姉と私 1989 から (姉との体験談) 54257回

2011/05/07 20:01┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:彬
http://moemoe.mydns.jp/view.php/25444の続き

[5048] 姉と私 1989 から 投稿者:彬  投稿日:2008/09/02(Tue) 00:07 

1987年6月のある日、私は中学2年、ひょんな事から高校2年生の姉に初めて手で絶頂に導いてもらいました。
そして中学3年の時の姉との衝撃的な初体験。姉に溺れつつもその後同い年のさゆりとも関係を持ってしまった私。
1989年春、さゆりとの関係を持ったのを機に近親相姦を止めようと姉と約束しました。

しかしその年の夏休み、暑い日、シャワーを浴びる姉。誘われるように姉を襲ってしまい関係が復活してしまいます。
その後、背徳的な感覚を抱きながらのエッチ。
私は可愛いそして優しい19歳の綾子姉さんとイケナイ深みにはまっています。
1989年晩秋から話が続きます。

なおこの話はレスがいっぱいになった  4388  の続きです。

今までの主な登場人物
姉 綾子 19歳
同級生、友人 大作、森田、山口、鈴木さん、平田さん 
別の女子校  私の彼女の さゆり
別の公立校  大作の幼なじみで彼女の雅美さん  
伯母さんの娘 信江さん(40代半ば)
伯母さんの孫 ゆうちゃん(姉の一つ下)  

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/02(Tue) 00:09 

何故か私は中学生の頃よりも近親相姦に対する背徳感が強くなっています。強い背徳感のせいか姉との性交はものすごく燃え上がります。二人ぐったりするような快感を得るのです。その為、イケナイことと思いながら止める気が起きません。

姉とのことで後ろ髪を引かれつつさゆりとは月1回くらいエッチをしています。さゆりもだいぶ膣快感を覚えるようになってきたのですがやっぱり中ではイケないようです。

11月吉日。
その日、さゆりと外れ洋画を見に行きました。
口直しということでブームの終焉、人の少ないビリヤード場で9ボールをしに行きます。彼女は何回か行くうちにものすごく上達しました。きっと運動神経と反射神経がいいせいでしょう。私がビリヤード行こうというと喜んでついてきました。
彼女のキューを構える姿は獲物を狙う雌豹っていう感じです。スラリとした肢体とキリッとした表情、私が言うのも何ですが凄くカッコイイ。他のお客さんもちらちらとさゆりを見ていました。そんな彼女は彼氏としてはちょっと鼻が高かったです。
しかし彼女が上手くなったせいで私は最近なかなか勝てなくなっています。悔しいのでついムキになって何度も勝負してしまい帰りが遅くなってしまいました。

家に帰ると見慣れぬ車が庭にあります。父と姉と先月から何度か話をしていた軽自動車、本日納車だったようです。
この赤い車は父から姉へのプレゼントです。父曰く クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントと成人祝いの前渡し だそうです。中古とはいえ今までのプレゼントの金額で考えると果たして何年分の前渡しになるのでしょうか。
「あきくんもっと早く帰ってきたら一緒にドライブ行けたのにナ」
少し残念そうに姉は言いました。
・・・・・ファミレスの彼氏は放置していていいのかな?

12月のとある日曜日、珍しく私の部活は休み。その日は父も伯母もまだ家にいました。
「あきくん きょうドライブ行かない?」
姉の運転する車に乗るのは初めてです。もちろんOKしました。
「父さん、あきくんとドライブ行ってくるね、夜には帰ってくるから」
「そうか気をつけてな、事故だけには注意するんだぞ、彬も姉さんに無理を言うなよ」
かなり不安げな父の表情。
・・・・そんなに不安なら車なんか買ってあげなければいいのに

姉の車の助手席に乗りました。車内には綾子セレクションのカセットテープの音楽が流れています。最近のお気に入りはユーミンと佐野元春だそうです。
「さてと、で、どこへ行くの?」
少し緊張気味の姉に尋ねました。
「特に考えてないけど、そうだ!・・・海岸の方まで行ってみようよ」
姉は小学生の頃行った海水浴場の名を言いました。
・・・・かなり遠いけど大丈夫かな?
姉にとって初めての長距離ドライブだったそうです。姉の運転はお世辞にもうまいとはいえませんでした。マックのドライブスルーでお昼を買うにも四苦八苦。いろいろと不安一杯なドライブでしたが兎にも角にも目的地の海水浴場に着きました。
思ったより時間がかかりました。家を出て既に2時間が過ぎています。
「うーん 天気いいけど風があるからすごく寒いね。」
そう言ってから姉は大きく伸びをしました。
「寒いから手をつなごうっと♪」
姉は手をつないできます。
「うん、すげーさむい。ここに来るのって何年ぶりかなあ、姉さんが中学入る前に父さんや伯母さんと来たのが最後だから7,8年ぶりってところか」
姉に甘えられてちょっと照れた私ですが、私からもぎゅっと手をつないでオフシーズンの砂浜を歩きます。
手をつないだ姉の横側を見ながら懐かしい感触を味わっていました。

私が小学校2年生の頃この海水浴場で姉弟で迷子になったことがありました。私がトイレに行こうと後先考えずに走り出してしまったせいです。姉は半泣きの私の手を引いて父達を探してくれました。姉はその頃から私に対して異常に優しかった・・・。母が亡くなって私の世話をしなければならないと決めてのかもしれません。
私は姉弟で海岸をさまよった後の事を思い出し くくっ と笑ってしまいました。
「もしかして迷子になったときのことを思い出した?」
この辺は姉弟です、以心伝心。
「あのときおねーちゃんと一緒だったのに泣いていたわよね・・・・」
「おねーちゃんと海岸をうろうろしてようやく父さん見つけたときに あきくん、安心しておしっこ漏らしたんだっけ ふふふふ」
赤面・・・・。
そんな話をしながら姉は寒い寒いと言いながら私に密着してきます。今度は私の左腕にぶら下がるように腕を絡めてきました。
下半身は言うまでもなく半勃。
オフシーズンとはいえクリスマスが近いせいか砂浜にはカップルがちらほらと歩いています。
・・・・こんなふうに姉弟で歩いているのは俺等くらいだろうな
砂浜を数十分散策してから車に戻りました。ふたりさすがに体が冷え切っています。
「あきくん、寒いからあったかいもの食べに行こうよ、・・近くに喫茶店なんかあるのかなあ?」
車で海岸線沿いを流します。すぐ近くに場末の雰囲気の喫茶定食というお店がありましたが「あれはちょっとね」と言って姉は通り過ぎます。もうすこし走るとおしゃれな?大きなお城がありました。ラブホテル・・・
「ははは 姉さん、あそこに入ろうよ♪」
冗談で姉に言ってみました。
「そうね いいわよ」
いきなりウィンカーを出して急ハンドル、タイヤを鳴らしながら門をくぐります。すごいテクニック・・・・
「ね 姉さん いいの? ここってラブホテルでしょ」
「あきくんが入ろうって言ったんじゃない、それにもう着いちゃったもーん」
休憩5千円と書いてある駐車スペースに車は止まっていました。
駐車スペースから部屋まで直ぐでした。
・・・・姉さんホテル慣れているなぁ  ・・・彼氏と行っているのかな・・・・・
暖かい部屋、大きなベッドに大型テレビ、向こうには曇りガラスだけど部屋から覗けるジャグジーがあります。姉は早速ジャクジーにお湯を入れ始めます。私は初めて入るラブホテルの部屋を興味津々とばかりにうろうろしていました。
「ねえあきくん、寒いからお風呂に行こうよ、おっきいからふたりでゆっくり入れるわよ♪」
姉とふたりで服を脱ぎます。こんなところで裸になるのは何となく気恥ずかしい。そんな私を尻目に姉はばっと全裸になりました。
お風呂場は湯気で曇っています、さすがホテルの蛇口、強力な水量です、もうすぐジャグジーはお湯が一杯です。
慌てて私も裸になります。シャワーで軽く体を流して向かい合いながら大きな湯船につかります。
「姉さん、なんか胸大きくなってない?」
「えへへへ わかってくれたぁ。 いちおう Cカップになったんだよすごいでしょう ふふふ」
「あっ やっぱり。最近ちょっと(だけ)ボリュームがあるような気がしていたんだ」
姉の胸をゆっくりと揉みます。乳首が直ぐに立ってきます。
「ふふふ あきくん気持ちいいよ、今度は体洗ってあげるね」
ふたりでいつものように体を洗い合います。ペニスは完璧勃起状態。
「姉さんここでしてもいい?」
「今日は危ないからだーめ。代わりにお口でしてあげるン。」
姉はいきり立った肉棒をおいしそうに咥えます。すこしの間普通のフェラチオをしてもらいました。
暫くして快感値が上がってきた私は姉の頭を押さえつけて腰を振ります。姉は口をすぼめてぎゅっと肉棒を締め付けます。
姉の口に激しいピストン。下半身から沸き上がってくるあの感覚。
「ね 姉さん もうすぐ出るよ このまま口に出させて!」
両手で姉の頭をつかんで腰を大きくグラインドさせます。 じゅぱ じゅぱ じゅぱ  唾液と唇とペニスの擦れ逢う音がします。
「う゛ いく!」
びゅ びゅ ビュる  姉の口を喉を犯したペニスから白濁液が噴出します。ゾクゾクするあの快感・・・・。
苦し涙を流しながら口で姉は全て受け止めた後ゆっくりと精液を吐き出します。苦しんでいる、涙を流している姉の表情を見ると鳥肌が立つような愉悦を感じます。

「あきくん、もう苦しかったよ、ちょっと加減してよ!」
「姉さんごめんね、気持ちよすぎちゃって ははは」
「まったくもう・・・・あきくん、もうちょっとお風呂はいろっか、おねーちゃんあきくんとおふろ入っているのすき」

「姉さん、俺とエッチするようになって後悔していない?夏に襲ったとき最初すごく怒っていたし・・・・」
ずっと気になっていたことを訊いてみました。
「うーん、後悔は、無いかな 前にも言ったけどあきくんとすごく相性イイみたいだし」
「しばらくエッチするのやめたけどあきくんとのエッチ以上のエッチって今まで経験したこと無いから・・・・夏襲われた原因もおねーちゃんが無意識に誘っちゃってたのかもしれない・・・なんて思ったり。でも・・あきくんって弟・・・弟なんだよね。姉弟でセックスなんてホントは、本当はいけないことだよね・・・そのことで・・ちょっと ううん すごく悩んじゃうことはあるかな・・・」
姉の胸の内を初めて聞きました。紡ぎ出すように話しながら姉の瞳は潤んでいました。
・・・・・やっぱり近親相姦で悩むんだ ・・・
「俺は、俺は後悔してないよ!」
そういって姉をぎゅっと抱きしめました。姉もすがるように私にしがみついてきました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/02(Tue) 00:10 

しばらくジャグジーで抱きしめあってからベッドに行きました。
今度は私が下で姉が上。姉は私をきゅっと抱きしめます。姉は吹っ切れたように
「えへへへ ここでならゆっくりエッチできるね。」
と微笑みながら言いました。私も開き直ります。
「ラブホテルって俺初めてだけどなんだかいいよね。ふたりだけの空間って感じで、暖かいし、それに邪魔される心配ないし」
我が家は古いだけあって冬は寒い、何よりいつ父が帰ってくるか、友人が来るか心配しながらのエッチは落ち着かないときがあります。
「ふふ あきくんもう勃ってるよ。このまま入れちゃおっかな・・・・でもやっぱりゴムつけようね、確かこの辺に・・・」
姉はベッドの脇においてあったコンドームをすっと見つけると私のペニスに装着しようとしました。
「姉さん、クリトリスを舐めたいな」
「・・・・入れるよりも舐めたいの?変なのー」
姉は向きを変え女性上位の69の体勢になりました。姉のヴァギナからは愛液が既に出ています。クリトリスを舌で嬲ります。
「んん はぁ あきくん きもちいいよ んんんん は んんー」
姉は腰を落としてもっと舐めてとばかりにクリトリスを私の顔に押しつけてきます。姉の指はペニスをさすっています。
私は姉の腰をしっかり捕まえてクリトリスをこね回し、押しつけながら振動をかけます。時々ヴァギナへも舌のピストンをします。
「く はあ んんん! だめ もうすぐ いきそう あきくん いれて あきくんのが いい!」
「駄目だよ姉さん、舌で一回イかなきゃ入れてあげない♪」
「ん は でもぅ んんんん あっ だめ いく イッちゃうよ! んんんん! は う゛ぁ んんんんんん!!!!」「いっくぅぅ!!」
いつもよりも大きな声で姉は絶頂に達しました。そのまま半回転して私が上になります。コンドームをつけます。
ぴくぴくしている姉のクリトリスを指でこねます。右手の中指の高速振動。姉の大好きな愛撫。
「ぐぁ んんんん!あ゛あ またいっちゃうーーーー だっめー! いっくぅーーー!!!!」
続けざまに姉は絶頂に達します。姉の全身は赤くなっています。愛液はシーツにつたい始めています。
「姉さん、そろそろ入れるよ でもその前に ん」
もう一度クリトリスを愛撫します。
「え あ あきくん 入れてもう もう ほしいよぅ んんんんんん! か う゛ぁ またいっちゃう!!!! いれてぇ!!」
「い いくぅ きゃん んんんんん!!! だんめぇーーー!!」
姉の絶頂を伝える声の中、思いっきり肉棒を膣の中に打ち込みます。
「いっきゃう んんんん!!!だめ  いい!!!!!」
多分挿入した瞬間に3度目の絶頂に達したはずです。私は逝ったままの姉にピストン運動を開始します。絶頂時の膣はぎゅっと締まっているためこちらにもすごい快感が来ます。
「んんん あ あきくん スッ ストップ おねーちゃん 死んじゃう んんんん! ああ゛ーー また だめ いきそ んんん!!!」
「死ぬことはないよ きっと気持ちよくなるだけだよ」
「いや だめ ほんと ちょっと まって あん きゃん が ぐ う゛ぁ いっく っく! んんんん!!! お ぐ んう゛イクん!!!」
またも姉が逝きます。
・・・・気持ちいい、すげー面白い、もっともっと突くぞ
さっきの悩み事を消し飛ばすような激しい情交。
・・・・姉さん何もかも忘れるようにもっともっと逝かせてあげる
「くくっ 姉さん どれだけいけるのかな 愉しみ・・・」
「だっめー! あきくん 助けて もううううう!!! いっくぅうううう!!!!きゃん んんんんんーーーうう゛ーー!!!!」
深い絶頂感に溺れた姉の爪が私の背中に刺さります。
今度は姉を少し回転させます。今度は横からです。
「姉さん どう これ気持ちいい?」
「はぁ はぁ んんん 当たるとこ さっきと んん!違う あ また またぁ! だめ ちょっともう んんん! ダメぇ! んんん いっく もうだめ! あ゛ い゛んんんん !!!!!」
「まだイけるよね このままするよ」
快楽に苦悶している姉の顔を見ながら更に腰を振ります。鳥肌が立つような征服感・・。
「ぐ はん ん あきく んん もう だめ キモチ イイ ダメ んんん!! あきくぅん!! んんんーー だっめぇ!んダメん!!」
「イッぐう゛ぅんんんんーーーーー!! い゛ ぎゃん!」  
膣がギュっと締まる感覚があります。
・・・・姉さんまたイったね   あれ?
姉はぐったりしたまま反応がなくなってしまいました。締まっていた膣が緩くなります。
ゆっくりとペニスを抜きます。姉の脚はだらんとなっています。心配になって呼吸を確かめます。普通に荒い息をしています。
姉のお尻の下は愛液でベタベタになっています。ちょっとかわいそうなので位置をずらしてあげます。
ぐったりとしてヨダレを流しながら失神しているようです。こんなことはあの初体験の時以来です。

