に介護してもらうつもりなの。」

そこは、私の一番の弱点でした。
考えていないという意味ではなく、私の考えが世間一般からは受け入れ難いものであるという意味で。

私は、とりあえずは親に介護を依頼するが、末期の介護は考えていない、延命治療を希望しないことを述べました。
そう、あの番組を見て話し合ったときと同じく、人工呼吸器を拒否することを、さらに、その希望が通らないのなら、自分の始末は自分でつけるということです。
そして、その時に妻が介護をしていれば、あらぬ非難を浴びることになるだろうから、離婚を希望するのだとも言いました。

(申し訳ありません。長時間の話し合いを纏めるのに手間取ってます。)
とりあえず、結論だけ、お伝えします。
離婚は、当面のところ、できなくなりました。

続きは明晩にお伝えします。



【介護側でした】40代おやじ 2010年4月1日 0:26

嫁さんを病気で亡くしました。
生まれ変わってもまた一緒になろうと約束しています。
最後を見とれて、幸せでした。
私だから出来る事がありました。
亡くなる直前、私だけ「おとうさん、じゃあ逝くね」って聞こえました。
周囲に、義父母含め子供もいましたが、私だけに聞こえました。
その声を聞いて数分後に逝きました・・・・
心も体も繋がっていたと思います。
本当に愛する人の介護は、介護する事が幸せですよ。
男としての気持ちは判ります、私ならあなたと同じ判断をしたと思います。
でも、奥様の気持ちを大切にして下さい。



【続きが遅くなり申し訳ありません】フラクタル(トピ主)2010年4月3日 0:57

前レスで明晩と書きながら、レスができずに申し訳ありません。
半弗名前さんにもご心配をおかけしたようですが、妻はこのトピに続けて書くことは認めています。
(ですので3月28日は家のパソコンからアップしました。)
ただ、29日のレスはあまりに深夜だったので叱られました。

今は妻の検閲が入ります。(いや、冗談です。)

アップできなかったのは、急な仕事で忙しくなったのと、そのせいもあり1日寝込んでいたためです。
(件の病気とは無関係です。)
妻は勤めを休んで看護してくれました。
ありがたかったのですが、将来私の病状が悪化した後のことを考えると、家計上の大きな不安もぬぐえません。


話し合いのことですが、あれからビデオを何回も見ましたが、長時間なので全部の会話を書けば10レス以上になるでしょう。
実際には堂々巡りが結構多く、かなり減らせそうです。



【話し合い3】フラクタル(トピ主)2010年4月3日 1:56

3月29日 3:35のレスの続きです。
私の発言に対し妻は「あなたさえ私を信じてくれていたら、世間の評判なんかどうでもいいの。だけど、自殺なんか絶対に認めない。それは私への裏切りです。」と言いました。

ここで、また延命治療の是非への議論になりましたが、私と妻とでは「天寿」の解釈の大きな違いがあることが分かりました。
私が、この病気になったからには、人工呼吸などつけず自力で呼吸ができなくなった時点で死期を迎えるのが天寿だと思うのに対し、妻は平均寿命が天寿で、人工呼吸器や人工心臓を使ってでもできるだけ長く生き延びるべきだという考えでした。
言葉の解釈としては、妻の方が正しいかもしれませんが、自分の生命が機械によって維持されている状態から「天寿を全う」という言葉が連想できないのです。



【話し合い4】フラクタル(トピ主)2010年4月12日 2:16

なかなかレスができずに申し訳ありません。
通院のための休暇を取るため残業や休日出勤をせざるを得ず、なかなかまとまった時間が確保できません。

話し合いの報告の続きです。
私が要介護の状態になってからの、妻が被る経済的・体力的・精神的な困難について語ると、妻は、
「お金なら、マイホーム用貯金があるし、その治療費は補助もあるでしょ。身体は、幸い親が丈夫に産んでくれたし、あなたさえ傍にいてくれたら頑張れるよ。介護は辛いかもしれないけど、耐えてみせるよ。サークルでも、あの係りも最後まで投げださなかったでしょ。あれもあなたがいたからだよ。」
と言いました。
難病指定のことを知っていることに、一瞬違和感を感じましたが、あの番組でそんなこと言っていたのかな、とそのときは思いました。

妻が折れそうにないので、義理の両親の意見を訊きました。
義母は、あくまでも私達夫婦で決めることで、親は口を出さないと言うことでした。
義父は、その意見に反対はしないものの、娘が今後10年程度苦労をし、孫の顔を見ることができないかもしれないということに動揺してました。 



