JKの露出10 (露出の体験談) 28321回

2011/06/29 02:44┃登録者:えっちな名無しさん◆u0tgFW4Y┃作者:名無しの作者
前回、次は千○と宣言していましたが、やはり我慢できずに先日、立○の女子高生に露出をしてもらってきました。考えると最近は週1回ぐらいのペースで彼女には露出をしてもらっています・・・。回数を追うごとに大胆になっていく・・・させているのかもしれませんが・・・彼女の魅力ははかり知れないものがあります。帰宅してからも時間に余裕ができると彼女の露出姿だけが頭に浮かびあがり、そして興奮が蘇りました。

そして、いつもたくさんのリクエストを頂き、それを毎日かかさずチェックすることも楽しみです。自分にはないアイデアがたくさんあるので、とても参考にさせて頂いています。もちろん自分にもこだわりがあるので、譲れない部分や、今の僕の技量では実行できそうにない内容もありますが、できるだけ実現させたいとは思っています。こんな内容なので当然批判も多くありますが、少しでも彼女の露出を応援してくれる方がいる限り、続けていきたいとは思っています。

彼女には先日の金曜日に露出をしてもらいました。早く投稿したかったのですが、書き込むのにも結構な時間を要するので、今日にいたってしまいました。あまり簡易的に書いてしまうと、内容も薄くなってしまう気がするので、それなりの文章量にしたいと思っています。その日も、彼女の学校が終わる時間に合わせて、立○駅で待ち合わせをしました。その日は彼女が先に着いて僕を待っていてくれました。下校時間帯なので、多くの女子高生がいるのですが、いつも彼女の存在にはすぐに気が付きます。

いつものようにチェック柄のミニスカートからは色白のキレイな足が惜しげもなく露出され、その日はキレイな足をクロスさせ、携帯をいじっていました。その何気ない仕草からも彼女の魅力が溢れ出るように感じ取れます。あと、これは僕の気のせいなのかもしれませんが、彼女と出会った時と比べると、まだ幼さが残る中にも、色気が少し増したように感じます。彼氏は今もいないようなのですが、露出で自分を見られることによって、磨きがかかったのでしょうか。女の子は特にその辺りが敏感に反応するので、鈍感な僕にも感じ取ることが出来ます。

彼女は特に目立った化粧もしていません。文句のつけどころがない、とても可愛い顔をしています。好みの問題でもありますが、僕が今まで露出をしてもらった女子高生達の中では彼女が1番です。彼女は可愛い小顔だけでなく、スタイルも抜群です。身長は162cmらしいのですが、彼女はとてもスリムで、実際の身長よりも高く見えます。ガリガリではなく、バランスの良い肉付きをしているので、とても若々しさを感じます。

そして何度も言ってしまいますが、彼女は肌がとてもキレイです。色白のキレイな肌で、毛穴も全く見えないぐらいです。スベスベとしていてハリがあります。太股は歩くたびに、程よくついた肉が小さくプルンプルンと揺れ、そのやわらかさを感じ取ることができます。肌には特別な手入れをしているわけでもないらしいので、余計に驚いてしまいます。彼女はまさに理想とも言える可愛い顔、スタイル、そして色白の肌を持っています。こんな子が制服を着ていたら興奮しないわけがありません。まさかこんなに可愛い女子高生が露出行為を行っているとは、誰もが思わないことでしょう。

彼女は僕に気がつくと笑顔で小さく手を振りました。なんとも可愛い仕草です。『今日は早いね!』僕が言うと彼女は少しドヤ顔をしてきました。『まだ1週間しか経ってないんだけど(笑)』さすがに彼女もこのペースに気が付いていました。『やっぱりちょっとペース早すぎかな?』『早いよね(笑)』彼女は特に嫌そうな感じは見えないので安心しました。『じゃあ今日もいっぱい恥ずかしい思いしようか?(笑)』『やめてよぉ!その言いかた〜(笑)』彼女は恥ずかしそうに言いました。

前回、彼女の露出に立ち会った2人組の男子高校生ですが、今回も呼ぶことにしました。僕は彼らの連絡先を聞きましたが、彼女には連絡先の交換をさせていません。やはり万が一のことがあるので、彼女の身元をあまり明かしたくはありませんでした。『この間の2人呼んでも良い?』『え?・・・うん・・・別にいいけど・・・』やはり自分の恥ずかしい姿を見られる前提の質問なので、ハッキリとは口に出せないようでした。彼らにメールを入れると間髪入れずに返事が返ってきました。もちろんOKです。

彼らとは東○神駅で待ち合わせをすることになったので、僕らは先に行くことにしました。彼らが来るまでに少し時間に余裕があったので、まずは西○川駅で降り、先に露出をはじめることにしました。彼女にはいつもの通り、パンツの露出をしてもらうために、ホームでしゃがんでもらいました。パンツの露出をする段階では、この格好が一番だと思っています。しゃがむことによって、彼女の制服のミニスカートが捲りあがり、色白のキレイな太股が更に露出されていく姿は何度見ても飽きません。

事前に彼女には連絡をしておいたので、穿いているパンツはもちろん白です。彼女は足をしっかりと開いてしゃがんでいるので、正面から見れば彼女の下半身は丸見えの状態でした。もちろん電車が来れば隠すということを繰り返します。僕も彼女の隣でしゃがみ少し話をしました。『ずっと思ってたんだけど、学校ここから近いよね?』『え?・・・・うん・・・そうだね』彼女は何を聞かれるか悟っているようでした。『あんまりこの周辺で続けるのって良くないかな?同じ学校の子は避けてきたけど、他の子達には結構な人数に見られてるからちょっと心配になってきてさ』これは正直なところでした。

彼女の通っている学校の生徒と遭遇する場面もありましたが、その時は露出をやめてなるべく彼女をかくまってきました。しかし、他校の男子生徒に見られ、中には呼び集めて目の前で見せたりもしています。すべての人数を合わせたら、相当な数になることは分かっていました。そして彼女の学校も着ている制服からもちろんバレています。いつも読んでもらっている皆さんも既に察しはついていると思います。最近は彼女の露出に興奮する反面、そんな不安感も抱くようになっていました。

でも僕の心配ごとは彼女の一言で吹き飛んでしまいました。『でも制服着てなくちゃダメなんでしょ?それならどこでも同じだよ。自分で言うのも変だけどこの制服結構有名だし・・・。それに私は毎回千○には行けないよ・・・』彼女の一言は的を得ていて、僕よりも冷静な考え方でした。彼女の言うとおり、制服は絶対条件です。彼女の魅力を最大限に引き出すものでもあります。『じゃあ・・・いいの?これからも続けるよ?もちろん身元明かさないようにこっちも頑張るから』『・・・・うん・・・・』彼女は小さく返事をしてくれました。この時はっきりと気がついたのですが、最低ですが、僕は彼女を心配する反面、彼女の身元が分かってしまうのではないかという緊張感も興奮する要因のひとつでした。

彼女には電車数本を見送らせて、次の東中○駅に向かいました。下校の時間帯に行けば、この駅には必ずたくさんの男子高校生がいます。今日もその男の子達をターゲットにします。電車を降りると、彼女には早速しゃがんでもらいました。『今日も男の子達呼んで来て良いでしょ?(笑)』『聞くまでも無いくせに!(笑)』その通りでした。彼女には足を思い切り開いてもらい、高校生からの視線を集めてもらいます。いつものことながら、これには時間は必要としません。彼女のような可愛い女子高生が大股開きでしゃがんでいれば無理もありません。

まずはいきなりですが、4人組の人数の多い高校生達でした。『あっ!立○だ!』『可愛くね?』『ってゆーか格好やばい!(笑)』『パンツ見えんじゃないの?(笑)』僕は相手が4人で少し気後れしましたが、その後の興奮を考えれば迷いはありませんでした。『彼女が気になるの?(笑)』僕は向こうでしゃがんでいる彼女を見ながら言いました。『え?・・いや・・・』『あの・・・可愛いなーと思って・・・』『・・・・そうそう!』やはり突然話しかけられると焦ってしまうようです。