「姉さん、 姉さん、 姉さん 綾子姉さん」
しばらくしてから耳元で呼んでみました。
「あ あきくん おはよ じゃない あれ あっ エッチしてたんだっけ わたし あれ?」
すこしボケています。すごくカワイイ。
「姉さん、してる最中に気を失ったみたいだけど?」
「あっ そうだった、気持ちよくなりすぎて途中から分けわかんなくなってイクって思ったらそのまま・・・・」
「えへへへ あきくん すごすぎっ。やっぱ私たちってエッチの相性抜群にいいみたいね。こんな風になるのあきくんだけだもん」
かわいい姉と話をしているとエッチの続きをしたくなります。
「姉さん、実は俺まだ途中なんだけど・・・」
いきり立ったままのペニスを見せます。
「えっ!? あれで まだ途中・・・・。おねーちゃんホント死んじゃうよ・・・・」
私は姉の唇を奪うとそのまま正常位の体勢に。ぱんぱんぱん一気に全速運転。
「ぐ は あきくぅん だめ そんなはげしく しないで もう すぐ あん んんんん! また きもちよく なるぅ」
「姉さん、我慢しなくて いいんだよ! 今日は 誰にも 邪魔されないんだから!」
「ぐ が あんんんん!! また また いっちゃう んんん!! ぐぅ きゃん あ゛んんんん!!!!いっくぅ!!」
姉がまた逝きました。更に突き続けます。さすがに今度は私の方が限界に近づいています。
「姉さん ねえさん ねえさん きもちいいよぅ 姉さん!う゛ いくぅ」
「あきくん あきくぅん もう んんん! んんん!いく いいっ ちゃう! まったぁんんん!!! いぐぅう゛ い゛っく!!んんーー!!」
ふたり同時に深い快楽の海の中に潜っていきました。

シャワーで軽く汗を流してからベッドに横になります。姉を腕枕します。
・・・・姉さんとこんな風にゆっくりしたことないなあ
親バレしないようにいつもはエッチした後は割と直ぐお互いの部屋に戻ります。
姉は頭を転がして私の肩の上に持ってきました。私はすこし体を反転させて姉を包み込むように抱きしめます。
「へへ あきくんと恋人同士みたいだね、最近あきくん年下なのに頼りがいがあるっていうかなんかかっこいいよ」
頭をすりすりしながら私に抱きしめられています。姉の匂いに包まれてしばらくそんな格好のまま横になっていました。
姉にこんなふうに甘えられるとある種の感動があります。
・・・・・今なら言える・・・
「あの 姉さん ・・・んん?」
姉は疲れたのか安らかな寝息を立てて眠っていました。私は軽くおでこにキスをします。
・・・・・まあ また今度でいいや
その今度は遙か先でしたが・・・・・。

約1時間後、
「あきくん あきくん 起きて おきなさい!」
「ねえさん おはよ どした?」
「時間!、ここ出なくっちゃ延長料金、お金足りないかもしれないの」
時計を見ると既に3時間近くホテルにいるようです。私もしっかり眠ってしまっていたようです。
「姉さん、何で今日に限ってお金もって無いんだよ」
「だってもう1万円持ってたつもりだったんだもん、それにこういうところは男の人がお金出すモンだよ」
ふくれながら姉は言い返します。ふたりの財布中身を足すとなんとか大丈夫でした。

「今度ホテルに来たいときはあきくんがおごってね」
運転をしながら姉が言いました。少し笑っています。
お小遣いを鑑みて・・・・2ヶ月に1度くらいなら大丈夫かな。・・・・でも冗談、だよね?

家に帰るともう真っ暗。
父に「遅かったじゃないか心配したぞ、遅くなるときは電話しなさい!」少し怒られてしまいました。
あと、昼間、さゆりから電話があったと伯母からの言付けがありました。
・・・・なんか今日は電話する気にならないな、明日電話しようっと

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:暇人 投稿日:2008/09/03(Wed) 00:26 

長文投稿を読ませて貰いました。

姉が弟を上手くリードしている様子が良くわかります。

彬さんは幸せ者ですよ・・・

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/05(Fri) 20:04 

冬、
春高バレーの予選がありました。森田や大作はベンチ入り。私は客席からの応援です。あいつらと差が付いてきました。普通を装っていましたがすっごい屈辱を感じていました。アタッカーとして1年でベンチ入りするにはもっと身長がないとダメだったのかもしれません。
・・・・172cmは小さいのか?

予選敗退で部活は少し暇になりました。
バレンタインデー、「バレンタインはこれね♪」姉はガトーショコラを作ってくれました。昼間 さゆりからもらったベルギー製の高級チョコレートとは違ってちょっとほろ苦いガトーショコラは手作りの味がしました。
「すげーうれしい 姉さんありがとう」
「ふふふ 私よりさゆりちゃんからもらったチョコの方が嬉しかったんじゃない?」
ニヤニヤしながら姉が言います。
・・・・いや姉さんからが一番嬉しい
口に出そうとしても照れてしまって上手く言えません。
「えっ まあ そーだな、でも姉さんからのも嬉しいよ」
頭を掻きつつ阿呆なことを言います。がんばったほろ苦ショコラを食べながら居間で向かい合って紅茶を飲みます。

予想外の事柄をジノリのカップにいれた砂糖をかき混ぜながら姉が話し始めました。
「あきくん、昼間、伯母さんから聞いたんだけど信江さんこっちに来るんだって」
「ふーん、最近よく遊びに来るね」
「そうじゃなくて、4月から伯母さんのお店で働くんだって、ほらもうすぐ出来るあのマンション、最上階の3LDK、あそこに住むんだって」
「へー 雇われママっていってた名古屋のお店辞めるんだ、あの派手な信江おばさんが地味な伯母さんの店でやっていけるのかなあ」
「あとね、信江さんところのゆうちゃんもこっちの大学受けたんだって。多分受かっているから信江さんと一緒に住むみたい」
今年は私たちの周りで色々な展開があるようです。
「伯母さんはどうするんだ、信江おばさんとマンションに住むのかな?それとも今まで通りここにいるのかな?姉さん訊いておいて」
「あっ とりあえず伯母さんはここに住むんだって、だから心配しないで ですって、あとお兄さんの武志さんはしばらく名古屋だって」
「ふーん じゃあ俺たちは今で通りなんだ・・・・」

そんな話をしながら姉を見ます。目が合うとニコッと微笑んでくれます。男子高校生はそんな些細なことでも欲情します。
近づいてキスをしました。舌を絡めます。
「あ あきくん 今日私生理だからエッチできないの知ってるでしょ?」
「うん でも したくなっちゃった キスだけでもしよっ」
ちょっと強引に舌を絡め直します。暫くクチュクチュとショコラ味のお互いの唾液をかき回しました。
「しょうがないなあ あきくんの手で気持ちよくしてあげる」
姉はそう言うと私のズボンとパンツを脱がせて柔らかい指でペニスをさすり始めました。根元を白い指がなまめかしく動きます。
今日はかなり強めに指が肉棒を締め付けます。下半身から絞り出てくる射精感覚。
「ね 姉さん もう出る!」
「もうイクの?! あきくん ちょっと待って ティッシュが・・・ もう!」
姉は射精直前のペニスを咥えました。あの生暖かい口腔の感触をペニスに感じたとたん 
びゅ びゅる びゅる
激しく射精。ビクビクと震える下半身を支えるように姉は精液を受け止めてくれました。

姉は精液を洗面所で流してきたようです。
「あきくんの濃かった」
妖艶に笑います。
「生理終わったら今度はおねーちゃんにサービスしてね♪」
エッチぽくウィンクしました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/05(Fri) 20:06 

1990春
私は高校2年になりました。

クラス替えがあり、森田と鈴木さんは相変わらず同じクラス。平田さんは別のクラス。大作も別のクラスです。
姉は大学2年。バイトやサークルも今まで通り、特に変わったことはなかったそうです。
今年度から信江おばさんが伯母のお店で働くようになりました。
信江おばさんのところの母娘はあの新築マンションの3LDKで暮らすようになりました。最近伯母は昼間に信江おばさんの部屋に行っていることがままあり、私たちが帰ってきても家中の鍵が閉まっていることが多くなりました。

父は部長に昇進。父は仕事は出来るようです。

私はいまだ姉ともさゆりとも関係を持っています。端から見ると二股近親相姦野郎ってところですね。みゆき みたいに血がつながってなければ問題なかった?のになあ。


4月、姉は二十歳の誕生日にピアスの穴を両耳に開けました。私はそれにあわせて姉の誕生石のピアスをプレゼントします、さすがに4月の石は高い!。
更に去年から始まった消費税が余分です。未だに外税に慣れずに税金分予算オーバーしてしまいました。(数百円ですが)
居間で誕生日祝いをいていると玄関のチャイムが鳴りました。父が玄関に行きます。
姉は父が見えなくなると「誕生日プレゼントありがと高かったでしょ?」と言いながら優しくキスをしてくれました。頬が赤くなります。微笑んでいる姉を力強く抱きしめます。そのとき廊下からパタパタと足音がしました。慌てて姉から離れます。父より先に小走りで入ってくる若い女性。
・・・・姉さんとくっついているの見られたかな?
「綾ちゃん お誕生日オメデトー!」
「あれー ゆうちゃん あっ ありがとう」
信江おばさんの娘のゆうちゅんが姉のハタチのお祝いにやってきました。
・・・・見られなかったみたいだな。
「あ それからコレお母さんから 成人祝いだって」
のし袋には数万円入っているようでした。
「あっ、 彬 久しぶり元気してたぁ おっ なーんか男らしくなって」
ゆうちゃんは信江おばさんのように男勝りな感じがします。また体型は信江おばさん似で出るとこが出て引っ込むところが引っ込んでいて目を引くスタイルです。目鼻立ちがはっきりしているから化粧映えがすると姉が言っていました。
「今年からこっちに住むから時々遊びに来るね。綾ちゃん 服とかいいお店知っていたら教えてよね そうそう、彬も面白い所あったら連れて行ってよ って彬じゃ恥ずかしがって無理か あははは」
私が話に噛む間もないように話し続ける彼女でした・・・・。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬 すれちがい 投稿日:2008/09/08(Mon) 19:13 

春の終わり、その日部活は中間テストの試験休み。
さゆりと珍しくタイミングが合いました。久しぶりのデートです。二人で日が暮れた公園のなかを歩きます。
「ねえ ここで キス してほしいな」
彼女は最近も大胆なことをいきなり言います。
公園の奥の木陰で軽くキスしました。いろいろあって姉ともさゆりとも久しくセックスをしていない私のペニスに血がまわっていく感覚があります。少し大きくなってきている股間を見て、さゆりの指がさわさわとジーンズ越しに触ってきます。
「おい こら こんなところで止めろよ」
「彬君、私 セックスしたくなっちゃた・・・・」
珍しく感情を露わにしてさゆりが抱きついてきます。・・・・・こっここでか?
「じゃ じゃあうち行こうか」
「ううん ん」
抱きつきながら唇を、舌を絡ませてきました。ここまでされれば我慢できなくなります。さゆりの下着だけ脱がせスカートの奥の秘部を指でまさぐります。彼女のそこはしっとりと濡れていました。もっと濡れるようにクリトリスを弾きます。ぬめるように愛液が出てきました。
「立ったまま入れるよ」
さゆりは大きな木を両手で押さえるようにしてお尻を突き出しています。私はペニスに自分の唾液を少しつけて滑りをよくしてから未だキツイ彼女の膣中に突き入れました。
「んぐぅ あああ 彬君 ああああ はぁ はぁ はぁ ぐぐぅう」
さゆりは自分のハンカチを咥えて声が出ないようにしています。最近女らしくくびれてきたウェストを掴んで後ろから腰を打ちつけます。そのたびにまくりあげたスカートがひらひらと揺れます。
有名な 女子高の制服着た 美少女(少年)と言っていい さゆりを 外で犯す・・・。そんなことを考えた瞬間、下半身からあの甘美な感覚が浮き出てきました。
「さ さゆり もうすぐ ぅう゛」
「あ゛あ゛あ゛ ぐん ぐぅううう う゛ぁ い゛い゛ ぐ ぁあぁっぁぁぁぁ」
さゆりは押し殺した喘ぎ声を上げます。
ぬぽっっ
限界のペニスを抜くと草むらに向かって精液を飛ばしました。薄闇の中にぴしゃぴちゃと白濁液が飛び散る音。独特の匂い・・。
さゆりは木をつかんで肩で息をしていました。
「まだイっていないだろ」
立ったまま後ろから抱きかかえるようにして指をヴァギナに持って行きます。愛液を指で掬ってクリトリスに擦り付けながら愛撫します。
鋭い振動を強弱をつけながら敏感な肉芽に送り込みました。
「ぅぐぁ あ゛あ゛あ゛ んう゛ もぅう あ゛ーーーーっぐう゛ーーーーぅぅぅっぅ」
絶頂に達したようです。膝ががくがく、支えていないとお尻から落ちてしまいそうです。
荒い息をしながらさゆりは余韻に浸っていました。
・・・・・姉さんとも外でしたこと無かったのに制服姿のままのさゆりとしちゃったな
周りで誰かに見られなかったか急に心配になりました。急いでふたり身支度を調え、逃げるように公園から出ました。
「変に興奮しちゃった、彬君も気持ちよかった?」
さゆりは台詞の割にはあまり表情が変わっていません。
「ああよかったけど・・・・今度からやっぱ俺ン家でしようぜ 何か覗かれそうでやだな」
私は多分動揺した表情をしていたと思います。
・・・・・男女の台詞が逆・・・・