【話し合い5】フラクタル(トピ主)2010年4月12日 2:28

そして私が、
「今なら妻は新しい相手を見つけることも簡単だし、出産も無理のない年齢だ。私の介護に何年も引きずられていると、その機会を逃してしまう。」
ということを再度伝えると、遂に私に任せるとして、離婚届の入ったクリアファイルを私に渡しました。

妻がそれを奪うかと妻の動きに注目してましたが、妻は平然としてます。
??と思っていると、妻が口を開きました。
「離婚届、出しても無駄だよ。」

皆さんが指摘されたように、離婚されても介護をするという意味かと思い、離婚して赤の他人になった妻に介護されることは拒否すると、あえて冷たい口調で言うと、
「離婚届の不受理申出書を出してあるから。」

唖然としました。
なぜ、こんな早手回しに?
まさか、私が浮気でもしているかと思っていて、防御していたのか?
などと混乱していると、

「あなたのことを何年見続けていると思っているの?小町で相談してたのは、早くから分かってたよ。」
妻に言わせれば、分かりやす過ぎて呆れるくらいの私の挙動だったようです。



【話し合い6】フラクタル(トピ主)2010年4月12日 2:47

病気のことは最初から妻には内緒にしてましたが、既に何か違和感を感じていたそうです。
それまで小町の話題をよくしていた私が、私が結果を知った日からピタリとしなくなり、しかもこのトピをたてた日以降 家のパソコンの履歴まで完全に消去してあった。

そこで、小町をずっと探してこのトピを見つけ、本文では、確信は持てなかったけど、レスのエピソードで確信したようです。
そして、一度自らレスをしたそうです。

病気のことも調べて、癌のように早期治療に一刻を争う状況ではないので、今日まで私の様子を見守っていた。
しかし、万が一父が離婚届を私に渡しても問題ないように、離婚届不受理申出書を提出したのです。
完敗です。

さらに決定的な発言がありました。
「それにこのことは私一人の問題じゃないの。」
またまた??です。
そうするとお腹に手を当てて
「まだお医者さんには行ってないけど、多分できたと思う。」

それを聞いた義父は、私の手からファイルを奪うと、離婚届を出して
「もうこれは要らないな。」
と言って、破り捨ててしまいました。

万策つきました。

これが、「離婚できなくなりました。」の経緯です。



【近況】フラクタル(トピ主)2010年4月19日 0:39

レスありがとうございます。
妻の妊娠に対し祝福のレスをいただき感謝します。
ただ、正直複雑な思いはあるのですが、これは後で書きます。

近況報告します。
話し合いをした日の翌日には、私の実家を訪ね、病気について告白しました。
両親は大きなショックを受けていましたが、同時に孫の誕生を知り喜んでもいました。
一番喜んでいたのは寝たきりの祖母でした。
母には「お前は最後までYちゃん(妻の名)に世話になりっぱなしで、お返しもしないまま逝っちゃうのかい。」と叱られました。
妻はそれに対し、「Kさん(私の名)には、最初に一生分の恩がありますから。」と応えました。
両親は、経済的な面での協力を約束してくれました。

その週に二人で私の病院と産婦人科に行きました。
出産予定日は、11月末位とのことです。
経過は順調です。
私の病気は突発性なので子供には影響ないようです。

今のところ、私の体調に変化はありません。



【妻のこと】フラクタル(トピ主)2010年4月19日 0:45

妻が私の手の内を知ってながら、当日まで何も言わなかったことについては、もし事前に問い詰めると、私がへそを曲げ何も語らなくなってしまうのではないかと恐れたようです。
「私のこと『頑固』て書いているけど、あなたも小町で散々皆さんから正直に告白しろとアドバイスされていたのに従わなかったでしょ。」
です。

妻の別の面を少し暴露しましょう。
義理の両親たちが帰るのを見送った後、それまでにこやかだった妻が突然泣き出し、私の胸を叩き、
「あと10年もないってどうして」
「ずっと一緒だよって言ってくれたじゃない」
「10年と知っただけでもショックだったのに、それより先に別れるって何でよ、勝手すぎるよ」
後は、「どうして」「何で」の繰り返しでした。
学生時代スポーツをしていた妻のパンチは痛かったですが、それ以上に妻の悲しみが胸に突き刺さりました。

