怖い話 (恐怖の体験談) 50091回

2011/08/04 08:17┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:26:42.66 ID:xywontej0

携帯電話

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。

その日は給料日前日で全然金なくて始発出るまで公園で寝てたんだけど、寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。

そしたら少しして隣の個室に人が来たんだけど何か電話しながら入って来たみたいで話が聴こえて。

外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから相手側の声も微妙に聴こえたんだ。

「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」

『・・なった・・い つか・・』

「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。え?おう。あははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」

『たしか・・かけ・・し・・』

「そうだっけ?おう・・あー、そうかもしんね わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、隣から。かさっ、しゅっしゅっ。と言う音と同時に、はっきり相手側の声が聴き取れた。

『ったでんわばんごうは げんざい つかわれておりません  ばんごうをおたしかめのうえ おかけなおしください  おかけになったでんわば』

「もしもし?わり。タバコ。で、何だって?ああ、そりゃおま」

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。

ただ物凄く気味が悪くて怖かった。思い出すとまだ夜が怖い。








1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:22:04.27 ID:xywontej0

ぼっち

教授「じゃあちょっと二人か三人でこのことについて話し合って」

ガヤガヤ

ぼっち「・・・」←最前列の右端に一人で座ってる
教授「・・・君!一番前の君は話しあったのか?」←マイク入ったまま大声で
ぼっち「いえ・・」
教授「君毎回一人だけど授業困らない?」
ぼっち「特には・・・」
教授「え?今話し合ってないけど大丈夫なの?」
ぼっち「いや、あの・・・」
教授「指示したことができなくても問題ないってこと?」
ぼっち「そ、そうではなくて、一人で考えて・・・」
教授「一人じゃ話し合えないでしょ!?2・3人でやれっていっただろ?」
   これ試験だったらどうするの君?落ちちゃうよ?
ぼっち「それならしょうがないです・・・」
教授「ふーん、名前なんて言うの?あと学籍番号」
ぼっち「いや、名前とかは・・」
教授「いやじゃなくて、これ中間の課題にするから。成績つける関係で名前分からないと困るの」
ぼっち「もういいっす」(ダッ)
←ノートと筆記用具ときもいリュックを小脇に抱えてものすごい速さで退出w
教授「何、どうしたの」
教授「何しに来てたんでしょうね彼は」

(ドッ)教室中大爆笑w








5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:23:41.02 ID:xywontej0

ホームレスの男

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。
毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。
男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。
目の前をおばさんが通る。すると男は
「豚」
と呟いた。
私は思った。なんだただの悪口か、動物に例えているだけか…。
次に普通のビジネスマンが通る。すると男は
「人」
あぁ、まさに普遍的人間って感じの人だな…。
別の日、暇潰しにまた盗み聞きしてみる。
男の目の前をやつれた男が通る。すると男は
「牛」
と呟いた。
牛?どちらかと言うと痩せた鳥だが…?
次に典型的な肥満の男が通る、すると男は
「野菜」
と呟いた。
野菜?豚の間違いだろ?
私は家に帰り考えた。
もしや、次に生まれ変わる生き物、すなわち転生を言い当てるのか!?
その後、何度もホームレスを観察しているうちに疑問も確信に変わった。
ある日思い切ってホームレスに疑問をぶつけ、能力を身につける方法を教えてくれと懇願した。
ホームレスは淀んだ目で私を見つめた後、私の頭に手をかざした。
次の日からホームレスはいなくなった。仙人だったのだろうか?はたまた神か?
私は能力を身につけた。
それは期待するものとは違っていた。
ただ単に、その人が直前に食べたものだった
私はあまりのくだらなさに笑ってしまった。







9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:25:30.76 ID:xywontej0

親子

横浜での話だったと思う
中学生くらいの男の子と母親が信号待ちをしていた
見るからに大切に育てている息子
でもマザコンチックであったり、教育ママ的でもなく、
微笑ましい関係が見ただけで判る、そういう親子

信号待ちをしていた親子に車が突っ込んだ
車は息子だけを轢き、母親は呆然と立ちすくんでいた

周囲の人々が、車の下敷きになった息子を助け出し、救急車を呼び、
辺りは人々が取り囲み騒然とした

息子の腕はちぎれ、足は関節がいくつも出来たように折れ曲がっている
その顔は苦痛に歪んでいる
助かるかどうかは判らないが、とりあえず今は生きている

すると母親が突然叫んだ
「殺しましょ、ね、殺しましょ。このまま生きていても苦しいだけだし、
腕もどっかいっちゃったし、足も変だし、殺しちゃいましょうよ、ね、ね、ね!!」