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/08(Mon) 19:15 

初夏、バレーインターハイ予選、私はベンチ入りすら出来ません。そんな中、森田と大作は準レギュラーで試合に出ていました。
差が開く一方です。うちのチームは3回戦までは進出しましたがそこで終了、3年生は引退し森田が新主将になりました。奴が名実共に新エースです。

早く授業が終わった森田と私、大作と新副主将でセッターの山口とで部室で時間をつぶしていました。部室には先輩方が置いていった漫画本やエロ本がたくさんあります(ただしエロ本は隠して置いてある)。部の最上級生になると好きに読むことが出来ます。
「こんなカワイイ母親がいたら押し倒したくなるな」
八神君の・・・・・という漫画を読みながら山口が言います。
「近親相姦ってすごいエロけど実際そんなしたくなるような相手はいないよなぁ森田?」
館とかいう作家の 兄妹・・・・ というフランス文庫を読みながら大作が話を受けます。・・・・堂々とエロ小説読むなよ
「確かに、うちの母親としようって気は起きないもんな、大作もそうだろ?」
「ああ。俺のところもお袋が相手?冗談じゃないってかんじ きょうだいも兄貴だけだからそっちにいったらはホモになっちまう」
大作の母親は大作と同じ顔をしています。また噂では森田の母親はかなりの年齢らしいです。
「あっ、たしか山口には妹いたんじゃないか?」
「くくくっ 大作、いくら妹っていったってうちの妹、全然可愛くないっていうかすごいブスだぞ。それにあんなデブじゃあ裸で歩かれてもその気は全く起きないぜ・・・」
山口が遠くを見るように言います。・・・・・見たのか?
そのとき森田がハッとした顔で私の方を見ます。
「おーそうだ あきら お前のねーちゃんすっごい美人じゃん、風呂上がりとかムラムラしないか?」
・・・・何故に風呂上がり限定?
「いや 別に なんにも 姉さん彼氏いるし・・・・」
しどろもどろ。

人間なにか特別な秘密を持っているとそれを誰かに言いたくなります。秘密をバラす快感、これは誰しも持っているものだと思います。
もしここで姉とエッチしているって言ったらみんなどういう反応するかな、きっとうらやましがられるだろうな。一時的にものすごい優越感に浸れるかもしれない。悪魔が耳元で誘惑します。
心の中だけで大きく深呼吸しました。
・・・・・そんなことを言えば身の破滅だ これは絶対に二人だけの秘密にしておかなければいけない・・・

「ほんとかぁ 俺だったらあんなねーちゃんいたら覗きとかするぜきっと」
しつこい森田。
「なあ そんなにあきらのお姉さん美人なのか?・・・あきらぁ お姉さんのエッチな隠し撮りとかしろよ 俺等に持ってこいよ」
からかうように山口は言いました。
「あのなあ 姉弟でそんなことするかよ!そんなことしたいなら自分の妹にしろよ」
「げー むちゃくちゃいうなよな!」
本当に嫌そうに山口は言いました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/08(Mon) 19:16 

その日の夜。
最近父は例の恋人(愛人?)と逢い引きをしているようで帰ってこない日があります。今日も帰ってこないと連絡がありました。
風呂上がり、ノリの軽い夜のテレビドラマを何となく見ながら姉と今日の出来事を話していました。
「・・・・・・・・・って話を部室でしたんだよ。なんであーゆーとき秘密を話したくなるのかな、姉さんもそう?」
「ふふふ なんとなく気持はわかるなぁ でも言っちゃダメよ ね」
「もちろん絶対に言わない。えーと 墓場まで持って行く だっけこういうときに言うのは」
「へんなことわざ?知ってるのね。おねーちゃんも誰にも言わない。絶対に」
急に真剣な瞳でそういいながら私の瞳を見ています。姉の瞳は決意の色と共に欲情の色もあるように思えます。
秘密の情交、近親相姦、姉と弟、さっきの会話の中身をふり返ってみるとかなり淫靡なイメージがあります。
「ねぇ姉さん ここでしようよ」
声が漏れないよう窓を閉めてエアコンを除湿モードで動かします。すぐに二人下着だけの格好になりました。
「あきくん もう熱くなっているよ」
姉の指がトランクスから器用にペニスを引き出します。
姉の背中からお尻を少しくすぐるように指を滑らせます。
「ひゅ はーーぁーーん ふーーぅーーん ちょ くすぐったい でもぞくぞくしちゃう」
久しぶりに胸や背中で遊ぶことにしました。ブラだけ外し指を舌を姉の全身に滑らせます。乳首と背中の反応が一番良いようです。
「くぅ ふぅーーーぅん はぁ はぁ はぁ くぅーーん あ あきくん クリ クリトリス さわって もう くるしいよぅ」
今度は胸をくりくりと揉みます。乳首を舌で転がしながらブルブルと胸肉を揺らすように振動させると姉の様子が変。
「くぁ はは くすぐったい ふっぅーんん だだめ なんか  おかしい あ ああ んんんん! ひゅんんんん!!!!」
「くっ んんんんん!! ふぅん だめぇ!!」
びっくんびっくんと上半身を揺らします。・・・・逝っちゃった時みたい?
「姉さん、あれどうしたの イッた時みたいだけど?」
「はぁ はぁ 普通にイクのとはなんか違うけどくすぐったすぎてどうしたんだろう?凄くよくなっちゃたの」
姉のヴァギナにすっと指を入れてみました。確かにイッた時のようにぐちゅぐちゅになっています。
「ひゃん あきくん いきなりもう! 胸のやつ気持ちいいけど気持ち悪いからあんまりやらないでね」
不思議なことを言います。・・・・・またそのうち実験してみよう。
今度は指でクリトリスを嬲ります。姉は今度は下半身をびくびくさせて絶頂に達します。
指で2回ほどイカせてから熱い膣内へ肉棒が入ります。生はマズイのでやっぱりゴム付き・・・・。
「く はぁ やっぱり これが いい! はぁ あきくん あ きもち いいよ きんしんそーかん やめられないね」
姉はソファーに座った私の上に向かい合って腰を振っています、対面座位の体位です。割と姉は自分が上の体位が好きなようです。
「姉さん、今日、俺そんなに保たないかもしれない」
「じゃあもっと腰動かせてみようかな あきくんが苦しむ顔見よっと」
ほくそ笑むとぐにゅぐにゅと妖しい腰の動きを加速させます。
「ぐ あ あ 姉さん これはもうだめ いくよ!」
「あきくん んん! きもちいい ね おねーちゃんも はぁ もうすこし いきそう だめ んんんん!」
腰をタイミング合わせて前後に動かすと私はもう限界
「ぐ いっく ねえさんんん!」
「あっ わたし も あぁぁ んんんんん!! いっくぅう!! もう も んんんん!!! ぁあぁぁんんんん!!! いっぐう゛!!!」

繋がったまま抱きしめ合いうと姉の汗ばんだ肌が密着します。
「暑いね、あきくん気持ちよかった?おねーちゃんとっても良かったわよ」
「姉さん 上でするの慣れているの?腰使いすごいんだけど・・・」
「ふふふ さあどうかな」
ちょっとサディスティックな笑みを浮かべていました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/12(Fri) 18:27 

夏休み今年も初めの10日間はバレー合宿があります。
合宿中どうすれば抜くことができるかというポイントは校内の人気のない場所をどれだけ知っているかということです。2年生になるとさすがにいろんな場所知っているので何とかなります。但し1年生には秘密です。ちなみにこっそり彼女を呼ぶ奴もいました(誰かは秘密)。
バレー部の合宿開けラブホテルに行こう、と恐る恐る姉に提案したら少し照れながらOKをしてくれました。そのため合宿中、私はオナニーを一度だけにして溜め込んでいました。
合宿開け午後、自転車をすっ飛ばして家に帰りました。姉は庭で車を洗っていました。
「あっあら おかえり あきくん早いわね、もうすぐ車洗い終わるからちょっと待っててね」
どこか上ずった声色の姉が言います。私は部屋に戻って着替えました。
玄関の鍵を閉め、ふたり車に乗ろうとすると電話が鳴ります。
「姉さん、どうする?電話でる?」
「いいよ 玄関閉めちゃったし、きっとセールスかなにかよ」
鳴り響く電話を無視して何度か行っている隣街の郊外にある大きなラブホテルに向かいました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/12(Fri) 18:28 

「姉さん、久しぶりのエッチだね」
休み前ちょうど生理中。その前も色々用事があって姉を抱くのは久しぶりです。
「あきくん、今日は本当に危ない日だからちゃんとコンドームつけてね」
思いっきり釘を刺されました。生で入れて外出しもダメということです。・・・・ちょっとつまんない
後ろから姉の服を脱がせます。既に乳首は立っていました。手の平で味わうように胸を触ります。
「ふぁー あきくんの手、熱い、それすごくきもちいい んんんー」
そのまま首筋や脇腹なんかにも手を滑らせます。姉の喘ぎ声を聞いていると私のペニスも100%臨戦態勢。
「ね 姉さん 俺のもお願い」
かなり切羽詰まった声で姉に頼みます。
「ふふふ あきくん 触ったらすぐ逝っちゃうんじゃないの、だったらすぐに入れる?」
「えーと 口でイカせて」
「ふーん 口がいいんだ、おねーちゃんとするのは気持ちよくないのかな?ふふふ」
・・・・・そういう意味ではないんだけどなあ
「ふふふ 久しぶりだしあきくんの食べてみるか ん」
クスクス笑いながら姉は跪きました。おいしそうに口を開きます。
赤い口紅を引いた唇が私の肉棒を前後にしごきます。白い指が赤黒い肉棒の根元を激しくしごいています。
視覚から入ってくる快感と直接ペニスから来る快感で一瞬にして絶頂付近に追い込まれます。
「あー 姉さん もういっく ぅう゛」
びゅ びゅ びゅ びゅ びゅる
溜め込んでいたどろどろ精液が姉の口の中に打ち込まれました。私は溶けるような快感が打ち寄せ腰砕けになっています。
げほげほ
姉はいつものように咽せながら弟の精液を口内に受け止めます。その後、私が見ているところでゆっくりと白濁液を吐きだします。
「うげー今日のはきもち悪ー すっごくまずかった・・・。」
姉はマジに不快そうな顔をしました。
「ははは 姉さんごめーん しばらく溜め込んでいたから濃かったと思うよ、・・ねっ このままベッド行こっ!」
グイッと姉の手を引いてベッドに行きます。不思議なことに私がちょっと強引な態度を見せると姉は少し照れて従ってきます。
姉をバタンとベッドに押し倒し口でヴァギナやクリトリスを味わうようになめ回しました。姉の愛液の味を確かめるようにヴァギナヘの舌ピストンをします。そんな愛撫に姉はもうすぐ逝きそうなくらい興奮しています。
「はぁ はあ あ あきくん いれて んん もう すぐイッちゃう あん あきくんのが ほしい! んんん はやく」
私のペニスも一回出したのに挿入態勢が整って今ます。
「姉さん、入れるよ」
言うがはやいかズンっと押し込みました。
「んん あああ いっくぅんんんん!!」
姉は一瞬で軽い絶頂へ。膣を締め付けている姉、きついその中で私は本格的な前後動を始めます。
「あ あ あきくぅん きもちいいよぅ もっと だめ んんん あ きゃん が あき くん あああ んんんんん!!」
ものすごい勢いで姉の快感曲線が上昇しています。私の快感値も引っ張られるように上昇していきます。
「ね 姉さん 俺もいきそ 一緒に!ぐう゛」
「あきくん いっくぅ もう だだめ んんんん!! いぁ ねぇ もだめ いう゛くぅんんんん!!!!いっくぅ!!!!」
ふたり遠慮のない声の大きさで絶頂に達します。

