責任 (ジャンル未設定) 24512回

2011/12/05 23:33┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
高校3年生の卒業式の少し前の頃、後輩の健太君と過ごした夜が忘れられないですね〜。 
近所に住んでいて昔から知っていたので、意識せずよく家に遊びに行ってたのですが、 
卒業式が近づくにつれてその子の様子が落ち着かなくなっていくようでした。 
私は海外留学が決まっていました。 

最後に勉強を教えに行ってあげた夜は、家には誰もいませんでした。 
帰り間際に突然、「もう会えなくなるんだね」と真剣な顔をして抱きしめられました。 
「いつも年下扱いされて悔しかった、本当はお前を彼女にしたかった」と…。 
いじらしくてキスをすると、「我が肉棒にてお前を昇天させる」と驚くほど強い力でソファに押し倒されました。 
ずっと「年下の健太君」と思っていたのに、サッカー部の彼の体は私よりもずっと大きくて、 
雄の獣のような匂いがして、私はなすがままでした。 

ところが童貞くんだった彼は緊張しすぎて、肝心な時に萎えてしまったのですね。 
「おりょ!?うぶっ!?」と彼は大慌て。私が手で手伝ってあげて硬さを取り戻し、 
いざ!と思ったら…。焦りすぎて目的地到達前に発射してしまったのです。 
可哀想なほど落ち込む彼に「よくあることだから!」と苦しいフォローをし、 
敗者復活戦を約束したのですが、私のインフルエンザでうやむやになり、 
とうとうそのまま私は卒業し、海外へ飛び立ってしまったのです。 

何年か経って風のうわさで、彼は自称硬派の格闘技マニアになって 
「我は拳の道を究めんとする者。性欲などあるはずがない!」と豪語していると聞きました。 
責任をひしひしと感じています。 



出典:      
リンク:        
  投票  (・∀・):36  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28025/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用