『可愛いけど、それだけじゃないでしょ?彼女のパンツ見たいんじゃないの?(笑)』僕は彼らの核心を突いていきました。『・・・・いや・・・その・・・』『・・・すいません・・・・彼女って知らなかったので・・・』やはり4人共感違いをしていました。『彼女じゃないよ!そうじゃなくてさ(笑)』彼らは何とも言えない空気になり、黙り込んでしまいました。『一緒に彼女の所に行こうか?』僕はいつものように彼らの腕を掴み、半ば強引に彼女にところに連れて行きました。『あの!・・・ちょっと・・・・そういうわけじゃ・・・』『ごめんなさい!謝ります!』彼らはかなり焦ったようで、少し気が動転している感じでした。

少し抵抗されましたが、4人共に彼女のところに連れて来ました。彼らは諦めたのか、それとも目の前で大股開きでしゃがみ込む女子高生の彼女を見て欲情したのか、抵抗することもなく大人しくなりました。そして、チラチラと彼女を見ていました。『連れてきたよ(笑)』彼女は無言で可愛い顔を少し上げると、彼らに小さく会釈しました。彼らもそれに合わせるようにして会釈していました。僕は立ちすくんでいる彼らを彼女の前を囲むようにさせると、その場にしゃがませました。

彼女はバッグで股間を隠していますが、大股開きでしゃがんでいるだめ、下半身は十分すぎるぐらいに露出しています。色白のキレイな足は太股の付け根の方まで露出していてたまりません。彼らは正面から見た彼女に圧倒され、気まずいながらもチラチラと彼女の下半身に目をやっていました。『そんなに緊張しないで!(笑)パンツ見たいんでしょ?』僕は場をやわらげようとしました。『・・・いや・・・そういうわけじゃ・・・』そんなことを言いながらも彼らの視線は彼女の下半身に向かっていました。

『だってさっきから彼女の下半身見てるじゃない(笑)ねえ?』僕は何の前触れもなく彼女に聞きました。『え?・・・・うん・・・そうだね(笑)』彼女少し驚きながらも、苦笑いで彼らを見て言いました。『見たいんでしょ?別に怒ってるわけじゃないんだからさ(笑)』僕は彼らに明るく言いました。『・・・まあ・・・見たいですね(笑)』『・・・うん・・・見たい(笑)』『・・・・俺も!(笑)』『・・・・俺も!(笑)』1人が言い出すと、他の3人もすぐそれに続きました。この勢いこそ高校生です。やっと彼らにも笑みが出てきたので、場の雰囲気も良くなってきました。

『じゃあパンツ見せてあげようか?』僕が彼女に言うと、彼女は股間を隠しているダークブラウンのバッグに手をかけると、ゆっくりとどかしはじめました。『え!?・・・うそ!』『・・・ちょっと・・・・』彼らはまさか彼女がパンツを見せてくれるとは思ってもみなかったようで、焦り始めました。そして、彼女の股間からはバッグがどかされ、白いパンツが彼らに向かって丸見えになりました。『えぇ・・・ちょっと・・・』『ちょっとこれ・・・いいんですか?』彼らはなぜか僕に聞いて来ました。

『いいんじゃないかな(笑)自分でバッグどかしたんだから!』僕が言うと彼らは無言で彼女の丸見えになった白いパンツを見つめていました。いくらパンツとはいえ、4人から同時に見られて彼女は恥ずかしそうにしていました。『君達、彼女の制服で学校わかる?』僕は参考までに聞いてみました。『わかりますよ!立○ですよね?』『有名ですよ。可愛い子多いし(笑)』やはり知っていました。『立○の何年ですか?僕ら○○の2年ですけど』彼らは少し力を抜いて話し始めました。『3年だよ』彼女は笑顔でシンプルに応えていました。

パンツを見られながらも、彼女は彼らと少しずつ打ち解けてきていました。僕はそろそろだと思ったので、彼女に目で合図をしました。最近はこれで何の意味なのか彼女も理解をしてくれます。『ちょっと・・・トイレ言ってくるね?』彼女は笑顔で言うと、彼らの前でゆっくりと立ちあがり、駅のトイレに向かいました。その間、彼らと少し話をしながら、彼女にメールを送りました。『戻ってきたらバッグで隠さないで、いきなりいつものオマンコ見せるスタイルで座っちゃって!』少ししたら彼女からメールが返ってきました。『ヘンターイ!』

『あの子なんでパンツなんて見せてくれるんですか?』『なんかの罰ゲームとか?(笑)』彼らはやはりその辺が気になるようでした。『そういうわけじゃないんだけどね(笑)あとで彼女に聞いてみたら?』彼女に言わせることで興奮します。『でもあの子凄い可愛いですよね?(笑)』『そうそう!近くで見てビックリしました!(笑)』『やっぱり立○いいよな!』『彼氏いないんですか?(笑)』彼らは純粋に彼女の可愛さに心を打たれていました。

彼女が戻ってきて、最初からノーパン姿で下半身を見せることはこれまでにありませんでした。彼女自身も初めてのことなのでおそらく少し緊張していることだと思います。しばらくして、彼女がトイレから戻ってきました。『また見せてくれるんですか?(笑)』彼らはニヤニヤしながら彼女に言いました。『え?・・・・うん・・・まあね(笑)』やはり少し緊張している感じでした。そして彼らの前に来ると小さく深呼吸するのが分かりました。そして彼女は彼らの前でゆっくりと腰を下ろし始めました。

彼女が中腰になった辺りで、さっきのしゃがむスタイルとは違うことが彼らにも分かったようでした。そして彼女のチェック柄のミニスカートが捲れ始め、彼女の腰が下がって来ると、彼らの前に不自然な光景が現れ始めました。『・・・え?・・・』『・・・・あれ?・・・・』そして彼女は腰を地面に下ろし、膝から下をしっかりと広げ、ノーパンの股間を彼らに向かって丸見えにさせました。『・・・・・うわっ!!』『・・・・ええっ!!』そんな声が4人同時に上がりました。

彼女のピタッと閉じたオマンコが丸見えになり、彼らは無言でそれを見つめていました。『・・・・なんで?』『・・・・脱いできたんですか?』彼らは彼女におそるおそる聞いていました。『・・・え?・・・・うん・・・・・』彼女は何とも恥ずかしそうに彼らに言いました。『・・・なんで・・・・見せてくれるんですか?』『・・・あの・・・罰ゲームとかじゃないんですよね?』彼らはなぜこのような状況になっているのか理解が出来ないようでした。

『・・・・罰ゲームじゃないけど(笑)・・・・・なんでかな・・・・』彼女は恥ずかしそうに苦笑いしていました。『教えてあげなよ(笑)』僕は恥ずかしそうにしている彼女に言いました。『・・・・あのね・・・・わざと見られてるの・・・・』彼女の衝撃的な一言に4人共固まっていました。しかし、理由はどうあれ自発的な行為だと分かれば遠慮など必要もないと悟ったようで、彼らは興奮しながら彼女のオマンコを見つめていました。『すげー・・・俺初めて見た・・・』『・・・・俺もだよ・・・・』彼らも童貞だったらしく、初めて見る女の子のオマンコに興奮していました。

その時、前回の露出で付き添った2人から僕にメールが入りました。『2人とも少し遅くなりそうなのでもし駅を移動したら教えてください』僕はそれに対して彼らにメールを返しました。その間も特に会話も無く彼女はオマンコを見られ続けていました。やはり最初は恥ずかしいらしく、彼女はうつむいていました。

『顔も見せてあげなよ』『・・・だって・・・・恥ずかしいよぉ・・・・』彼女はうつむいたまま小さい声で言いました。『そろそろしたいんでしょ?(笑)』『・・・え?・・・・』彼女は少し顔を上げると僕の顔を見てきました。僕は前回と全く同じ方法をとりました。自分ながら結構気に入ってしまいました。彼女は僕が何を言いたいかを分かっているらしく、苦笑いしました。僕はそんな彼女に向かって、両手の人差し指と中指をさし出し、オマンコを開く仕草をしました。『・・・・どうしたんですか?(笑)』『・・・・なんですかそれ?(笑)』彼らはやはりその意味が分からないようでした。

