旅商人 (エロくない体験談) 11836回

2012/03/03 09:21┃登録者:えっちな名無しさん◆Y/vRvEXw┃作者:名無しの作者
617 :水先案名無い人:2008/06/17(火) 16:31:10 ID:Qre+slEA0
エディは街から街へ何でも売り歩く旅商人だ。 
ある時、西部の宿場町に宿を取り食事をしていた。 
テーブルの傍らで、宿で飼われているみすぼらしい犬が飯を食っていた。 
何の気なしに目をやってエディは息を呑んだ。 
犬の飯が盛られている皿は、まごうことなきミントンの皿だった。売れば3000ドルはくだらない高級品だ。 
エディは、宿屋の主人トムが皿の価値を分からず使っていると一計を案じ、トムを呼んだ。 

「よおトム。この犬は利発そうだな。旅のお供に俺に譲ってくれないか」 
「辞めといたほうが良いよエディ、こいつは汚いし頭も悪い」 
「なにトム、もちろんタダとは言わない。そうだな、50ドルでどうだ。」 
「OKエディ。あんたの頼みは断れない。50ドルで旅に連れってくれ」 
「サンキュー、トム。そうだ。旅になれてにない犬が寂しがっちゃいけない。いつもメシを食ってるこの皿も一緒に持ってくぜ。」 
「だめだめ、ダメだよエディ。これはミントンの皿っていって売れば3000ドルは下らない。他のを持ってきな」 
「・・うぐっ。知ってた。くそ。な、なんで、そんな高級な皿をこんな犬のメシに使ってるんだ」 
「それが不思議なんだエディ。この皿で餌をやっていると、ときどき汚い犬が50ドルで売れるんだよ」 


出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):24  (・A・):21  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29077/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用