クズ同士幸せにな (修羅場の話) 85796回

2011/07/19 15:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
86 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 22:57:09.73 ID:J1bfF5YEO
修羅場から帰宅なう。今から投下します初なので至る点多々ありますがお付き合い下さい。 

私子 21歳 売れてないが作家や漫画家などそっち系(※一応一人暮らしが可能な位の収入) 
彼男 20歳 大学生 私子の彼氏 
間女 20歳 大学生 可愛い(´・ω・`) 
間彼 19歳 大学生 間女の彼氏 

半年程前、仕事が微々たる物ですが増え始めた為家に籠もりっぱなしの生活をし、中々彼氏に会う事が出来ずにいました。 
彼も「私子の夢だし、応援する」と言ってくれて居たし、逢うのは無理でもと毎日一時間だけSkypeで話したりもして居ました。 

そんな事が2ヶ月程続いたのですが、時々毎朝おはようのメールと共に来ていた「今日×時に話せる?」と言う内容が無くなり始めました。最初は忙しいんだろうなとか大学生だしなとか考えて居たのです。が、 

あれ?水曜日…ばっかじゃない?ふと彼のメールの無い日に気法則が有るのに気付きました。おかしいなぁと思いながらも仕事が忙しく彼に構う暇も無かった為保留にして置きました。 
自分でも怖いくらいに冷静で免許とったばかりで、怖い怖い言ってたにも関わらず片手に免許証を持ち車に乗り込み彼の家に乗り込んだ。 




87 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 22:58:48.98 ID:J1bfF5YEO
>>86ミスったorz改行長いって言うから削ったら、最後の「自分でも怖いくらいに冷静で免許とったばかりで、怖い怖い言ってたにも関わらず片手に免許証を持ち車に乗り込み彼の家に乗り込んだ。」が 
消せてなかったスルーして下さいorz 



89 :一応 ◆Gcy1cE8VedfN :2011/07/17(日) 23:06:51.34 ID:J1bfF5YEO
そしてやっと仕事に慣れ自分の時間が作れるーと安心して彼を誘おうと携帯に電話したら何故か 女 が 出 た ! 

女「もしもーし、彼男の携帯です」 
私子「!」 
思わず言葉に詰まってしまう私。 
女「今呼んできますね?彼男くーんアキラ(仮)君から電話だよ♪早く電話終わらせてご飯食べようね」 
私子「(……君?)」 
彼男「は?アキラ…えアキラ?ちょ直ぐ切れ」 
女「えっ…!」 
ごたごた…つーつー。 

えぇえええ。どうやら予想するに私の名前は男女行けるような名前だったので男友達と勘違いして一緒に居た女と居たらしかった。 

その時は何故だが、怖いくらいに冷静で免許とったばかりで、怖い怖い言ってたにも関わらず片手に免許証を持ち車に乗り込み彼の家に乗り込んだ。 

彼の家に付くとナイスタイミングで、間女ちゃんを彼が送って行く所だった。私は笑顔で手を振ってやった、彼が青い顔をしてその顔をみた間女は可愛い顔を俯かせた。 

私子「あれー、妹さんに渡したい物があったから返そうと思って来たんだけど…、さっきの妹さんじゃないの?」 
彼男「や、その…この子妹の友達で…妹は部屋に居るんだ、渡すもの有るなら俺が渡すから……あっこの子送って貰えない?」 
勿論私のは嘘だけど、疑ってませんよオーラで間女さんを見つめていたら、若干声を震わせながら彼男が間に入ってきた。 
彼男からの、有り得ない提案に苛っとしたが何より一番驚いて居たのは間女だった。 
「何言ってんだコイツ」みたいな顔をしていた 



92 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 23:17:10.03 ID:J1bfF5YEO
私子「あ、勿論構わないよ。でもね妹さんに直線渡したいの…頼まれ物だし彼男には本当は秘密だったから」 
彼男「そう、なんだ。じゃあ今日は彼女送って貰って…」 
間女「すみません」 
私子「え?いや会ってくよ?5分も有れば大丈夫だし、ちょっと待っててね?」 

帰らそうとするのが解り苛々したが合鍵ポケットから取出し、二人に見せつけてはダッシュ。 
二人が降りてきて一階に有るエレベーターを上に行かせ階段を走る、二人の足音が聞こえたましたが 
火事場のクソ力ってあるんですね、万年運動不足の私でしたが息切れせず三階まで駆け上れました。 

