堀北×希のSEX診断 (芸能人との体験談) 15867回

2012/01/13 19:36┃登録者:アイドル想像力向上委員会┃作者:名無しの作者
◆乳首に性感帯舌先での責めでのたうち回る!

彼女の、タマゴ型の輪郭を持つ顔にご注目あれ。古来より観相では、

「セックスに望んで感度がよく、しかも男性次第で技巧、秘局構造ともどんどん円熟す、最高の食味を持つ女体」

と教えている。まさに彼女がこのタイプに属する。

性典・鼻の章にこんな教えがある。

「……鼻翼張り、鼻大なるその女、大なる乳首を持つ。それあたかも梅の種なり。交わりの場においては絶えることなく吸い、撫でるべし……」

“梅の種”とは、誇張に違いないが、彼女の乳首が強い性感帯で、しかも大きく発達していることを暗示している。

指の腹でこする、爪で軽く掻く、口に含んで吸う、舌先でこする、なぶる、噛む。

乳首に対する愛撫はすべて、彼女にとって大きな快感を呼び起こすのだ。この種の女体は、乳首の谷間にペニスを押しつけたり、摩擦運動を繰り返すことなどは、交合と同じくらいの快感を呼ぶのだ。

「ああ、ダメ。そんなイヤラしいことしちゃ」

体の芯から沸き立つ快感で、両の瞳はすっかり潤み、腰をふるわせ、男の太股に股間を押しつけてくる――。

これらは、彼女の目に表れている。

性典・目の章に、

「……切れ長にて目尻つり上がる目を有する女、性に対する執着大なり。あらゆる技巧を持って汝を翻弄、悦楽の極みに導く女なり……」

と記されている。

古来より、目が大きくつり上がった女性は“床上手”といわれる。彼女がそれほどの経験者とは思えないが、経験を積み、テクニック豊かな男性に導かれると、快感はさらに上昇する。

全身どこを愛撫しても、すぐに反応を示す。特に肩、背中から腰へ、そして尻の頂から前へ。太股、双丘の根元周辺などへの指の腹、舌先での責めは最良の攻撃だ。電流が全身を駆けめぐり、のたうち回るだろう。 


◆より深い挿入を求めて騎乗位で腰をくねらせる

彼女がセックス大好き女体に変貌するようになることは、法令に暗示されている。

性典・法令の章に、

「……高まりを迎えんとするとき、全身を朱に染め、目潤み、乳首、乳うん、秘局張りつめる女なり。またこの女、音の刺激で快感へと変わる。卑猥なる言葉を耳元でふるわせるなら、秘局に響き、桃源郷へと飛ぶこと必死なり。飽くなき性欲で、汝の精涸れるまで吸い取る。それ、法令分かれ深き女と覚えよ……」

口元近くまで法令が枝分かれしているなら、声の刺激にすこぶる弱いということなのだ。

「オイ、オチ○○ンに触ってみろよ。おまえの唇を待ってヒクついているんだぜ」

「おまえのオ××コは、突いてくれと涙を流しているよ」

こんな卑猥であけすけな言葉を耳元にささやかれるだけで、彼女の全身は疼き、性感に火がつくはずだ。

彼女、言葉の刺激に欲情するのだ。

彼女のようなタイプ、観相を持った女性には、ベットインする前から欲情をかき立てる言葉を耳元でささやいてやること。彼女はその言葉の響きに我を忘れ、身悶えして、自らベットに誘うだろう。

よく通った鼻筋、長大な口。すべてが彼女の性的魅力と感度の良さ、性的欲望の強さ、スタミナの強さなどを暗示している。

ぽってりと下唇は、彼女の秘局が上質であることを教え、また前歯の大きさは、精力の強さを暗示している。しかも、上下の唇の厚さが均等であることも見逃せない。

性典・唇の章にこんな教えがある。

「……汝の男根がいかに長大であろうとも、それを余さず飲み込み、さらに奥へと吸わんとする秘局なり。それ、厚くして等しき唇を持つ女と覚えよ……」

秘局の最深部への挿入が可能な体位、たとえば彼女の両脚を肩に担ぎ、のしかかるような“屈曲位”であっても、決して苦痛を訴えない。むしろ喜ぶことが多い。

また、女性上位の形を取れば、より深い挿入感を得るため自ら上体を起こし、俗にいう“騎乗位”の形になってしまうことだろう。

秘毛は並の濃さで、俗にいう「菱形」である。


◆淫らな音をたて男根をむさぼり溢れた精を啜る

こんな彼女とより楽しむためのワンポイントアドバイス。

ポイントNo.1
彼女の前歯は大きい。観相では「個性的な性技を好む」と定めている。また「飽くことなく男根をむさぼり、汝を責め立てる」とも教えている。おそらく、舌先でペニスから“袋”までとことん愛撫することだろう。ピチャピチャと音をたてるうちに、その音にまた欲望を覚えて、責めたてる。鈴口から絶え間なく溢れる物を丁寧に舐めあげてくれるはずだ。

ただし、彼女、“69”はあまり好きではないということに心をとめるべき。相手に責められるか、また責め立てるか。一つの性技に熱中するタイプなのだ。

ポイントNo.2
鼻筋から鼻頭にかけて肉付きは豊かである。このタイプの女性は、一度性技を教えると、二度目からは自分なりに工夫をして、より深い悦楽を求めようとする“技巧派”である。

それだけに、精力の弱い男性は、持てるテクニックをフル活用して彼女を何度もイカせせないと嫌われる。

ある意味で、男殺しの相を持った女体でもあるから、愛撫にはたっぷり時間とスタミナをかければ最高においしい堀北×希である。

出典:なし
リンク:なし
  投票  (・∀・):5  (・A・):18  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28457/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用