感動する話をいくつか (泣ける体験談) 31252回

2012/03/12 03:30┃登録者:驢┃作者:

☆1☆

6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いてお いたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。 

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」 

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよw 

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。 
朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。 
早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」っていって、夫に薬を飲ませた。 
夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、 
「ああ! 良かった〜。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、 
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね〜」……っていうと夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。 
私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。 
夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。 
その後、娘が近所の子の家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が 
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。 
お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。



☆2☆

大学が決まり一人暮らしの前日の日 
親父が時計をくれた。 
金ピカの趣味の悪そうな時計だった。 
「金に困ったら質に入れろ、多少金にはなるだろうから」 
そういってた。 

二年生のある日、ギャンブルにハマリ家賃が払えなくなった。途方にくれていた時。 
ハッと気がつき、親父の時計を質にもって行った。 紛れもない偽者であることが判明した。 
すぐに親父電話した。 

俺「おい!偽者子供につかませんなよ!」 
親父「なっあてになんねーだろ人のゆうことなんざ。困った時にこそ裏切られるんだよ。最後の頼みの綱になー。がはははは!これが俺の教育だよ。」 
親父「でいくら必要なんだ?金に困ったんだろ?」 
俺「・・・・あきれるわ。十二万貸してください・・・」 
親父「明日振り込むから、何があったかは聞かない。 
   金がない理由は親にいえない事が多いわな!」 
親父「がはははは!女にでもはまったか?このバカ息子が!!ははは!!」 

正直心底むかついたが、親父の声は俺を安心させてくれた。 今思うと、小さい会社だが経営者らしい教育だったのかなと思う。 
そんな親父も去年の夏、ガンで死んだ。 
往年の面影も消え、ガリガリになった親父が また時計をくれた。まだ箱に入った買ったばかりの時計だった。必死で笑顔を作りながらいった。 

親父「金に・・困ったら質にでも・・・入れろや・・!」 

オメガのシーマスターだった。くしくもその日は俺の誕生日だった。 

俺「親父の時計はあてになんねーから質には入れないよ。」 
二人で笑った三日後、親父は死んだ・・・ 
親父が死んだ今も、金ピカの時計はメッキもはげたがまだ時を刻んでいる。 



☆3☆

仕事帰りに乗ったタクシーの運転手から聞いた話です。 

ある夜、駅ロータリーでいつものように客待ちをしていると血相を変えたリーマン風の男性が「〇〇病院まで急ぎで!」とタクシーに飛び乗ってきた。 
男はどこかに電話をかけているようだが、相手が受け取らないようだ。 
ヒーヒー言いながら男は平静を保っていた。しばらくすると男の携帯が鳴った。 

男「もしもし!母ちゃんの様子は?…。 
そうか、頼みがあるんだけど受話器を母ちゃんの耳にあててあげて!…。」 
優しいが芯のある声で男が勇気づけるように語りだした。 
男「おいおいいつまで寝てる気だよ、 朝散々人のこと叩き起こしてたくせによ。 
今せっかく働いて、美味いもん食わしてやろうと毎日頑張ってんのに、」 
「おれまだなんもしてねーよ!死ぬんじゃねーよ!おれが手握るまで息してろよな」と言って切った後、男は黙りこくっていた 

しかし病院までの道のりはかなり遠い、男の苛立ちを背中でヒシヒシと運転手は感じ、信号を避けるため裏道など利用し最善を尽くした。 
しばらく走ると再び男の携帯がなった 
男「もしもし…そうか…わかった…もう着くよ」そう言い電話を切ると男は黙りこくった 

そうこうしているうちに病院に着き、男は運転手にお詫びを言い病院の中に消えた 

私はタクシーから降りる間際、お金を渡し、涙ぐんでこう言った 
「覚えていてくれたんですね。これはあの時払えなかった運賃です。ありがとうございました。」 



☆4☆

もう五年前ぐらいの話かな。 
人前ではほとんど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。 

お袋は元々ちょっとアタマが弱くて、よく家族を困らせていた。 
思春期の俺は、普通とは違う母親がむかついて邪険に扱っていた。 
非道いとは自分なりに認めてはいたが、生理的に許せなかった。 
高校を出て家を離れた俺は、そんな母親の顔を見ないで大人になった。 
その間実家に帰ったのは3年に1回程度だった。 

俺もいい大人になり、それなりの家庭を持つようになったある日、 
お袋が危篤だと聞き急いで病院に駆けつけた。 
意識が朦朧として、長患いのため痩せ衰えた母親を見ても、 
幼少期の悪い印象が強くあまり悲しみも感じなかった。 

そんな母親が臨終の際、俺の手を弱々しく握りこう言った。 
「ダメなおかあさんでごめんね」 
精神薄弱のお袋の口から出るにはあまりにも現実離れした言葉だった。 
「うそだろ?いまさらそんなこといわないでくれよ!」 
間もなくお袋は逝った。 
その後葬式の手配やらなんやらで不眠不休で動き回り、 
お袋が逝ってから丸一日過ぎた真夜中のこと。 
家族全員でお袋の私物を整理していた折、一枚の写真が出てきた。 
かなり色褪せた何十年も前の家族の写真。 
まだ俺がお袋を純粋に大好きだった頃。みな幸せそうに笑っている。 
裏には下手な字(お袋は字が下手だった)で家族の名前と当時の年齢が書いてあった。 
それを見た途端、なぜだか泣けてきた。それも大きな嗚咽交じりに。 
いい大人がおえっおえっ泣いてる姿はとても見苦しい。自制しようとした。 
でも止めど無く涙が出てきた。どうしようもなく涙が出てきた。 

(俺は救いようがない親不孝ものだ。格好なんて気にすべきじゃなかった。 
やり直せるならやり直したい。でもお袋はもういない。 
後悔先に立たず、とはまさにこれのことだったんだ。) 

その時、妹の声がした。 
「お母さん、笑ってる!」 
皆布団に横たわる母親に注目した。 
決して安らかな死に顔ではなかったはずなのに、表情が落ち着いている。 
うっすら笑みを浮かべているようにさえ見えた。 
「みんな悲しいってよ、お袋・・・。一人じゃないんだよ・・・」 
気がつくと、そこにいた家族全員が泣いていた。 

・・・あれから俺はことあるごとに両親は大切にしろと皆に言っています。 
これを読んだ皆さんも、ご健在であるならばぜひご両親を大切にしてほしい。 
でないと、俺のようにとんでもない親不孝ものになっちゃうよ・・・。 


出典:既出だったら
リンク:ごめんね
  投票  (・∀・):119  (・A・):21  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29219/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用