誓いの金貨 (ジャンル未設定) 15623回

2012/03/22 09:34┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
213 :例えばこんな日本びいき 29:2012/02/10(金) 22:10:03.65 ID:fE5uAYB/
100年前の誓いの金貨 

一昨日、2月8日は日露戦争が始まった日です。 
1904年(明治37年)2月8日。日露戦争ははじまりました。
この戦争では、日本がロシアの捕虜に
人道的かつ寛大な対応をしたことで知られています。 
ロシア兵の捕虜収容施設が日本各地に作られましたが、
中でも、愛媛県松山市の俘虜収容所は有名。 

瀬戸内の気候は温暖。人の心も優しい。 
そして、捕虜の外出は自由。
温泉に入ることも可能で、既婚者の将校はロシアから妻を呼び寄せ、
一般家屋に住むことまで許され、市民との交流も盛んでした。 

『捕虜は罪人ではない。
 祖国のために奮闘して破れた心情をくみとって、 
 一時の敵愾心にかられて侮辱を与えるような行為はつつしめ』 
これは当時の愛媛県が県民にあてた勅諭。 
松山は捕虜にとって、楽園のような場所だったのです。 

この話は、母国から前線の兵士にも伝わり、
降伏・投降する際には「マツヤマ、マツヤマ」と
日本軍に叫ぶロシア軍兵士が続出したといいます。 

日本赤十字社もロシア人負傷兵の救済に尽力。 
病院に収容されていたロシアの負傷兵の多くは、
献身的な日本人看護婦に恋心を抱いたとか。 

そして、2010年の松山市。 

松山城の二の丸にある防火用水を兼ねた古井戸より、
表面にロシア語とカタカナが刻まれたコインが見つかりました。
1899年製造のロシアの10ルーブル金貨です。 

214 :例えばこんな日本びいき 29:2012/02/10(金) 22:14:39.20 ID:fE5uAYB/
ロシア語は人名で
「M・コスチェンコ」。カタカナは「コステンコ・ミハイル」 
それに「タチバナカ」と読めます。 

調査が進められました。 
「コスチェンコ氏」は、当時24歳の歩兵少尉だったそうです。 
では、「タチバナカ」も名前でしょうか?
「橘力」ならば日本人の男性です。 
そのため、当初、このコインは、
「日本人男性と将校との友情の証ではないか」との 
推測がなされていました。 

私が計算してみたのですが、
当時の10ルーブル金貨の価値は、
現在の日本円で25万から30万円程度になるようです。 
よほどの覚悟がないと、井戸に投げ込める額ではありませんよね。 

さらに資料が調べられましたが、
当時の捕虜収容所の関係者に該当しそうな 
人物は見つかりません。
その後、「チ」と思われていた文字が、「ケ」ではないかとの 
指摘がありました。 
そうなると刻まれていたカタカナは「タケバ ナカ」です。 

215 :例えばこんな日本びいき 29:2012/02/10(金) 22:22:15.82 ID:fE5uAYB/
その名前で探した所、該当者が見つかりました。 

当時の日本赤十字社の看護婦で、
捕虜収容所に勤務していた「竹場ナカ」さんです。 
さらに、1904年の海南新聞に二人が恋愛関係であったことや、
その後、別れざるを得なくなったことをうかがわせる記述が
見つかったのだそうです。 

それにしても、この金貨は、
どのような状況で投げ入れられたのでしょうか。 

若きロシア将校が、帰国の直前、
異国の恋人との再開を自分に誓って投げ入れたか? 
それとも、引き裂かれる運命の二人が、
手を取り合って投げ入れたのか? 

色々と想像のかきたてられるところですが、
故人のプライバシーに配慮して、 
それ以後の調査は控えられたとのこと。 

ちなみにこの話をテーマにしたモニュメントが作られ、
地元の劇団が、演劇を定期的に開いている模様。 
松山に行く機会がある方は、足をのばしてみてはいかがでしょうか? 

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020901000751.html
http://www.mcvb.jp/topics/?p=355
http://www.botchan.co.jp/coin/story.html

222 :おさかなくわえた名無しさん:2012/02/10(金) 23:14:01.76 ID:8XwRlk+c
>>215 
切ないロマンがある話を乙です。 
その話が演劇になってたのまでは知りませんでした。 
恋仲話繋がりで、 
フランソア・カロンとその日本人妻の話が小説や演劇に出来そうだよな〜 
と、昔考えた事があったのを勝手に思い出しました。 

ところでどなたか、 
『江戸時代に日本に興味持ってわざわざ漂流民として捕まって、 
 入った牢屋で日本人の役人相手に英語教室開いてた、 
 白人とネイティブアメリカンのハーフの米国人』 
の事をご存知ありませんか? 

229 :例えばこんな日本びいき 29:2012/02/11(土) 00:00:47.52 ID:fE5uAYB/
>>222 
ラナルド・マクドナルドのことかと思われます。 

http://www.kanda-zatsugaku.com/090724/0724.html
http://blogs.dion.ne.jp/mrgoodnews/archives/4816627.html

詳しくは上で。 
このひとは、ネイティブアメリカンの先祖は日本人だったと
信じていたそうですよ。 

267 :おさかなくわえた名無しさん:2012/02/11(土) 13:44:27.08 ID:bZD+Beh6
>>213 
先日、駐日イスラエル大使が書いた本の中で、
その松山俘虜収容所の話が出ていた。 
ペンドールと言って片腕失くして収容所生活送っていた
ユダヤ系ロシア人らしいのだが 
当時の日本人の美徳色々有ったと思うが
たとえば自己犠牲、公に尽くす、勤勉、自律、その他諸々 
今はどうかわからないが、
とにかくこの若者は非常に感化されてロシアに帰国する 
そしてイスラエルの地に飛んで国軍を創ってしまうんだよな 
銃撃戦の最中に彼は
「国の為に死するは名誉なことだ」という言葉を残し亡くなってしまう 
今でも彼はイスラエル国軍の父として尊敬を集めている。 
うろ覚えだがそのような話だった。 
まあこれは明治人びいきの外国人の話だな 

268 :おさかなくわえた名無しさん:2012/02/11(土) 13:56:08.60 ID:Qikit6md
>>267 
ヨセフ・トルンペルドールな 


出典:2ch
リンク:2ch
  投票  (・∀・):31  (・A・):9  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29394/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用