アガリビト (恐怖の体験談) 21831回

2012/01/22 08:02┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
山は怖い、何が怖いって幽霊とか動物とか天候とか色々あるけど一番怖いのは人間。 
お前ら山とかいって開放的になるだろ?すがすがしいな〜ってなるだろ? 

あれは一種のボーダーラインを越えそうになってるから。 
町とか村とか人間が作った物に守られ続けてる人間ほど開放的になりやすい。 

それってつまりタガが外れてるってことだろ? 
どんなにすがすがしくても町のど真ん中で背伸びしたりすがすがしいなんて思わないだろ? 

ゴミとか落ちてる山とかはまだいい。 
人工物があればなんとか留まれる。 
でも100%の自然はダメだ。 

狂うってか戻っちゃう、動物に野セックルとかする人はまさにそれ、当てられちゃってんの。 
山とか森の雰囲気に。 

遭難とかしちゃうと最悪、無意識に「助けが来ないかも、死ぬかも」って思う。 
それは動物として当たり前の事なんだけど人間としては戻れなくなる。 

コカコーラの炭酸が徐々に抜けてくみたいに常識とかモラルがどんどん抜けてく。 
そこで死んじゃうのはまだいい。 
生き伸びるともうひどい。 

だからお前等がもしも万が一人間の手が入ってない山で真っ裸の人間を見たら逃げた方がいい。 

俺のバアチャンとかは「アガリビト」って呼んでた。 
バアチャンの住んでるとこでは神様なんだそうだ。 

だから未解決事件の行方不明になった人とかってそういう人も中にはいるんじゃないのかなとふと思った 

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/21(木) 03:17:08.13 ID:Y1HmEjcF0
322 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 05:44:13.49 ID:2c9lSFW60 [23/23] 
>>314 
要は気が狂っちゃうってことか。 

336 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 05:52:13.75 ID:EjI2Qk480 [9/18] 
>>314 
んー狂うって言うとちょっと違う。 
バーチャン曰くむしろ自殺とかしちゃう都会の人間の方が狂ってると言ってた。 

確かに俺が見たのはあうあうあーな感じではなくてもっとおだやかな感じ。 
ちょっと嫌な言い方だけど電車とかで騒いでるような人みたいなのじゃない。 

多分人間の世界から自然の世界への移行みたいなのが重要なんじゃないかな。 
確かゴータマシッタールダさんとかも王子だったけど野生の王国に身を落として 

悟りを開いたって言うじゃない、バアチャンが言う「アガリビト」ってのはそんなイメージなんじゃないかな。 

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 05:56:18.42 ID:4ayqSC910 
>>314 
アガリビト に一致する情報は見つかりませんでした。 

グーグルにすら引っかからない単語ってすごいな 
ありそうな言葉なのに 

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/21(木) 03:17:49.02 ID:Y1HmEjcF0
355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/28(金) 06:01:51.24 ID:EjI2Qk480 [10/18] 
>>344 
うん俺もけっこう興味があって調べたんだけどね、ぜんぜんダメ 
ヤフーの知恵袋(笑)とかで質問したことあるんだけどなぜか消えちゃうのさ。 

つーかバアチャンバアチャン言ってて申し訳ないんだが
バーチャンはその単語を口に出す事もけっこうためらってる感じだった。 

多分俺がココでこんな事書いてるって知ったらめちゃくちゃ怒られるw 

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 06:17:42.37 ID:EjI2Qk480 [12/18] 
スレチだったらもうしわけないんだが書くわ、少し長文になるけど勘弁してくれ 

正直俺も秘密を秘密にしておくのは辛い、正直喋りたくて仕方ない。うん 
まぁ特定されない程度に書くけどバアチャンは九州の人間で「古賀」って
名字なんだけどその地方はやたらと「古賀」って名字が多い場所とだけ書いておく。

なんかその地方のけっこうルーツにまつわる話で「古賀」の他にも「新賀」ってのも
あったような気がするけど忘れた、厨房のときの話だから勘弁してほしい。 

んで遡ること厨房のときなんだけど近所の渓流で俺は当時はやってたルアーフィッシングをやってたのさ。 

バアチャンの家に遊びに行ってる時なんて釣りくらいしかやることないから
流石に飽きてた俺はお気に入りのスケルトンGをおもいっきり投げたら
向こう岸の林にまで飛んでっちゃってそれを取りに岩を渡って取りに行ったのさ。 

今考えればその川がバーチャンの言ってた「境界線」だったんだと思う。 

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/21(木) 03:18:43.56 ID:Y1HmEjcF0
400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 06:28:56.35 ID:EjI2Qk480 [13/18] 
思い出しながら書いてるから遅いかもしれんが申し訳ない。 

