私はスカイプをよくやっていたんですが (恐怖の体験談) 24711回

2012/05/10 17:56┃登録者:えっちな名無しさん◆Y/vRvEXw┃作者:名無しの作者
9 :(-_-)さん:2012/01/09(月) 01:12:13.21 ID:???0
私はスカイプをよくやっていたんですが、以前怖いというか今も整理のつかない体験をしました 
ヒッキーなのでヒキ友しか登録してなくて、普段もすごく暗い話しかしていませんでした 
明るい話なんて全然なく、いつ死のう、どうやって死のうとかそんなことばかり話していたんです 
私の方は冗談交じりだったんですが…… 

ある日いつも通りスカイプをしようとアプリを立ち上げたら、いつもオンラインの友達がオフラインになっていました 
どうしたんだろうと思ってよく見ると、プロフィールの所に「死にます、さようなら」と書かれていたんです 
確かにその子とはいつか一緒に死のうとか話し合ったことはあります 
高校を中退したとか言っていたので私より年齢は五つくらい下の子でした 
だから死ぬ死ぬとは言っても、中卒の私よりはまだまだやり直せる可能性はあったんです 
死ぬなんて本気で言っているなんて思わず、ただのファッション的な言動だとしか思っていませんでした 

さすがに私は心配になって、どうしようと慌てました 
スカイプとは別にその子とはメールアドレスを交換していたので、急いでメールを送ってみたんです 
するとすぐに返信があって、”今から最後のスカイプするね”などと書かれていました 
それから間もなくその子はスカイプでオンラインになり、向こうから通話が掛かってきました 


10 :(-_-)さん:2012/01/09(月) 01:12:24.48 ID:???0
「●●ちゃん? 最後のスカイプってどういうこと?」と言っても、それには答えず、 
「○○ちゃんありがとー、今から死ぬねー」とすごく明るい調子の声が返ってきたんです 
若干ろれつが回っていなかったので、きっと薬でも飲んでいたんでしょう 
「○○ちゃん、今手首切ったーどろどろー」「○○ちゃん、あーあたし今幸せー」 
私の名前を盛んに呼ぶので、私はこの現実が本当なのか夢なのか分からなくなりそうでした 
こちらが呼びかけてもやはり答えず、ずっとそんな調子で自分を実況し続けていたんです 
そんな一方的なやりとりの中でその子はエスカレートしていき、ついには「オーディオーディ!」などと叫ぶ始末でした 
「致死量超えたーさいならー」 
私が聞いたその子の声は、それが最後でした 

それ以降はスカイプ上ではオンラインになって通話が繋がっていてこちらが何を言っても、向こうからは何の返答もなくなりました 
この無言の通話の向こう側で、あの子は今頃ものを言わぬ死体になっているのかも知れない 
そう思うと、怖くなって体の全身に鳥肌が立ってきたんです 
いつの間にか私は通話を切り、PCを閉じていました 

それから私はスカイプをもうやることはなくなり、アンインストールさえしました 
あの子が本当に死んだのかどうかは、今も分かりません 
ただ、本当に嫌な出来事だったことは確かです 



出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):35  (・A・):32  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30120/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用