魔法少年「し、触手がおちんちんに絡んで・・・んっ!」 (ジャンル未設定) 16040回

2012/04/21 12:15┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 13:43:02.53:ZTpD18j50

悪の組織に入社して一年、早くも幹部に昇進した。 

就職難のこの時勢に、好待遇だからと選んだ職だったが、どうやら自分にはこの道の才能があったらしい。 

しかし、わがままを言うなら、この職場には潤いが欠けていた。 

同僚の男たちは怪人か、パッとしない下っ端の戦闘員で、入社して間もなく、私は社内恋愛は諦めた。 

触手で自分を慰める日々。 

魔法少年が現れたのは、そんなある日のことだった。 

怪人や戦闘員を指揮して街を襲っていたところに、あの子はやってきた。 

少年は強く、戦闘員を寄せつけなかったが、そんなことはどうでもよかった。 

好みだった。 

ど真ん中ストレートでストライクゾーンに突き刺さった。 

少年を一目見たあの瞬間の感動を、私は生涯忘れないだろう。 

 
30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 13:54:39.75:ZTpD18j50

怪人まで倒され、私たちはアジトへと引きかえした。 

すぐに緊急会議が開かれた。 

例の魔法少年をどう処分するか、あの強さにどう対抗するべきか意見が飛び交う。 

これといった結論は出ず、静かになった会議室で、私は手を上げた。 

「全て、私に一任してもらえないでしょうか」 

「何かいい考えがあると言うのか」 

首領が期待のまなざしを向けてくる。 

撤退中からずっと考えていたことを提案する。 

幾つかの応答を経て、首領は頷いた。 

「女幹部を、魔法少年攻略作戦の責任者に任命する」 

 
35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 14:05:29.79:ZTpD18j50

企画書を仕上げ、科学部に渡した。 

うちの科学部は優秀で、依頼した物の完成に何日もかからなかったが、私にとってはとても長い時間だった。 

早くあの子に会いたかった。 

完成までの時間、調査の名目であの子の日常を観察して、何度も自分を慰めた。 

自慰を重ねるたびに、あの子への想いはますます強くなっていった。 

完成の報告を受ける。 

ついに計画を実行する時がきた。 

ああ、やっと会いに行ける。 

 
36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 14:14:00.82:ZTpD18j50

わざわざ少年のもとへ行く必要はない。 

適当な所を襲撃していれば、ほら。 

「それ以上人々を苦しめるのはやめてください! 僕が相手になります!」 

正義感に瞳を燃やして、向こうからやってきた。 

少年が呪文を唱える。 

光に包まれ、服が消滅した。 

眩しすぎる裸体に、鼻血が出そうに……出てた。 

コスチュームに身を包み、少年は魔法少年への変身を完了した。 

 
40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 14:26:37.41:ZTpD18j50

鼻血を拭い、悪人の常套句のようなものを魔法少年に投げる。 

少年はこちらに視線を向け、その瞬間、硬直した。 

無言のまま、私をずっと見つめてる。 

「どうしたの?」 

尋ねると、少年ははっとして俯いた。 

顔が耳まで赤くなってる。 

かわいい。 

この衣装を選んでよかった。 

かなり際どくて、ちょっと下品かなと不安に思っていたが、お気に召してくれたようだ。 

 
47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 15:00:41.07:ZTpD18j50

敵から目を逸らすわけにはいかないからか、それとも興味があるのか、きっと後者だろう。 

俯いたまま、ちらちらとこちらを盗み見ている。 

わざと胸を揺らしたり、強調するようなポーズをとる度に、少年の眼差しが強くなっていく。 

少年の股間に目を遣ると、一目でわかるくらいに膨らんでいた。 

私が見ていることに気づいたのか、少年は腰を引いて前屈みになった。 

それで隠せているつもりなのだろうか。 

かわいすぎる。 

垂れていた涎を吸い上げ、戦闘員に号令をかけた。 

 
52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 15:25:45.59:ZTpD18j50

情けなくもかわいい姿勢のまま、少年は戦闘員を蹴散らしていく。 

動きづらそうにしていたが、やがて戦闘員を全滅させた。 

一人残った私に、少年が向き直る。 

胸ばかり見ているのがわかりやすい。 

「私たちの負けです。どうか助けてください」 

降伏を告げると、少年は少し驚いていたが、二度と悪いことをしないなら、と答えた。 

「ありがとう。お礼がしたいのだけれど、何かしてほしいことある?」 

屈んで、少年に顔を近づける。 

少年の目が、目の前で揺れる胸に釘づけになった。 

「お姉さんにできることなら、なんでもしてあげる」 

少年は震える手を伸ばし――。 

背後から伸びる触手に、いとも簡単に絡めとられた。 

 
59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:00:15.06:ZTpD18j50

無数の触手が少年の手足を縛りあげる。 

「い、いつの間に……」 

触手を伸ばし、うごめく肉塊を見て、茫然とつぶやいた。 

「いつの間にも何も、結構前から待機させてたんだけどな。おっぱいばかり見てて気づかなかったでしょう?」 

「み、見てない」 

咎めるように言うと、少年は羞恥で顔を真っ赤にして否定した。 

「こんなツル……」 

触手を引きちぎろうと、少年がもがく。 

しかし、どれだけもがいても、触手は一本も断ち切れない。 

科学部に特別に作らせた触手だ。 

引っ張る力には異常に強いのだ。 

 
62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:11:53.60:ZTpD18j50

「く……それなら……」 

少年が何かつぶやき始めた。 

魔法の詠唱だ。 

力で駄目なら魔法で引き裂こうというのだろう。 

だが、詠唱は中断される。 

「んぐっ!?」 

触手が、少年の小さな口をいっぱいに広げて潜り込んだからだ。 

喉に届くぐらい深く入っているのか、少年の目に涙が浮かぶ。 

あれでは詠唱どころじゃない。 

 
64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:21:53.97:ihECy0FO0
がんばって最後まで書き上げてほしいですね 

 
65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:23:23.84:UgyLCoik0
ええ、思い出に残る作品になることでしょう 