周囲の人々に訴えかける。
救助活動をしていた市民が母親に「お前それでも母親か!」と言っても
「殺しましょ。もう一回車で轢いてよ!」

その後は救急車が来て、どうなったかの顛末は判らない










14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:28:32.84 ID:xywontej0

罰ゲーム

好きな子から告白された
すごく泣いてて勇気出して告白してくれたのかと喜んで
OKの返事した瞬間、後ろからその子の友達が集まってきた
どうやら罰ゲームで一番嫌いな奴に告白する事になってたらしい

「こめん、やりすぎだったね」
「もう泣かないでいいから」

など慰められていて俺に対して空気嫁と言わんばかりに睨んできた
一瞬でも喜んでた俺が馬鹿だったのかと思いつつ駅に向かった

するとさっき告白してきた女の子が改札前にいた
気づかないように改札を出ようとすると声をかけられた

「さっきはごめんなさい・・・。本当は罰ゲームとか関係なしにあなたのことが好きなの」

OKの返事した瞬間、後ろからその子の友達が集まってきた










15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:29:29.76 ID:xywontej0

擦る音

真夜中、廊下の床板をキュッキュキュッキュ擦る音がする
恐る恐る様子を見に行くと、酔って帰宅した親父が禿散らかしたデコを床に擦りつけながら
「うぉーーー!何処まで行っても壁ばっかりだぁーーー!?」
俺は何も言わず、部屋に戻って寝た
翌朝、光りに照らされた廊下には巨大なナメクジが這ったような跡が残っていた










16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:30:14.60 ID:xywontej0

マンションで会った女

連れのマンション(28階建て)で遊んでて深夜にコンビニへ行くのにエレベーターで下に降りた。
1階へ着くと俺が降りてないのに女が乗り込んできた。
変な奴やな〜と思って舌打ちしてエレベーターを降りようとすると女がガッと俺の腕をつかんだ。
一瞬、何が起こったかわからんかったが女の腕を振りほどいて『なんやねん!!』と怒鳴った。
女は一言『楽しい?』って・・。
マジマジと女を見るとパサパサの長い髪の毛で顔は蒼白。正常な人間ではなかった。
俺は貞子が頭に浮かんで、早足で逃げた。(猛ダッシュするとダサいとなぜか思った。)

自転車でコンビニに行き、恐る恐るマンションへ戻ると女はいなかった。
友人の部屋に戻りゲームをしてるとパトカーと救急車のサイレンの音がマンションの側で止まった。

そうなんです。
さっきの女が飛び降りよったんです。
女を思い出すと今でもゾッとします。
女は最上階から飛び降りたみたいで柵のところにバッグとか置いてあったとの事。
近隣住民の話では飛び降りる直前に大声で奇声を発してたみたい。
女はマンション住民ではなく、なぜかわざわざ隣の区から来たとの事でした。
自分はかなり至近距離で女と対峙したんですが、まさに座敷女(ご存知かな??)
真っ白い顔で薄ら笑いを浮かべた女の表情は数年経った今もトラウマです。
自殺する直前の人間って、すでに半分死んでるんですね。
うわっまた思い出した。。。。








21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:36:06.16 ID:xywontej0

シャンプー

11年ぶりかなんかの中学の同窓会。
ちょっと苛めてられていたことはあったが、卒業してからはよくある「同窓会に呼ばれない」なんて程悲惨な状況ではなかった。
みんなかなり変わってたけど、それなりに楽しむことができていた。
そこに、中学で俺を苛めていたAが登場。黒々と日焼けしていて、聞くと海外で派手にやっているらしい。
で、そいつに貰ったのが黒いシャンプー。「体大事にしろよ」と言って去るA。
なんだ、いい奴じゃん、とか思ってその日から使い始めた。
そのシャンプー、黒くてネバネバしていて、凄く健康に良さそう。髪がふわっとするのがわかる感じ。元々薄毛なタチだったので、すぐに気に入った。

