深夜の子猫ちゃん (ジャンル未設定) 23352回

2011/11/28 15:14┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
 *この物語はフィクションです。 


2 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 00:19:58 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


しこたま飲んできた、深夜の帰り道。人通りのない、暗い道をテクテク歩いていた。 
どこからともなく「ミィ〜、ミィ〜」という猫の鳴き声。聞いた感じではかなり小さな猫みたいだ。明らかに外で鳴いているので、鳴き声のする方に行ってみた。 
すると、50センチ位の高さの塀と家の隙間に小さな子猫がいた。 
体長20センチ弱。親とはぐれたのだろう。回りを見回しながら、鳴き続けていた。 
瞬時にいろいろな考えが頭の中に浮かんだ。 
「うちはアパート。猫を長期飼うことはできない。」 
「今日、家族は出払っていていない。俺一人きりだ。」 
「深夜で回りには誰もいない。」 
最終的に「お持ち帰りする」という考えに至った。それと同時に子猫の運命は決まった。 
子猫の首根っこをわしづかみにし、両手で包んで家まで持ち帰る。手触り・表情など、とても可愛い。俺は最高級のオモチャを拾えたのだ。 




3 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 00:21:02 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


子猫の首根っこをわしづかみにし、両手で包んで家まで持ち帰る。手触り・表情など、とても可愛い。俺は最高級のオモチャを拾えたのだ。 


家に帰りつき、テーブルのうえに放った。 
「ミィ〜〜〜」と、か細い声を上げる。かなり不安なのだろう。 
しばし観察。可愛い…。 
壊すには惜しい代物だ。写メを一枚取る。使用前ってところだ。 


さて、このくらいの子猫は扱ったことがない。力加減を誤れば、即アボンするのは目に見えている。 
まずは、額目掛けてデコピンを一発。「ミィ〜〜!」と、前足を突き出し、避けようとする。 
が、お構いなしに2発3発と繰り返す。子猫にも今起こっている状況がわかってきたのだろう。 
「ミィ〜〜!ミィ〜〜〜〜!」と鳴きながら、体をよじって逃げようとする。 
しかし、所詮子猫。機動力ゼロ、攻撃力ゼロではどうにもならない。この子猫が助かる方法はただ一つ。俺の心変わり以外にはない。 



4 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 00:22:16 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


ミィミィ鳴きっぱなしになってきたので、第二ラウンドは趣向を変えて、子猫を流しに連れて行き、水道の蛇口を開け、上から水をかける。 
汚れも落ちて一石二鳥だ。子猫は半狂乱になって悶えているが、水が顔にかかり、声が出せずにいる。水を止めたあと、雑巾で体を拭いてやり、ドライヤーで乾かす。 
震えて丸まっている子猫をひっくり返し、全身の毛を乾かした 


さて、第三ラウンドの開始だ。まずは、子猫の両耳をもって持ち上げる。痛いのだろう。ミィミィ叫びながら足をじたばたさせる。一度降ろしたあと、洗濯バサミを両耳につける。 
「ミィ〜〜〜〜〜〜!!」まさに絶叫! 
必死で洗濯バサミを取ろうと、前足で耳をかいている。が、そこに追い撃ちをかける。さらに耳を押し潰すように、洗濯バサミの上から力をかける。 
「ミニァ〜〜〜!」 
精一杯の鳴き声だったのだろうが、子猫の鳴き声位では外に聞こえはしない。正直楽だと思った。鳴き声対策をしなくてよいのだから(笑) 



7 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 01:00:27 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


相変わらず暴れている子猫を、洗濯バサミを持って吊し上げる。 
「ミニャァ〜〜〜!」 
ホントにそそる声を上げてくれる。 
興奮してなのか、鼻先が真っ赤に充血している。そこへまたデコピン一発。生きてはいるが、目をつぶったまま、身動き一つしない。しばらくそのまま放置して、週末にやっているネトゲをすることにした。 
もちろん子猫を観察しつつだ。 
その時ふと思った。「この猫、失禁や脱糞しねぇなぁ…珍しい。子猫はそうなのかな?」どうでもいいことなのだが(笑) 