空調が効いているのにもかかわらず汗だくのふたりが抱き合っています。
「へへへ 姉さん、まだしたいんだけどいい?」
「あきくん、すごくタフなときあるよね、今日はあきくんが満足するまでしてもいいわよ ふふふ」
いたずらっ子のような目をしながら姉は優しく言います。コンドームを取り替えて濡れまくっている姉の中に3度目のペニスを突き立てました。今度は姉をうつぶせにして足を閉じさせて私がその上から覆い被さります。ピストンをすると姉のお尻の肉が私の下半身に当たって気持ちがいい体位です。10分くらい前後動すると姉が絶頂の叫びを上げます。
「ふああ んんんんん あきき いっくぅう! もう だめだよぅ いっくぅう゛んんんん!!!ぐぁっううんん!!!!」
頭を左右に振りながらシーツをギュッと握りしめていました。
3回目なので余裕がある私は姉の逝き狂う顔を見ることによって快感の値を上げていきます。びくびくしている姉をひっくり返して正常位のような格好になってから両足を私の両腕で持ち上げるようにして挿入、腰を打ち込みます。これをするとペニスがすごく深くなるらしく姉はものすごい喘ぎ声を上げます。
「ちょ っと ストップ あきくん だっめ!! もう いま いった いったの! だめぇぇぇえ んんんん!!!!!!もう あきゃん んんんぅううんん!!!いっぐぅんんんんんーーー!」
びったんびったんという肉音をかき消すような絶頂の声。おなかを痙攣させながら姉が絶叫します。姉が落ち着くまで少し止まってからまた打ち込みを再開します。数分ピストン運動をすると射精のあの感覚が浮き上がっています。
「ねえさん 俺も もすぐだよう゛!」
「んんぁぁ! だっめーーー もうだめぇ あ゛あきくんんんんん くっっっぁあんんんんん!!まったいっくぅう゛う゛ぁんー!!」
最後の突きのびったんという音と共に姉は軽い失神をしてしまいました。姉を失神まで追い込むとものすごい征服感を覚えます。絶頂のあの快感とは違う快感、むしろ愉悦。

「姉さん良かった?」
「おじさんくさい言い方!もう あきくん 気持ちよすぎて飛んじゃった・・・。ふふふ どんどん深みにはまっているね私たち」
「後悔してるの?」
「・・・・してるように見える?」
いたずらっぽく微笑みながら姉がしなだれかかってきます。姉の熱い躰と甘い匂いを全身に感じます。ぎゅっと抱きしめると姉はチュッと啄むようなキスをしてきました。姉の胸を優しく揉むと再び熱い吐息が聞こえはじめます。
「姉さん、またしよっ」
時間いっぱいまで、姉が失神するくらい激しい交わりをしました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/15(Mon) 18:12 

翌日の昼、さゆりから電話がありました。
『彬君、話があるから駅前のいつもの喫茶店で待ってる』
一方的にそういうと電話は切られました。
・・・・・なんか不安を感じる言い方だったな
喫茶店の中ではJSバッハの荘厳なオルガン曲が鳴り響いています。奥の窓際で物憂げに外を見ているさゆりがいました。
ふらふらしている私を見つけるとキッといつもとは違うきつい目でこちらを見ます。睨まれているようです。
ものすごいプレッシャーを浴びながら席に着きました。アフリカの有名な山の名のコーヒーを2つオーダーします。
コーヒーが運ばれてくるまでの間さゆりは無言でした。店員が私たちの卓から離れるとさゆりが固い声で話し始めます。
「彬君、急に呼び出してごめんね・・・・・・」
「ねえ・・・・彬君、・・・・私のこと好き?」
いきなり修羅場の予感・・・・。
「あ、ああ す 好きだよ」
・・・・周りにお客さんいなくて良かった。
「ほんと?・・・ねえ、彬君、昨日、どこ行っていたの?電話何度もしたけどいなかった・・・・。合宿お昼過ぎには終わっていたんでしょ、雅美から聞いた、・・・・こういうことよくあるよね、本当は、・・・本当は他に付き合っている人いるんでしょ」
捲し立てるようにさゆりが私を追い詰めます。
「それに それに 私とあんまりセックスしないじゃない、私から誘ったときくらいしか・・・こ 高校生くらいはすぐしたがるって聞いたよ、それに 変に上手だし・・・・やっぱり・・・やっぱり・・・」
涙目のさゆり。私はどう答えて良いものか頭の中はぐるぐる・・・・。
        ・・・・・・・
「ねえ 彬君、何とか言ってよ、普段あんなに話すくせに、なんで、なんでこういうときだけ何で黙るのよ!」
涙声のさゆり、だんだん声が大きくなってきます。
「ごめん さゆり 確かに、好きな人はいる・・・・。昨日もそれで家にいなかった・・・。ホントごめん」
ついに言ってしまいました。これだけ言うのがそのときの私には一杯一杯でした。
「やっぱり・・・そう、だったんだ・・・・・・だれ? 私の 知っている人?」
これには答えられません。顔を伏せて黙っていました。
「ふうん し 知っている人なんだ、 誰なんだろうな・・・」
小さな嗚咽が重厚なオルガンの音の隙間から聞こえてきます。さゆりは俯いています。しばらくふたり無言で対峙していました。
踏ん切りがついたようにさゆりは顔を上げました。
「アキラ クン・・・・・ サヨウナラ」
最後は抑揚のない発音での別れの言霊。
         
彼女は泣きながら喫茶店と私の想い出から去っていきました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/19(Fri) 18:52 

その週、私は部活を休みました。ブルーな気持だったのも確かですがそれ以上に既に話が回っているであろう大作や森田に会うのが怖かったからです。
姉はそんな不自然な私に何かを感じていますがあえて何も言わないでいてくれているようです。
・・・・・姉さんには落ち着いたら何もかも話そう

その週末の夕方、電話一本よこさず大作と森田がうちに来ました。たまたまその日は姉は友人と遊びに行っていて留守でした。
「よう!落ち込んでいると思ってコレ持ってきた」
妙に明るい様子の森田が数字の入った透明な角瓶の焼酎を見せます。ちなみにその当時私はお酒はほとんど飲んだことがありませんでした。
「・・・・森田、やっぱ知ってるんだ・・・」
「大作から大体のことは聞いた。あとはあの学校の女友達から色々と、な。まあそう気にするなよ、出会いがあれば別離があるって何かの歌にあるだろう?とりあえず飲んで忘れちまえよ」
その夜、3人でだらだらと話をしました、主に女性関係のことです。・・・・友達ってイイよな。
当時の高校生は焼酎をコーラで割ります?。コークハイ、甘いんでたくさん飲んでしまい酔ってしまいました。完全にアルコールが回った私は睡魔に襲われて畳の上でウトウトしていました。
酔った頭に何となく聞こえる話、大作が雅美さんと付き合っていることを森田に話していました。私の話もしているようです。
「こいつ誰か他に好きな人がいるらしいけど誰だろうな?森田知ってるか?」
「しらね、うちのクラスであきらと仲が良いのは鈴木さんか、でもこいつと付き合ってるって感じじゃあねぇな」
「案外あきらのねーちゃんだったりして あはははは」
大作のでかい声に目が醒めます、背中からは冷や汗。
「くくくっ だったら面白いな、美人のお姉さんと弟との禁断の愛か ネタとしてはいいな ははは」
森田がおもしろがっています。

「ただいまぁ、あきくん誰かお友達来ているの?」
姉が帰ってきました。私はだるい体を起こしました。姉は私の部屋に来ると森田と大作に笑顔で挨拶をしつつ
「だめだよ こーこーせーが酒盛りなんて。みんなあんまり飲まないようにね」
優しく注意。
「ごめん 姉さん、ちょっといろいろあったからこいつ等が気を遣ってくれたんだ」
「そう・・・」
一瞬、姉は寂しそうな顔をしましたがすぐに よそ行き笑顔 になります。
「みんなもう遅いから泊まっていけばいいわ、こんな時間に酔っぱらって歩いていたら補導されちゃうぞ」
・・・・いや こんなゴツイ奴らなら大人に間違えられると思う
姉はそう言ってから敷き布団を2組物置部屋から持ってきてくれました。このあたりは母親っぽい感じでしょうか。
「あきら 優しいねーちゃんでうらやましいな、俺の兄貴と交換してくれよ」
そう言いながら大作は姉をうっとりと眺めていました。

翌日 宿酔い、午前中ぐったりとしていました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/19(Fri) 18:54 

数日経ってようやく姉に全てを話す決心がつきました。ゆっくりと噛み締めるように彼女との別れを話しました。
「ふーんそうだったんだ、あきくんの様子からそうじゃないかなとは思っていたけど聞くのは可哀想かなと思ってたの」
姉はやはり全てお見通しでした。
「やっぱりおねーちゃんのせいかな?」
悲しそうに姉は言います。姉に原因の一端はあるかもしれませんが誰が見ても悪いのは私です。
「いや 姉さんは悪くないよ、俺が二股かけるようにしていたのが一番悪いんだよ」
そう言いながら姉に覆い被さります。姉は体を硬くしていやがるそぶりを見せます。
「姉さん、やっぱり俺姉さんが・・・・・」
姉の手が私の口を軽く押さえます。
「あきくん、ね 世の中 軽々しく言わない方がいいことが多いんだよ、・・・今まで通りね私達は・・・」
全てを見透かしていたであろう姉は私の唇を奪います。もう何も言うなというキスです。
・・・・・軽々しくなんて無いのに。 少し悲しくなりました。
「おねーちゃんが慰めてあげる」
・・・・・慰めがほしいわけではない・・・・だけど・・・・
姉はスボン越しにペニスをなで回します。そして私の顔、首筋にキスの雨を降らせます。姉に完全に主導権を握られました。
姉は上になり、私は剥かれるように裸にさせられます、姉も服を脱ぎ捨てました、いつもと立場が逆です。
「あきくん、今日はおねーちゃんが男役ね」
69になって姉はペニスにむしゃぶりつきます。私も目の前にあるヴァギナを口と指で愛撫します。姉の喘ぎ声が大きくなってきました。
「はぁはぁあきくん 気持ちいい?私もうだめ 入れるね」
姉はコンドームを手慣れた動作で装着させると上から跨ってきます。
騎乗位の体勢でうねうねと腰を動かします。前にも言いましたが姉の腰使いはものすごく気持ちがイイ。ずーんと下半身からあの感覚が湧き出してきます。私の腰も衝き上げてしまいます。
「うわ 姉さん もう あ゛ でそう」
「んん あ はぁ あ あきくん わたしも もう んんん いきそう! んんんん!! あ いっくう!!」
タイミングを合わせてふたり絶頂に達します。びゅ びゅる びゅる 衝き上げたペニスから熱い精液が噴き上がります。

「あ あき くん 気持ちよかった?」
「うん 姉さん ありがとう、なんか気を遣ってもらっちゃって・・・・・」
「ふふふ なんか変なあきくん、もうちょっと元気になったらまた一緒に遊びに行こっ」
姉の慈愛に満ちた微笑みを見ていたらこの時は少し吹っ切れたような気がしました。
「姉さん、もう一回したいけどいい?」
「えっ もう ふふふ 少し元気になったのかな?」
今度は姉を四つんばいにします。形勢逆転。生でバックから挿入します。
「ふぁあ あきくん 外に 出してね んんんん ああ きもち いい」
すぱんすぱん ゆっくりと姉の熱い蜜壺に肉棒を打ち込みます。姉は気持よさげです。だんだん私も気持ちよくなってきます。
ぱんぱんぱぱぱ
打ち込み速度が上がります。締め付けに擦れあげられるペニスは私に深い快楽を与えてくれます。
「あ あ んんん あ くぅ いきそう んんんん! あきくん だめ もう! んんんん! いっくぅ!!んんんんーーー!!」
姉は絶頂に達します。2回目の余裕の私は少しスピードを落として締め付けられる肉棒の感触を愉しみます。
またスピードを上げます。
ぱぱぱぱぱ
「ぐ んんんん!! あきき あきくん! だめ またいっちゃうぅう! く きゃん いう゛ いぐぅう゛ んんんんん!!!!」
「ねえーさんん!」
姉の締め付けをふりほどくようにペニスを抜くとその刹那白濁液が姉の背中に降りかかりました。
「んっくぅっうんんんーーー!  はぁはぁ 熱い・・・・・・」

「あきくん 寂しくなったらいつでもおねーちゃんを抱いていいんだからね」
優しすぎる姉が言います。
・・・・・・別に寂しいから姉さんとエッチする訳じゃないんだけど 少し怒りがこみ上げてきます。
そんな私が口を開く前に
「あきくん、明日一緒に買い物行かない?また服買ってあげるわ」
何か必死に話をそらそうとしている姉です。
「そーだ あきくんって紺ブレ持ってないよね、いいお店知ってるんだ、明日行こうね」
捲し立てるように明日の予定を立てられました・・・・。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/22(Mon) 18:39 

それからしばらく姉と肌を重ねませんでした。不自然な私を姉は心配そうに気遣ってくれます。そうされると余計に姉との距離を置くようになってしまいました。自分でもかなりよそよそしく当たっていると思いました。
『軽々しく言わない方がいいことが多いんだよ』
『寂しくなったらいつでもおねーちゃんを抱いていいんだからね』
この2つの言葉が頭の中を反芻します。思い出すとすごく惨めな気持、悲しい気持ちが湧き出します。
・・・・・軽い気持じゃあない!
・・・・・慰めがほしいんじゃない!