1週間後、シャンプーから触角が出て来た。










22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:00:02.78 ID:HldriPI90


    昔VIPに立ったプログラマーのデスマ体験談スレより抜粋


    13 名前: 神主(埼玉県)[] 投稿日:2007/04/17(火) 22:20:56.27 ID:T7wEvqfZ0

    目の前のキーボードが見当たらないとプログラムを組みながら思った。


    33 名前: 神主(埼玉県)[] 投稿日:2007/04/17(火) 22:32:01.15 ID:T7wEvqfZ0


    目の前のそれがキーボードという名前の物体であるという事がわからなくなる


    112 名前: 講師(樺太)[] 投稿日:2007/04/17(火) 23:30:26.17 ID:cWZ28p00O

    休憩にとトイレに行ったら何故か便器に手を突っ込んでいる仕事仲間、
    何してんの?と聞くとうんこを流してしまった。と言い出した、正直怖い、俺もこんなんになるの?


    160 名前: 通訳(千葉県)[] 投稿日:2007/04/18(水) 01:26:03.86 ID:YwMnTFA40

    まずキーボードが消える
    そしてモニターが空中にずれて浮き出して
    自分が座ってるのか立ってるのか解らなくなって
    何をやってるのか解らなくて夢なのか起きてるのかの判断とかも付かないってか
    なにも気付かなくなって全部条件反射的で
    悪い方向に無の境地だな


    192 名前: ソムリエ(樺太)[] 投稿日:2007/04/18(水) 07:30:38.80 ID:ifVTO953O

    >>159
    すまん寝てたw

    通気孔で仮眠はアレだ、一人になりたいのと暗いところで寝たいのを両立させる最高の手段だと当時の俺は思った訳だ
    だから大きめの通気孔に布団詰めて寝てた

    真夜中マウス握りしめた同僚がマウスが消えて仕事が出来ないと泣きながら通気孔を塞ぐ蓋を外してきた時はキレた









23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:39:22.92 ID:xywontej0

怪我をしたかわいそうな動物に寄付を

大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」というのがあった。

片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、
目を背けたくなるようなものばかり。

だが、回復経過の画像を順を追って掲載していたので寄付もそこそこ集まっていたようだ。

ちゃんと寄付を手術に充てているようで、元気な姿にホッとさせられるホームページだった。

しかし・・・いくら何でも無くなった手足が再生するか?
見るからに死んでなかったか?
それに、そんなに街に負傷した犬猫がホイホイいるものか?
疑問に思い、ふと画像のファイル作成日時を調べてみた。

完治後の姿の画像は、無残な姿で横たわる画像より以前に作成されていた。









24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:40:48.17 ID:xywontej0

引きこもり

俺の職業は精神科医なんだが、この前ゾッとするようなケースに遭遇した。


俺の家の隣に、
60代の夫婦と30歳ぐらいのその息子の三人家族が引越して来た。
息子はいわゆる引きこもりらしく、その姿を見かけることはあまりなかった。
まー、その家族の口からは聞けないが、
そういう世間体とか気にして越して来たんだろう。
その息子は日が経つにつれ、外に出る回数も減り、
いつしか全く部屋から出て来ない
完全な引きこもりになってしまった。
毎晩のように、息子の部屋から母親の怒鳴り声が聞こえる。
玄関先で母親に顔合わせたりすると、
笑顔で挨拶してくれるが、明らかにやつれて来ていた。

隣の息子を見なくなってから、半年くらい経ったある日、隣の父親の方が
「明日家の方に来て欲しい」とお願いしてきた。
個人宅に訪問して診察したことはなかったが、
近所付き合いもあったし、了承した。
そして次の日、その家を訪れると夫婦揃って出迎えてくれた。
「こちらです」と母親に案内され、息子の部屋の前まで来た。
母親が「開けるわよ!」とドアを開けるなり、「いつまで寝てるのよ!」と
大声をあげながらベッドの布団を剥いだ。
その姿を見たとき、俺は驚愕した。
ベッドには、顔のない裸のマネキンが1体横たわっているだけだった。
そして、父親にこう言われた。
「診て欲しいのは、現実を受け止められない私の妻です」と