んで向こう岸までついてスケルトンGを探したんだけど見つからない。 
向こう岸の竿から糸をたどっていけばすぐ見つかりそうなんだけど不思議となかなか見つからないのね。 

当時小遣いが月1000円だったから2000円のルアーはおれにとって宝物だったから
1時間くらい森の中をウロウロしてたと思う。 

川からあんまり離れると遭難するから川の音が聞こえる程度のとこをさがしてたんだけれどみつからない。 
すると後ろからパキパキって枝の折れる音がした。 

なぜか熊とかの野生動物とじゃないかとか不安には思わなかった。 
むしろなぜかそこにいないはずの父ちゃんとかバーチャンが俺を捜しにきてくれたのかな?って
ふと思ったのが不思議、そんなはず絶対ないのに。 

んで振り向いたら人が立ってた。全裸の。 
普通びっくりすると思うけど超田舎だったから川を真っ裸で泳ぐ人ってのは近所じゃ珍しくなかったのね。 

んで俺は「あ、こんにちわ」 
って言ったのそしたらその人はにっこりわらってこっちを見てるから悪い人じゃないなって思った。 

一緒に探してくれるのかなって思って 
「ルアーがどこかにいってしまって」 
と言ったら 
「ンー」 
と言いながら近づいてきた。 
俺は周りをキョロキョロしながら歩いてたんだけどその人は俺の周りを 
「ンー」 
って言いながらグルグル歩き始めた。 
今思い出したらアシモみたいな歩き方だった。 

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/21(木) 03:19:35.84 ID:Y1HmEjcF0
415 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/28(金) 06:39:23.61 ID:EjI2Qk480 
んでその人が「ンー」 
とか言いながら岩をふっとどかしたのね。 
岩の下を覗き込むようにしながら岩を大切そうに持ち上げたの。 

俺は 
「いやいや、そんなとこにはないですよw」 
って突っ込んだらその人は 

「ンンンー」 
って言いながらニコニコ笑って俺に岩を投げた。 

頭の横スレスレを横切った岩の意味を理解するのに2秒くらいかかった。 
その人の顔を見ると目に全然覇気がないって言うかギラギラとした目ですごく怖かった、まさにこんな感じ 
→<●> <●> 

俺が身構えるとその人は 
「ギャー」みたいな感じでわけのわかわからない奇声を出した。 

そしたら周りから声が聞こえた。 
「ンー」「ンー」って沢山。 

うわぁああああってなった。 
いつの間にか裸の人が沢山こっちにあつまってくるような音がした。 

ペキペキペキって枝を折るような音が沢山周りから聞こえた。 
逃げ回ってどっちから自分が来たのか全然わかんなくなった。 

怖くなってガタガタ震えてたら遠くでキラキラ光るものを見つけた。 
俺のスケルトンGだった。 

俺はルアーの糸をたぐって川までたどり着きびしょびしょになりながら家に帰った。 
今思い出すと胃の辺りがむかむかする。 

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/21(木) 03:20:16.54 ID:Y1HmEjcF0
428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2010/05/28(金) 06:49:17.11 ID:EjI2Qk480 [15/18] 
んでバーチャンに事のあらましを話したら 
「坊、それはアガリビトだっち」 
と教えてくれた。 

すまん方言は適当、でもだいたいこんな感じ。 
アガリビトはイノシシが山を下りて豚になって人間に食われるようになったみたいに
人間が山を「上がって」自然に帰った姿なんだそうだ。 

でも生まれつき自然と一緒の動物と違って人間の知恵と自然の力を持つようになった。 
つまり人から1ランク上がった存在だから神様みたいなものなんだ、と教えてくれた。 

その地方の人はアガリビトを本気で信仰してる人もいるからもう行っちゃダメだと言われた。 
普通アガリビトは山奥のほうに住んでるもんなんだけどまだ中途半端ないわゆる
「半アガリビト」状態の人は境界線の周りをウロウロすることもあるらしい。 

「中途半端なアガリさんでよかったねー本物をみると怖いから」 
とバアチャンは俺に教えてくれた。 

どうなるの?って聞いたら 
「あがっちゃう」 
とだけバーチャンは簡潔に言った。 

そこからは村のルーツとか起源の話だったから退屈で聞いてなかったけど今思うと惜しい事をしたと思う。 

432 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/05/28(金) 06:54:00.72 ID:EjI2Qk480 [16/19] 
この話を書きながら厨房の時の事を思い出すと今でも後ろから枝を折るような
ペキペキって音と「ンー」が聞こえてくるみたいでぞわっとする。 

すまんが俺もあれがなんだったのか気になるが会社に行かねば。 
だからもし良ければ丘板のほうに転載しといてくれるとすごい助かる。 

なんか明け方のテンションにまかせた支離滅裂な文ですまんかった。 


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):67  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28639/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用