夏休みが終わり2学期が始まりました。10月には学園祭があります。
学園祭の実行委員、各クラス2名ずつ、うちのクラスからは鈴木さんが立候補して委員になっています。何故か一部のクラスメートから推薦されて私も実行委員になってしまいました。手抜きは好みではありません。
部活と勉強と学園祭の準備であっという間に日々が流れていきます、というよりもあえて学校生活に集中して日々を過ごしていました。
姉の顔を、ここのところの遠慮したようなあの笑顔を見ると悲しみ、苦しみが蘇ってきます。
その為、姉と距離を置きたかったからです。学校で全力投球をし疲れて家に帰ってきて自分の部屋にこもる生活ならば当たり前のように顔を合わせる時間が少なくて済みます。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/22(Mon) 18:41 

10月半ば
明日から学園祭、会場の設営係長の私は遅くまで作業をしていました。8時過ぎようやく作業が終了。
いつものように自転車で帰ろうとすると校門のあたりで鈴木さんと平田さんに出会いました。
「彬君も今帰り?ねえ女の子二人で駅まで行くのって危ないと思わない?送っていってくれるよね」
相変わらず平田さんは強そうです。
・・・・俺いなくても大丈夫じゃない?でもまっ少し遠回りだけどいいか。

送っていった二人と駅前で別れようとすると
「彬君、あたし達お腹すいてるんだけど一緒にごはんたべてかない?」
鈴木さんが駅傍のファミリーレストランを指し示します。・・・・・今日姉さんバイトはいっていたような気がするなぁ
半ば強引にそのファミレスに連れて行かれます。ここでは姉がバイトしているので邪魔しちゃいけないと一度も入ったことがありませんでした。二人の後ろを隠れるようにお店に入ります。
『いらっしゃいませー お客様何名様でしょうか』
聞き慣れた声、思いっきり姉が接客です。姉は私に気がついて表情を一瞬変えます。女の子二人も姉に気がついたようです。
私に近づいて小声で
「へー女の子二人連れ、ふふふ 今日はおねーちゃんおごってあげるね」
と囁いて軽くウィンクします。そんな様子を女性陣は見逃しません。厨房に姉が下がると
「あははは やっぱり 彬君ってシスコンなんだ でもあんな綺麗なお姉さんだったらわかるなあ」
鈴木さんにからかわれます。女二人よればかしましい、よくしゃべる二人です。
「彬君、彼女と別れたってホント?」
「ああ・・・ ホントだよ。よく知ってるね?」
「森田君から聞いたの。ねぇ どうして あんなに仲良さそうだったじゃない、彼女浮気でもした?」
私を酒の肴か何かと勘違いしているようです。二人で根掘り葉掘り訊いてきます。女子って何でこんなにスキャンダルが好きなのか理解できないときがあります。姉もよくワイドショーを見ています。
この前森田達と話をしたときとは違い軽い感じで彼女たちと話をすることが出来ました。かなり私の心に中は整理できていたようです。

食事(おしゃべり)を終わらせて駅前での今度こそ別れ際に
「彬君、その好きな人とつきあえるようになれると良いね、じゃあ 明日から学園祭 がんばろうね」
鈴木さんはいつもの甘ったるいアニメ声でそう言ってから後ろで束ねた髪を揺らしながら改札口に駆けていきました。
・・・・何か変な展開だな、実は姉さんが好き、っていったら彼女どういう反応したのかな

時計を見るともう10時過ぎです。そのとき後ろからポンと肩をたたかれました。
「あきくん 長いことお店にいたわね どっちが新しい彼女? 長与千種?西村知美?」
姉がクスクス笑っています。今日はバイト、10時で終わりらしいです。
「違うよ、そんなんじゃねえよ」 
口をとがらせます。
「大体 長与千種って古すぎっ、おばさんくせー」
ちなみに姉の言うところの長与千種が平田さんで西村知美が鈴木さんです。西村知美はいまいちとして長与千種は言い得て妙です。
眼鏡さえ外せば顔もスタイルもそっくり・・・。
「もう!おばさんってひどーい・・・・ねえ 今日は外、気持ちがいいから一緒にかえろっか」
姉は自分のスクーターを置いていくとお店に言ってきてから、私の自転車の後ろにお嬢様座りをします。私の腰に手を回して
「さあ 家までレッツゴー」
なんか変に陽気な姉。
ひんやりした秋の夜長の空気を切って家まで走ります。・・・確かに気持ちいいなあ
ふたりで自転車に乗っている間、旧友と話すかのごとく本当に久しぶりに姉と普通に会話をしました。
「あきくん、さっき ちょっと話聞こえちゃったんだけど・・・もうさゆりちゃんのこと吹っ切れたみたいでおねーちゃん安心した」
姉が言います。私の後ろに乗っているのでどんな表情をしているかは分かりません。
「本当におねーちゃん心配してたんだからな」

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/22(Mon) 18:42 

家の玄関の前で姉はいきなり後ろから抱きついてきました。
「あきくん 今日おねーちゃんと一緒にいよう ねっいい?」
とても不安げな声色の姉。
「姉さんどうしたの 今日なんか変」
「だって あきくんあの時以来すごく冷たいし、ほとんど話もしてくれなくなっちゃたし・・・」
「それに・・・・寂しいならいつでも抱いていいって言ったのに・・・」
ものすごく寂しそうに、最後は呟くような感じで言いました。
「それは・・・・姉さん・・・俺は慰めてほしくて姉さんを抱いている訳じゃないんだから・・・・」
・・・・・俺の気持知ってるくせに
色々と思い出して少し怒気がこみ上げます。大きく息を吸ってから怒りにまかせ一気に捲し立てました。

「姉さん 俺は 俺は 姉さんが好きなんだ・・・・・姉さんのことが一番好きなんだ!寂しいとかじゃなくて姉さん、綾子姉さんのことが好きだから抱きたいの!」

ついにはっきりと言いました。ずっと言いたくてでも言えなくて、言おうとすると止められて。
月明かりが玄関を照らしています。ふたりにとって長い静寂。

「ひっく ふふふ あきくん ・・・ 私も あきくんが・・・好き・・・でも、でもね、私はあきくんのおねーちゃんなんだよ・・・。私たち姉弟なんだよ、いくら好きでも結婚できないし恋人にもなれないんだよ」
何故か笑いながらそして涙声で言います。
「そんなことない、俺の彼女になってほしいんだ!せめて、せめて二人だけの時だけでもいいから俺の恋人になってほしいんだ!」
姉は困ったような表情をしています。喜びとも悲しみとも分からない不可思議な表情。その中の瞳だけは何か意志も持って私を見ています。意を決した姉が口を開きます。

「あきくん あのね おねーちゃんも ホントは・・あきくんが 大好き、一番好き・・・心配しなくてもずっと一緒だよ・・・」
再び私に抱きついてきました。私も姉をぎゅっと抱きしめました。
私の全身は喜びで震えていたことでしょう。

「あきくん ん」
姉の部屋で甘いくちづけを交わします。情熱的な口吻。裸になった二人。
カーテンの隙間から漏れ入ってくる青白い月の光が姉を幻想的に浮かび上がらせます。
・・・綺麗・・・
私の指はびっしょりと濡れているヴァギナを音がするくらい愛撫していました。
「姉さん、姉さん 好きだ 大好き」
うわごとのように今まで言えなかった言葉を浴びせます。姉も指と声に反応するように体をビクビクと痙攣させます。
「ふんぅんん あきくん もう だめ! いっちゃう んんん あきくん いれてぇ!」
「今日は姉さんが 大好きな姉さんが 逝きまくるところを見るんだ」
指の振動を強く速くします。
「んんん もう いっくぅうう んんんん!!! だんめぇ んんんう゛ぁ あ゛あああんんん!!!」
下半身がびっくんびっくんしながら一回目の絶頂に達したようです。今度は舌で敏感になったクリトリスを嬲りたてます。
「いやー だめー もう また あきくんんんん!!!いぐぅっくぅうううんんんんん!!!」
舌に口に愛液がどっと出てきます、姉の味をよーく味わいます。そのまま指を入れて膣上を押し込みながらピストン。舌もクリトリスを再び弾きます。
「もうだんんめぇ あああ゛ んんんん!!! う゛ぁいいくうう っっんんんんんんんーーー!!!」
立て続けの絶頂に姉の全身は跳ねあがります。膣からは愛液がジャバジャバという感じで流れ出ました。
「姉さん 今度は入れるね」
全身で息をしている姉に言います。暗闇でコンドームを探していると
「はぁ はぁ 多分大丈夫な日だから外に出すならそのまま入れていいよ」
「じゃあいっぱい姉さんにかけてあげる」
姉は私のペニスを口に入れます。滑りをよくしてくれているのでしょう、唾液をつけるようなフェラチオの後「きて」と私の首を両腕で引っ張りました。
すぶぶぶ
姉の中に吸い込まれるようにペニスが埋まっていきます。
「ふぁああ あきくん 好き スキ 大好き」
さっきと反対に姉がうわごとのように囁きます。私はそれに合わせるように腰を振ります。しばらくしていなかったせいでしょう、もの凄く早く射精感が湧き出します。
「ああ 姉さん もう いくぅう」
ギリギリのところでペニスを抜くと びゅるびゅる 姉の胸にお腹に白濁液が降りかかりました。軽く放心している私を精液がかかったままの姉が襲ってきました。カプッとペニスを咥えると尿道に残った精液を吸い上げるようなフェラチオをします。
「ぐ ああ ねえさん くすぐったい ううう あん」
腰が引けて変な格好。快感とくすぐったさで女の子のような声が出てしまいます。
「えへへへ あきくん 今の可愛かった」
愛らしい姉の笑顔。姉はティッシュでお腹を拭いています。なんか久しぶりにふたりこんな優しい雰囲気になれました。
プラトニックな脳味噌の中身とは別の生き物の股間の肉棒は未だ戦闘態勢です。
・・・・・よーし
姉を押し倒してもう一度正常位で挿入します。ズンズンと激しい交尾。
「あああ あきくん いきそう なかで いっちゃうよぅ んんん!!  ああ ま だめ いっくぅうぅうんんんん!!!」
反転させて横位。
「あたる 横 あたる もう また あきくうぅううん だっめ! いっくぅうう゛ んんんん!!! あ゛ああ いく!!」
後ろからうちこみ 
「いやー もう おねーちゃん しんじゃううううう んんんん!! だめぁ ぅう゛ぁああんんん!! いぐぅいん!!!」
私も限界、後ろからの打ち込みを限界まで速くします。ぱぱぱぱん、暗闇に淫靡な音が響きます。
「姉さん 出すよ 背中に 出すよ」
腰は溶けるような快感・・・。
「イッくぅうううううんんんん!! だめぇえええ!! ふ きゃんんんん あ あきくぅん んんんーーーー!!!! ぎゃん んん」
びゅびゅびゅ
姉の背中にお尻に水っぽいでも多量の精液をかけました。文字通り姉は精液まみれです。限界までの快感を送り込まれた姉はぐったりとしています。潰れるようにうつ伏せになってだらしなく股を開き軽く失神しているようです。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/27(Sat) 18:58 

「姉さん 好きだ これからも  絶対! ずっと」
「ふふふ あきくん  ん」
姉の柔らかい唇。シャワーの音がお風呂場に響いています。精液まみれの姉を綺麗に洗い流しました。姉の肢体を明るいところで見ると再びペニスが熱を持ちます。
「もう一回いい?姉さん」
「ふふふ したくなったら遠慮しなくていいのよ、二人だけの時はおねーちゃん、あきくんの彼女なんでしょ」
少し照れたように姉が言います。その言葉だけでペニスに血が巡るのが分かりました。

おもむろに後ろから挿入します。シャワーの音と腰とお尻が激しく当たる肉音と姉の曇った喘ぎ声で浴室内は淫靡な雰囲気です。

姉が3回絶頂に達したときに白濁液が姉の背中に降り注ぎました。
腰の立たなくなった姉を抱きかかえて2階の姉の部屋に運びました。(階段はちょっと怖かった・・・)
優しく頬にキスをして姉が眠るまで寄り添っていました。姉は満ち足りたような表情で眠りにつきました。私も疲れ切っていたのでこのまま寝たかったのですが、伯母の帰ってくる時間近づいていたので自分の部屋に戻りました。
部屋に戻ってベッドに転がるとすぐに泥のような眠りについてしまいました。
翌日から学園祭。会場の準備があるのに私は朝寝坊してしまい大騒ぎ、大急ぎで学校へ行きました。
ちなみに昨日のあれのせいで爆睡中らしい姉は起きてきませんでした・・・・・

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/27(Sat) 19:00 

姉は今年、学園祭に来ませんでした。
仮に来ても私は実行委員の仕事とクラスの仕事で目の回るような忙しさだったので相手は出来なかったでしょう。
「彬君 すごいじゃん がんばってるぅ」
学園祭中の実行委員の集まりの後、鈴木さんがさも感心したという様子で話しかけてきます。
「役員になったからには中途半端は嫌だからね、学園祭成功させたいし、最後まで気を抜かないでやり遂げたいからな」
「へー 意外と責任感強いんだ、ただのシスコンじゃないって訳ね くすくす」
褒められているんだかからかわれているんだか。
「シスコン、シスコンって あのなー変な噂流すなよなぁ、俺ん家、母親が死んじゃっていないから姉さんが親代わりになってくれたり、俺に色々と気を使ってくれたりしているだけなんだから」
「えっ!? お母さんいないの!?・・・あ あの・・・ごめんなさい・・・あたし 知らなくって・・・」
喜怒哀楽が激しい?鈴木さんはもう泣きそうな声、震えている小さな体、揺れるポニーテール。・・・ヤバっ
「ああ っと 母親はいないけど代わりに伯母さんがいるから、えーと そんなに気にしないでくれよ 大したことじゃないんだから ははっは こんな事言うこと自体シスコンなのかもしれないな あはははは」
誤魔化そうと変な笑い・・・。
「ふへへへ 彬君って・・・優しいんだね」
潤んだ瞳で笑う鈴木さんは妹のような可愛らしさがありました。

学園祭は滞りなく終了しました。打ち上げに鈴木さんと森田と私と平田さんで姉の勤めるファミレスへ。さすが今回は姉に奢ってもらうわけにいかないのでみんなで割り勘にしました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/30(Tue) 19:46 

姉は私と二人だけの時は彼女のように振る舞ってくれます。それはものすごく嬉しいのですが外に出るとやっぱり「姉」・・・。告白して両思いになったはずなのに今まで以上に苦しいことがままあります。