25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:00:26.65 ID:f/AYZJSJ0

謎のシール

その日の夕方、Aさんがアパートに帰るとおかしなことに気づいた。
注意してみないとわからないくらいの小さいシールが自分の部屋の表札に貼られている。
自分で貼った覚えもない。
もしかしたらセールスマンか近所の子供のいたずらなのかもしれない。
Aさんはシールを剥がすと何の気なしに向かいの部屋の表札に貼った。
数日後、Aさんが帰宅するとアパートの周りが騒がしい。
パトカーも来ている。
Aさんの階。
それも向かいの部屋から警察関係者が出入りしている。
同じ階の親しい人を見つけたので事情を聞いてみると、どうやらAさんの向かいの部屋の主婦が強盗と鉢合わせてしまって包丁で刺されてしまい予断を許さない状況だという。
強盗が警察に取り押さえられるときに「くそっ!昼間はいないはずなのに!」と、捨て台詞を吐いたという。










26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:01:08.17 ID:f/AYZJSJ0

見知らぬ景色

風邪ひいてて寒気がするので、
大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、
時間が一年近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。
アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の名前で電話番号が10程度あったけど、
知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。
警察から実家に連絡した。向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。









30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:04:54.99 ID:f/AYZJSJ0

一本のビデオテープ

俺のも面白くないかもしれんが…

ある日俺は一本のビデオテープを手に入れた
何のことはないただのAVだ。
内容は中年の男女がSMしながらハメ撮りしているものだった。
性欲を覚えるものではなかったが出演者が自分の世界に入りこんでて(「このメス豚が!」とかいってたw)かなりうけた。
そこで友人Yたちをよんでビデオ鑑賞会を開くことになったのだ。

ビデオを再生すると仮面をつけた男女がSMをはじめた。
最初はYも「こいつらキンモーw」とか言ってわらってた。
しかしビデオが進むにつれてだんだん無口になって…
そして、女性の仮面が外れて素顔がちらりと見えた瞬間Yがトイレに駆け込みゲェゲェ吐き出した。
心配になった俺たちはYに理由を問いただしたがなかなか答えない…
それでもしつこく聞いてみると…

なんとビデオの女性はYのお母上様とのこと
さらに男のほうはYの父親ではないらしく声から察すると自分の伯父に似ているらしい
その日の鑑賞会はこれにて終わりとなった

そして今、俺の手には例のビデオテープがはいった郵便物が握られている
宛て先は『Yの実家』だ…








33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:51:09.80 ID:xywontej0

隣の声

おれの住んでるアパートはかなり古くて、隣の声が丸聞こえだ。
今夜も、隣に住んでる一家の団欒の声が聞こえてくる。

「○○ちゃん、お口にケチャップが付いてるわよ。
ほらほら、また食べこぼしてる。
○○くんは、今日はたくさん食べたのねえ、えらいわぁ。
さすがはお兄ちゃんね」

楽しそうな声が洩れ聞こえる中、おれは一人でコンビニ弁当を食ってる。
もう、慣れたからね。平気だよ。

おばさんの声しか、聞こえてこないことぐらい。








37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:56:56.37 ID:xywontej0

お母さん

少年が小学校から帰宅。

「ただいま」

少年はランドセルを自室に置くと、リビングへ直行した。
台所では、トントントンと包丁を叩く音が響いていた。
少年は16:00〜19:00までビデオゲームをしていた。
覚えている限り、少年は2度トイレへ行き、
ゲームの攻略法を聞きに、台所前の廊下(玄関から続く)にある
電話の子機を取りにリビングを離れた。
ちなみにゲームをしていた時刻は概算ではあるが、少年はほぼ間違いないと言っている。

「お母さん、今日の夕飯なに?」

少年はテレビに目を向けたまま、母親にたずねた。
母親は料理の準備をしているのか、返事もせず包丁で叩き続けていた。
少年は母親はあまり機嫌がよくないと思い、無視されても気にしなかった。
ゲームに飽きた少年はテレビ番組を見つつ、19:35あたりに風呂に入ろうとした。
風呂釜には水も張っておらず、文句を言おうとしたがやめたという。
風呂がわきテレビを見るのをやめ、20:00ほどに少年は風呂に入った。
風呂場で遊びながら、少年は空腹を感じたという。
風呂からあがって上半身裸のまま、少年は台所へ向かう。

「お母さん、晩ご飯まだ?」

少年はそのとき、初めて違和感に気づいたという。

「……おばさん、誰?」







39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:58:39.24 ID:xywontej0

知らない番号

知らない番号から電話が来て
おばさんの声で「鈴木さん(仮名)?」って聞かれた。
でも自分は田中(仮名)。
いいえ違いますって答えたら「じゃあ誰?」って言われて
びっくりしたし少しイラッときたから
誰って言いませんよ、しかもいきなり失礼じゃないですか
って言ったら電話切れた。
 
