あこがれの女の子 (初体験談) 55767回

2011/08/26 03:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
会社の廊下を俺の方に向かって歩いてくる子は、俺と同期入社であこがれの女の子だ。もちろん、俺と彼女は顔見知りだ。 
彼女はニコニコと微笑みながら、俺に近づいてくる。 
俺と彼女との距離が2mぐらいまで縮まったとき、彼女はこぼれるような笑顔で「お疲れさまっ!」って言った。 
俺もすかさず、挨拶を返そうとしたら、彼女は俺をスルーし、俺の後ろから歩いてきた男に「資料、机の上に置いといたから」なんて言ってる。 
 
俺は今まで生きてきて、「そんなの、眼中にねーよ!」というセリフを何回吐いたか分からない。 
実際のところ、「そんなの」という対象を意識している時点で、取りあえず眼中にはあるわけで、「眼中にねーよ!」と言うことによって、意図的に無視しようとしているわけだ。 
 
今日の彼女の廊下での振る舞い、あれが正真正銘の「眼中にない」という意味だろう。

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):74  (・A・):28  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/26820/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用