「ちょちょっと、見ないでよ」 (スカトロ体験談) 45461回

2011/05/18 15:24┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
俺は小学六年生の時に、クラスで一番可愛い子のマムコをなめたことがある。俺は放送委員をやっていて、下校の放送をやる為に放送室に一人残って宿題をやっていた。

そしたらその女の子が「やっぱりここにいたんだ」って言って放送室に入ってきた。
俺は「うん宿題やってたんだ。あと10分ぐらいしたら下校時間だよ。まだ帰らないの?」って
聞くと、その子が「うん今日、一緒に帰ろうよ」って言われて俺は本気でドキドキしてた。
その子と放送室で二人っきりになり、俺は無事に下校放送を終えた。
さあ帰ろうとした時、その子が「ねえ、好きな子いる?」って聞かれて俺はびっくりした。
実はその女の子ではなく、近所の同級生のことが好きだったんでどう答えていいか迷った。
俺は「絶対に内緒だよ。誰にも言わないでね」って言ってから、正直に話した。
そしたらその女の子が、「・・・そうなんだ」って俯いてしまった。

その子が俺の目をじっと見詰めながら「私が好きなのは、○○君(俺の苗字)だよ」って
告白されてしまった。その時に俺は脳裏から、本来好きであったはずの近所の同級生のことが
吹っ飛んでしまった。正直に言って、その同級生の子より目の前の女の子のほうがずっと可愛い
し、何よりオッパイが大きかった。俺ももう女の子の体に興味が出始めてたんで、普段から仲が
いいとかどうかなんて関係無くなってしまっていた。

長い間、沈黙が続いて結局一緒に帰ることになった。帰り道、葡萄畑があり、そこに
野イチゴが生えている所があり、それを探して食べるのが俺たちの帰りの楽しみの
一つであった。俺たちも野イチゴを探して食べていると、その子が「オシッコしたく
なっちゃた」って言って葡萄畑のほうにいってオシッコをしはじめた。
そしたらその子が「○○君、ティッシュある。今日つかちゃってもうないんだ」って
言われて俺は自分のティッシュをその子に渡した。最初は俺は顔をそむけてたけど、
ついつい拭いている所を後ろから見てしまった(スカートで中は全然みえんかったけど)

俺も、その子につられて尿意をもよおしてしまい、ちょっと離れたところで隠れて
立ちションしてると、その子が俺の所に来て小便しているところをニコニコしながら
しゃがんで両手で頬杖つきながら見ていた。俺は「ちょちょっと、見ないでよ」って言って
体を背けると、その子が「いいじゃない、さっき私のしているところ見てたでしょ」って
しつこく俺の小便しているところを見ようとしていた。


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):30  (・A・):34  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/25660/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用