近所の野良猫ちゃん (エロくない体験談) 14947回

2012/05/18 17:38┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者

51 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 23:06:15 ID:JxigfX520 
近所の野良 


人懐こい野良だった。体長40センチ弱。一歳くらいだろうか? 
餌を上げなくても近寄って来て、体を擦り寄せてくる。余程普段から餌付けされ 
ているのだろう。 
(連れ去るのは造作もないな) 
即実行に移すことにした。 
次の日、段ボールを改造・補強した、猫を詰め込む箱を作る。元々は缶コーヒー 
の箱で大きさはそんなには大きくない。 


猫を発見。向こうもこちらに気付き、近づいてくる。危機察知能力のない猫だ。 
野良で生きている以上、これは致命的だ。遅かれ早かれ虹の橋を渡ることになっ 
ただろう。 
そして、それは今日になるのだがね。 


58 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/10(火) 23:49:16 ID:JxigfX520 
近所の野良 


段ボールの上側は、猫の体がギリギリ入るくらいに入口の大きさを調整してある 
。俺の体に擦り寄ってきた猫の顎を撫でる。「ゴロゴロ…」喉を鳴らし丸くなって 
いる。そっと首根っこを掴む。猫は皮を多めにわし掴みすると、四肢を延ばして身動き 
しなくなる。猫の四肢をうまく段ボールに入れ、頭まで入れると同時に手を離し、段ボールの 
入口を閉じる。 
途端に猫は気が狂ったように暴れ出す。 
「ギニャ〜〜オゥ〜〜!!」 
叫び声を上げるが、もう遅い。ガムテープで箱をグルグル巻きにして、中が見えるよう、隙間を少しあける。 
隙間から、恐怖に見開かれた猫の目が見える。 
(お楽しみはこれからだ) 
そっと語りかけた。 


66 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/11(水) 00:45:12 ID:wTuCC61F0 
近所の野良 


猫入り段ボールを車に放り込み、移動する。途中車を止めて、中をうかがってみ 
る。猫が隙間に向かって、顔を押し付けている。必死に出ようとしているのだろ 
う。 
俺は箱の上から、猫の頭がある辺りを両手で押し潰した。 
猫の頭蓋骨の硬さを感じると同時に、猫が身悶え唸り声を上げる。 
「ヴニャァ〜〜〜!」 
人間であれば「やめてくれ〜」とでも言っているのだろうか?だがやめるわけは 
ない。 
再び車を走らせ、夜には誰も来ないことがわかっている公衆便所にたどり着く。 
そこの障害者用スペースに入ると、段ボールを放り投げた。 


さて、本番の開始だ 


67 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/11(水) 00:50:19 ID:wTuCC61F0 
近所の野良 


今日のメニューは"撲"に決めていた。 
床に落ちている段ボールに向かってジャンプし、全体重を使い踏み付けた。段ボールの中で暴れているのがわかるが、鳴き声はあげない。あまりの痛みと恐 
怖で声も出ないのだろうか?2・3回繰り返した後、隙間の穴に切込みを入れた。 
同時に猫がそこから顔をだし、俺の顔を見るなり 
「シャアァァ〜〜〜!!!」 
と威嚇する。その鼻面めがけて、車に積んであったマグライトの柄で殴りつけた。 
ガツッ!ガツッ! 
「グッガッ」 
殴るたびに猫は声を上げる。 
(いい感じだw) 
少し様子を見ていると、猫は隙間をこじ開け外に飛び出した。だか、ここは密室逃げ場はない。 


69 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/11(水) 00:56:26 ID:wTuCC61F0 
近所の野良 


猫は逃げ道を探し部屋の中を四方八方に走り回り、隅で垂直跳びを始めた。おそ 
らく身の危険を感じると、高い所に上り身を隠す習性なのだろう。よくは知らな 
いが(笑) 
飛ぶタイミングに合わせ、マグライトをフルスイングする。 
ゴッ!鈍い音と共に、猫が反対側の壁まで吹っ飛ぶ。 
猫は隅で丸くなり、毛を逆立て俺を威嚇する。鼻からは鼻血が出ている。息も荒 
い。 
そのまま猫に、踵でストンピングを加える。十数発踏み付けていると、耐えかね 
た猫はダランと横になって、何とか呼吸をしている状態になった。 
(気付けをしてあげなきゃな) 
そう思った俺は、靴で顔を踏み付けじわじわと体重をかけていった。 




75 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/11(水) 01:23:13 ID:wTuCC61F0 
近所の野良 


次第に耐えられなくなった猫は、身を翻し起き上がった。その頭に対し、真上か 
らマグライトを振り下ろす。 
ガゴッ!「グニッ!」猫は変な鳴き声を上げる。 
直後、猫は不可解な行動に出る。虚ろな目をしながら、部屋の外周に沿ってゆっ 
くり歩き出したのだ。 
ゆっくり歩きながら、壁にぶつかりひっくり返る。また起き上がり、歩きひっく 
り返る。それを一周した後、ひっくり返り身動きをしなくなった。最後の力を振 
り絞って逃走路を探したのだろうか?だがそれは無駄だった。 


(そろそろ限界かな?逝かせてやるか) 
そう思うと、最後の行動に移った。 




76 名前:オグリッシュ[] 投稿日:2006/10/11(水) 01:26:35 ID:wTuCC61F0 


近所の野良 


2・3歩後ろに下がると、猫の頭に向かってサッカーボールキックを放った。 
猫は一直線に壁に激突し、床に横たわった。次の瞬間、猫は手足をバタつかせ、背中を反らせ呻き出した。ひきつけを起こしたみたいだ。 
「ヴゴォォ〜〜〜!」 
30秒ほどその状態が続き、次第におさまった。猫は大きく息を吸い、吐いた。 
呼吸はもう、切れ切れになっている。 
(終わらせよう) 
猫の頭に2・3発マグライトを振り下ろす。「ガッ」一言発した猫はそれきり動かなかった。 
清々しい気持ちで帰宅し、シャワーを浴びて寝た。 


朝起きて気付いた。「なんだ、夢か」 



出典:生き物苦手板
リンク:オグリッシュ先生
  投票  (・∀・):47  (・A・):108  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30227/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用