 
69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:27:06.40:ZTpD18j50

「それじゃ、始めよっか」 

私の声に反応して、触手が動き始める。 

少年の目が恐怖で見開かれる。 

「大丈夫。怖いことじゃないよ」 

触手が少年の体を這う。 

うなじを、鎖骨を、ふとももを、舐めるようにさすっていく。 

「ふ!?」 

少年の体がびくんと跳ねた。 

触手は何度も這いずり回る。 

少年は息を漏らしながら全身を震わせた。 

触手から分泌される粘液で、体はべとべとになっていった。 

 
73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 16:41:06.03:ZTpD18j50

触手は腋や脇腹、足の裏などに対しては、さするのではなく、くすぐるように小刻みに動いた。 

「ひゃ!」 

少年の体が一層強く跳ね上がった。 

「ひゃ……ひゃ……」 

口の中に触手があっては笑いをこぼすこともできず、少年の口からはふうふうと息が漏れるだけだった。 

「そろそろいいかな?」 

少年のペニスはとっくに勃起していて、ぴくぴくとかわいく震えている。 

むしゃぶりつきたい衝動にかられるが、その前にやることがある。 

合図を送ると、肉塊は新たな触手を一本伸ばした。 

目の前で揺れる新しい触手に、不安の目を向ける少年。 

触手は先端を少年に向ける。 

それは生き物の口のように穴が開いていた。 

 
78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 17:00:12.82:ZTpD18j50

穴の内部はいくつもの突起ででこぼこしており、無数のひだがうごめいている。 

触手は涎のように粘液を垂らし、少年の目が一層の恐怖で濁った。 

触手は口を広げると、少年のペニスに喰いついた。 

「……!」 

痛みと、そして快感で、少年は声にならない叫びを上げた。 

触手がうねり、じゅぷじゅぷと音を立ててペニスをしゃぶっている。 

他の触手の動きも一層激しくなった。 

一本の触手が少年のおしりを撫でまわし、穴をくすぐり、ついには中へ侵入した。 

少年の全身にびんと緊張が走った。 

睾丸がきゅっと縮む。 

射精している。 

 
82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 17:08:00.43:ZTpD18j50

穴開きの触手が蠕動している。 

少年の精液を一滴でも多く搾り取ろうと吸引しているのだ。 

他の触手も射精を促すように全身を這っている。 

おしりに入った触手は、前立腺を重点的に刺激しながら、激しくピストン運動している。 

少年はがくがくと震えている。 

ほとんど白目をむいて、目や鼻、口から体液をこぼしていた。 

 
85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 17:19:27.64:ZTpD18j50

穴開き触手の蠕動が止まった。 

少年のペニスがやっと解放される。 

粘液まみれで、赤く腫れ、ひくひくと震えていた。 

と、触手の本体である肉塊が大きく膨らんだ。 

肉塊は精液を魔力に変換して蓄える貯蔵庫として作られている。 

魔法少年の精液なら相当の魔力が得られるのでは、と考えて作らせたが……。 

「すごい……」 

予想以上の大きさに膨らんだことに感嘆する。 

これだけの魔力を容易く得られるなら、世界征服も遠くないだろう。 

 
89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 17:35:47.89:ZTpD18j50

少年を連れ帰ろうと、その細い体を抱き寄せたときだった。 

「待ちなさい!」 

甲高い声がした方を向くと、一人の少女が立っていた。 

よく知っている顔だ。 

向こうは私を知らないだろうけど。 

少年を観察しているとき、あの少女は何度も視界に入ってきた。 

学校でも、それ以外の場所でも、いつもいっしょにいた。 

嫉妬を原動力にして素性を洗いまくった結果、あの少女はただの人間ではなく、 
彼女が少年を魔法少年にしたということがわかった。 

 
92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 17:48:21.93:ZTpD18j50

なんでも、昔活躍していた魔法少女たちには、パートナーがいるのが普通だったらしい。 

多くは動物で、時には異性である男の子がパートナーだったとか。 

ならば魔法少年に少女のパートナーがいるのは自然なことなんだろう。 

あの少女は魔法の才能を持った少年を見つけ、キスをすることで魔法少年に変身する力を与えたそうだ。 

キスをすることで。 

キス。 

嫉妬で人を殺せたらなぁ。 

「彼を連れていかせるわけにはいかないわ!」 

彼ときたか、くそぉ。 

少女が突撃してくる。 

こちらには触手を操る肉塊がいるのに……何か策があるのだろうか。 

「くっ、放しなさいよ!」 

無策だったらしい。 

 
101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 18:11:33.87:ZTpD18j50

さてどうしたものか。 

ここで殺しておこうか、それとも連れて帰って実験動物にでもしようか。 

考えていると、胸の中の少年が息を漏らした。 

強すぎる快楽と、魔力を搾り取られた疲労で気を失い、しばらくは目を覚まさないと思っていたのに……。 

少年はぼんやりと視線をさまよわせると、触手に縛られている少女を見た。 

途端に意識がはっきりしたのか、彼女を助けようと体を動かした。 

疲労のあまり、身じろぎにしかなっていなかったが。 

少女も少年のもとへ行こうと、触手から逃れようとしている。 

互いに互いの名前を呼んでいる。 

その光景を見て、私の行動は決まった。 

少年の顔を無理矢理こちらに向かせた。 

少年が、こんなに近くに。 

理性が吹っ飛び、私は少年の唇を強引に奪った。 

 
102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 18:12:22.64:ufGXMwPP0
ズキュゥーーーーン! 