その日は体育館が補修作業なので部活は中止。大作や森田に「喫茶店でも行こうか?」と誘うと、大作は雅美さんと遊びに行くといってそそくさと部室から出て行きました。最近やつは私や森田に対しては開き直っています。
その森田も「大事な」用事があると言ってニヤニヤしながら帰って行きました。山口も何か用があるようで既に帰ってしまっていました。
一人で喫茶店行っても仕方ないので家に帰ることにしました。
・・・・そういえば姉さん今日4時くらいに帰ってくるって言ってたっけ。よし、駅で脅かしてやろう・・・
帰り道、ちょっと大回りになりますが駅に向かいました。
駅横で人気がない駐輪場に自転車を置いてから駅ビルに向かいます。
改札へ向かう階段のあたりに着いたときバラバラと乗降客が出てきました。ちょうど向こうからの電車が到着したようで姉も改札から出てきました。まわりには姉の女友達数名と・・・背の高い男・・・・姉の彼氏・・・・。
声をかけようと大きく吸った息を吐き出します。
帰ろうかなとも思いましたが、ここでUターンするのも変なのでとりあえずその場で立ち止まっていました。
「あれぇ あきくん どうしたの? あ 紹介するね この子 私の弟で 彬 高校2年生なの」
初めて会う人もいるので姉が私を紹介します。
「あ ども こんにちは」
私は思春期の男子特有のぶっきらぼうな雰囲気で挨拶をします。姉の彼氏も軽く会釈をしていました。何度か逢っていますが何となく好きになれない感じの野郎(恋敵なので当たり前か)。そんななか姉が友人に私のことを話しています。
姉の横でいい加減に相づちを打ちながら話に参加していましたがなんだかいたたまれなくなって
「姉さん、俺 本屋に用事があってここに来たんだよ、 それじゃあ」挨拶もそこそこに小走りで本屋に行きました。
・・・・・やっぱり 弟 なんだよな 
精神的ダメージを受けました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/09/30(Tue) 19:48 

家に帰って自分の部屋で悶々としてマンガを読んでいると姉が帰ってきました
・・・・・?今日バイトじゃなかったけ?
しばらくするといきなり私の部屋の戸が開きます。
「あきくん ごめんねぇ」
姉が謝りながら入ってきました。
「え なに 何で謝っているの? それにバイトの日なのに家にいていいの?」
「うん バイトはね 休みもらってきたの。あきくん なんだか寂しそうだったから ね」
表情に出ていたのかもしれません。
「あ でも彼氏ほっといて良いの?今日は一緒のシフトの日でしょ まずいんじゃない?」
こんな時に姉が居てくれて泣けるほど嬉しいのにゲスな勘ぐりをしてしまいます。・・・というよりも姉の口から彼氏よりも私が好きと言わせたかった。
「ふふふ 彼は・・・・別にイイの」
遠くを見るような目をして意味深なことを言いました。
そして突然ぱっと明るい表情になります。
「えへへへへ やっぱそーなんだ 今日は妬いていてくれていたんだ なんだか嬉しいな」
「そりゃあ かっ 彼氏と一緒にいる姉さん見れば妬けるに決まってるさ!!」
照れを隠すように怒鳴りながら言います。
そんな私を姉は天使のような微笑みを浮かべながら熱く抱きしめてくれました。柔らかい肢体が、いつもの優しい香水と甘い姉の匂いが寄りかかってきます。
・・・・・熱いあの中に入れたい・・・・
私は姉の後ろにまわりトレーナーをまくり上げてからブラのホックを外します。服の中で掌を妖しく動かします。乳首が立っています。胸全体を振動させます。
「ふふふ あきくん おととい えっちしたばっかじゃない ふぁん 今日もするの んん あ あきくん きもちい い んんん はぁん」
「昨日はしてないじゃん したかったのに姉さん遅いから父さん帰ってきちゃって、しかたなく一人で抜いたんだぞ」
「だからするの 姉さん 下脱ぎな」
「はい」
姉は素直に従います。片方の手で胸を愛撫しながらヴァギナにも指を持っていきます。ぬるっ 既に愛液が湧き出ています。
「はぁん ねぇ ン あきくん、ちょっと寒い・・・ベッドの中でしよっ ね」
確かに秋の終わり、今日は寒い。二人ベッドに移動します。ベッドカバーの上に姉の愛液で濡れてもいいよう青いバスタオルを敷きました。そうしてから姉と並んで羽毛布団に入ります。ベッドの中では全裸、そのままぎゅっと抱きしめ合いました。お互いの体温と情交への期待でベッドの中は熱くなってきてます。そしてベッドの中からは二人のエッチな匂いが漂ってきています。
姉のすべすべした躰を撫でるように下腹部へ指を持って行くとヴァギナはさっきよりも濡れていました。快感を得るその頂点を振動かけて嬲ります。クリトリスがぷくっとふくらんでくる感触があります。
「ふあんんん あきくん すごい きもちいい ね だめん あ んんんん!はぁん」
姉は私にされるがまま、下半身から送られてくる快感で喘いでいます。
「姉さん、ゴムつけないとマズイかな?」
「きょう 大丈夫 だ んんん! 大丈夫だと 思う よ もうすぐ 生理 んんん だいじょうぶ だよ ああ いく い゛いっちゃう! んんんいっくうぅううんん!!ふああんんん!!」
指で絶頂に達しました。私は何度もイかすのが趣味になっています。敏感になっているクリトリスを更にこね回します。
「く はぁ んんんん!い あ だめぇえ また あああんんんん!!いい い゛ いっくぅうううんんん!!!!」
絶頂に浸っている姉の顔のあたりでおもむろに膝立ちをします。姉は少し起きてペニスをおいしそうになめ回します。ある程度唾液が付いたところでもう一度クリトリスを弾きました。
「いやー もう いれてぇ だめまた あん いい いっちゃう あきくんの いれてぇ んんんん!いっくぅ!!」
「今入れるよ」
ずん
「だめぇ!!んんんん!!いっくぅう!!んんんんんーーーーー」
大きな声で姉の3度目の絶頂。ワンパターン化しているようなセックスですが何度でもいつでも死んでもいいと思えるほど気持がよい。絶頂直前の膣の猛烈な締め付けが鳥肌の立つような快感を呼び起こします。 
ビクビクしている姉にピストン運動を開始します。しばらく動くと姉のあの歓喜の声が耳朶に響いてきます。
「ああああ また いま いっきゃう だめぇ いっくぅうううう んんん!!! いっちゃう う゛ぁあ んんんん!!!」
「俺もいく あ い゛ 姉さん!ぐ」
びゅる びゅる びゅ
「はああんんん いくぅう あきくぅん んんんんんーーーーー」

ただただ舌を絡めてペニスが小さくなるまで二人で抱き合っていました。にゅる 吐きだされるように膣からペニスが抜けます。
とぷっ 肉棒と一緒に愛液と白濁液も吐きだされます。
青いバスタオルに白い粘着質の液体が染みを作りました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/04(Sat) 19:13 

今年も年末独特の浮かれた時期がやってきました。
・・・・姉さん、あの彼氏と旅行とかいくのかな
胸が締め付けられるような嫉妬心が浮かんできます。

期末試験中、部屋のコタツでテスト勉強をしているとき姉が入ってきました。私の対面に座ります。
「えーと・・・・実は ね、あきくんに言っておかなきゃいけないことがあるの」
姉の改まられるとなぜかものすごい緊張感が走ります。
「私ね、今の彼と別れることにしたの・・・・」
心の底からわき上がる歓び、と同時に言い知れぬ不安感・・・。
「えっ それって 俺が告白したせい?だったら・・・」
「ううん あきくんのせいだけじゃないわよ」
そういわれると安堵と同時にどことなく物足りなさを感じました。
「彼ね、優しいんだけど本当に優しい訳じゃないよ。優しい自分という演技をしている人なの、だから私に優しいんじゃなくて自分に関係ある人に優しいふりをしている、そんな感じ きっと私のことが飽きたら簡単に捨てるんだと思う。演技だからどんなことも言えるし、他に好きな人がいても平気で二股かけられるんじゃないかな」
「演技って、でもそれって誰しも多少あることじゃないの?姉さん?」
姉の深い洞察力に感心しながら若干心当たりがあるのでちょっとした反論をしてみました。
「それはそうかもしれないけど・・・・でもあきくんと違ってそのなんか軽い感じのノリが最近すごく嫌なの!それに多分二股かけられている・・・だからあの人とはもう別れる!」
珍しく強い口調の姉。少し怖くなったので話をそらします。
「えーと じゃあバイトどうするの?続ける?それともしばらく無職?」
「あっ 考えてなかった・・・・。結構面白かったけど辞めなきゃいけないみたいね」
・・・・姉さんあれだけの洞察力があるのにどこか抜けているなあ
「じゃあ とりあえず無職の家事手伝い、夜はあきくんの相手をしてすごそうかな えへへへ」
姉はどこまで本気か判らない子供っぽい笑みでそういいました。
・・・・無職って大学生じゃん・・・・・ ん すると二人だけの時間が今までよりも遙かに増えるって事!?
その事に気がついて飛び上がるほど嬉しい、思いっきりにやけた顔をしていたようです。
「あきくん やっぱり嬉しいんだ ふふふ」
「そりゃー姉さん、俺だけの姉さんになってくれるって事でしょ、嬉しいに決まっているじゃんか!!」
ムッとしたような感じで怒鳴るように言います。この時代の私の感情の暴露は爆発型です。もっと気の利いた台詞や言い回し、行動が出来れば良かったのに。
言い方とは裏腹な気分の私は嬉しさのあまり勢いよく立ち上がってコタツの上のテーブルが大きく傾いてしまいました。山積みしてあった辞書やら参考書やらが姉の上に落ちていきます。
「きゃあ!いったーい! あきくん もうあわてんぼ!」
「あ やべっ ごめん 姉さん大丈夫?」
慌てて姉に近寄ります。するといきなり横からガバっと抱きつかれるように姉に捕まえられました。吐息が耳にかかります。
「それに ホントはあきくんだけの彼女になりたかったのよ♪」
呟くような小さな声ですがはっきり聞き取れました。姉の頬はピンク色に上気しています。
「姉さん!」
震える身体をごまかすように姉を力一杯抱きしめます。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/04(Sat) 19:16 

くちゅくちゅ ちゅちゅ くちゅくちゅ
音がするほど二人舌を絡めます、立ったままものすごく長い間キスをしていました。姉はキスだけでほどよくクタっています。私も完全勃起状態、カウパー液出まくりでトランクスがベタ付いている感触があります。
永いキスの後お互い離れるときに唾液が糸を引いているのが見えました。
横になるとあうんの呼吸で互いのズボン、下着を脱がせあいます。姉の薄毛の下半身が露わになります。姉の下着はぐっしょり、愛液が太腿に少し伝って来ている様が判りました。
「姉さん ものすごく濡れているんじゃない?」
「えへへへへ だってキスがすごかったんだもん ちょっとイキそうになっちゃった」
・・・・・キスだけでイクのかなぁ?
「ふふふ あきくんだってパンツ染みになってるじゃない」
確かにペニスは爆発直前状態まで興奮しています。
「もう俺我慢できない すぐに入れてイイ?」
「あきくんの好きにしていいわよ」
慌ててコンドームをつけて前戯も無いままいきなり姉の膣へ肉棒を突っ込みました。
「ふあああ んんんん! あきくぅうん もうだめ いきそう! んんんんん!!!」
姉もかなりの精神的興奮状態だったようで入れただけでイキそうになっています。当然私もあまり我慢できる状況ではありません。大きく腰をグラインド、高速前後動。
びた びた びた
下半身が激しくぶつかり合う音がします。
「あ ああああ いっくうん きゃ きゃん ぐ あ゛ もう いっきゃうん だっめ!んんんんん!!っくううんんん!!!!」
「が 姉さん!! 俺も っくう!!」
目の前に星が飛びます。
びゅ びゅる ぶしゅ
姉はびっくんびっくんと全身で痙攣しているような様子です。

姉は私の首に腕をまわして引っ張ります。二人でまたお互いの舌を舐め会うようなキスをしました。姉は一心不乱に舌を絡めてきます。私も姉の口の中でお互いの唾液を混ぜるように舌を動かします。5分以上ディープキスをしていると再びフル勃起。
「姉さん今度はゆっくりセックスしようよ」
「うん たくさんかわいがってね♪」
・・・・・・・端から見たらラブラブで見てる方が恥ずかしいだろうなあ

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/07(Tue) 19:23 

年末年始、姉の成人祝いのせいもあってかいつもよりも親戚衆が大勢来ました。父は上機嫌。姉のこともありますがそれ以上に昇進と株で大もうけしたのを自慢するのが楽しかったようです。伯父達との話を聞いていると姉に買ってあげた車は株の運用益で賄ったようです。いつもより多い人出のせいで姉とエッチは出来ませんでした。
そしてすぐ成人式。
前日、写真館で姉は記念写真を撮りました。私も見に行きました。すっごく美しかったのですが着物姿の姉は完全に別人です。一緒にスナップショットも撮りましたがいまいちそそるものはなかったです。高校の卒業式の時の袴姿の方が凛々しく色っぽかったと思いました。まあ着物姿の姉とそのままエッチすればまた違ったのかもしれません。

それから数日後、私は修学旅行。我が校はスキー修学旅行です。
信州のとある大きなスキー場へ2泊3日で行きます。「いいなあ 私達の時は中学ン時と同じ京都奈良だったんだよ」姉は羨ましがっていました。「私も友達とスキー行ってこようかな」姉は早速どこかに電話をしていました。
私はスキーをしたことがなかったので初級コースに入りました。クラス内で案外とスキー経験者が多いことにびっくりしました。私の入った初級コースは隣のクラスと合同で10名ほど、その中で仲がいいのは鈴木さんと山口くらいでした。
スキーってやってみるととても楽しいスポーツでした。