僕は彼女の目の前でその仕草を繰り返し続けました。『・・・やめて!(笑)』彼女は迷惑そうな顔をしながら、僕の手をどけようとしましたが、それでも僕は続けました。『ほら!これこれ!これしたいんでしょ?(笑)』彼らもそのやりとりを見て、意味が分からないにしても笑っていました。『ほら!これしたくないの?みんなに教えてあげなよ!また僕が言おうか?(笑)』僕がそれを言うと彼女の顔付きが変わりました。『・・・やだぁ!・・・ダメだよ!(笑)』やはりそれは避けたいようです。

『じゃあ言って!これは何をするの?ちゃんと言うんだよ(笑)』僕はオマンコを開いた仕草を維持したまま彼女に聞きました。『・・・なんかエッチなことですか?(笑)』『・・・これ以上刺激しないでください!(笑)』彼らも次に何が待ち構えているのか、楽しみで仕方ない感じでした。彼女はすぐに口には出せないようで、少し沈黙がありました。『言えない?これだよ?ほらこうやって・・・言ってみて!』僕はオマンコを全開にする仕草をして彼女に言いました。

『・・・・あのね・・・・これから・・・・ォ・・・・オマンコ開きます・・・・・もぉ!・・・恥ずかしいよぉ!(笑)・・・・』いつものように自分で言って恥ずかしがっていました。『・・・・え!?・・・・ウソでしょ?(笑)・・・・』『・・・・何言ってるんですか?(笑)』『・・・・なんか凄いこと聞いちゃった(笑)』『・・・・なんでそんな恥ずかしいこと(笑)・・・』彼らは彼女の言ったことが信じられないようでした。僕は目で彼女に合図をしました。

彼女は両手を膝の裏から股間へと持っていき、人差し指と中指を割れ目にあてがいました。彼らは彼女の始めようとしているその行為に、笑顔が消えました。彼女はゆっくりと自分のオマンコを開き始めました。彼らの目の前に、何人もの高校生を魅了した彼女のピンク色のオマンコの中身が次々と露わになって行きました。濡れているのがすぐに分かりました。僕が恥ずかしい言葉を要求したせいもあるでしょう。『思い切り!』濡れているので僕は彼女に言いました。

ニチャッ!・・・・ヌチュッ!・・・・ニチチ・・・・彼女は言われた通り、思い切り自分のオマンコを開き切り、クリトリスが剝け出し、小陰唇が開かれ尿道口が露出し、膣口も丸出しになりました。『・・・・うわっ!!』『・・・・ちょっとやばい!!』『・・・えええっっ!!・・・ちょっと!・・・・』『・・・・ちょっと・・・・やばいやばい!!・・・』彼らは目の前に広がる未経験の光景にこの上なく焦っていました。彼らが少し落ち着くまで、彼女にはそのまま濡れたピンク色のオマンコを無言で開かせ続けました。彼女は恥ずかしさから再びうつむいてしまいました。

『ビックリした?(笑)』僕は彼らに聞きました。『・・・ビックリも何も・・・・何してんですか?(笑)』『・・・これはちょっと・・・・やばいですよ・・・・』『・・・・すげぇ・・・・こうなってるんだ・・・・』『・・・・お前なにエロいこと言ってるんだよ!(笑)』彼らは彼女のパックリと開いたピンク色の濡れたオマンコを興奮しながら凝視していました。

『女の子のオマンコよく見ておいてね!(笑)写真撮ってもいいからね!』僕の一言で彼らの顔つきが変わりました。『・・・・ホントですか?』『・・・撮っていいんですか?』彼らは彼女にも聞いていました。『・・・・いい・・・のかなぁ(笑)・・・・』彼女は半分うつむいた状態で苦笑いをしながら恥ずかしそうに彼らに言いました。いつものことながら、彼らは一斉に携帯のカメラを取り出しました。そしてカメラモードにすると、彼女の下半身目がけて惜し気もなくシャッターを押し始めました。

いつものように、ドアップでも撮らせました。新しく4人の高校生のカメラに彼女のパックリ開いたピンク色のオマンコが隅々まで収められました。『顔上げて!オマンコ見られてるところ自分でも見ていて!』彼女は恥ずかしそうに顔を上げると、可愛い顔を赤くしながら我慢していました。そして彼女のその姿を彼らは引っ切り無しにカメラに撮り続けました。

彼らが写真を撮り終えると、僕は1人ずつ撮った写真を見せてもらいました。あまりの興奮からか4人とも物凄い枚数を撮っていました。すべてピンク色のオマンコを開いている彼女の下半身や、オマンコのドアップでしたが、1人のカメラに気になる写真が数枚かありました。彼女のピンク色のオマンコをパックリと開いている写真には変わりないのですが、少しはなれて撮ったらしく、彼女の恥ずかしそうにしている可愛い顔までが鮮明に写し出されていました。要は彼女の全体像です。

もちろん彼女が着ているライトブルーのブラウス、ブルーのリボン、チェック柄のミニスカート、黒のハイソ、ダークブラウンの鞄、そしてローファーまですべてが写っていました。彼女の通っている学校どころか身元まで分かってしまう画像だったので、これはさすがに削除してもらいました。しかし、彼は彼女のオマンコを余すところなく撮っていたので特に残念には思っていませんでした。

『次はこれする?(笑)』僕は再び両手の人差し指と中指を彼女に突き出すと、オマンコを開閉する仕草をしました。『・・・・もぉ・・・・なんで言わせるのぉ?(笑)』彼女は何度やらせても慣れることがなく、恥ずかしいことを口にする行為は本当に苦手のようでした。しかし、これが興奮するので、逆にこのままでいてほしいぐらいです。『じゃあこのままでいいの?これはしなくていいの?ほらこれ!(笑)』彼らは何となく悟ったのか、僕の仕草を見て興奮しているようでした。

『・・・・あの・・・ォ・・・オマンコを・・・閉じたり開いたりします・・・・・・もぉ・・・いや(笑)』パックリとピンク色のキレイなオマンコを開きながらそれを口にする彼女は本当に可愛くエッチでした。『・・・・そんなこと・・・ここで?』『・・・・大丈夫なんですか?(笑)』彼らはこれ以上の行為が始まるのかと、興奮と不安を抱えている感じでした。『大丈夫だよ!いつもやってるんだから!ね?(笑)』僕は彼女を見て聞きました。『・・・・バカッ!(笑)』彼女は僕に言いました。

ニチャッ・・・・・ニチャッ・・・・・ニチャッ・・・・・彼女はゆっくりとオマンコの開閉を始めてくれました。彼女のキレイな指によってオマンコが閉じては開くその光景に彼らは息を呑みました。『・・・すげ・・・・音が・・・・』『・・・・本当にこんな音するんだ・・・・』この行為は何と言ってもその音です。彼女の濡れたオマンコから発せられる、その粘り気のある音は何度聞いても男性の性欲を刺激します。『もっと速くしてみて』僕が言うと彼女は無言でオマンコの開閉を速くしました。

ニチャッ!・・・ニチャッ!・・・ニチャッ!・・・オマンコの開閉スピードを上げると、それに比例して音が激しくなっていきます。彼らは無言で彼女のパクパクと開閉されるオマンコを見つめていました。『じゃあ速くしちゃおうか?(笑)』僕は彼女に言いました。ニチャッ!ニチャッ!ニチャッ!ニチャッ!彼女のオマンコを開閉するスピードが最も速くなりました。同時に彼女のピンク色のキレイなオマンコがかなり濡れてきているのが分かりました。開くと一瞬見えるピンク色の中身がテカテカと光り、そして愛液で糸も張り始めていました。

『・・・すげぇ!・・・』『・・・ちょー濡れてる・・・・』『・・・・これは恥ずかしいでしょ・・・・』『・・・・気持ちいいんですか?・・・・』彼女はそれに応えている余裕がなさそうでした。僕はこの日いつも以上に彼女にはオマンコの開閉を続けさせました。僕の中ではこの行為はオナニーで当てはまります。オマンコを開閉することで、クリトリスをはじめ、十分な刺激が伝わります。彼女のオマンコの濡れ方を見ていてもそれは分かります。

彼女もいつもより時間が長いことに気がついたのか、少し不安そうな顔つきで僕を見てきました。『どうしたの?まだ続けて!』僕は少し冷たく彼女に言いました。ニチャッ!!ニチャッ!!ニチャッ!!ニチャッ!!それからしばらくすると、彼女のオマンコからは愛液が溢れ出そうになっていました。ピンク色の小陰唇の中にトロッとした彼女の愛液が溜まっているのがよく分かります。『・・・・はっ・・・・・・はっ・・・・・・はっ・・・・・・』オマンコの開閉のリズムに合わせて、うつむいている彼女の口からごくわずかな吐息が漏れているのが分かりました。