そして合鍵で部屋に入っては、勿論居るはずの無い妹さんを探すわけでも無くキッチンを見つめ明らかに二人分の、洗われていない食器とベッドを一瞥した。 

ついでにゴミ箱に入ったコンドーさんを見付けて吐きそうになったorz 
多分そんなに時間は立ってないけど、二人が部屋に入ってきた。もうこいつら許さないって気分になっていた私は笑顔だった。 
と言うか阿呆だな、と思うとニヤニヤしてしまった。はい阿呆は私です 



94 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 23:29:10.67 ID:J1bfF5YEO
多少私が忙しかった引け目もあったものの、浮気相手の女より先ずは彼を何とかしなきゃと笑顔で、問い掛ける事にした。 

私子「妹さんは?嘘付いたのかな…?」 
彼男「いや…あのだから…そうだ、えっと野菜ジュースコンビニに買いに行った(※妹さんは野菜ジュースが好き)」 
私子無言で冷蔵庫開く未開封の野菜ジュース三本発見。 
私子「…これは?って言うか妹さんがコンビニ行ったなら彼女を貴方達兄弟で送ったら良かったじゃない。それより何?貴方は妹さんが夜一人で歩いてても心配じゃないの?」 
彼男俯き、苛々してる。間女もおどおどしてしまい私だけニヤニヤ。正直若干興奮してた(´・ω・`) 
彼男耐えきれないのか舌打ちし、部屋を出て行こうとする。コイツ餓鬼だなぁと思いながら、自慢の美脚(笑)伸ばして転ばしたった。 

私子「はいお座り。貴方も、座って欲しい」 

心配そうに彼男に近づく間女を静止しては嫌だったがベッド腰掛け床をバンバンと叩いてみせた。肩をびくつかせる姿がちょっと可愛かった 



99 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 23:38:34.59 ID:J1bfF5YEO
酉はまた12時過ぎちゃったら付けますorz 
彼男睨んできたが股の間に脚突っ込んで思いっ切り踏んだらおとなしく間女の隣に正座した。 

私子「彼男に貴方は名前何?」 
間女「……間女です」 
私子「そう。ねぇ一応私も馬鹿じゃないし…気付く訳だ。後下手な言い訳作る前にこういう細かい処理何とかしたら?気持ち悪い」 
目の前にゴミ箱どーん。 
間女「ごめ…なさ。あの私別に彼男君が好きな訳じゃないです…ただえっちしてただけで、いわゆるセフレですから」 
私子「嗚呼。浮気は認めるんですね」 
彼男「ちがっ!そいつ可笑しいんだよいきなり俺の家乗り込んで来t」 
私子「ほう。君はあれか突然乗り込んできた発情期の雌が来たらにゃんにゃん出来ちゃう訳か、ずいぶん動物的だね」 



104 :恋人は名無しさん:2011/07/17(日) 23:49:18.75 ID:J1bfF5YEO
ニヤニヤが止まらない。屈辱的に彼男に睨まれるのも涙目になってる間女も可愛いくて本気で目覚めそうだった(´・ω・`) 

私子「まぁ、良いけど。ねぇ間女さん貴方可愛いけど彼氏とか居るの?ほら一応今は仮にも私の彼氏の彼男が貴方と関係を持った訳だから謝罪しないと」 
間女「…!言いたくないです」 
彼男「それ…言ったら俺と別れないって約束してくれないか?」 

間女に顔近付けて聞いてみたが今まで散々吐いていた間女が黙る。まぁこの時点で彼氏居るの反応で何となく解ってたんだけどね。 

私子「名前も教えてくれたら考えてあげる。あくまで考えるだけだから」 
彼男「間彼です」 
間女「ちょ…彼男ふざけんなっ!意味解らん…!浮気された女なんか大人しくしてたらやり過ごせんだよっ!」 

此奴等なんなの、怖い。間女の豹変ぶりにも彼氏の敬語にも何だかカオスだなぁと思いながら言い合いしている彼女の鞄を拝借し携帯取ってみた。 
怒ってる時って周りに目行かないんだね!簡単に携帯ゲットだぜ!彼男から聞いた名前を探して電話掛ける画面にしたまま 
醜い争いなうな二人に声をかける。気分は私を無視するなぁ! 