・・・・今度は姉さんと行きたいな、それにしても今年の1月は忙しいなあ

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/07(Tue) 19:25 

「あきくん、スキー面白かった?」
コタツに入っている私の横に無理矢理入り込みながら尋ねてきます。私の部屋のコタツの一辺側に2人座るのは無理ではないかな。
「スキー面白いね っ って 姉さん ちょっと狭いよ 向こう側に行けば?」
「じゃあ今度一緒に行こうよ いつがいいかなぁ」
姉は私の訴えを聞いていません。姉にくっつかれるともうダメ、私は瞬間湯沸かし器のように欲情してしまいます。
「ねえ 部活休みの日ってある? スキーです って休んじゃイケナイの? 3月にさサークルでスキー行くの あきくんも一緒にどう?」
姉はそんな私に気がついているのですが、からかっているんだか天然なのかそれとも我慢できると思っているのか普通の会話をしてきます。・・・・とりあえず我慢
「やっぱ遊びに行く、で部活休むのは・・・1日くらいならいいけど・・・三日もじゃまずいなあ そうだ姉さん来年、受験が終わってからスキーにでも行こうか?」
「・・・・えっと その ・・・・ふたりっきりで・・・」
自分で言っていて照れてしまいました。
「ふふふ あきくん 何そーぞーしてるのかなぁ」
姉は面白がっています。
「・・・・・もう あんまりからかうなよな!」
姉を押し倒して横からキスをします。姉は待ってました?とばかりに舌を絡めてきます。
「あのさ・・・・姉さん えっち 誘ってた?」
「うん♪」
・・・・・やられた
姉は優しい笑みを湛えながら二重の綺麗な瞳で私の目をじっと見ています。
「ふふふふ でもほんと あきくんとどこか旅行いきたいなあ」
と期待したように言います。
「はぁん んん もう いきなり んんんん」
そんな姉の濡れているであろうヴァギナをクリトリスを下着の上から優しく撫でるとエッチな声が聞こえます。
「姉さん好きだよ・・・・・」
姉のパジャマと下着を引き下ろして直接右手をヴァギナへ持って行きます。本格的に中指でクリトリスを弾き始めました。
「ふぁあん あ きくん きもちいい あん きゃん あああ もう もうすぐ ああんんん あきくん スキ!」
姉の喘ぎ声が大きく、潤いを帯びてきます。そんな声を聞くと 男 としての愉悦感が湧き出てきます。大きさを感じるように優しく強くクリトリスに高速振動をかけます。
「あ もう だめんんんん!! いっくうう! もう だめんん いっちゃうよう んんんん あん! っくうううんんんん!!!!」

指で2回絶頂に導いてぐったりしている姉、しかし未だクリトリスは敏感になっているはずです。3回目、指でイかせようとしたとき我が家に違和感を感じます。
「姉さん、なんか音聞こえなかった?」
「はぁはぁ ううん 別になんにも聞こえなかったよ・・・っえっ 何か聞こえたの?」
気になる私は脱ぎ散らかしてあったトランクス、ズボンをはいて静かに廊下に出ます。姉の部屋も物置部屋も異常なし、1階を調べようと階段を下ります。居間、玄関、伯母の部屋、風呂場、トイレ、父の部屋、奥座敷、台所、裏口。どこにも異常はありません。
・・・・・おかしいな・・・気のせい、かな?
2階に戻ると姉は身支度を調えてコタツに入っていました。
「あ あきくぅん どうだった、なにかあった?」
青白い顔の姉。
「いや 別にどっこもおかしくなかった、異常ありません!。玄関もちゃんと鍵かかっていたし、勝手口も鍵かかってた」
「そう じゃあ あきくんの気のせいだったんじゃない?」
「うん きっとそうだと思う、・・・・んー でも人が歩いているような音がしたんだけどなあ」
「やめてよ!怪談話をする季節じゃないわよ!」
姉はマジで怖がっています。・・・・・それになんか怒っているし暫くエッチ再開できる雰囲気じゃあないな
「あきくん 怖いからしばらくここにいるわね、なんかマンガ貸して、それからホント怖いから今日はえっち無しでおねがい ね」
・・・・・生殺し・・・・・仕方ない勉強でもしようかな・・・・・

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:私の@近親相姦 投稿日:2008/10/07(Tue) 19:43 

彬氏は何かが生起する前、必ず伏線を張るので、
近親相姦が発覚したのではないかと不安である。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/10(Fri) 19:17 

春高バレー予選。
私もついにベンチ入り。ようやく公式戦デビュー!といっても森田や大作が後衛の時のみのレシーバー。
私はレシーブだけならばレギュラークラスでした。森田や大作よりはかなり上。
もしこの当時リベロという制度があればレギュラー格だったかもしれません。・・・しかしベスト8の壁は厚い・・・。

バレンタインデー、今年も姉はガトーショコラを作ります。去年よりは上手になっています。この冬、時々お菓子作りをしていた成果でしょう。私は鈴木さんや高校の後輩の女の子なんかからもチョコをもらいました(人生のモテ期か?)。しかも平田さんからもチョコを貰いました、これにはいろんな意味でびっくりしました。
夕食後、ゆうちゃんが遊びに来ました。姉と父と楽しそうに話をしています。
暫くしてから姉のガトーショコラと紅茶でテーブルを囲みます。
「これ彬へのバレンタインチョコ、味わって食べなさいよ」
ゆうちゃんが100円板チョコにリボンを結んだものを渡してくれました。
「あ ありがと ゆうちゃんからもらえるとは思わなかったな」
「しかし 綾ちゃんも手作りケーキを彬に作るだなんて彼氏みたいな扱いだなあ あはははは」
ちょっと引っかかる言い方。
「綾ちゃん、本当の彼氏はいいの?」
姉が彼と別れたのをゆうちゃんは知らないようです。この話には父も興味があるようで、チラチラと姉を見ています。
「ああ あの彼とは別れたから・・・」
「ふぅん そうなんだ・・・・」
ゆうちゃんは納得するような表情をしていました。そして私は父が安堵の表情をしているのを見逃しませんでした。

この後女性陣はワインを開けて飲んでいました。父はうるさい女性陣に嫌気がさしたのか烏の行水のような入浴をしてから離れの書斎へ行ってしまいました。
数時間飲んで適度に酔ったゆうちゃんは
「きょう泊まってく!、綾ちゃんの部屋で寝かさせてぇね、とりあえずお風呂借りる!」
そう宣言して千鳥足でお風呂に行きます。

ゆうちゃんが無事にお風呂にはいるのを確認した姉が戻ってきました。
「バレンタインチョコ一杯もらったね、あきくんってもてるんだぁ」
姉がニコニコしながら言います。
「姉さんからが一番嬉しい へへへ」
去年は言えなかった台詞がスラッと出てきます。
「ふふふふ じゃあホワイトデー期待してるわよ」
屈託無く笑う姉をぎゅっと抱きしめました。
「もちろん! でさぁ・・・またこんど ホテル連れてって ね 姉さん」
後半の台詞はお風呂にいっているゆうちゃんに聞こえないように耳元で囁きました。頬を赤くする姉、可愛いいナ。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/10(Fri) 20:25 

3月、姉はテニスサークルのみんなで(20人くらいだったそうです)スキーに行きました。
1月に電話していた件が大きな話になってしまった模様です。3泊4日でまた信州。

『帰りは夜の8時くらいだから駅まで迎えに来てね』 
土曜日の朝、姉から電話がありました。別になんてこともない時間と場所。ただ一点その日は天文部の観測会があるということを除いては。

時間になり自転車で姉を迎えに行きます。いつもの人気のない駐輪場で自転車に鍵をかけていると
「カーンチ!」
聞き慣れた優しい声で後ろから今大人気の月9ドラマの台詞。
ふり返ると綾子姉さんが溢れんばかりの笑みを湛えて私を見ています。
「アーキラ!」
わざわざ同じイントネーションで私の名を呼びます。バックに小田和正のあの曲が流れているような錯覚。
「たっだいまー!」
駐輪場に誰もいないことをいいことに私に抱きついてきました。ものすごくご機嫌な様子です。
「あ ああ お帰りなさい 姉さん」
ちょっと圧倒されながらも抱きしめかえします。軽く瞼を閉じて朱色の唇を差し出す姉。愛おしさに優しいキスをしました。
姉はスキー関係の大荷物は宅配便で宿から発送したようでバック1つで帰ってきました。姉を後ろに乗せ、ぬるんできた3月の夜の風を切って自転車を走らせます。
「今日 父さんいる?」
姉が何かを期待したように言います。
「居た、けどさっき地区の集まり?だって言いながら・・・・さんと出かけていった。多分あれは飲みに行ったんだよ 帰ってくるの夜中じゃないかな」
「ふーん  ねえ じゃあさっ、一緒にお風呂はいろうよ」
信号待ち、旅行仕様でいつもよりも濃いめの香水その後ろから吐息が混ざった声で言いました。
--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/10(Fri) 20:26 

「ふー あきくんに背中流してもらうのきもちいい」
石鹸をたくさんつけたスポンジで女らしい背中を洗っています。さっき指と口で一回搾り取られたペニスはもう半勃ちになっています
「ふふふ 旅行楽しかったぁ。本当に今度あきくんも一緒に行けたらいいなあ」
「そうそう あきくんね私の友達にかっこいい弟って言われてたよ、おねーちゃん嬉しかったナ、あきくんのこともっともっと自慢したかったけど・・・・ふふふ ちょっとだけにしといた えへへへ」
・・・・弟を自慢したのかよ 女って 姉さんってすごいな

姉の色っぽい絶頂の声を何度も聞くとペニスは爆発的に勃起します。
私の部屋のベッドで二人重なり合っていました。さっき指と口で3回絶頂に導いたヴァギナはもうどろどろになっています。
「姉さん居なくて寂しかったんだぞ」
照れながらそう言って蕩けるような姉を抱きしめます。姉も少し肩で息をしながらしがみついてきます。抱きしめあった体勢のままペニスに手を添えてそのまま ずん と挿入しました。
ゆっくりとそしてだんだん速く腰を動かします。
「ふ はぁ あき あきくん んん!きもちいい これが ほしかったの あきくん すき! んんんん! はぁもう すぐんん!」
私の腰の動きに連動するように下になった姉の下半身がうねります。
「んんん! だめ いや いい いっくぅうう んんん!! いっくうぅ う゛ぁだめぇ んんん!!あぁんんんん!」
びくんびくんと腰が震えています。少し余韻に浸らせてから再び私は動き始めます。上半身を起こして姉の腿を持つようにします。
姉の腰を浮かせて上から打ち付けるように肉棒を膣中に突っ込みました。すぱん すぱん 肉が弾けあいます。
「うぁあ ふかい だんめえ んんん! また んんん! きやあ もう いっくぅ んん!!あ゛ だっめえ いっくううんんんん!!」
姉の絶頂に合わせてペニスを抜きます。限界まで射精を我慢していた肉棒を軽くしごくと噴き上がるあの感覚
びゅびぃ びゅ
姉のお腹に、胸、首に精液が降りかかります。
姉はその様子を惚けた顔で眺めていました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/14(Tue) 18:45 

もうすぐ終業式。あと少しで春休みに入る、というある日。
難しい表情をした鈴木さんが小声で話しかけてきました。
「彬君、ちょっと用あるんだけどこのあといい?」
第1校舎の屋上の鍵は鈴木さんが持っていました。
「・・日の土曜日の夜ね、ここで星空観測会っていう名目で追いコン(追い出しコンパ)やったの、それで鍵持ってるの」
姉を駅まで迎えに行った日です。
「彬君、あのさ この前言ってた好きな人って  彬君のお姉さん?」
「え゛ ・・・・なんで?」
「観測会の日、ね、駅でお姉さんを見かけたの、お姉さん本人か自信なかったから声をかけようか迷っていたの、そしたら急に自転車置き場に行っちゃった・・・自転車置き場には彬君がいて、お姉さん嬉しそうに走っていって、二人でキスまでしていたわよ、ね」
淡々と話す鈴木さん。 
・・・・・誰もいなかった訳じゃなかったのか・・・
私は胃がきりきりと痛みます。トイレを我慢しているような汗が出てきます。
・・・・・まずいなあ どうしよう

「うん 俺は、姉さんが好き・・・なんだ」
時間が止まっているかのようなしばらくの空白のあと開き直りました。
「彬君、お姉さんはお姉さんなんだよ、結婚とか出来ないんだよ?」
鈴木さんは姉と同じようなことを言います。とはいえ何か確認するような言い回しです。
「わかっているさそんなこと、でもしょうがないじゃねえか好きなものは!好きになっちゃたのは!」
「彬君ムキになっちゃってカワイイ そうなんだ ふーん 彬君の秘密知っちゃった・・・・」
・・・・・ゆすられるのか?
「鈴木さん、お願いなんだけど 誰にもこのこと言わないで欲しいんだ、森田や平田さんにも黙っていて欲しい 俺に出来ることなら何でもするから・・・・頼む!」
顔の前で両手を合わせます。もし今ここで土下座しろと言われてもするつもりでした。
鈴木さんは急に今までの表情を消して悩みを打ちわけるような顔になります。
「あのね あたしね ・・・先生と付き合っているの、平田くらいしかこの事知らないと思うわ」
予想とは全く違う答えが返ってきました。そして鈴木さんは共犯者の笑みを浮かべながら早口で続けます。
「彬君、あのね あたし彬君を応援するつもり 実のお姉さんが本気で好きだなんてちょっと禁断の世界、あたしたち なんか仲間みたいに思えるの・・・あたしのことも応援してね」
「えぁ ・・・先生って1年の時の副担任の? えっ いつから?なんで?」
想定外のことを聞いて困惑している私は無意味な質問をしてしまいます。動揺している私の姿がおかしかったのか笑いながら鈴木さんは答えます。
「えへへへへ 去年から、これでイケナイ秘密をお互いに知っちゃたから誰にも言えなくなったわね」
彼女は禁断の関係を安心して話せる仲間が欲しかったのかもしれません。
ふたりで人には言えない秘密を共有、その事でお互いの口封じ。