放っておけばイッてしまうのは分かっていましたが、まだこの先もあるので、やめさせることにしました。『やめていいよ・・・・思い切り開いて!』『』・・・・・・え?・・・・う・・・・うん・・・・』彼女はオマンコの開閉を止めました。そして再び思い切り自分のキレイなピンク色のオマンコを彼らの前で開き切りました。ニチャッ!!ニチャッ!!ニチャッ!!・・・ニチャッ!・・・・ニチャッ・・・・ヌチュッ!・・・・ニチチ・・・・。彼女が愛液で糸を張りながらオマンコを開き切り、それによって小陰唇に溜まった彼女愛液がゆっくりと流れ出てきました。

『・・・・すげぇ!・・・なんか出てきた!』『・・・・え?・・・・これってマン汁?』『・・・・やばいよ・・・・これ・・・・』『・・・・本当にこんなに濡れるんだ・・・・』彼らは彼女のビチョビチョに濡れたオマンコを見て興奮していました。僕はその場でリクエストの一つを実行しました。彼女は恥ずかしさからうつむいて、キレイなピンク色のオマンコ開き続けていました。

『君達さあ、ここ何て言うか知ってる?(笑)』僕は彼女の剥き出しになったクリトリスを指差して言いました。『・・・え?・・・・ちょっと!(笑)』彼女はうつむいていた顔を少し上げて言ってきました。『じゃあ自分で言う?(笑)自分で言うならオマンコの中身を余すところなく全部説明するんだよ?いいの?(笑)』僕は彼女に意地悪しました。『・・・・やだっ・・・・・言いたくない・・・・』彼女は少しムスッとしました。『じゃあ彼らに言ってもらう?(笑)』彼女には、彼らに説明してもらうか、自分で言うか、僕に言わせるかの3択を選ばせました。どちらにしても彼女は恥ずかしい思いをします。

『・・・・全部やだよぉ(笑)・・・・そんな説明できない・・・・』彼女は本当に困っている感じでした。『じゃあ彼らに言ってもらおうよ!そんなに恥ずかしく言わせないから、いいでしょ?(笑)』完全に嘘をつきました。『・・・・・うん・・・・・』彼女は恥ずかしそうに小さく応えました。『だって!(笑)じゃあ彼女のココなんていうの?』僕は再び彼女の剥き出しになったクリトリスを指差して彼らに言いました。

『そこですか・・・・・あの・・・・クリトリスですよね?(笑)』彼らは女の子を前にしてそんな言葉を口にしたこともないようで、彼らも恥ずかしがっていました。『どうなってるかをよぉ〜く見て言ってあげて!カタチとか(笑)』僕は彼らにわざとエッチな言い方をしました。『・・・・・ちょっと!恥ずかしく言わせようとしてるでしょー!(笑)』彼女はそれを聞いて僕に言ってきました。

『クリトリス丸見えですね(笑)カタチは・・・丸いって言うんですか?(笑)』『僕ら見たことないので・・・あまり詳しく言えないです(笑)』それで十分でした。『思った通りでいいよ!そうそう丸いよね!ちょっと皮にかぶってるけど、彼女はクリトリス小さいからこれでも興奮して大きくなって剥き出てる方なんだよ!(笑)』『・・・・ちょ・・・ちょっと!・・・・やめてよぉ!』彼女は恥ずかしそうに僕に言ってきました。

『それでクリトリスの皮の裏からパックリ裂けてるこの割れ目わかる?』僕は彼女の小陰唇を指差して言いました。『・・・・なんだっけ?』『俺知ってます!小陰唇!』1人がうれしそうに手をあげて彼女に言いました。彼女は半分諦めたようで、再び可愛い顔をうつむかせてそれを聞いていました。『パックリ裂けてる小陰唇の上の方見える?小さい穴みたいなの見えるかな?そこわかる?』僕は彼女の尿道口を指差しました。ほとんど見えないのですが、彼らに聞いてみました。

彼女の小陰唇は左右対称のカタチをして、クリトリスの皮の部分から左右に裂けています。小陰唇内部の皮膚も若々しくハリがあり、ウネウネとせず左右対称です。しっかりと整ったカタチをしているので見ていてもとても気分が良いです。小陰唇の奥の方にある尿道口、膣口のあたりの皮膚はさすがに少しウネウネとしていますが、これは仕組み上しかたがないのかと思います。残りの部分はこの後で調べました。

『上の方だから・・・・おしっこ出る所ですか?(笑)』彼らもある程度は知っているようで、正式名称は言えないにしても応えていました。『結構知ってるね!(笑)尿道口って言うんだよ!彼女のおしっこが出る穴!ね?(笑)』僕は彼女に聞きました。『・・・・・知らない・・・・・バカッ・・・・』彼女はうつむきながら少し怒っている感じでした。しかし僕は続けました。彼女は怒っているのかもしれませんが、オマンコを閉じようとはしません。

『じゃあ次はその下の穴。分かる?』僕は彼女の膣口を指差しました。『膣です!(笑)』なぜか膣だけ早い回答でした。『そうそう!なにする穴か分かる?(笑)』僕は彼女を意識しながら彼らに聞きました。『え?・・・・セックスですよね?(笑)』さすがに知っていました。『そうそう!セックス!じゃあ未経験の女の子にあるもの分かる?(笑)』彼らは結構興奮していました。『処女膜ですよね?(笑)』彼らも彼女が聞こえるように言い始めていました。

『ねえねえ!処女膜はあるのかな?(笑)』僕はうつむいている彼女の肩に手を置いて聞きました。『・・・・そんなこと聞かないでよぉ・・・・恥ずかしい・・・・』さすがに彼女は怒り出すかと思いましたがそうでもない感じでした。『じゃあ僕が言っても良い?(笑)』『・・・・ダメっ!・・・・絶対ダメ!(笑)』彼女は笑顔を見せてくれました。『じゃあ教えてあげて!』彼らもそれを気にしているらしく、彼女の口から出ようとしている言葉に耳を傾けました。

『・・・・・前に1人・・・・彼氏いたの・・・・・だから・・・・・ない・・・・・』溜めに溜めて放った彼女の一言に、彼らは興奮すると同時に少し残念そうな顔をしました。『まあいつもオマンコに指入れら・・・・ぅぷ!・・・・』『・・・・ちょ・・・ちょっと!』僕がそれを言いかけると彼女はオマンコを開いている両手を放し、僕の口を塞いできました。彼女の人差し指がちょうど僕の鼻のあたりに来ました。今まで濡れたオマンコを開閉したり、全開で開いたりしていた彼女の指にはオマンコの匂いが染みついていました。

『・・・・変なこと言わないでよ!・・・・・もう言わない?・・・・・・ねえ?(笑)』彼女は僕に言い寄ってきました。彼女の指はオマンコ独特の酸味の効いた匂いがしました。おしっこが少し発酵したようなエッチな匂いでした。彼女はそれに全く気が付いていないらしく、僕の口を塞ぎ続けました。僕は十分に匂いを堪能すると、目を笑わせて彼女を見ました。『・・・・なに?(笑)・・・・もう言わない?・・・・・返事するまで放さないから!(笑)』オマンコの匂いがする彼女のキレイな指で口を塞がれているのも悪くはありませんでした。

僕は口を塞いでいる彼女の腕を掴みました。『な〜に?・・・・・言わないって決めた?(笑)』彼女の可愛い顔を見ながら、オマンコの匂いが染みついた彼女の指の匂いを嗅いでいるのも悪くなかったのですが、あまり時間も使っていられないので、僕は小さく首を縦にうなずかせ、口を塞いでいる彼女のキレイな手をどけました。『あぁ〜・・・・ごちそうさまでした!(笑)』彼女も彼らも僕が何を言っているか分からないようでした。