110 : ◆Gcy1cE8VedfN :2011/07/18(月) 00:01:49.12 ID:J1bfF5YEO
私子「間女ちゃん、間女ちゃんこっち向いて?」すかさず通話ボタン押す 
間女「うるさ…てめ…っ!ふざけんなっ…」 
私の手元にある携帯を取り返そうと追ってくる。さてどうしたものか携帯を耳に押付け鍵付きの風呂場に入る。 

外で煩い中間彼に繋がった為今までの経緯を説明。何と彼男の友人らしく家も解ると言うので来て貰う事に。 
出るか否か悩んだけどちょっと間女が可哀想になったから、出る事に。 

私子「ごめんねーやっぱり間女ちゃんの彼氏まで巻き込んじゃ駄目だよね?繋がらなかったよ?だから…もうちょい話し合いしよっか」 
携帯を間女に返して再度話し合いを始める事に此処からはテンプレに「寂しくさせたお前が悪い」的なことを言われ 
天使な私は「そうだよね…ごめんね」と笑顔で対応。間女も勝ち誇った笑みで「これからは彼男君にもっと構ってあげて」何てのたまう。 

其処へ部屋のチャイムがなる。一瞬にして二人の間に緊張が走るのを感じた。其処ですかさず「って言うのは嘘なんだけど」と言い残し外に出て扉を二人で背にして説明。巻き込んだ事を謝り色々話を聞いたら 
何と間彼と間女は身内だけだが卒業後結婚の話があがり…また間彼はお医者さんのたまごでした。いわゆる勝ち組だね★ 



117 :恋人は名無しさん:2011/07/18(月) 00:15:37.22 ID:WXapWROSO
>>108最初の方見てくれたら付いてるから大丈夫。 
>>109すぐ規制に巻き込まれるからご了承下さいorz 

で間彼の意志を聞くと、徹底的にやりましょうと以外な反応を見せてくれたので…いい加減自重すべきだなぁと彼に任せる事に。 
部屋に入ると間女は泣き崩れ先程迄怒鳴っていた彼女は何処に行ったのかと呆れながら、 見ていた。その頃には彼男は諦めたのか興味無さ気に私達を見ていた。 

間彼「御免な?守ってやれなくて」 
間女「うう…間彼ぇ」 
間彼「でも…ごめんセフレ何だろ?彼男、私子さんに聞いた…俺はその抱くって事は付き合ってる人としか出来ないと思ってる…だからきっとなお前は彼男が好きなんだよ幸せにな」 
間女「へ…えや…」 
間彼「それに俺は医者になるからさ…お前を待たす訳だよな…やっぱり無理だお前の事好きだけど、甘えたなお前は我慢出来ないよ」 

間彼、間女を抱き締めては内容は同じだが凄く長くて難しい言葉で淡々と間女に告げては離れ嫌々言っている間女の手を掴み彼男に近付くと握手させて言い放った 

「 ク ズ 同 士 幸 せ に な 」 

余りに爽やかに言うものだから遂に吹き出してしまってひとしきり笑うと私も間彼の傍に行った。 

次で多分ラスト! 



127 :恋人は名無しさん:2011/07/18(月) 00:26:54.38 ID:WXapWROSO
あっちなみに間彼は祖父も父医者で、後継ぎみたいです。間彼から直接聞きました。 

私子「まぁ、ちょっとふざけ過ぎたけど、彼男とやり直すのは無理。だってほら…私だって彼男と会えなくて寂しかったけど。彼男が大学で自分の夢に向かって頑張ってると思ってたし 
だから頑張れたけど知らない女とセックスしてその上そんな女を妹の友人にして彼女に送ってけなんて 
あり得ないし常識的に無理。間彼じゃないけどクズ同士毎日動物みたいにヤってたら良いと思います。お幸せに」 

何か彼が言ってたけど頭下げて全部言った。間彼も間女に何か言ってたけど「お前を幸せにするつもりだったけど無理」みたいな内容。間女は「ゴムしたし」みたいな訳解らない主張をしてた。 

私はなんかもう一気に力抜けて…彼のアパートの下からこれを今投稿してます。何だかなーって感じです。 
間彼は電車らしいのでとりあえず送って行くつもりです。つまりはまだ話し合い中なんでしょうね。 

とりあえず私と彼の修羅場は終わりました。疲れたけどすっきり…拙い文章ですみませんでした 



136 :恋人は名無しさん:2011/07/18(月) 00:32:31.58 ID:WXapWROSO
紫煙ありがとう。 

医者君とのはないと思う。当分恋愛は良いです。面倒くさい。だから仕事に集中します 

>>130 
その通り。本当の職業は一切書いていないし本当の職業が出ても否定するよ。 
エロマンガかぁネタになるかね 


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):172  (・A・):50  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26365/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用