親子の会話 (笑える体験談) 48331回

2012/03/31 14:41┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
先日、バスに乗っていると3歳くらいの可愛い男の子と父親が乗車してきた。

知りたい盛りの男の子の「あれなにー?」「なんでー?」攻撃に、父親が一つ一つ丁寧に答えていて微笑ましい光景だった。ふと周囲を見たら、他の乗客も自分と同じように親子を生暖かく見守っていた。

しかし、男の子の次の発言でほっこり空気が一変し、突然車内に緊張感が走ることになる。

「ねぇねぇパパ〜、あのさ〜、なんでちんちんはきちゃないのに、きのうママはパパのちんちんをぺろぺろしてたのー!?」

よりによってバスはアイドリングストップ型であり、ちょうど信号待ちで車内がシーンとした瞬間の出来事だった。もはや誰も聞こえなかったふりなどできなかった。「空気が張り詰める 」という表現は比喩ではなく事実であると実感した瞬間だった。

と、父親は冷静に「おっ、スカイツリーだ!」と窓の外のスカイツリーを指差した。どうやら注意逸らし作戦を遂行するようだった。

男の子は「ほんとだー!!!!」と歓声を上げ、無事ミッションは成功したようだった。とたんに車内の空気がほぐれ、思わずため息が漏れた。しかしそれは束の間の休息に過ぎなかった。

「すかいつりーってなにかちんちんみたいだね」

奴の思考はちんちんから離れてなどいなかったのだ。強引にちんちんの話題に引き戻した男の子は、まだ答えをもらえていない質問を再度父親に繰り返したのだった。

再び緊張感に包まれた周囲とは裏腹に、父親は変わらず冷静だった。「お!今度は都電荒 川線だ!」と、タイミング良く近くを通った路面電車に注意を向けた。

これは大成功だった。男の子は図鑑で見たのと一緒だと大興奮していた。その様子を見て、もう大丈夫だろうと乗客一同胸をなでおろした。

興奮した男の子は父親に得意気に語っていた。

子「ああいうでんしゃを『ちんちんでんしゃ』っていうんだよ。パパしってたー?」

父「しらなかったよ。よくそんなことしってるね」

子「なんかさー、ちんちんでんしゃって・・・『ちんちん』だってー!ぶふふふふ・・・・・・ねーなんでママはパパのちんちんぺろぺろしてたのー?」

父「今度はそうきたか」

最後の父親の冷静な一言に、乗客のにーちゃんが吹き出した。自分も限界だった。それを合図に車内中 で爆笑が起きた。

殺伐とした都会で起きた奇跡。妙な連帯感に包まれた、不思議な出来事だった。

出典:おり
リンク:おり
  投票  (・∀・):379  (・A・):74  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29596/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用