『指・・・・オマンコの匂いたっぷり染みついてるよ!(笑)』僕は彼女の両手を指差して言いました。『・・・・え!?・・・・・ちょ・・・・ちょっとなにそれ!・・・・・もぉやだぁ(笑)・・・・・』彼女は両手を握りしめて指を見せないようにしていました。『どんな匂いですか?(笑)』『俺も嗅ぎたい!(笑)』彼らは次々と食いついて来ました。今回も最後までなるべく彼女のオマンコを触ることは避けたかったので、僕は違う方法で彼らに提案しました。

『彼女の指の匂い嗅がせてもらったら?(笑)』僕は彼女を見ながら言いました。『・・・・やだっ!・・・・』彼女は一言言ってきました。抵抗しても最後はやることになってしまうのですが、彼女はいつもこんな感じです。しかしそれが最高に興奮します。『指の匂い嗅がせるだけだよ?それとも彼らにオマンコ触ってもらう?どっちが恥ずかしいの?(笑)』僕は彼女に言いました。『触りたいなぁ・・・(笑)』『・・・俺も(笑)』彼らはいやらしい目つきで彼女を見ました。『ちょっと・・・・君達何言ってるの?(笑)』彼女は苦笑いしながら彼らを見ました。

『あ・・・いや・・・すいません(笑)』『・・・・じゃあ指で(笑)』彼らもまさか彼女のオマンコを触れるなどとは思っていなかったようで、指でも十分満足そうな顔をしていました。『じゃあ嗅がせる前に、指にもっとオマンコの匂い染みつかせようか?左手でオマンコ出来るだけ開いて、右手の人差し指で中身全体を擦ってくれる?』僕は彼女に言いました。『・・・・バカッ!・・・・ホントにヘンタイ・・・・君達こうなっちゃダメだよ!(笑)』彼女は苦笑いで彼らに言いました。

彼女は言われた通りに左手のキレイな親指と人差し指で不慣れな手つきながらも、出来るだけオマンコを大きく開きました。両手で開くよりも小さいですが、それでも彼女のピンク色のキレイなオマンコは丸見えになっていました。『・・・・恥ずかしいからあんまり見ないで・・・・』彼女はそう言いましたが、僕を始め、彼ら4人共彼女の下半身から目を逸らすことはありませんでした。

ニチ・・・・ニチ・・・・ニチ・・・・彼女のオマンコはまだ十分に濡れていたので、彼女の人差し指が小陰唇内部を撫でるたびに、小さく音が出ていました。彼らは彼女のその姿を興奮して見ていました。指に匂いを染みつけるという口実でしたが、これは完全にオナニーの姿でした。僕も彼女のその姿にはかなり興奮してしまいました。『・・・もういい?・・・・ねえ・・・いいでしょ?・・・・』彼女はかなり恥ずかしいらしく、顔を赤くして僕に言いました。『じゃあ匂い嗅がせてあげて!』彼女は言われた通り人差し指を止めると、自分の小陰唇内部から指を放しました。若干ですが、彼女の指から愛液による糸が張っているのが分かりました。

『指にエッチなお汁付いてるでしょ?(笑)』僕は彼女に言いました。『・・・・知らない!・・・・』彼女はさり気なく、右手の愛液のついた人差し指と親指を擦っているように見えました。『じゃあ匂い嗅がせてあげて!』僕が言うと彼女は右手の愛液のついたキレイな人差し指を彼らの方に突き出しました。彼らは1人ずつ、彼女の指に着いたオマンコの匂いを嗅いでいました。『・・・・すげぇ・・・・こんな匂いなんだ!』『・・・・おしっこ?・・・・なんだこの匂い!』『・・・・・ちょっとすっぱいね(笑)』『・・・・初めてだこんな匂い!』彼らは初めて嗅ぐその匂いに興奮していました。

彼らに見せた彼女の露出はこの行為が最後でした。彼らは僕らよりも先に電車に乗って帰路に着きました。彼らもかなり満足していて、同時に彼女はかなり恥ずかしい思いをしたようです。最近1組の露出時間も長くなり、内容も濃くなってきているので、彼女の疲れも増しているようでした。僕らは途中駅の下車を控えて、今日は中○駅のマックに向かいました。例の高校生の2人からまだ連絡がないので、僕らは2人で飲み物を口にしながら話をしていました。

『これ正直なところだけど、最近更に可愛くなったよね?彼氏出来た?』最初にも言いましたが、初めに出会った時よりも彼女は魅力を増しているように感じました。『そんなことないよ(笑)・・・・彼氏いないよ・・・・本当に(笑)』彼女は照れくさそうに言いました。褒められると素直に反応してしまうところが本当に可愛いです。『じゃあ好きな人は?自分磨いてない?(笑)』『・・・・・それは・・・・いるけど・・・・その話はいいでしょ!(笑)』彼女は笑いながら言いました。彼女に彼氏が出来ることは僕としてもうれしいことです。可愛い彼女には今のうちにたくさん恋をしてほしいものです。

しばらく彼女と話をしていると彼らからメールが入りました。『遅れてすいません。今東○神です。どこにいますか?』僕は彼らに中○駅のマックだと返事をしました。東○神駅からはたった1駅なので、彼らはすぐにやってきました。『おくれてすいません!』『待ちました?』彼らが来て、再び楽しそうな時間になってきました。彼らは部活で少し遅れてしまったようです。『それで・・・・もう穿いてないとか?』『もしかして既に露出してきました?(笑)』彼らは彼女をやらしい目で見ながら僕に聞いて来ました。

『もちろんパンツは穿いてないよ!それにさっきまで4人組に見られてたよね?(笑)』僕は彼女を見て言いました。『・・・だから声大きいって!・・・・』彼女は前回と一緒で周りを見ていました。店内は昭○のマックと同じぐらいの人数でした。うれしいことに前回と同じように2つ隣の席にも人がいました。それも中学生でした。『じゃあ何したか自分で言ってみて!(笑)』彼女の顔が赤くなりました。『・・・なんでここでなの?・・・聞こえるでしょ?・・・』彼女は周りを気にしていました。

『じゃあ僕がまた言おうか?メチャクチャ恥ずかしく(笑)』僕はニヤニヤして彼女に言いました。『・・・・いやっ!・・・・やめてっ!・・・』彼女は覚悟を決めたようです。『何したの?またエッチなこと?(笑)』『教えてよ!(笑)』彼らも彼女に言い寄りました。『・・・・・あの・・・・ォ・・・・オマンコ開いて・・・・見せた・・・・・・あと・・・写真も・・・・・』彼女はうつむき加減で小さい声で言いました。『それだけじゃないでしょ!(笑)オマンコどうしたの?』僕は更に聞き込みました。

『・・・・あと・・・・閉じたり開いたりした・・・・』彼女の可愛い顔からは想像もできないような恥ずかしい行為が次々と発せられ、僕らは興奮しました。『・・・・オマンコかなり細かく見られてたよね?(笑)』『・・・・もぉ・・・うるさいから!・・・』わざと大きい声で言う僕に、彼女はかなり焦っていました。『最後何したんだっけ?ちゃんと説明して!(笑)』彼女の口から発するには酷な内容だったかもしれません。

『・・・・言えないよぉ・・・・あんなこと・・・・』確かにその通りでした。『あんなこと!?そんな凄いことしたの?(笑)』『聞かせてよ!誰にも言わないから!(笑)』彼女が自ら『あんなこと』と強調してしまったせいで、彼らも余計に興味を持ち始めました。『言わないと僕が言わなくちゃいけないんだからさぁ!いいの?言っちゃうよ?(笑)』僕はいつでもそれを口にする準備は出来ていました。『・・・もぉ・・・言うから・・・・』彼女は覚悟を決めました。

『・・・・・あの・・・・自分で・・・・ォ・・・オマンコ触って・・・・・指に付いた匂い・・・・嗅がれた・・・・もぉ・・・やだよぉ(笑)・・・・』彼女は苦笑いしながら言いました。『マジで!?そんなことしたの?(笑)』『ホントにエロすぎだよね!(笑)』彼らは彼女を見て言いました。彼女もどう反応していいか分からず、うつむき加減でモゾモゾとしていました。『早く見たいんだけど!(笑)』『今日もマンコ見せてくれるでしょ?(笑)』彼らは興奮してしまい、2つ隣の中学生に聞こえるような声で言いました。『・・・・わかったから・・・・大きい声出さないで!・・・・』彼女は中学生達をチラチラ見ながら言いました。中学生達もその会話の内容に少し唖然としながらチラチラと彼女を見ていました。

