たーちゃん (ジャンル未設定) 49293回

2011/07/20 10:19┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
会社に「ゴリ」と呼ばれている先輩がいる。

顔も体格もゴリラそのもの。いかつい顔にゴリマッチョな体は、初対面だと99%の人がびびるくらい。その上、仕事中は真面目で寡黙なので、新入社員の頃は死ぬほど恐ろしい存在だった。

ある日、ゴリ先輩が自分の携帯をスピーカーフォンにして取引相手と話していた。会話が丸聞こえだったので、皆の視線がゴリ先輩に集中していた。会話が終わると、ゴリ先輩は「スマンスマン。受話スピーカーが壊れてしまったんで、スピーカーフォンにしないと相手の声が聞こえないんだ。今日中に携帯ショップ行ってくるから」と誰に言うわけでもなく言い訳していた。

その日の昼休み、ゴリ先輩の携帯に電話がかかってきた。どうやら相手は奥さんのようだった。プライベートが謎に包まれたゴリ先輩の会話に、皆興味津々だった。ご飯を食べたりしながらも、皆の神経がゴリ夫妻の会話に集中しているのを感じた。

奥さんの声は非常に可愛い感じだった。ゴリ先輩の奥さんは美人だという都市伝説的噂話はあったものの、その信憑性を感じさせる程の素敵な声だった。ますます皆の集中力がUPする空気を感じた。

ゴリ先輩は、そのような周囲の空気に影響されることなく、淡々とそっけない会話を続けていた。会話内容は特に大したものではなく、そろそろ会話が終わりそうだったので、周囲は「つまんねー」という雰囲気になりかかった瞬間、奥さんから驚きの一言が・・・

「ねぇ、たーちゃん♪今日は早く帰ってきてね♪」

それを聞いたほぼ全員が、ぶふぉ(;゚;ж;゚; )となった

あのゴリラが、奥さんに「たーちゃん」と呼ばれているなんて、想像するだけでも死にそうだった。しかし、本当に死にそうになったのは次の奥さんのセリフだった。

「今日もいっぱい子作りしようね。今日もたくさん中に頂戴ね♪」

その瞬間、オフィスは衝撃と殺意と嫉妬とエロスと煩悩の渦に包まれた。ゴリ先輩は慌てて電話を切り、きまずい静寂が訪れた・・・。その空気を破ったのは部長だった。

「おい、たーちゃん。確か奥さんの写真があったよな・・・。ちょっと見せてくれないか、いや、見せなさい!」

部長の声をきっかけに、他の先輩社員もゴリ先輩のデスクに行って無理やり写真を没収。まあ、部長も笑っていたので和やかな、正確には生暖かい空気だった。

しかし、写真を見た社員は一人残らず驚きの声をあげ、顔がひきつらせていた。見せられた俺も思わず叫んでしまった。写っていたのは、まぶしいくらいの美女、というよりも美少女だった。

「お前、誘拐したらダメだろう!」と妬み半分の社員の猛追及により、相手は近所の5歳下の幼馴染で、昔から「お兄ちゃん」→「たーちゃん」と呼ばれていたことが判明した。

色々と羨まし過ぎて死にそうになった。

出典:オリ物
リンク:おりもの
  投票  (・∀・):1624  (・A・):208  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26375/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用