8 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 01:01:36 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


しばらくネトゲをしていると、回復したのか子猫がまた活動をし始めた。 
しかし、洗濯バサミはついたまま。「ミニャ〜〜!ミニャァ〜〜!」と、また鳴き始める。デコピンを鼻面に2・3発叩き込むが、今度は鳴きやまない。 
(うるせえっ!)心の中の声と共に、テーブルを叩く。もちろん手とテーブルの間には子猫がいる。 
「ギニュッ」 
変な鳴き声を上げて、クテッとなった。 
(やべっ。逝っちまったか?)そう思い、確認のためデコピンを一発入れる。 
声は上げないが動く。生きているようだ。しかし、動く気力はあまりないようだ。 



9 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 01:02:52 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


(さて、どうするか…) 
もう、終わりにするか?そんな考えが頭をよぎった刹那、灰皿の横にあるライターに目がいった。 


(これはまだやったことないな) 
ライターを手にすると火を着け、子猫の左前足をあぶった。第四ラウンドの開始だ。黒い煙が上がると同時に、毛が焦げる匂いが鼻をつく。 
条件反射的に前足を引っ込める子猫。だが、鳴き声は上げない。舌を半分出して、悶えている。 
既に鳴けない状態なのか?まあいい。 
続いて、短い尻尾の先に火を着ける。背中の方の毛まで焦がし消える。鳴きはしないが、必死に逃げる。耳についた洗濯バサミが笑いを誘う。 


逃げ疲れて横たわった子猫にさらに追い撃ちをかける。鼻面に火を近づけ、鼻から髭まで全てを焼いた。 
「ミ゛ィギャァ〜〜〜!」 
絶叫というのはこういうのをいうのだろう。 



11 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 01:32:57 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


そのまま焼いた鼻面にデコピンを数十発叩き込む。 
遂に子猫は脱糞した。終わりが近いのだろう。俺は、終わりにしてやることにした。最終、第五ラウンドだ。 


洗面台に水を貯め、そこに子猫を放り込む。 
足をばたつかせ、必死に泳ごうとしているが、だんだん顔が水に漬かったままになった。 
すかさず洗面台の栓を抜き、水を抜く。水がなくなるのが先か、子猫が逝くのが先か・・・。 


水が抜けきった。子猫はかすかに動く。 
声は出せず、口をパクパクしているだけだ。 
(そろそろ終わりにするか。) 
自分だったら、こんな目にあったら、殺してくれというだろう。 
もちろんこの子猫もそういうはずだ。 



13 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 01:50:48 ID:R9nGVdqM0 
深夜の子猫 


子猫の首根っこをつかみ、外へ連れ出す。近くの公園へ行き、1mの至近距離からコンクリートの壁に向かって投げつけた。 
子猫は壁に当たった瞬間、一瞬上に浮き上がった後、地面に落ちた。 
人間であれば、車に轢かれるくらいの衝撃だろうか?想像の域を出ないのだが、たいした違いはないだろう。 
ピクピクしているが、まだ生きている。生命とはかくも力があるものなのか・・・。 
感心しつつ、子猫をつまみあげると、近くにあった水が入ったバケツに放り込んだ。 


2・3回足をばたつかせた後、水に浮いたまま動かなくなった。猫の場合もドザエモンというのだろうか?まあいい。もうどうでもいいことだ。 


さて、明日は休みだ。ゆっくり寝よう。手を洗い終え、そんなことを考えて布団に入った。 


朝起きた。 
•
◦
■いやいや、リアルな夢だったな・・・。
〜〜完〜〜 

出典:生き物苦手板
リンク:妄想スレ
  投票  (・∀・):93  (・A・):145  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/27925/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用