なんだろうと思ってたら
数日後にまた知らない番号(多分↑の時と同じ番号)から電話
出てみたらまた同じおばさんが「鈴木さん?」って聞いてくるから
「違いますよ」って言って切ってその番号拒否した。
 
そして一週間くらい経ってから今度は別の知らない番号から電話。
最近変なの多いなと思いながらとりあえず無言で出たらあいつ。
「鈴木さん?鈴木さんでしょ?」って謎に嬉しそうに言ってきた。
もう気持ち悪いし無言で切る。
そしたら今度はすぐにかかってきた。
驚いたけどいい加減腹が立ったので
注意しようと思って出た。
「あっ鈴木さん?鈴木さんだね?」
また謎に嬉しそうな声。
「ちゃんと見てかけて下さい。違いますって。何回もしつこいですよ。」
って怒りながら言ったら
そのおばさんが男みたいな低い声で
「うん、だって田中だもんね」
って言ってきて電話切れた。
すごく怖くてその後しばらく電話来るたびにビクッてした。









39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:10:53.76 ID:f/AYZJSJ0

ファイル共有ソフト

この前、ファイル共有ソフトで遊んでたら変な名前の画像ファイルを発見したので
ダウンロードしました。
ファイルの名前は『まさみの思い出』
中身は20代前半の若い女の子を中心とした写真が沢山あり、
みんなで旅行に行った時に撮ったような写真や食事中の写真、なにげない日常の写真ばかりで
どうやら、個人のデジカメファイルが流出してしまったような感じでした。
ハメ撮り写真とかないかな〜って期待しながらみてたんですが、最後に『さよならまさみ』というフォルダがあったんで
(あぁ、振られたってことはこれで終わりか…つまらん)
と、思いながら開いたら

…花に囲まれ棺桶の中で眠っている女性の写真でした。
マジで気分悪くなって吐きました…










40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 15:59:30.63 ID:xywontej0

寄せ書き

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。
みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。
お別れ会はとても素晴らしいものだった。
途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上げてくれたり、
学級委員のS子が詩の朗読をして雰囲気を作ってくれた。
そして、お別れ会のクライマックス。
親友の僕がA君にプレゼントを手渡す瞬間だ。
プレゼントはクラス全員で書いた寄せ書き。
昨日、出席番号順で周ってきたその白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて
「ありがとう」と、一言だけ書いた。
親友なのにそれだけ?と思うかもしれないけど、その言葉だけで気持ちは十分伝わるはず。
僕は綺麗な袋に入った色紙をA君に渡した。
「元気でね、A君・・・」
「今までありがとう、W君・・・」
A君はちょっと照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後
感極まったのか号泣してしまった。
そんなA君を見て、たまらず僕も号泣してしまった。
プレゼントをこんなに喜んでもらえるなんて、本当に嬉しい。
二人して泣いてる姿が滑稽だったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこっちを見ている。
僕は急に恥ずかしくなって、照れ笑いをした。
本当に、とても素晴らしいお別れ会になりました。








43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:14:16.36 ID:f/AYZJSJ0

死亡届

うちであった怖い話なんだけどさ、俺この間酔って帰ってきたんだよ夜中。
そしたらリビングで母親が寝てるわけ。なんだよババァとか思いながらもその日は寝たんだ。
でも朝になってもそこで寝てんの。そんでずっと動かないから見に行ったら死んでたんだ。
はぁ?嘘だろ?と思ったけどマジ。これにはビビったよ。で、市役所に死亡届出そうと思ったらさ
なんと職員が「あなたの母親は20年前に亡くなってます」だって。うはw
いやじゃあ俺育ててたの一体誰だよって話w








44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/24(木) 23:15:04.46 ID:f/AYZJSJ0

流し台の小窓から

ある日の夜11時頃、玄関脇の流し台の小窓から、女の人が覗いていた。
びっくりして凍り付いた
30才ぐらいの女性が立っていた
「な、なんか用ですか?」
僕は窓越しに話しかけた
「あのー、うちの子がお邪魔してますよね」
…はぁ?うちは子供なんかいないし
第一僕はまだ一度も部屋に他人を入れていない
「あ、あの、誰かと間違えてませんか」
「いえ、こちら●●区1*4*29平和荘の102号室、●●さんですよね?」
「は、はい…でも、僕知りませんけど…」
「そうですか。うちの子、まだ帰ってないんですよねぇ」
「はあ、、」
めっさ恐い