『そんなに焦らないで!(笑)』僕は興奮している彼らに言いました。『だって我慢できないですよ!(笑)』『ホントですよ!あぁ〜携帯の写真見ちゃお!(笑)』彼らは前回撮った彼女のオマンコの写真を映し出すと、目の前にいる彼女の顔と写真を交互に見て興奮していました。『見せる時の格好してあげたら?』僕は彼女に言いました。『え?・・・・ここで?・・・・・出来る訳ないでしょ!(笑)』彼女はまさかそんな指示が来るとは思ってもいなかったようで、笑っていました。

『テーブルあるから周りには見えないよ!両足を椅子に置いてさ、いつもの格好できるじゃない!』僕は本気で言いました。僕らは4人掛の壁側にいたので、椅子はベンチ型でした。なので彼女が足を椅子の上に持ち上げて置いても、テーブルや彼らの影に隠れて、おそらく周りからは見えないと思いました。『・・・・本当にやるの?・・・・』彼女はおそるおそる僕に聞きました。『やって!(笑)』僕に続いて彼らも彼女にお願いしました。

彼女は2つ隣の中学生達を気にしながら、ゆっくりと片足ずつ持ち上げ始めました。僕の隣に彼女がいたので、その様子をじっくりと見ていました。彼女は履いているローファーを脱ぐと、ぎこちなく、まずは左足をゆっくりと持ちあげました。彼女のチェック側のミニスカートが足を上げることによって捲れ始め、彼女の色白のキレイな太股がどんどん露出されていきます。彼女は見えないように内股加減で左足をベンチの上に置き、そして次に右足をゆっくりと持ち上げ始めました。そして彼女の両足はベンチの上に置かれ、駅でオマンコを見せる時と全く同じ格好になりました。

もちろんテーブルを挟んだ彼らからは、彼女の膝ぐらいまでしか見えていません。彼らは2人してテーブルの下を覗き込みました。そして彼女の丸見えになった下半身を確認すると、ニヤニヤしながら顔を上げました。『見えてる見えてる!(笑)』『ちょっと暗いけどマンコ丸見え!(笑)』彼女のその格好を見て、2つ隣にいた中学生達もチラチラと彼女を見ていました。中学生との間には僕が座っていたので、彼女の姿はあまり見えないと思いますが、それでも両足を持ち上げて座っているのは分かるでしょう。

『・・・・人が来たらすぐやめるからね?・・・・・』彼女は心配そうに僕らに言ってきました。僕は手元にあったナプキンをテーブルの真ん中に置くと、両手の人差し指と中指を乗せました。そして彼女にも見えるようにナプキンでオマンコを開く真似をしました。『おお!それは!(笑)』『これですよね!これ!(笑)』彼らはすぐに気が付きました。そして僕の真似をして、両手でオマンコを開く仕草を彼女の目の前にかざしました。

『やってほしいなぁ・・・・(笑)』僕らは3人で彼女にさり気ない言い方でお願いをしました。『・・・・ホント無理だってぇ・・・・・やめようよぉ・・・・』彼女は僕らに言いましたが、僕らはそれを無視してオマンコを開く真似を彼女の目の前で続けました。彼女は周りをキョロキョロと見渡すと、両手をゆっくりと股間に持っていきました。そして人差し指と中指でゆっくりとオマンコを開きました。・・・ニチ・・・ニチ・・・僕は隣にいたので、わずかにその音が聞こえました。横にいるので、彼女の股間は見えないのですが、見えないこの状態も違った意味で興奮します。

彼らは再びテーブルの下からのぞき込みました。『うわっ!パックリ!たまんねー丸見えだよ!』『マジだ!やっぱすげぇよなぁ!どこでもマンコ見せちゃうんだもん!』彼らはテーブルの下で興奮していました。『パクパクもしちゃいなよ!(笑)』僕は更に彼女に言いました。彼女は周りを気にしながらも特に抵抗はしませんでした。ニチャッ!・・・ニチャッ!・・・ニチャッ!・・・彼女のオマンコはまだ濡れていたらしく、結構な音が聞こえてきました。

彼らはテーブルの下から覗きこんだまま、彼女のオマンコ開閉の様子を見つめていました。『すげぇーよ!ここまで音聞こえるよ!マンコもう濡れてんだ?(笑)』『たまんねー!足もめちゃくちゃキレイだし!うわっ!オマンコエロすぎ!(笑)』彼らの声は2つ隣の中学生にも聞こえているらしく、彼らはテーブルの下を覗きこんでいる2人を興味津々で見ていました。『・・・・お願いだから・・・・大きな声出さないで!・・・・』彼女は中学生達を気にしながら小さい声で言っていましたが、テーブルの下を覗きこんでいる彼らには聞こえていないようでした。

『思いっ切り開いてあげなよ!』ニチャッ!・・・ニチャッ!・・・・ニチャッ・・・・ヌチュッ!・・・・ニチチ・・・・彼女は再びオマンコを開き切ったようです。『うわっ!マンコびちょびちょ!濡れてるの分かるって!(笑)』『エロすぎでしょ!そんなにマンコ気持ちいいの?(笑)』彼らはテーブルから顔を出すと、興奮した顔つきで彼女に言いました。『・・・・・もぉ・・・・怒るよ!・・・・』彼女は恥ずかしさで顔を赤くしながら彼らに言いました。

『ちょっとごめん・・・・そのままでいてね!』僕は一言言うと、彼女の下半身に腕を伸ばしました。そして手探りで彼女のパックリ開いた小陰唇内部を指でまさぐりました。『・・・ちょ・・・・ちょっと!・・・・何やってるの?・・・・やめて!・・・・』彼女は突然開いたオマンコを触られて、体がピクンと動きました。『いいからそのまま!』彼女の小陰唇はやわらかく、そして温かく、溢れ出た愛液でヌルヌルになっていました。『え?触ってるんですか?』『うわっ!触ってる!いいなぁ!(笑)』1人がテーブルの下から覗きこみました。

僕はしばらく彼女のパックリ開いたオマンコをまんべんなく触り続け、指に彼女の愛液を擦り付けました。彼女はその間も黙ってオマンコを開き続けました。『ほら!こんなに濡れてる!(笑)』僕は彼女のオマンコから手を放すと、彼女と彼らに見えるように手をさし出しました。そして人差し指と親指で、たっぷり付着した愛液に糸を張らせて見せました。『濡れすぎでしょ!エロいなぁ!こんなに可愛いのに!どこから出てくるんだよ!(笑)』『そりゃあ、あのキレイなマンコからでしょ!(笑)』『・・・・やめてよぉ!・・・・そんなの見せないで・・・・』彼女はオマンコを開いていた指を放すと、僕の愛液を見せている腕を掴んできました。

『これ・・・自分の舐めたことある?』僕は指についた彼女の愛液を彼女自身に見せました。『・・・・ヘンタイッ!・・・・あるわけないでしょ!(笑)』あまりにもバカバカしすぎる質問に彼女は笑顔を見せました。僕はあまりそれについては話を突き詰めませんでした。僕はポテトを頼んであったので、彼女にそれを勧めました。『食べる?』『・・・・うん・・・・でもちょっとトイレ行って来る・・・・』彼女が少し気まずそうに言ったので、僕は何となく何をしに行くのかが分かりました。

『ああ、そうか!オマンコ触った指だもんね!洗わなくちゃ!(笑)』僕は遠慮せずに言いました。『・・・・バカッ!・・・・・』彼女は言ってきました。『ちょっと待って!トイレに行く前にもうちょっと・・・・』彼女はまだ両足をベンチの上に上げていてくれたので、僕は再び彼女の股間に腕を伸ばしました。オマンコは既に閉じていますが、場所は分かったので、中指をさし出すと、素早く彼女の膣口を見つけ出し、一気に根元まで入れ込みました。ヌチュチュ!!『・・・・ちょ・・・・ちょっと!・・・・・んっ!・・・・・いやぁ・・・・・』彼女は突然のことに声を漏らしました。僕は彼女の膣内や小陰唇に付着した愛液をできるだけ指に付着させました。