 
109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 18:29:58.61:ZTpD18j50

少年の上唇、下唇を、私の唇で何度も食んだ。 

舌をねじ込んで、少年の歯と歯ぐきを丹念に舐めた後、少年の舌に絡ませた。 

少年の口を隅々まで犯し、口を離す。 

唾液が糸を引いて二つの口をつないでいる。 

少年が蕩けた顔をこちらに向けている。 

「あの子とのキスより、ずっと気持ちよくしてあげる」 

少女が何か喚いた。 

うるさいので触手に口を塞がせた。 

それから何度も口を重ねた。 

はじめは私が一方的にしていたが、やがて少年の方からもしてくるようになった。 

股間に手を伸ばすと、少年が身じろいだ。 

痛そうなくらいガチガチに勃起していた。 

 
117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 18:57:15.95:ZTpD18j50

少年のペニスは、亀頭をわずかに覗かせて、皮で覆われている。 

鬼頭の先でぷっくり膨れてる先走りを舌ですくった。 

そのまま亀頭に舌を這わせ、唾液で濡らしていく。 

それだけで気持ちよくなってしまったのか、少年の睾丸が縮んでいく。 

ペニスの根元を、指で輪を作り、きゅっと絞める。 

射精感が込み上げても射精に至らず、少年は思わず声をあげた。 

目に涙をためてこちらを見ている。 

ごめんね、もうちょっと待っててね。 

舌で皮を剥いていく度に、少年は体を震わせる。 

やがて皮は全て剥け、ピンク色の亀頭がその全貌を見せた。 

「よく我慢できたね。もう出していいよ」 

ペニスを口に含み、指を離した。 

ペニスが膨張するのを感じる。 

ようやく吐き出された精液は喉を叩き、すぐに口をいっぱいにした。 

さっき、あんなにたくさん出したのに、どこにこれだけ残っていたんだろう。 

 
120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 19:13:55.03:ZTpD18j50

精液が口からこぼれても、射精は止まらなかった。 

少年は私の頭をつかんで、足と腰をがくがく揺らしている。 

やっと射精が終わった。 

口の中の粘っこい精液を、時間をかけて飲み干し、ペニスから垂れる精液も、舌で舐めとって綺麗にしていく。 

ぴくぴくしているペニスが愛おしく、ちゅっと音を立ててキスをする。 

その時だった。 

少年が黒い光に包まれた。 

光が消えると、魔法少年の衣装を着た少年がそこにいた。 

だが、さっき着ていた衣装とは所々異なっている。 

全体的に黒く、露出度が高い。 

特に股間部分はむきだしだった。 

 
121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 19:16:23.71:MYKBNNrO0
堕ちたか……ゴクリッ 

