ずっと昔に務めていた会社の話 (その他) 90464回

2011/07/05 08:06┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ずっと昔に務めていた会社の話 
  
 二十歳の頃に初めて会社に正社員として就職した 
 その会社は当時、一般家庭に訪問販売をして廻る会社で、今で言うブラック企業ってやつだった 
 俺が入った頃、ほぼ同期で入社した奴らが他に10人程いたけども、1年後には俺と後何人か 
 残っている程度だった 
 しかも、その1年の間には他にも新入社員が何人も入ってきたけど殆どが辞めて行った 
 上司には常にパワハラどころか毎日のように殴られていたし、毎晩9~10時まで残業だったけど 
 当たり前のように残業手当なんて付かないしで今思えば恐ろしくひどい会社だった 
 後、社員同士の足の引っ張り合いもひどく、お互い自分の成績の事しか考えてなく 
 会社として営業力をあげようという意識は皆無だったので新人達には売り方も教えてくれず 
 みんないじめられるか調子よく上司のゴマをするかで成績を上げる為の努力をする暇さえなかった 
 けど、それまでホストクラブや飲食店のバイトしかしたことがなく 
 オフィス街に有る会社に務めるなんてしたことことの無かった俺はそんなのが普通なんだと思ってた 
 だから、仕事を辞めるなんて考えたことも無かったし辞めるとなったら田舎に残してきた母親に 
 また心配をかけると思うと、とてもじゃないが辞めるという選択肢は選べなかった 
 でもそんな状態の俺でも、毎朝会社に行きたくなくなる悩みの種が有った 
 それは、上司Aとその部下である先輩Bである 
 この2人は元々Aが部下でBが上司だったのがAの営業成績が恐ろしく良かったために 
 俺が入社するちょっと前に立場が逆転していたという関係だった 
 その関係からBは元部下に敬語で話さないといけないというストレスのはけ口として俺をイジメて 
 Aは、その営業成績からも解るように強引な性格で俺を徹底的に奴隷のように扱い 
 朝晩の送り迎えまでさせられる始末だった(Aは免許を持ってないが社用車を与えられていた) 
 入社1年を過ぎ同期も殆ど居なくなってノイローゼ気味の俺はもう仕事を辞めて田舎に帰ろうかと思った 
 しかし、男としてどうしてもこのまま負け犬になるのは許せなかった俺は考えた 
 俺も恐ろしいほど営業成績を上げればこいつらの上司になれる! 
 (実際セールス会社の出世システムは面白いぐらいに単純とにかく売上至上主義) 
 とにかく、こいつらに勝ってから会社を辞めよう!そう思った俺は休日には一回参加で約3万円の 
 セールスマンセミナーに自腹で参加したり、仕事中は成績のいい後輩に頭を下げて仕事について 
 行かせてもらったりして、グングン実力をつけて行った 
 面白い程に成績は上がりその頃には会社相手のTELアポ販売まで始めていたが 
 どっちの販売方法でも社内トップだった 
 取り扱っている商品は日本中で約500店舗1万人程が扱っている商品だったが 
 最終的には日本でベスト5に入る成績を収めて社内では営業部のトップにまで登り詰めたった! 
 そうなると、AB含む先輩達全員が部下となり、皆俺に敬語を使いへり下った態度を取るように 
 なった、元々の決まりで上司の机に毎朝挨拶しに行く習わしが有った為、毎朝俺の机の前まで 
 一人一人挨拶に来る元上司達w 
 ある日、そいつらも含めた会議の日俺はずーっと前から思っていた事を遂に提案してやった 
  
  
 「上司も部下も、先輩も後輩もお互いに敬語を使い、お互いを尊重出来る会社にしませんか?」 
 会社が一つになった瞬間だった 

出典:あ
リンク:あ
  投票  (・∀・):312  (・A・):89  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26211/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用