54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 16:20:29.34 ID:xywontej0


    人形

    35:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 10:38:56 ID:oPg8yp03

    みんな人形って洗ってやったりしてる?
    2〜3日前あたりから嫌な臭いがするんだが…


    36:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 10:59:33 ID:7BmddTpa

    >>35
    ソフビやガレキは洗わんだろw ラブドなら一緒に風呂入るけどw


    37:もしもし私、名無しさんさん :2007/08/14(火) 11:03:06 ID:oPg8yp03

    しかも髪ブラッシングしてやったらゴッソリ抜けた…もう駄目かもわからんね


    41:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 13:48:56 ID:oPg8yp03

    目玉が落ちた…大きくて可愛い目だったのに…
    でも、もっとコロンって感じかと思ったけど、腐った柿が枝から落ちる様だった


    42:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:29:32 ID:7BmddTpa

    >>41 本当に人形なんだろなあ?


    48:もしもし私、名無しさん :2007/08/14(火) 14:56:01 ID:oPg8yp03

    うるせえ!ああああ臭いとれねえ!!!ちくしょう!ちくしょうちくしょうちくしょうちくしょう











77 : 1/2 : 2010/06/24(木) 23:36:42.02 ID:f/AYZJSJ0


    女の子にしたい

    お名前: 悩む母親

    3才の息子のオチンチンを切り取って女の子にしたいのですが、良い方法を教えて下さい。
    [2000年12月27日 5時59分32秒]



    お名前: 恭子

    悩める母親さんへ。
    お気持ち、よくわかりました。
    男の子を女の子に変える安全で簡単で確実な方法を教えます。
    オチンチンを切り取るのではありません。
    タマタマを潰すのです。
    オチンチンはお医者にあとで切り取ってもらいます。
    お母さんの手で潰せますか?
    潰せるのなら、場面設定とやり方を教えます。
    [2001年1月6日 19時56分39秒]



    お名前: 悩む母親

    恭子さん、メッセージを待ってました。
    私の手で息子のタマタマを潰せばいいんですね。できますよ。
    カンタンです。ウズラの卵のゆで卵で何度も練習したことあります。
    場面設定とやり方を教えて下さい。



    お名前: 恭子

    (略)
    まずはいつものように夕方頃お風呂に入って下さい。
    息子さんにとっては男性として最後になるので、念入りにオチンチンを洗ってあげて下さいね。
    いよいよです。息子さんを浴槽のヘリのところに座らせ、左右のタマタマを両手で握って、
    浴槽のヘリと手の間で一気に押し潰します。思い切り体重をかけるようにすれば必ず潰れます。
    ツルンと逃げてしまいやすいので、引きちぎる方向へ引きちぎるつもりで力を入れましょう。
    一気に2個とも潰さないと1個ずつだと可哀想ですよ。
    かなり痛いらしいので(女にはわかんないけど)、息子さんは倒れ込むように苦しみます。
    息子さんの頭をぶつけないように、タマタマを潰したらすぐに抱きかかえてあげて下さい。
    すぐに体の水分を拭いてパジャマなどを掛け、自分も服を着込んで119番します。
    (略)
    [2001年1月10日 23時31分51秒]



    お名前: 悩む母親

    (略)
    病院での対応方法、よくわかりました。いざとなったら、私の手で切り取ってあげる
    のですね。担当医が女性だといいな。さっそく今晩、実行しようかしら。
    (略)
    [2001年1月19日 18時17分22秒]



    お名前: もう悩まない母親

    (略)
    今から、息子とお風呂に入ります。本当にありがとうございました。
    [2001年2月10日 19時16分6秒]










83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 16:56:17.68 ID:xywontej0

帰り道

変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。

女の子は
「こわいよーこわいよー」といいながら泣き出しました。

変態は

「こわい?俺は一人で帰るんだから、もっと怖いよ。」










99 : 1/2 : 2010/06/24(木) 23:49:01.97 ID:oFX0FGWV0

同姓同名

自分(女)の名前で検索をかけてみた。
すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。
研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。
その中に「○○○○○(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。
プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。
BBSなどを見ると、常連っぽい人が5〜6人いるらしく、この手のHPとしては
まあまあ流行ってる感じだった。
何となくお気に入りにして、時々見るようにした。

