男性恐怖症 (昔の彼女(彼)との体験談) 39446回

2011/12/05 23:25┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

学生の頃、クラブの後輩で「かわいいな〜」と思ってた子と 
付き合うようになって、いきなり言われた事。 

「私、男性恐怖症なの」 

話を聞くと、彼女は幼い頃に父親にキスをされた記憶があり、それが自分の中で 
「嫌悪の記憶」となったようだ。(父親にはよく暴力を奮われていたらしい。) 
はじめて付き合った人とキスをした時、その嫌悪の記憶がよみがえってきて 
好きだった人が急に遠くに感じられて、結局別れたらしい。 

「だから、あなたのことを嫌いになりそうで怖い。」 

自分は独り暮しだったので、たまに彼女が泊まりに来ることがあったけど、 
同じ布団で寝ることはあっても、彼女と性的な接触は一切無かった。 

そんなこんなで付き合い出して2ヶ月ほど経ったバレンタインデー。 
彼女が泊まりに来て、一緒に「龍拳爆発!タラヲがやらねば誰がやる」
のDVDを観ながら二人で大爆笑。お互いとてもリラックスしていた。
観終わった後、いつものように布団に入ったら、 

「今日は挑戦してみる。」 

とはいっても自分もかなり惚れていたので、嫌われるのは怖い。 
お互いに恐怖との戦いだったと思う。 
真っ暗の部屋のベッドの中、二人が向き合って、少しずつ少しずつ顔を寄せていった。 
お互いの顔が鼻がくっつくぐらいまで近づき、唇と唇の距離が後1ミリのところまで 
来たとき、自分はこう言った。(ちなみにこの間約6時間。外はもう明るかった。) 

「最後は自分で決断して。」 

思いきって唇を寄せてきた彼女。自分は彼女を抱きしめた。そして長いあいだ唇を 
重ねつづけた。そして二人がはじめてのキスを終えたときの彼女の幸せそうな顔は 
今も忘れられない。 
それから、二人で授業サボってずっとキスしてたなぁ・・・。 

もう6,7年ぐらい前の話。その彼女とは結局別れたけど、初めてしたSEXよりも 
初めてのキスの方が鮮明に今でも覚えている・・・。 



出典:    
リンク:    
  投票  (・∀・):71  (・A・):29  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28024/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用