M3H9K7T7E (恐怖の体験談) 36981回

2011/06/14 02:52┃登録者:えっちな名無しさん◆1HBuO8jI┃作者:名無しの作者

男は海岸で水平線をじっと見つめている
ふと違和感を感じ右手を見た
いつの間にか右手に折り紙の鶴を握っている
鶴を開くと、紙にはM3H9K7T7Eと書かれていた
男は後4分しか時間が無い事に絶望した

出典:どうゆう
リンク:こと?
  投票  (・∀・):233  (・A・):157  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/25996/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用