豪気な女上司(つつかない) (恐怖の体験談) 23556回

2012/02/02 11:38┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
http://moemoe.mydns.jp/view.php/28429
http://moemoe.mydns.jp/view.php/28512
http://moemoe.mydns.jp/view.php/28724
http://moemoe.mydns.jp/view.php/28734

 
これのつつきではないです。
それは凄惨な光景だった。あの由紀が支店の連中に犯されているのだ。10人もの男の性欲をたった一人で受け止め続けている・・・
しかし、終焉は唐突だった。

「憤ッ!」

男たちが由紀の体から離れた瞬間、爆風のような衝撃が会議室を揺るがした。
そして、中央に立つ由紀の姿。ヨガで鍛えた細身の体が何倍にも膨らみ、歴戦の戦士のごとき体躯になっている。

「ふう・・・ウヌら・・・よくもここまで我が体を辱めてくれたな・・・」

全身から噴き出すオーラに、下品な顔に笑みを浮かべていた連中が凍りつく。
首謀者である副社長は状況が理解できていないようだ。

「由紀!夫の採用がなくなってもいいのか!?」

しかし、その言葉が由紀を縛ることはなかった。

「何故、我がここまでガマンしていたと思うのだ?おかしいとは思わなかったのか?」

不気味なほど穏やかに続ける由紀。

「黙れ!今すぐ俺のケツの穴を舐めろ!そして、俺の子を孕め!それで許してやる!」

顔を真っ赤にして叫ぶ副社長、だが状況を理解しつつある連中は逃げ腰だ。

「ふ・・・フハハッ!愚か者が!我が能力の前提条件がそろったのだよ・・・もう、貴様は私の奴隷だ」

静まり返る中、ゆっくりと語りだす

「私の能力の前提条件は、男の精液をある一定以上体内に吸収すること・・・それがクリアできれば、一定数の人間の意識を操作できる・・・つまり、もうおまえの意識は我の支配下に置かれているということだ・・・おい、我の足先を舐めろ」

その常軌を逸した言葉・・・だが、あれほど怒り狂っていた副社長が由紀の前に膝をつき、精液を舐めとりだした



出典:イクナイが10以上で続きます
リンク:ていけー
  投票  (・∀・):37  (・A・):84  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/28747/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用