 
129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 19:31:45.79:ZTpD18j50

存在を忘れかけていた少女が呻いた。 

変わってしまった少年を見て、絶望に顔をゆがませている。 

当の少年はと言うと、突然の変化にとまどって、怯えていた。 

私は服をずらして胸をさらし、少年を抱き寄せて胸に埋めた。 

鼻息がくすぐったい。 

「ずっと見てたでしょ? 触りたかったでしょう。好きにしていいよ」 

そう囁くと、少年は真っ先に乳首をかじった。 

ちゅうちゅうと、必死に乳首を吸う。 

空いてる方の胸は片手で乱暴に揉みしだく。 

頭を撫でてあげると、一層幸せそうになった。 

少女の方を見る。 

歳相応以下の薄い胸の持ち主の顔には、敗北感がありありと刻まれていた。 

 
137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 19:53:34.59:ZTpD18j50

すっかり胸に夢中な少年の手を取り、下へと導く。 

濡れた肉の感触に、少年は驚き、胸からそっちへと目を移した。 

発情した雌の股を見て、少年の息が荒くなる。 

「入れたい?」 

少年はこくこくと何度も頷いた。 

私は寝転がると足を開き、膣に指をかけて横に広げる。 

濡れて赤く光る小さな穴を、少年は目に焼きつけるように見ている。 

「ここだよ。おいで」 

そのとき、少女の絶叫が響いた。 

見れば、触手が少女の口から外へ出ている。 

噛みついて怯ませたのだろうか。 

口が自由になった少女は、少年の名前を呼んだ。 

何度も叫んだ。 

少年は意にも介さず、私の膣にペニスを挿入した。 

 
142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 20:14:12.87:ZTpD18j50

少年は本能が命じるままに、一生懸命に腰を振る。 

ぎこちなく腰を振っている様がとてもかわいらしい。 

少女が泣きながら、わけのわからないことを叫んでいるが、少年は私しか見ていない。 

少年はすぐに果ててしまった。 

膣から伝わる充足感と、ふるふると震えている少年が愛おしくて、私も軽い絶頂を覚えた。 

つながったまま私は少年を抱きしめ、少年は私の胸を吸った。 

ペニスはすぐに硬さを取り戻した。 

少年の勢いは衰えておらず、何度も激しく突かれて、今度は私が先にイかされてしまった。 

私が絶頂に達しても少年の腰は止まらず、イきっぱなしの膣に精液を吐き出すまで、それは続いた。 

 
151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 20:39:02.55:ZTpD18j50

少年のペニスはすぐに回復し、私たちは何度もセックスした。 

お尻を持ち上げ、少年に後ろからガンガン突かせた。 

少年に跨り、腰を回転させて精液を搾り取った。 

つながったまま手足を絡ませ、互いの体を気が済むまで味わった。 

どれだけ膣内に射精されたか、思い出せなくなってようやく、少年は止まった。 

ペニスが膣から抜けると、どろどろと精液が溢れて水たまりを作っていく。 

何度かキスをして、抱き寄せる。 

少年は私の胸を枕にして、すぐに寝息を立て始めた。 

 
157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 20:54:26.72:ZTpD18j50

少年を静かに抱きかかえる。 

ふと、少女を思い出して目をやれば、涙と鼻水に濡れた、酷い顔をしていた。 

目は開いているが虚ろで、何も見ていないようだった。 

生活反応はあるのに、こちらの言葉に反応しない。 

科学部に連れていけば、きっと喜ばれるだろう。 

実験体としても、娯楽としても。 

連中は女に飢えてるから。 