しばらくすると、コンテンツに日記が増えた。
日記は、まあ、そのへんのサイトによくある内容の薄い日記だ。
今日は暑かったとか、日本がサッカー勝ったとか、そんな感じの

ある時、日記の内容が自分の生活とよく似ていることに気づいた。
始めに気づいたのは野球観戦に行ったときだ。その日、そのサイトの管理人も同じ球場に行ったらしい。
その時はもちろん偶然だなとしか思わなかった。球場には何万人もの人間が行くのだから。
次の日の、日記は会社でミスをしたことについて書いてあった。
私もその日、会社でミスをして少々落ち込んでいた。



101 : 2/2 : 2010/06/24(木) 23:49:43.58 ID:oFX0FGWV0

次の日も、その次の日も、よく見ると日記の内容はまるで自分の生活を書かれているようだった。
大半は「カレーを食べた」とか「CDを買った」など対した偶然ではない。
しかし、それが何ヶ月も続くと気味が悪くなってきた。

ある日、掲示板を見ると、常連たちが管理人の誕生日を祝っていた。
その日は私も誕生日だ。
それでいよいよ怖くなってきて初めて掲示板に書き込みすることにした。

しかし、書き込みしようとしても、名前や内容を書くところに文字が打てない。
色々やってみるが書き込めないどころか文字すら打てない。

「おかしいな?」と思っていると、あることに気づいた。
それは掲示板ではなく、ただのページだった。
つまり、一人の人間が掲示板っぽく見せかけて作った一つのページだったのだ。

「いったい何のためにこんなこと…」とすごく怖くなり、
管理人にメールを打った。
「初めまして。私は貴方と同姓同名の人間で、よくこの〜」のような当たり障りのないメールだ。

そして次の日、そのページを見ると、全て消されていた。
メールボックスには一通
「見つかった」
という返信があった。







148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/25(金) 00:37:36.22 ID:+GZeuVPR0

東南アジアへ旅行に行った時の話

ある男が、東南アジアに一人で旅行に行った。
1ヶ月くらい経ち、そろそろ旅も終りかというある日、とあるバーに酒を飲みに行った。
一人で酒を飲んでいたが、見知らぬ女性が話しかけてきて、一緒に飲むことになった。

1ヶ月近く一人旅をしていたから、寂しくなってきていた男は、それはそれは
女性と楽しくおしゃべりしながら、酒を飲んでいた。
男は、ついつい酒が進み、疲れもあってか寝てしまったようだ。

男が目を覚ました。周りを見渡してみるとバーではなかった。
寂びれたホテルの浴室の、バスタブの中にいた。
風呂からあがろうとするが、なかなか体が言う事を聞かない。
男はギョッとした。男は「お湯」ではなく「氷水」に浸かっていたのだ。

「何故?」と男は思い、ふとバスタブの壁を見ると
「助かりたければ、ここに電話しろ」という言葉と電話番号が書かれていた。
男はなんとか体を動かし、電話して病院へ運ばれた。

病院で初めて分かったそうだが、男の二つあるはずの腎臓が
一つ無くなっていたそうだ。









149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 18:01:20.56 ID:xywontej0

クラス専用チャット

今日休み時間に教室にいたら、うちのクラス専用のチャットがあるって小耳に挟んだ。
帰ってからネットで必死に調べたら・・・あったあった!
たぶんここで間違いない。ちょっと自信ないけど、早速入室してみる。

<<WhiteSwordさんが入室されました>>
<<現在チャットルームには6人の方がいます>>
 Domcom  :課題UZEEEEEEE!!
 Domcom  :ヽ(´ー')ノこんばんミー。。 
 WhiteSword:ど〜も、こんばんわっす。 
 ひみ☆こ  :だ〜れ、やねんっ??
 カノッサ     :ハイホ〜q('Ф')p 
 L男     :もうすぐガキの使い始まるじゃん♪
 WhiteSword:Y・Kって言えばわかるかな??
 L男     :YK???あ〜特定
 ひみ☆こ  :え、マジスコ?マジスコ?
 ひみ☆こ  :ユキヒロd、ユキヒロd、
 Domcom  :D<〜〜〜〜〜〜!!!
 カノッサ    :ユキヒロd、!てか落ち着けよ星w

