「あの人なら迷わず飛び込む」 (泣ける体験談) 38931回

2012/04/22 18:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
「あの人なら迷わず飛び込む」 子煩悩な父親 危険顧みず 大阪・茨木の水難事故
2012.4.22 08:21 (1/2ページ)[westナビ] 

溺れた小中学生を助けようと、川に飛び込んだ岡隆司さんが死亡した現場=21日午後6時43分、大阪府茨木市の安威川(山田哲司撮影)

 子煩悩な優しい父親は、目の前で溺れる子供たちを助けようと、危険を顧みずに川へ飛び込んだ。21日、大阪府茨木市の安威川(あいがわ)で起きた水難事故で、救助に入り死亡した岡隆司(たかし)さん(34)は、休日には必ず幼いわが子と遊び、近所でも子供好きとして知られていた。「岡さんなら目の前で子供が溺れていたら助けるだろう。責任感の強い人だった」。岡さんを知る人たちは勇敢な行動をたたえながらも悲しみに暮れた。

 JR茨木駅の北東約1・8キロの住宅街にある河川敷は、人々が釣りや水遊びなどを楽しむ憩いの場。近所の女性(60)は「川の流れは穏やかで、危険はないと思っていた。子供たちもよく遊んでいた」という。この日の茨木市周辺は、4月下旬から5月上旬並みの陽気。前日までは雨だったが、川の水位は普段と変わらず、河川敷を散歩する家族連れらの姿がみられた。

 週末の穏やかな風景が一変したのは午後2時すぎ。川で遊んでいた小中学生4人のうち3人が流された。懸命に泳ごうとする子供たちの姿に気づいた岡さんらは次々と川に入り、子供たちを助け出した。

 中学2年の男子生徒は意識不明の重体で病院に搬送。ほかの男児らは川岸で毛布にくるまった。そこに岡さんの姿はなく、消防の救助隊員が川底付近に沈んでいる岡さんを発見したが、引き上げたときにはすでに心肺停止状態だった。

 知人らによると、岡さんは妻と幼い息子と娘の4人暮らし。息子は来年、小学校入学を迎えるという。

 大学院を修了し研究職に就いており、平日は仕事で忙しいため、休日には子供たちを肩車したりして自宅近くの公園に連れて行き、遊んでいたという。子供たちを集めて遊んであげることもあり、近所の主婦は「いつもにこにこ笑っていて、子煩悩なお父さんだった」と話す。

 自宅マンションの理事会役員を務めるなど責任感も強かったといい、知人の男性は「岡さんなら他人の子供であっても迷わず飛び込むだろう。分かる気がします」と話し、泣き崩れた。



出典:知人泣き崩れ「岡さんなら他人の子供であっても迷わず飛び込む」
リンク:http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/120422/waf12042208270004-n2.htm
  投票  (・∀・):324  (・A・):46  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/29875/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用