かむくら物語 (エロくない体験談) 24775回

2011/11/29 22:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
二十歳の頃付き合ってた女と喧嘩してて、ちょっとの間連絡もとってなかった時期が有った
その頃、よく京都の繁華街でナンパとかしてたんだけど、ある時リョーコって女を引っ掛けた
リョーコは俺と同い年だったんだけど、大阪のホストに嵌まってて
そのホストに金を貢ぐだけ貢いでしまってて、親にも家を追い出されてたらしい
で、俺はちょうど自分の彼女と喧嘩してたから独り暮らしの俺のマンションに住まわせてやることにした

先に言っとくがセックスは一度もしてないぞw

で、俺とリョーコは一緒に住み始めたんだけど、リョーコは相変わらず大阪のホストの事が好きで
毎日そのホストが勤めてる店に電話して、「いつ会える?」とか「誕生日プレゼント何が欲しい?」とか
あーだこーだと喋ってるのを俺は横でテレビとか見ながら聞いてたんだけどね
横で聞いてたら誰でもそう感じたと思うけど、確実にウザがられてるんだなwリョーコがそのホストに
だから、俺にしたらそんなの諦めて他に男探せばいいのにって思ってたんだけど若い俺には、上手くアドバイスとかしてやれなかった
ただ、俺もちょっと前までホストをしてたから、そっち方面の話でやめた方がいいとか、逆にちょっと慰めになるような事とか言って話に付き合ってた
そんなある日、リョーコがいつもの様にホストに電話したんだけど、速攻で電話を切られたんだな
で、もう一回かけるんだけどまた直ぐに切られて、その後は何度電話しても、電話に出た店の奴にあれやこれやと理由を付けて取り次いで貰えないんだよ
それでリョーコも諦めて電話を掛けるのを止めたんだけど、その後何故か俺にそのホストの好きな所や嫌いな所を延々と話してくるんだよ
あと、初めてそいつの店に行った時の出会った時の想い出とかね。それで、一通り話終わった後でリョーコがいきなりこう言ったんだよね
「お腹減ったしラーメン食べたいな〜!大阪に美味しいラーメン屋さんがあるんだけど、また行きたかったな〜」って
それを聞いた俺は、なんか連れて行ってやらないと!って使命感みたいなのが芽生えたのか分からないけど
翌日も仕事だけど構わねーやって、もう12時廻ってて大阪に行くだけで車で1時間はかかるけどいーやって思って
「よし!今から行くぞ!」って車のキーを持って立ち上がった。今、この歳になってそんな行動力は無いけど、あの頃は疲れ知らずの馬鹿だったからw
リョーコは、えっ?って顔してたけど大阪に行けるのが嬉しいみたいで「いいの?本当にいいの?」って
何回も俺に聞いてきた
俺は、「いいから助手席で化粧とかちゃんと直しとけよ!」とかかっこいい事言いながら、自慢のGT-Z を飛ばして大阪へ向かった
ところが俺はそのラーメン屋の場所を知らないw高速の途中でそれに気が付いた俺はリョーコの頼りない道案内に不安になりながらも2時間程掛けて何とか目的地にたどり着いた
その目的地であるラーメン屋に着くとリョーコは「ここは私がおごってあげる!」と、これまた楽しそうにしていた
注文もリョーコに任せて(と言っても普通のラーメン一種類しか無かったかな?w)と、俺の分も一緒に頼んでもらった
オーダーしたら直ぐにラーメンは出てきたと思うけど、俺は初めて食べたそのラーメンの味にビックリした
美味いラーメンと言えば天下一品みたいな濃い味って思ってたのに、なんだよ!全然コッテリしてないのに旨味が一杯の味は!ってw
俺は、ちょっと興奮気味にリョーコに尋ねた「この店なんて名前?」
リョーコは、誇らしげに「かむくら!美味しいでしょ?」と教えてくれた
スープも残さず飲んで、ラーメンを食べ終わった俺達は車に乗り込んだんだけど、何故か思わず俺は
「ソイツの店に行くか?金も貸しといてやるぞ?」って聞いてしまった
でも、リョーコは首を横に振って、「アイツの事は諦めた。もういいやw」ってちょっと無理してる感じだったけど
でも、多分本気ってのが何となく分かったから、俺も「うん、分かった」とだけ言ってそのまま京都のマンションに向かった
帰り道眠そうな俺に気が付いたのかリョーコがコンコンと俺の肩を叩いてきた
俺が「?」って振り向くと「アリガト」たった一言だったけど、本当に嬉しかった。けど、それと同時に何となくもうお別れだなと感じた

予想通り、その翌日俺が仕事に行ってる間にリョーコは親に電話を掛けて家に帰る事を許して貰えたみたいで
その日の夜に駅まで送ってやってそのままサヨナラした。
当時は携帯とか持って無かったし、その後俺も彼女と仲直りして同棲するために広いマンションに引っ越して唯一の連絡手段の俺の電話番号も変わったからそれっきりです

思い返せば、リョーコって見た目もかなりいい女だったんだよな
でも、何で女として見て無かったかって言うと
ある時俺が「俺達みたいなのって同棲って言うのかな?」って聞いたら
リョーコは、う〜ん?と考えてから「同居!同棲じゃなくて同居!w」この時からかな?こいつは友達だって思えたのは…

出典:人生相談スレPart6
リンク:http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1321878820/
  投票  (・∀・):64  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/27937/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用