生きてこそ(つづき) (エロくない体験談) 26859回

2011/12/16 18:47┃登録者:えっちな名無しさん◆sswiKBzg┃作者:
378 372 sage 2011/12/05(月) 16:07:42.04 ID:??? 
 
 なんか需要があったので。 
 
 通信兵として青森にいた祖父。 
 大空襲後も、毎日のように米艦載機が飛来。対空戦闘要員が足りず、祖父の居た通信隊も防空戦闘に駆り出された。 
 対空兵装が不足し、部隊に与えられたのは三八式、九九式短、訓練用木銃、あと重機関銃が少し。 
 
 戦闘なんかやりたくない通信隊の面々。 
 身を隠しながら戦いたくても、空襲後の焼け野原に遮蔽物なんてない。 
 
 そこで編み出された、ある妙案。 
 
 内容は背中にトタン板を背負って、艦載機が向かって来たら亀のように丸まって身を隠すもの。 
 空襲後、周囲もガレキまみれなので、最初のうちは偽装効果抜群だったという。 
 
 しかしこの作戦、残念すぎる欠点があった。 
 
・トタンを背負ってると風に煽られてロクに走れない。 
・ひっくり返ると自力で起きれない。 
・周囲のガレキが片付けられるとかえって目立つ。 
 
 周りからはどん亀呼ばわり。 
  
 最終的には背負うのではなく盾のように改造したものの、艦載機が来なくなって間もなく終戦。 
 
 
 ちなみに、木銃を渡されたのは新兵。 
 
 命令は「力の限り敵機を威嚇、罵倒せよ」 
 
 竹槍よりひどい。 
 
 
 
 
379 372 sage 2011/12/05(月) 16:18:45.52 ID:??? 
 
 田舎だからなのか、 
祖父から聞く話は、帝国陸軍らしからぬギャグ話や怪談ばっか。 
 
 八甲田山の亡霊(笑)事件とか、好きな米軍機トーク事件とか、カニ料理で小隊全滅事件とか 
 
 
 
 でも空襲の話は、 
文献で見聞きする以上に凄惨だった。 
 
 
 
 


出典:2
リンク:2
  投票  (・∀・):200  (・A・):50  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28138/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用