井の中の皮頭、大カリを知らず (泣ける体験談) 27788回

2011/09/16 23:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
今でも思い出すだけで死ねる話。

中学に入った時点で、俺のチンコは当時大学生の兄貴よりでかかった。高校生になった頃にはオヤジよりもでかかった。そこで俺は自分のことを一つ上野男だと思っていた。

オヤジや兄貴のチンコを見る度、「俺はビッグだから」と心の中でトシちゃんぶっていた。そう、確かに俺はビッグだった。俺一家という母集団の中では・・・

ビッグな俺は、自信満々だった。モザイクが荒い時代なので、チョコボールのチンコも単にデカく見えるだけだと思っていた。俺のチンコなら、女はヒーヒー言うのだろうと疑いもしなかった。童貞のくせに。

そして運命の日が訪れた。いわゆるヤリコンに参加した俺は、末代まで語られるであろう、伝説の殺し文句を発動した。

「も〜あけみちゃん、これ以上悪ふざけをしてると、俺の10cmビッグマグナムが火を吹くぜ!」

キマった。あけみちゃん濡れちゃったかな?と思っていたらまさかの大爆笑。
「10cmってwwwちょwww」

???え?笑うとこってそこなの????マグナムが面白いんじゃないの??
俺は軽くパニック

皆の注意点が集まり、あけみちゃんがコトの顛末を話す。全員大爆笑で、強制的にチンコ品定め大会が始まった。

いきなり脱ぎ出す男子連中。出てきたチンコたちを見て初めて理解した。俺一族の母集団がFランクだということに。

しかもバカでかいチンコが一本そびえ立っていた。カリのデカさが半端ない。その場のノリで俺とそいつの一騎討ちという流れになった。

戦意喪失した俺は、ズボンとパンツを無理矢理脱がされ、縮こまった旧ビッグマグナムは皮付きでコンニチハ。そして最大の屈辱が。

俺のマグナムの砲身の長さ、奴のカリの直径に負けた•••

出典:俺の偏差値40
リンク:兄貴の偏差値35
  投票  (・∀・):106  (・A・):24  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/27095/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用