好奇心の果てに (複数での体験談) 45998回

2011/08/03 01:17┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
一年前の話である。 
当時発展場に行ったことのない俺は、ちょっと覗くつもりで足を踏み入れた。 
シャワー浴びて内部探検していると、一人の短髪くんから声をかけられOKするとミックスルームへ連行された。 
セーフだよね?と聞くのでうなづきゴムを付けたのを確認した。 
ケツをオイルでぐちょぐちょにされ挿入! 
ピストン運動が始まったが、短時間で引き抜かれ「ちょっと待ってて」と耳打ちされた。 
あれ?なんだ?この感覚は?わけのわからない事が頭の中をグルグル回り、 
自分の意識を失わないように必死になっていた。 
気がつくと20代後半位の兄ちゃんから掘られまくり声をあげていた。 
ラッシュを嗅がされさらにぶっ飛び、四つん這いになるように命令され、今迄感じたことのない絶頂が続いた。 
俺の雄鳴き声でギャラリーが集まりいつの間にかデカマラをしゃぶらされ、違う奴から掘られていた。 
生掘り中出し、口内発射。俺は性処理道具に堕ちていた。何人に種付けされたのだろう? 
ケツの穴から溢れ出すものを手ですくい、それを自分の口に運び舐めていた。 
あれから一年。博多の街を淫乱男が行く。

出典:うほ
リンク:おす
  投票  (・∀・):21  (・A・):41  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26546/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用