青春 (エロくない体験談) 33497回

2011/11/08 06:33┃登録者: ◆LZLRuzPQ┃作者:
384 恋人は名無しさん sage 2011/11/03(木) 01:34:38.63 ID:Hz/2VVtG0 
 彼女の俺への告白劇。  
 ムードもへったくれもありゃしなかった。  
  
 高1の7月の、ごく普通の日の昼休み。  
 彼女がツカツカと俺のところにやってきて、前の席へ逆向きつまり俺の方を向いて座り、じっと顔を睨む。  
 雨の日で、教室内は人が多くガヤガヤしてる。それどころか、別の子が背を向けてるとは言えすぐ横にいる。  
 あいつはそんな中でいきなり告白してきた。 
  
彼女「私、アンタを好きになった」 
 
俺「ちょっ、いきなりなんだよ」  
彼女「だから、私アンタが好きなの」  
俺「わかった、まあ落ち着け」 
 
彼女「アンタも私を好きになってよ」 
 
俺「言われなくても好きだよ」  
彼女「ホント?」 
 
この時の表情が超可愛かった 
 
俺「嘘言ってどうするんだよ」  
彼女「やったぁ!」 
 
 
 気がつくと、すぐ周りのクラスメイトが10人くらいこっちを見てた。  
 彼女の「やったぁ!」のあと、拍手が起きた。 
 
 
 あれから7年ちょっと。今でも付き合ってます。 
 
 ここ読んだら懐かしくて、書いてみた。 
 
 


出典:そんな時代もあったね
リンク:そんな時代 あるわけないじゃん
  投票  (・∀・):259  (・A・):61  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/27715/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用