F沼 流奈先輩とのセックス (会社での体験談) 42441回

2012/03/10 16:35┃登録者:えっちな名無しさん◆J7hkGjM.┃作者:名無しの作者
店で働いています。

F沼 流奈(るな)さんという独身女性がいて、髪色は茶色で少しスレンダー。
顔は色白の美人で細い顔をしている。

店が閉まり、休憩室はF沼 流奈先輩と二人っきり。
片付けが終わり休憩室(8畳くらいのテレビのある部屋)へ、僕も店を片付けて休憩室へ。
「だめねー女も年をとると・・恋愛が怖くなっちゃって・・結婚したいんだけど・・」
「まだイケますよ。F沼 流奈先輩なら」

「Iくんだけだよ。そんなこと言ってくれるのは」
「あんまり色っぽくないけど(笑)」

「Iくん今は彼女いなかったよね。触ってみる?」と、F沼 流奈先輩は僕の手を胸に・・・グレーの制服を脱がしてみると少し貧乳でした。

「最近の若い女の子はみんなオッパイもお尻も大きくていいよねー。私はこんなのでごめんね・・・前の彼女と比較しないでね・・・」
F沼 流奈先輩を寝かせるとドラ焼きくらいのオッパイのふくらみに乳首が乗ってるだけの感じ・・・愛撫してあげるとすごく感じていてあえぎ声を出しました。

「ああ・・いい・・上手・・お尻も舐めて・・」お尻はソコソコ横幅もありボリュームがありました。
お尻の穴を舐めてあげると感じていました。
「あ゛あ゛んっ、あ゛んっ、Iくん、流奈のお尻の穴感じちゃってるのっ!!」
正直、F沼 流奈先輩の肛門はウンコ臭かったです。
オ○ンコのビラビラは左に偏っていました。
そのビラビラを指でかき分けてクリを愛撫しました。
「アタシ久々だから感じる(笑)いいのっ・・Iくん入れてっ・・」

僕は「ゴムない・・」

「いいよ、付けなくてさ、流奈にナマで入れてぇ・・・」
そのまま挿入しました。

ガンガン突いて外出ししようとすると、藤沼流奈先輩は正常位で僕の腰の後ろに足を交差させてロックされ、外に出せない体勢に・・・F沼 流奈先輩は
「中に欲しいの・・・Iくんのイッパイ出してえっ・・・前からやさしく話してくれたから好きだったの・・」と下から僕の耳をカミカミしたり息を吹きかけたり舐めたりして耳元で「Iくんが欲しいの・・・結婚して・・・」

僕は興奮して貧乳を揉みながら「僕も好きだよ・・・あっイクよ・・流奈先輩っ・・・」と中出ししてしまいました。
今までの女性とのセックスの中で一番の量が出ました。
F沼 流奈先輩は結婚を焦っていたのでしょう・・どうするかなー。


出典:t
リンク:t
  投票  (・∀・):31  (・A・):36  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29196/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用