少し妻が落ち着くと
「ごめんなさい、一番辛いのはあなたなのに、取り乱して・・・」
「明日からはもう泣かないから、今日は泣かせて。」
と言った後、私の胸に取りすがり、静かに泣き続けました。 



【妻のこと2/不受理申出書】フラクタル(トピ主)2010年4月19日 1:32

3/15のレスで、妻が外食の席で「女性関係じゃないよね」と言ったと書きました。
その理由を最近聞きました。
たとえ妻のために形だけであっても、浮気なんてされてしまえば、心が折れてしまうから、それだけは絶対に避けたかった。だから釘を刺したというのです。
離婚という目的のためには、浮気は有効だったようですが、妻を壊してしまったかもしれません。
一瞬でも選択肢に入れたことを恥じます。


妻に指摘され、レスを一箇所訂正します。
不受理申出書を事前に出した理由は、「父が離婚届を私に渡しても」ではなくて「父が離婚届を出しても」です。
ビデオを見直しましたが、そのとおりでした。
私は元々すぐに離婚届を出すつもりは無いと書いてあったので、それは心配してなかったそうです。
そこで、妻に言われました。
「私に離婚届を書かせても、あなたが提出するまでの間に、私が不受理申出書を出すとは考えなかったの?不受理申出書のことは知ってたのでしょ?」
確かに、そのことは知っていましたが、今回の計画の時には全く念頭になかった。
迂闊といえば迂闊に過ぎる話でした。



【心境1】フラクタル(トピ主)2010年4月23日 7:44

レスありがとうございます。

4月19日のレスに書きました複雑な思い。

子供が生まれたとき、立ち会えるだろうか?
赤ちゃんを無事抱くことができるだろうか?
子供と遊んでやることはできないんだろうな。
「高い高い」もできないだろうな。
海へも連れて行きたかったけど・・・
男の子ならキャッチボールもしたかったけど・・・
入学式には車椅子でも出席出るんだろうか?
卒業式にはもう生きていないんだろうな。

子供が生まれると知ってからの心境は大きく変化しました。

いつまで自分が生きられるか、身体が動かせるか、それを少しでも先にのばしたいという気持ちが涌いてきました。
ただ、その自分の気持ちの変化に気付いたときに自己嫌悪に陥りました。
なぜ、妻だけの時にはそう考えなかったのか?
発病したら少しでも早く死にたいとさえ思っていたのではないか。
今私を支えてくれている妻への愛情は、まだ見ぬ子への愛情より少ないのか?



【心境2】フラクタル(トピ主)2010年4月23日 7:53

妻への気持ちは本当に複雑です。
最後まで私の傍を離れないと言ってくれたこと、
そして私の子供を産もうと決意してくれたことには、
感謝の念と申し訳なさでいっぱいです。

妙な書き方かもしれませんが、私の介護と子育て、そして家事、勤務。
それらを一手に引き受ける妻のこれからの苦労を思うと手放しでは喜べません。

もともと、妻だけの時には、別れてしまえば、妻を介護と家事、勤務の苦労から開放させてあげることができろと思ってました。
それが、妊娠し私から離れることができなくなった今、寝たきりになる時期を少しでも遅らせて、妻への負担を少しでも減らしたい。
そういう思いは確かにあります。

でも、そんな綺麗事で心境の変化をすべて説明はできないのです。
やはり、子供の成長を見届けたいという本能的な欲望は否定できないのですね。



【最後に御礼】フラクタル(トピ主)2010年4月23日 7:56

トピを立てて以来、皆さんからのレスが452件、お気に入りに登録していただいている方が4015人。
社会に大きな影響を与えないちっぽけな存在である私の悩みに、これだけ多くの人々が関心を持っていただいていることに驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。

私のトピを見て、夫婦で話し合ったというレスも何件か拝見したように思います。
私自身も、自分がそれを宣告されるまで、この病気については全くの他人事でした。
皆様方にそれを考えてもらえただけでも、私がトピ立てした意義はあったのかもしれません。

あと、
そう、
何よりも妻を壊さなくてすんだこと。
これが私にとっては最大の意義です。

これが掲載されるときには、トピは終了しているかもしれません。

皆様へのお礼を申し上げて、私の最後のレスとします。

長期間おつきあいいただきまして、どうもありがとうございました。


出典:重い病です。離婚をどう切り出せばいいですか。
リンク:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0310/300469.htm?o=0&p=0
  投票  (・∀・):4718  (・A・):540  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/25426/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用