なんか盛り上がってるみたいだw。さて今日は疲れたし早めに寝るか。
明日、誰がどのハンドルネームなのか聞いてみよう。










163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 18:15:30.46 ID:xywontej0

ありふれた情景

ありふれた情景。これも一種の幸せなのかもしれない。
弟と母さんと3人の夕食。会話もほとんど無いんだけど、ちゃぶ台を囲んで黙々と
ご飯を食べるのも、平和な証拠なんだろう。
父は物心ついた頃には家には居なかった。なぜ父は居ないのかなんて母さんに聞いたこともなかった。必要だと思ったこと無かったし。
母さんは過労気味で最近病気がち。よく寝込んだりするので心配。物忘れもも激しいし。
でも一生懸命俺や弟の面倒を見てくれる。早く楽にしてあげたいんだどね。
弟は来年、医大を受験するそうだ。医大を卒業して、俺が患っている病気を治す医者になるんだって言ってくれた。「俺の事はいいから、自分が本当にやりたい事をやれよ」と言うんだが、聞く耳もたない。
つうか聞かないw
ま、俺の自慢の弟なわけだが。
最近気づいたんだけど、ご飯の時は俺だけおかずが無いんだよ。母さん、大丈夫かな。











171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/06/25(金) 01:12:06.09 ID:+GZeuVPR0

別人


173 :素敵な旦那様 :04/10/11 15:18:33

俺は視力がすごく悪いし色盲。そのうえ正直、耳も悪い。

俺と彼女は車事故を起こした。俺はしばらく入院した。
一緒に退院した彼女は優しく声をかけてくれたが、えらくやせてしまってた。
まあそれでも俺のこといたわってくれるので去年、結婚した。

・・・最近きづいたんだけど、やっぱり別人だと思うんだよ。俺の嫁。
事故を境に、やっぱり別な人になってると思うんだ。

鈍すぎるとかバカとか言われるかもしれないけど・・・
俺、こういう風に知覚が弱いから。人は雰囲気くらいでしか判断つかないんだよ。
体臭がまず変わったし、肌もなんか急に年を取った気がする。
俺は「女子ソフト部出身」だと聞いていたが「部活はしてなかった」というし、
とにかく昔の話を避けたがる。
昔は首に大きなホクロがあって「チャームポイント」だっていってた。
そんで今の嫁には首になんのホクロもない。




280 :素敵な旦那様 :04/10/15 00:47:31

>>173ですが。

すごく長い複雑な事情があるんだけど結論を言う。
嫁は別人だった。法的にも。俺は相手が何者か知らないままに結婚した愚者だった。
もう、なんかショックで書く気になれない・・・
これからどうしたらいいんだ・・・もうだめだ・・・
仕事もなにもかも辞めてこのまま消えます。









179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 19:02:14.31 ID:xywontej0

何の肉

どっかで聞いた話なんだけど。
なんか友人から聞いたらしい話で、

宗教入ってる知人の家族と夕食とることになったんだと。
それが焼肉なんだけど肉は何なのか言ってくれない。
人の肉かも、と思って食べたら違ったって。

結局何の肉だったんだろ?











85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/07/17(日) 16:58:00.20 ID:xywontej0

リコーダー

オレの小学校の時のリコーダーは3つに分解できて、名前書くところが真ん中の筒にあった。
ある放課後、誰もいない教室にオレは侵入し、好きな子とオレのリコーダーの一番上の部分の
「笛 先 を 交 換 し た 」
名前が書いてある場所はそのままだし気付かないだろうと・・・
そしてその笛をペロペロ楽しんでいたオレであったが、交換してから初の音楽の授業に
悲劇は起こった。
好きな子「・・苦っ!??あれ・・・??この笛わたしのじゃない!!!」
静まりかえる音楽室
先生「どうしたの??」
好きな子「わたしのはここにも名前を書いていたのに・・・この笛にはないんです!!」
先生に笛を見せる。
ふとオレは笛先の部分の裏を見てみるとちっちゃくその子の名前が書いてあった
その子はクラスでもかなりモテてる子だった事もあり、まわりのDQNも騒ぎだした
「誰かがすりかえたんじゃね?ww」
「うわきもーい」
「こわーい」
ザワザワ・・・
先生「はい、じゃあ今からちょっとみんなの笛を見せて下さ




出典:あ
リンク:あ
  投票  (・∀・):204  (・A・):41  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26570/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用