天然さんの物語 (修羅場の話) 66013回

2011/12/17 02:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
325 :おさかなくわえた名無しさん:2011/11/25(金) 14:16:42.59 ID:CF0iKStL
かなり昔の話ですが…。 
とある専門誌系メインの編集プロダクションにて。 

私「あれ?そういえば今日Mさん来ませんね」 
先輩Sさん「Mなら辞めたよ」 
私「え?辞めたんですか?知りませんでした。 
私にいろんな仕事を振ってくれるいい先輩だったのに」 
先輩Sさん「は?お前いじめられてたんだぜ?」 
私「ええ? 私、いじめられてたんですか?」 
先輩Sさん「自覚ないの?土日も仕事押しつけられてたのに? 
ここの全員が知ってるよ。でも、下手に庇うと余計悪い方向 
に行くんじゃないかってことで、みんなで様子観てたんだよ」 
私「そのおかげでいろんな仕事を高速で覚えられましたよ」 
先輩Sさん「でもお前のアイデア、ほとんどあいつにパクられてただろ」 
私「それはMさんが気に入って採用してくれた、と単純に喜んでました」 
先輩Sさん「お前バカじゃね?手柄横取りされてたんだぜ?」 
私「でも会社名義の仕事だから、出版社や読者からすれば誰のアイデア 
かなんてどうでもいいですよね。面白ければ。 
それより、なんで急に辞めちゃったんでしょう?」 
先輩Sさん「出版社から、Mの原稿はつまらないから全部お前に書かせろ 
って指令が下ってて、Mは仕事が減って居づらくなって、ここの男全員 
に好きでしたとかなんとか言って関係を迫ってたんだ」 
私「えええ?社長は?」 
先輩Sさん「とにかく全員。男だけで飲みに行ったとき発覚した。 
それを社長が問い詰めたら辞めたんだ。自分から辞めてくれてよかったよ。 
そのぶんお前が大変になるけど、まあ、頑張れ」 

まったく何の自覚もなく、糞ビッチの仕事をほぼ全部取り上げて 
追い詰めて辞めさせた、という話でした。 


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):210  (・A・):37  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28141/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用