不発体験 (浮気・不倫の体験談) 42767回

2011/11/04 13:23┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
34歳の人妻と半年間のメール交換のちに会うことになりました。
遠距離だったけど、実家から車で1時ということもあってお盆に里帰りした時に会う事になった。
写真でみるより実際は小じわが多く、年齢をごまかしているのが一目でわかった。
だけど…せっかくのチャンスだし、やれないレベルではなかったのでとりあえず予定通りに行くことにした。

俺が横でこんなコトを考えていた時…
車に乗るなり開口1番で

「なんで会う約束したんだろう…」

「私は他の男性と会ったこともないし不倫とか浮気は絶対に嫌なのに…」

「だから今日は食事したら帰るよ!」

と言い放った…。

俺は心の中で叫んだ!

「はぁ?帰れよじゃあ!!俺だってお前なんかババアと一緒にいるところ誰にも見られたくね−んだよ!!
「こっちはわざわざ実家に帰ってまでお前と会ってやってんだろーが!!」

でも、結局あわよくば・・・という思いから彼女と食事に向かった。
がた落ちのテンションのまま、終始彼女の家庭や夫の不満を聞きながら時間は過ぎていった。
結局その日は食事してお別れ。


別れ間際に、

「もう二度会うことはないから今後はメールだけにしょ!」

と言われ「ハイハイ」とうなづきその日は帰路へ。

普通の男ならここでブッチするのは当然だと思うけど、俺の暇潰しにメールはだらだらと続いた。


あんだけ会った事を後悔していたのに、また女から食事の誘いがきた!
この女よくわからんと思いつつも、あわよくばセックスできるかも?という期待をまた持ってしまった。
しかし、セックスしたい願望がピークにまで達していた俺は、失敗したときにの防護策として…
デリヘルが呼べるよう実家の近くのビジネスホテルをとった。
久々に会った女は、以前よりは若干綺麗に見えた。
何か以前のとっつきにくい感じがなくなっていたからかもしれない。
今日はお酒を飲みたい!という彼女からの要望により、近くの居酒屋に入った。
俺は、女の話に相槌を打ちながらも…今日もだめだろう…という思いからデリヘルの事を考えていた。
しかし、その日の彼女はお酒が入ってるせいか?妙に密着してるような感じ。
ちなみに彼女は酒はかなり弱いみたい。
居酒屋をでたところで思い切って今日の宿のホテルに誘ってみた。
彼女はかなり酔っていたので少しだけ休んで帰るということでホテルに行く事になった。
ヤッター!!!と思いつつも彼女から絶対手を出したらダメよ!と釘を刺された。
が酔っ払って横たう彼女をみて理性を保てる男性がいるだろうか? 
俺も少し休みたいから横で寝ていいか?
と言うと彼女が承諾してくれた。
それから、じわじわ手がオッパイに…
最初は抵抗していた彼女だが、だんだんと呼吸が荒々しくなり、一気にジーパンの中に手を突っ込むとマンコは濡れていた。
そこからは彼女も抵抗せず素っ裸にするのに対して時間をかけなかった。
今度は時間をかけてしっかり愛撫。
クンニの後で俺は一気に挿れてしまおうとした。
だが酒のせいか全く元気がない!!
結局そのまま挿入しバコバコしたが勃起せず…
当然、射精もせず…

なんと虚しい日だったんだろう。と思いつつも今もメールは続いてます。


出典:不発体験
リンク:http://goo.gl/Uy0ie
  投票  (・∀・):30  (・A・):41  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/27680/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用