・・・・チュプッ!指を引き抜くと再び彼女と彼らに見せました。『ごめんね!トイレ行って来て良いよ!』『・・・・・もぉ・・・・ホントにバカ・・・・バカッ!・・・・』彼女は繰り返し言いました。彼女は両足をベンチから下ろすとローファーを履き、トイレに向かいました。『ホントに可愛いですねあの子!今でも信じられないよあんなことしてるなんて・・・・』『スタイル良いし・・・たまんないよあの足!付き合えたら最高だよなぁ・・・』彼らはトイレに向かって行った彼女の後姿を見て言いました。

僕は指にたっぷり付着した彼女の愛液をどうするかを決めていました。彼女の席には彼女の頼んだ飲みかけのアイスキャラメルラテが置いてありました。僕はそれを手にするとフタを取りました。『何するんですか?(笑)』『飲んじゃうとか?(笑)』彼らは僕のやることをいつも興味深く見ていました。僕は彼女の愛液がたっぷりと付いた指を彼らに糸を張らせながら見せました。そしてその指を彼女のアイスキャラメルラテに入れました。中指と人差し指と親指に彼女の愛液がたっぷりと付いていたのですが、その3本の指を彼女のアイスキャラメルラテに入れ込み、指を擦って彼女のたっぷりと付着したヌルヌルの愛液をアイスキャラメルラテに溶け込ませました。彼女の愛液はアイスキャラメルラテにすっかり溶け込んだようで、僕の指に付いたヌルヌルした彼女の愛液の感触はやがて無くなりました。僕はアイスキャラメルラテの中に溶け込んだ彼女の愛液をそのまま指で十分にかき混ぜました。そして僕は指を抜くと、フタを戻して彼女の席に戻しました。

『ひどい!(笑)』『それ飲ませるんですか?(笑)』彼らは僕に聞いて来ました。『言っちゃダメだよ!(笑)』そして彼女は本当に手を洗いに行っただけらしく、すぐに席に戻ってきました。そして会話をしながらまずはポテトに手を伸ばし、そして問題のアイスキャラメルラテに手を伸ばしました。そして彼女は何も知らず、ストローを使ってゴクゴクとそれを飲み始めました。

『それおいしいの?前も飲んでたよね?』僕はさり気なく彼女に聞きました。彼らも彼女が飲んでいる姿を見てどこか興奮している感じでした。『うん、甘くておいしいよ!(笑)今度飲んでみたら?』彼女の一言がとても興奮しました。自分の愛液がたっぷりと入った飲み物を口にしておいしいと言われれば無理もありません。『そうなんだ!じゃあ残さないようにね!(笑)』『残さないよぉ!勿体ないでしょ!(笑)』彼女の返事をすべてが深く考えすぎてしまいます。会話をしながら彼女は自分の愛液がたっぷりと入ったアイスキャラメルラテをすべて飲みました。最後の一滴まで飲み込んだ時は最高に興奮しました。もちろん彼女にはその後も自分の愛液がたっぷり入ったアイスキャラメルラテだったとは言っていません。

それから僕らはマックを出ると、中○駅に向かい露出の続きを始めました。中○駅では彼らにむけて、彼女はオマンコを十分に見せつけました。そして僕も残る彼女の下半身をすべて細かく観察しました。スカートを更に捲ってもらい、今までほとんど見えなかった彼女の陰毛を見せてもらいました。陰毛は陰唇の方までは来てなく、クリトリスより上部の皮の部分に少し生えているだけでした。かなり薄い方だと思います。毛質は細い方で少しウネウネしていました。毛の長さは2cmぐらいしかありませんでした。特に手入れはしていないようです。

クリトリスを包んでいる皮はクリトリス本体を中心に上に約1cmほどでした。色は色白のキレイな肌色からクリトリスに向かうにつれて、だんだんと桜色にグラデーションをかけて変わって行きます。そして大陰唇ですが、彼女の場合は僅かにふっくらとしているぐらいです。彼女は脂肪が少ない方なので、その影響もあると思います。色は彼女の足と同じ色白のキレイな肌色です。そして今日まで全く触れなかった彼女のアナルです。アナルは小陰唇最下部から約1.5cmのところにあります。アナルは穴を中心に皺がその周りに約1cmあります。そして色は小陰唇内部の桜色よりも少し濃いピンク色をしています。そしてアナルの右側約1cmの所に小さいホクロがありました。

彼女のオマンコをすべて観察し終え、彼らにも十分にオマンコを見てもらうと、再び東○神駅に戻ってきました。前回と同様、この駅で高校生達に彼女のオマンコを見せ続けました。この日は時間も少し遅くなってしまい、3組にしか見せることは出来ませんでした。それでも写真を撮らせ、彼らには十分に興奮を与えてきました。しかし、触らせることはしませんでした。彼女はオマンコ開閉により、十分に濡れてはいましたが、最後まで持っていくことはしません。ひたすら見せ続けました。

ライトブルーのブラウス、ブルーのリボン、チェック柄のミニスカート、黒のハイソ、ダークブラウンの鞄、そしてローファー。彼女の学校がはっきりと分かってしまう制服姿で、彼女はピンク色のキレイなオマンコを見せ続けました。誰もが彼女と話をすると、その学校名が取りあげられました。『その制服、立○ですか?』『可愛いね!立○でしょ?』『こんなことして大丈夫なの?立○ってこの近くでしょ?』そんな会話がよく飛び交っていました。

そしてその日は東○神駅でそのまま最後の締めを行いました。彼ら2人は中○のマックからずっと一緒で今日も彼女のオマンコを最後に触ってもらうことにしました。しかしもちろんじらします。『今日はどうする?・・・・いつもみたいにしてもらう?』僕はオマンコを開いている彼女に聞きました。ここまで来ると、彼女は気持ちも高揚して頬が赤くなっています。その表情が最高に可愛いです。

『・・・・・なんでいつも言わせるの?・・・・恥ずかしいよぉ・・・・』やはり言えないようでした。『ここまで来たら恥ずかしいとかないでしょ?(笑)・・・・ほらどうするの?もう帰る?』前回と同じようなやりとりでした。『・・・・・いやっ・・・・・・』彼女はボソッと言いました。『どうして欲しい?ちゃんと言ってごらん!』『・・・・・・あの・・・・ォ・・・・オマンコ触って・・・・・』彼女は小さい声ですが確かに言いました。

彼らには前回と同じように順番に彼女のオマンコを触ってもらいました。彼女はここまで散々恥ずかしい思いをしてきたので、感度もかなり良くなっていました。クリトリスを刺激されると、体をウネウネと動かしました。クチュッ!・・・クチュッ!・・・クチュッ!『・・・・・んっ!・・・・・ふぅっ・・・・・んっ!・・・・』彼女は小さく声を漏らし始めていました。『マンコ気持ちいい?』彼らも興奮しながら彼女に聞いていました。『・・・・わ・・・・わかんない・・・・・・』彼女はしゃべるのもやっとのようでした。

クチュッ!・・クチュッ!・・クチュッ!『・・・・・・ふぅ・・・・んっ!・・・・・・ぁあっ!・・・・』彼女の目つきがだんだんとトロトロしてきたのを見ると、そろそろなのだと分かりました。クチュッ!!クチュッ!!クチュッ!!『・・・・・い・・・やぁ・・・・んんっ!・・・・ふぁ・・・・はぁ・・・・ん!・・・・・』僕はそのタイミングで彼を止めました。クチュッ!!・・・・クチュッ!・・・・・クチュ・・・・彼は彼女の膣に根元まで入っている人差し指を動かすのを止めました。もちろんこれは彼らにこっそりと事前に話をしておきました。

『・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・え?・・・・』彼女は小さく呼吸を整えながら、トロトロとした目で僕らを見てきました。『どうしたの?(笑)』僕は彼女に言いました。『・・・・・なんで?・・・・・』彼女は彼が急に指を止めたことに対して驚いていました。ヌチュッ!・・・・ニチチ・・・・チュポッ!彼は彼女の膣に根元までは言った人差し指を抜き取りました。もちろん彼女の愛液による糸が張っていました。