・・・・しかし森田かわいそうに・・・・

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/14(Tue) 18:50 

家に帰ってから昼間のことを姉に話し始めます。
「・・・・・あのさ その 姉さん、 ええっと この前の姉さんのスキーからの帰り、ね、駅で、駐輪場で その・・キ キスしてたのを鈴木さんに見られちゃった・・・。」
私の部屋でベッドに腰をかけていた姉は鳩が豆鉄砲食らったようなポカンとした表情をしていました。
「ええー!? だってあそこ誰もいなかったよね?」
「物陰から覗かれていたらしい、で鈴木さんね えーと その 応援、してくれるって」
「?それだけ?」
「うん それだけ」
先生の話は秘密にしておきます。
「あきくん 脅されたり強請られたりしてないの? ふーん なーんか 彼女イイ娘なんだね・・・」
なんだか感心している姉。

「ふふふ あきくん、おねーちゃん捨ててその鈴木さんと付き合っちゃえばいいのに」
冗談でもちょっとムッと来ました。胃が痛くなるようなことがあって気持が昂ぶっていたせいか反動が出ました。
ドンとベッドに姉を押し倒します。ジタバタする姉を押さえつけながら一気に上下脱がせて真っ裸にします。
「変なこと言うからお仕置き」
黒いバンダナで目隠しをします。だいぶ前に見たナイン・・・・っていう夜9時からやるにはエッチすぎる洋画の一シーンを思い出します。
ついでなんで両手首もハンドタオルで縛りました。なぜだか姉はほとんど抵抗しません。
「え あきくん ちょっと怖い 目隠し取って」
「だーめ このままエッチするの ふふふふ」
明るいところで姉の全身を見るのだけでも鳥肌が立つのに目隠しされて両手を縛られているなんていう姿を見るとヨダレが出るような興奮を味わっていました。
胸に、乳首に指を持って行くといつもよりも大きな喘ぎ声。ランダムなタイミングで乳首を弾くとそのたびに上半身がビクッと反応します。
大きく胸を揉みながら背中をくすぐるように指を滑らします。
「くはぁあ んんん あ あきくん だめ こうふんしちゃって もう なんだか んんんんんん! むね むね あ゛いい! んんん」
両手でブルブルと柔らかい胸を激しく揉みながら乳首を甘噛みします。
「うぅんぐううう んんんん! だめ いっくぅうう んんんん くはぁああああぁんんん」
びくびくん  上半身を大きく揺らして胸だけでイってしまいました。
「はぁ はぁ これ 変な感じだから やらないでってこの前言ったじゃない ふぅ はぁ」
聞く耳持ちません。
すっと口をヴァギナに持って行きました。舌でクリトリスをいきなり舐めます。
「きゃあ あんんんん いきなり ああんん だっめぇ!」
舐めるのを止めてそのままじっとしています。
「あ あきくん どうしたの あれ ねえ あきくん?!」
黙ったまま中指に自分の唾液をつけて膣内に有無をいわず突っ込みました。ピンク色の肉壁を見ながら膣壁の上の方をグリグリするような激しいピストンをします。
「うぅ きゃあああああ だめ もう 助けて! こんなのいやぁ ふつうのがいい あきくんん いっくぅう だめぁ んんんんん!!!」
「ぐっあっやぁー いっくぅうううううんーーんん!!」
嫌と言いつつもいつもよりも明らかに感じています。愛液の量も喘ぎ声も躰の赤さもいつも以上。
ペニスを姉の口元にもっていくとむしゃぶりつくようにフェラチオをしてくれました。計算上かなり危ない日なのでゴムをつけます。
「姉さん 目隠ししたままエッチするね くくく」
腕が不自由なのは可哀想なのでそこだけはハンドタオルを外します。すると逃がさないという感じで両手を私の背中に回してきました。
しかたないので正常位で挿入します。
ずぶぶ 
「あ ああああんんん いっくうぅうううう!!」
入れる直前まで嬲っていた絶頂直前のクリトリス、そのおかげで挿入した瞬間の絶頂です。
「姉さん 気持ちよくなれよ!」
興奮状態がリミッターを超えてなんだか分からなくなっている私は鬼突きします。
「あん が かは きゃん んん!! いっく! あき くぅん だめ う゛んんーんんん!! んんん いっきゃうぅう゛ううーー!!!」
「おねーちゃん! ぐっ!」

姉の目隠しを取ります。
「ふふふ あきくん もう ひどいよ」
笑いながら怒ります。まだ全身上気してピンク色の肌が艶めかしい。
「姉さんだってもの凄く興奮していたからいいじゃん、またやろうよ」
「んー そうね でも家じゃあ安心して出来ないからホテルとかいった時ね」
期待したように微笑んでいます。火照っているエッチなその顔を見ていると入ったままのペニスが小さくなりません。すっとペニスを抜いて新しいコンドームを付け、姉に覆い被さっていきました。
「あきくん・・・元気すぎだよ・・・・」
姉が少し困ったように言いました。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/18(Sat) 18:46 

ホワイトデー。
男としてやらなければいけない事が二つ。
バレンタインデーに告白された後輩の娘に一応クッキーを渡す事(既に交際は断っています)。
平田さんと1回だけ放課後デートする事(姉には内緒、鈴木さんは当然知っています)。
平田さんは仲の良い友人としてしか見ていなかったのでバレンタインデーに本命チョコをもらったのはものすごい衝撃でした。私が他に好きな人がいることを知っているのにもかかわらず告白してきた平田さん、幅広の肩が小さく震えていたのは少し可愛らしく感じてつい1度だけのデートをOKしてしまいました。
ホントに清い交際(中学生)のようなデート、ゲーセン行って茶店により公園を歩いて終わり。
夕闇、駅での別れ際、彼女は満足そうに「本当に今日はありがとう、明日からも友達でいてください」そう言って律儀に頭を下げ改札を通り振り向かずに帰っていきました。

姉へのホワイトデーのプレゼントは今度の土曜日にディナーを「作る」こと。多少料理の腕に覚えのある私ですが本格的な洋食作り(フレンチとイタリアンで私に出来そうな料理)初めてでしたので前菜とスープ以外はイマイチな感じでした・・・・。
姉はそんな私を慰めるように全て食べてくれました。
ちなみにかなり無理してお腹いっぱいまで食べてくれた姉はお風呂から上がると直ぐに眠ってしまい期待していたホワイトデーエッチは無しとなりました(生理が近かったせいもある)。

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/18(Sat) 18:48 

3月末、春休みに入り少し経ったある日。
「あーきくん 今日部活無いって言ってたよね」
朝、楽しみにしていたっていう感じで姉が起こしに来ます。掛け布団をぶわっと剥がしてベッドの端に座り、私の頭をなでてきます。ぼわーんと寝ぼけ眼の私。
寝起きですので朝勃ちしています。パジャマ(姉からの誕生日プレゼント)の上からめざとく姉が見つけます。
「ふふふ 朝から元気ぃ」
パジャマ越しになで回します。一発で目が覚めました。
「姉さん、もっとさわって」
「だーめ 朝ご飯だよ 伯母さんも待ってるからおいで」

寝癖頭のままの私と伯母、姉と朝食を食べます。
「あきくん ボーリング行こうよ」
姉から魅力的な提案、
「ゆうちゃんが行きたいんだって、あと武志さん(ゆうちゃんの兄)も一緒に来たいって」
・・・・・こぶつき、っていうかダブルきょうだいデート?・・・・
伯母が姉の方を見ながら微笑んでいます。「あの娘も遊びたい盛りだからねぇ」どこか困ったような声色で伯母は言いました。
車で数十分の所にある大きなアミューズメント施設の駐車場で待ち合わせです。
名古屋ナンバーのフランス製のオシャレな小型車に乗って武志さん達がやって来ました。武志さんに会うのは何年ぶりでしょうか。
「おお 彬君、久しぶりだね、綾子さんも久しぶり、ゆうがいつもお世話になっているようで」
姉と2年違いですがそれを鑑みても武志さんはオトナでした。更に縁のある眼鏡をかけた武志さんはインテリジェンスな風貌です。

ボーリング場は暇な学生達などで混んでいました。1時間くらい待たねばならないようです。
待っている間はみんなでおしゃべり。時々名古屋弁が混ざる話し方の武志さんはそのおしゃべりが巧みです。話もさることながら聞くのが凄く上手。姉は楽しそうに武志さんと会話をしていました。ちょっと、いや、かなり妬けました。
ゆうちゃんはそんなお兄さんを眩しそうに見ていました。昔、姉がこの二人仲がいい、といったのがよく分かります。いつもは姉御肌の雰囲気の彼女が少女のようにはしゃいでいる姿は不思議な感じでした。
姉と武志さんが話している時間が長いので必然的に私とゆうちゃんと会話という時間が長くなります。普段あんまり話をしなかった二人ですが手持ち無沙汰を解消するようにお互いの近況などを話しました。ゆうちゃんとこんなにたくさん話したのは初めてです。意外?と面白いそして優しい彼女、私の中でのゆうちゃんは今までの印象から大分イメージが変わりました。
「彬、綾ちゃんと仲いいよな まるで付き合ってるみたいだねぇ」突然ゆうちゃんはそう言いました、私から見るとゆうちゃんと武志さんの方が仲良く見えます。「えー ゆうちゃん達の方が仲良しじゃん」私がそう切り返すと「そっかな?」そっぽを向きながら素っ気ない返事。

ようやくレーンが空いてプレイできるようになりました。ボーリングをしながら武志さんのことを色々聞きだします。
武志さんは大学卒業後、こっちのほうの電子部品の企業に勤める事が決まっています。
「じゃあ信江おばさんのところに住むんですか?」
「いや、一人暮らしになるんだゎ、会社でアパートを借りてくれていて、おっと住所忘れた・・・。あとで彬君達にも住所連絡するよ。近くに来ることがあったら遊びにおいで」
私に対しても姉に話すときと同じように爽やかに微笑みながら武志さんはいいました。
私は急に兄貴が出来たように感じました。そして兄貴はアベレージ200に猛者でした・・・・・。

帰りの車
「ゆうちゃんと武志さん 仲良かったなあ」
私は今日の妙にはしゃいでいるゆうちゃんが可愛く見えました。
「確かにね ふふふ ゆうちゃん、子供みたいだったわね、普段 King & Q・・・・・ とかよく行ってるみたいなのにね」
「ディスコ通いか ははーぁん それで伯母さん心配してたんだな」
私は納得します。
帰りはいつものホテル経由でw

--------------------------------------------------------------------------------
[Res: 5048] 投稿者:彬  投稿日:2008/10/18(Sat) 18:49 

朱色の柔らかい唇に私の唇を重ねます。優しく甘い唾液をかき混ぜてあげると姉は淫靡な吐息をあげ始めます。
姉の痴態はいつ見ても綺麗です。熱い喘ぎ声、絶頂の時の紅潮した顔、ピンク色で勃っている乳首、ピクピクと震える長い脚。

一度交わってからお風呂でいちゃつきそして今ベッドの中で睦み合っています。
「姉さん、姉さんが好きだ あ あの ア 愛してる」
「ふふふ 使い慣れない言葉使わなくてもいいよ 私はあきくん信じているから ね」
最後の「ね」のところで軽くウィンクします。我慢できない可愛らしさに再びペニスが熱を持ちます。
唇を奪うと有無を言わさず肉棒を挿入しました。
「ふぁーん あ まだするの んん!」
さっきの激しいピントンとは打って変わって緩慢な前後動をします。熱い膣中を味わうようにペニスを動かします。
「んん あきくん いま ゴムつけてないよね どうするの ん きょう あんまり大丈夫じゃない日だよ ふぁん!」
「中と外どっちがいい?」
「んー どっちでも んん! あ あきくんの好きにして いいわよ んん!」
外って言われると思ったら中出しを望んでいるかのような答え。思わず中出ししたくなります。
ゆっくりとそして深く突き入れます。姉の喘ぎ声に熱がこもってきました。
私は上半身を少し起こして腰を細かく速く動かします。
「ああ んん!! もうんんん あっ いく いきそう んん!だめぁあ っっいっくう んんん!!ぁああ゛い゛っくうぅんんん!!」
姉の両足は私の腰に巻き付けてきました、両腕も背中に回して私の上半身を引っ張るように抱きしめてきます。深い絶頂感に襲われながらまるで精子を中に打ち込んでとばかりの体勢でした。
「はぁはぁ いっちゃた あきくん はぁああん まだ かな?んんん」
2回目なので少しだけ余裕がある私は絶頂時の締め付けでかなり危なかったのですがギリギリ我慢できました。
「うん 今度は遠慮無くするからね」
「えーだめよ おねーちゃん壊れちゃうよ?」
頬を赤らめながら姉はそう言います。しかし私の下で姉の腰は妖しく蠢き始めていました。
「姉さんだってもっとして欲しいくせに へへへ」
姉の太股を押さえるようにつかんで大股開きさせて腰を打ちつけるように激しく前後動します。抜けるか抜けないかギリギリまで大きくストライドさせます。10分としないうちにふたりの限界がやってきました。
「あ あ! いっくう あきくん いっちゃうんんん!! う゛あんんん! いっくぅうぐ あ゛ いきゃん! んんーーー!!!」
びっくんびっくんと姉の脚が痙攣します。膣の中がぎゅっと締まる感触があります。私も限界を超えそうです。
やっぱり中はマズイ、一瞬だけ理性が働きペニスを抜きました。
びゅ びゅる びゅる
水っぽい精子が姉のお腹から首にかけて降り注ぎます。

「はぁ ふぅ あきくん 中に出してくれなかったんだ・・・・」
明らかに残念そうな表情で姉は言いました。
「そんなこと言ったて、姉さん俺まだ責任取れないし・・・・姉さんのことはスキ、大好きだけどそれは・・・ちょっと怖い・・・」
「あっ ごめんあきくん ごめんねそうだよね まだね そうだよね」
まだ精液がかかったままの姉は慌てるように私を抱きしめてきました。子供をあやすように全身で抱きしめられました。
甘い姉の匂いと・・・精液のあの少し生臭い匂い・・・・。
「・・・・姉さん、もいっかいお風呂いこっ」


出典:近親相姦告白掲示板(男性) 
リンク:http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_1/index.cgi?mode=past
  投票  (・∀・):54  (・A・):17  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/25447/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用