とある休日の午後 (泣ける体験談) 26711回

2011/08/07 12:27┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
とある休日の午後、股間の疼きに誘われて、俺はいつもの公園に向かった。 
そこは一部の奴らにはハッテン場として有名な場所だ。 
到着するなり、俺の眼は野獣と化し、獲物を物色し始める。 
いた!池のほとりのベンチに腰掛け本を読んでいる、ガチムチ筋肉野郎を発見。 
背はそんなに高くなさそうだが、短髪に彫りの深い顔立ち、 
何よりTシャツから覗く極太の腕が食欲をそそる。 
たっぷりとした筋肉の上に、うっすらと滑らかな脂肪の層が乗っているのがたまらねえ。 
よし、今日はあいつにしよう。そう決めて声を掛けようと近づいていったその時だった。 
「ごめんごめん、遅刻しちゃったね」 
俺の横を通り過ぎて、そいつに近づいていったのは20歳くらいの女だった。 
キャミソールにミニスカート、普通に可愛い顔でスタイルもいいが、興味ねえ。 
そのままその女は雄野郎と腕を組んでどこかへ行ってしまった。 
畜生、ノンケだったのかよ。何てこったい。 
結局その日は他に相手も見つからず、失意のまま公園を後にした。 


とある休日の午後、股間の疼きに誘われて、俺はいつもの公園に向かった。 
到着するなり、俺の眼は野獣と化し、獲物を物色し始める。 
いた!池のほとりのベンチに腰掛け本を読んでいる、ガチムチ筋肉野郎を発見。 
……俺はそのガチムチ野郎の顔に見覚えがあった。 
先日、丁度この公園、このベンチで彼女と待ち合わせをしていた奴だ。 
その女のせいで、俺は雄野郎を取り逃がしてしまったんだ。 
ノンケじゃしょうがないな、他を当たろうとも思った。 
しかし、あの全身から発せられる「ホモフェロモン」には抗い難い。 
それに、万が一バイである可能性もある。 
よし、行くぜ!俺は一大決心をし、ガチムチ野郎に声を掛けた。 
「よ、よう。いい体してんな。お、お、俺と爽快なホモセックスでハメ狂わねえか?」 
ノンケと分かってる奴に声を掛けるのは初めてで、不覚にも声が震えた。 
「いいぜ。実は俺はバイなんだ。俺のすげぇマラでヒィヒィよがらせてやるよ。」 
俺の妄想では、ガチムチ野郎はこう言う筈だった。しかし、現実は甘くない。 
「なんなんですかあなた。気持ち悪い。警察呼びますよ。」 
やはり駄目だったか……。雄野郎は俺を睨みつけると、どこかへ行ってしまった。 
胸に広がる痛みと、もやもやした得体の知れない感情に耐えながら、俺は思った。 
そうか、俺はハメ狂える相手が欲しかったんじゃない。 
俺はあのガチムチ兄貴に恋をしていた……そして失恋したんだ、と。 
まだ俺自身無垢なノンケだった頃を思い出し、俺の目から涙が溢れた。 



出典:lf
リンク:ええ
  投票  (・∀・):18  (・A・):25  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26600/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用