夢のあとさき (笑える体験談) 24117回

2012/01/01 01:07┃登録者:しもへいちゃん┃作者:名無しの作者
他人の夢とはなぜか気になるものらしい。

夢を見ていた八五郎。かみさんに起こされ、見ていた夢を質問されるがどんなに考えても思い出せない。結局《見ていなかった》と申告するが、おかみさんは『寝言を言っていたから夢を見ていたのは間違いない』と言う事をきかない。
そこから「夢を見たんだろ?」「見てないって言っているだろ!」と言い合いになってしまい、かっとなった八五郎はついかみさんに手を上げてしまう。

「殴ったね? 好きに殴りよ、さぁ殺せェ!!」
物凄い騒ぎになってしまい、びっくり仰天した隣の辰公が仲裁しに飛び込んでくる。
何とか八五郎のかみさんをなだめ、喧嘩を治めた辰公。
ところが、今度はこの辰公が『夢の内容』を知りたくなってきた。
また喧嘩になってしまい、今度は表を通りかかった大家に仲裁をしてもらった。
しかし、この大家もまた『夢の内容』を知りたくなってくる。
「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」という諺を盾に、何とか『夢の内容』を聞き出そうとする大家だが、見ていない物を説明できるわけがない。
「出て行け、店立てだ!!」
「誰が出て行くか!?」
「出て行かない? お上に訴えてやる!!」とまた大騒ぎになってしまい、訳も分からぬまま八五郎はお白州へ。

この珍妙な事件に奉行も面食らってしまい、最初は「くだらない事を持ち込むな!!」と八五郎を弁護するが、お裁きを進めるうちにこの奉行もまた『夢の内容』が知りたくなってしまう。
奉行に質問され、また「見ていません」と答えた八五郎。
奉行は怒ってしまい、八五郎は高手小手に縛られ、奉行所の庭にある松の木に吊り下げられてしまった。
「何でこうなるのかな・・・」と考えていると、急に突風が吹いて八五郎の体がふわりと空へ・・・。

着いたところは鞍馬山。腰をさすりながら、八五郎が顔を上げると何と目の前に天狗が立っていた!
「ど・・・どちら様?」
「鞍馬山僧正坊である」
「何で、私はここに・・・?」
「あんな変な奉行に人は裁けない。だからわしが助けたのだ」
八五郎は大感謝するが、この天狗、話をしているうちに例のごとく『夢の内容』が気になってしまった。
八五郎もとうとうキレてしまい、天狗に向かって「夢なんか見てない!!」と暴言を吐いた。
これに怒った天狗が八五郎の首を絞め始める。
「ギャー、助けてぇー!!」
びっくりして目を覚ますとかみさんが横にいる。

『夢だったのか』とほっとする八五郎に、おかみさんが

「どんな夢を見たの?」


http://www.youtube.com/watch?v=Kpty8ZikfQk
http://www.youtube.com/watch?v=wUmoNU_ZpJw&feature=related

出典:ばかばかしいお話だけど
リンク:こういうのも楽しいよねw
  投票  (・∀・):55  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28289/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用