想定外の事態こそあったものの、作戦は無事終了した。 

引き上げよう。 

 
167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 21:20:46.04:ZTpD18j50

一ヶ月後。 

彼に会うために工場へと向かう。 

彼から魔力を抽出するためだけに作られた工場。 

彼の力は、今や我が組織に不可欠なものとなっている。 

扉を開けると、全身を縛られ、ペニスにチューブを取りつけた彼が待っていた。 

私の方を見て顔を輝かせる。 

「今日の分はこれで終了です」 

担当者が告げる。 

ちょうどいいタイミングで来れたようだ。 

彼のペニスからチューブが外された。 

拘束を解かれると、わき目も振らずに私の胸に飛び込んできた。 

頭を撫でてやる。 

「今日もよくがんばったね。えらいえらい」 

 
173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 21:41:14.69:TOIEbgmv0
あひぃぃぃぃぃ 

 
176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 21:45:43.44:ZTpD18j50

ごほうびをちょうだい、と彼が言った。 

私がいつものように服を脱ぐと、胸が露わになった途端、彼がむしゃぶりついてきた。 

舌遣いはかなり上達したものの、赤ちゃんのように必死に乳を吸う様は、最初とまるで変わらない。 

「赤ちゃんか……」 

今日、二匹目を出産したと科学部から報告があった。 

あの少女も、彼同様かなりの逸材だったらしい。 

モンスターに種付けさせて出産させる、異種交配実験に貢献してくれている。 

「赤ちゃん、ほしいの?」 

彼が不安そうな目をこちらに向ける。 

「やだ。赤ちゃんにあげるの、やだ」 

そう言って顔を胸におしつける。 

おっぱいが取られると思って、いもしない赤ん坊に嫉妬しているのだ。 

「いらないよ。赤ちゃんは君一人で充分」 

それを聞いて安心したのか、彼は再び胸をしゃぶり始めた。 

 
183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:02:20.69:ZTpD18j50

「ね、しよ」 

仕事が忙しくなってきて疲れてるし、彼にも休んでほしいので渋ったのだが、何度もせがまれて、結局折れてしまった。 

私がいない間、ずっと寂しかったのだろう。 

その埋め合わせを少しでもしてあげたかった。 

いつにも増して激しく、何度か気を失いかけた。 

本当に、毎日あんなに搾り取られてるのに、どこにこれだけの精液が残ってるんだろう。 

 
186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:07:41.70:ZTpD18j50

すっかり専用のポジションになった私の胸の上で、彼がまどろむ。 

「もうすぐ、世界征服終わる?」 

「うん、あとちょっと」 

「そうしたら、もうお仕事しなくていい?」 

「うん、ずっと一緒にいられるね」 

「じゃあ、もうちょっとだけがんばる」 

「うん、今日はもうおやすみ」 

言うが早いか、安らかな寝息が聞こえてきた。 

彼の温かさを体中で感じながら、私もまぶたを閉じる。 

明日も、一日がんばろう。 



終わり 


出典:魔法少年「し、触手がおちんちんに絡んで・・・んっ!」
リンク:http://morikinoko.com/archives/51739601.html
  投票  (・∀・):96  (・A・):19  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29860/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用