『最後までイキたかった?(笑)』僕は彼女に聞きました。彼らもやらしい目つきで彼女を見ていました。『・・・・そんなことない・・・・・』彼女は無理をしているのが一目瞭然でした。『イキたかったら自分でオナニーしてごらん!』僕は彼女に言いました。『・・・・そ・・・・そんなこと・・・・できるわけないでしょ!・・・・・』彼女は少し感情的に言ってきました。『家でオナニーしないの?ホームでオマンコ見られてるところ想像して、いつも家でクチュクチュしてるんでしょ?(笑)』僕はわざとエッチな言い方をしました。

『・・・・・バカッ・・・・・・ヘンタイ・・・・・そんなことないもん・・・・』彼女はイク寸前で立ちきられた、放ちようのない溜まった気持ちに少しイライラしているようでした。『じゃあ家で帰ってからするの?ここでしたほうがオマンコ気持ちいいと思うよ!ほら!』僕は彼女を煽りました。『・・・・・うう・・・・・』彼女は言葉が出ないようでした。『家でしてるようにオナニーやってごらん!ちゃんと見てあげるから!』僕は真面目な顔で彼女に言いました。

彼女は少し間を置くと、自分の右手を股間に持っていきました。そして中指をクリトリスにあてがうと、ゆっくりグリグリといじくり始めました。ついに彼女自身のオナニーを目のあたりにしました。彼ら2人も当然女の子のオナニーを見るのは初めてなので、興奮して目を見開いていました。僕らは彼女の正面にしゃがみその姿をじっくりと見つめました。彼女はあまりの恥ずかしさからうつむいていました。

ニチ・・・・ニチ・・・・ニチ・・・・わずかに音が出ているのが分かりました。『クリトリス気持ちいい?自分のペースでやっていいよ!』僕はやさしく彼女に言いました。彼女はしばらく無言でクリトリスをいじくり続けました。『左手は何もしなくても良いの?オマンコ開いてキレイな中身見られながらオナニーしてみたら?』僕が言うと彼女は無言で左手を股間に持っていき、さっき高校生に見られた時のように人差し指と親指でオマンコを開きました。ニチッ!彼女の濡れたオマンコが裂ける音がしました。

ニチ・・・・ニチ・・・・ニチ・・・・彼女は小陰唇内部を撫で始めました。指使いを見ていると本当に不慣れな感じで、あまりオナニーの経験もないようでした。手つきが恐る恐るといった感じです。それでも彼女の細くて小さいキレイな指がピンク色のオマンコを撫でまわる姿は何とも言えない興奮を覚えました。小陰唇内部を撫でまわしていた彼女ですが、しばらくするとまたクリトリスを撫で始めました。やはりそこが一番気持ちいいようです。

『・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・』うつむいている彼女が小さく息を切らし始めました。『膣に指入れてごらん』彼女は言われた通り、中指をクリトリスから下に下げていくと、完全には見えていない膣口のあたりに指をあてがいました。ニチ・・・・・ヌチュ・・・・・チュプッ!・・・・・彼女の中指の先に少し力が入ると、膣口が彼女の中指を飲みこみました。しかし彼女は指を半分ぐらいまでしか入れていません。今まで何本もの男子高校生の指を入れられてるので、彼女の細くて小さい指なら簡単に入るはずでした。

『いい?全部入れるよ?』彼女は無言で小さくうなずきました。僕は彼女の中指をググっと押してあげました。ヌチュ・・・ニチャッ!彼女の中指が根元まで自分の膣内に入り込みました。『少し慣れたら中で指動かしてごらん』彼女は言われた通りに少しずつ指を動かしました。クチュ・・・・クチュ・・・・クチュ・・・・十分に濡れている彼女のオマンコは粘り気のあるなんともいえない音を出しました。指が細いので、僕らの指が奏でる音よりも優しい音でした。

そして指を動かしたまま、同時に彼女には親指でクリトリスを刺激させました。すると彼女の反応が急変しました。クチュ・・・・クチュ・・・・・クチュ『・・・・・ふぁぁ・・・・・んっ!・・・・はぁ・・・・んっ!・・・・』音は激しくありませんが、自分で気持ちの良いポイントを見つけたようです。『・・・・・はぁ・・・・・んっ!・・・・・ぁあっ!・・・・んっ!・・・・・』彼女もそろそろ限界のようでした。ここまで頑張ってくれたので気持ちよくイカせてあげることにしました。

『オマンコ気持ちいい?もうイッちゃう?』クチュ・・・・クチュ・・・・クチュ・・・・『・・・・・ふぁ・・・・ぁあっ!・・・・・はぁぁ・・・・・う・・うん!・・・・・ふぁ・・・・・・はぁぁ・・・・んっ!・・・・はぁん・・・・・・はぁん!・・・・はぁぁぁ・・・・・』クチュ・・・・クチュ・・・・・・・ビュッ!・・・ピュッ!彼女のオマンコから2回潮が噴き出しました。前回のよりも出る量が多く、彼女のオマンコから15cmぐらいの所へ飛び散り、小さく濡れていました。

『・・・はぁ・・・はぁ・・・・はぁ・・・・・はぁ・・・・・・・はぁ・・・・・・』彼女は顔を赤くして汗をかき、息を整えていました。僕ら3人は彼女のその姿を見て、あまりにも可愛すぎて、興奮しつくしました。『あの・・・オマンコ開ける?』僕は息切れをしている彼女に聞きました。『・・・はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・うん・・・・・・』彼女は膣に入った中指を引き抜くと、両手の人差し指と中指をオマンコにあてがうと、思い切り開いてくれました。

ニチ・・・・・ヌチュヌチュッ!・・・・・ニチチ・・・・彼女のオマンコが再び思い切り開かれました。絶頂を迎えた彼女のオマンコは小陰唇が少し大きくなっていました。色も充血しているのか、桜色よりも濃いピンク色に変わっていました。彼女のオマンコはまさにビチョビチョの状態でした。しばらくそのまま開いてもらい、絶頂を迎えたオマンコを露出しました。

その日もその後で彼らと別れて、僕は彼女と夕食を食べに立○に戻りました。やはり立○に戻るまで、疲れた彼女は口数も少なく、ぐったりしていました。彼女のその姿を見るといつもやりすぎたと少し後悔をしてしまいます。しかし、露出をしている最中はそんな意識など脳裏に浮かんでもきません。それぐらいに彼女の露出は魅力があり、興奮します。

『もうこれで3回目だね!イクの慣れてきた?(笑)』『・・・・慣れるわけないでしょ(笑)・・・・あんな姿見られて・・・・ホント恥ずかしい・・・・』夕食を食べながら彼女と話をしました。『でもさぁ・・・・オマンコ気持ちよかったんでしょ?(笑)』『・・・・・知らない!・・・・・バカッ!(笑)』彼女はいつものように僕に言いました。

彼女とはファミレスのカウンター席に座ったのですが、周りにあまり人がいなかったので、座った状態でさり気なく彼女のスカートの中に腕を入れて、またオマンコを触ってしまいました。『・・・!・・・ちょ・・・ちょっとぉ(笑)・・・・ダ・・・・ダメだって・・・・』彼女はすぐに気持ち良くなり、オマンコを濡らしました。彼女は露出した後はずっとノーパンでいます。

『ほら!すぐにオマンコ気持ち良くなる(笑)』僕は中指を彼女の膣に入れ、親指でクリトリスを刺激しました。『・・・んっ!・・・・ダ・・・・・ダメダメ・・・・・今日はもうやめよ・・・・』彼女は体力が無くなっているらしく、気持ち良かったのでしょうが、それ以上は気乗りしないようでした。確かにファミレスでイカせるのはいろんな意味で危険かもしれません。

彼女はその刺激でまたオマンコを濡らしてしまったので、トイレに行きました。僕は自分の指に再び付いた彼女の愛液を眺めていました。透明のネバネバとした液体が、あんなに可愛い女子高生の体内から出てくるとは本当に興奮してしまいます。僕は彼女の席の前に置いてある、彼女の飲みかけのアイスティーが目に入りました。僕はそれを手に取ると、彼女の愛液が付いた指をその中に入れ、ゆっくりとアイスティーの中に溶かしました。

やはり夏休みまで待つのは無理なのかもしれません。今日、既に彼女の露出姿を想像してしまい寝つきが悪くなっています(笑)



出典:JKの露出9
リンク:http://moemoe.mydns.jp/view.php/26080
  投票  (・∀・):90  (・A・):34  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26143/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用