「空腹」で体が若返る!? 驚きの事実 (エロくない体験談) 16763回

2012/06/19 14:18┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
お腹が空いても30分ガマン!「空腹」で体が若返る、驚きの理由「健康のためには、栄養をたっぷり摂るべき」はもう古い?年齢不詳でおなじみの南雲医師が提唱する「空腹」の健康効果とは!

▲空腹でお腹がグー!恥ずかしいけれど、実は体にとっては大切な時間なのだ。
“1日3食、規則正しく”は時代遅れ?
空腹時に、オフィス内に鳴り響くお腹の音…。
恥ずかしく思う人が多いだろう。

グーっという音はもちろん、お腹が空いたままでいるのは心地よくはないものだ。しかし、実は空腹時こそ、体にとって重要な時間であることが最近の研究で明らかに!

当たり前になっている健康常識、「1日3食、規則正しく」神話はもう古い!
腹ペコタイムの健康効果を知れば、食事の回数や時間にこだわらなくても大丈夫。そんな、目からウロコの「空腹」新説を紹介。

お腹が“グー”っと鳴るときが
健康になるチャンス!


▲ハリ艶のある肌、バランスのよい体型…外見の若々しさは、健康である証。見た目と健康は大いに関係アリだ。
「空腹の状態が、体にとってよい」といっても、ピンとこない人も多いはず。けれど、空腹時こそ、ある遺伝子が働く唯一のチャンスなのだ。それが「サーチュイン遺伝子」と呼ばれる生命力遺伝子。

サーチュイン遺伝子とは、体内の細胞内にある遺伝子をすべてスキャンし、壊れたり傷ついた遺伝子を修復するというもの。平たくいえば、老化や病気を食い止める働きをする遺伝子だ。

また、空腹時には代謝促進や、肌のターンオーバーといったエイジングケアの役割を担う「成長ホルモン」も分泌される。

空腹の状態を適度に保つことが、若々しい体や、病気になりにくい体をつくるカギを握っていそうだ。

病気を治すのにも、「断食」が有効? 
「断食」というと、ダイエット法のように思えるが、これまでに世界でも定期的な「断食」を行っているところは多い。これは、ときおり断食したほうが体によいと経験的にわかっているからこそ、続いている習慣といえるだろう。
また、最近では短期の断食が、がん細胞の進行を遅らせる可能性があるとの研究結果もある。ただし、断食が体にとって有効な場合、そうでない場合がある。自己判断はせず、必ず医師に相談を。 

満腹が、私たちの“生命力”を弱めている?


▲私たちの体は、まだ「満腹慣れ」していないため、食べ過ぎると病気を招いてしまう。
さて、飽食の日本において、「食べ過ぎ」が肥満を始め、糖尿病などの現代病を招いていることは誰もが知るところだが、実はそれも、体の仕組みが関わっている。

私たちが1日3食お腹いっぱい食べられるようになったのは、戦後しばらくしてからのこと。歴史で見ると、飢餓状態にあった時代のほうがずっと長い。
そのため、そもそも私たちの体は「満腹に適していない」のだ。

2ページで紹介したサーチュイン遺伝子をはじめとする、生命力をつかさどる「生命力遺伝子」は、空腹時や寒さなど、いわゆる体の危機的状況でないと働かない。つまり、食べ物があふれ、快適な環境で生活できる現代人は、「生命力遺伝子」が本領発揮する場がなく、老化や病気に対して弱くなっているといえるのだ。

1日30品目は必要ナシ!
“若返り遺伝子”を呼び覚ます食事のコツ(1)
「空腹」状態が若々しい体や肌、病気になりにくい体をつくるといっても、飽食の現代日本において、適度に空腹状態でいることは難しい。そこで、「サーチュイン遺伝子」を働かせ、より若々しい体にみちびく食事のヒント、食べ過ぎないコツを紹介しよう。



▲お腹が空いてきたな…と思ってもしばらくガマン。体の中では「壊れた遺伝子が修復されている」とイメージして!


▲コーヒーや緑茶、紅茶などカフェインが入ったものは、空腹時は胃の負担に。
―――――――――――――――――――
POINT1:空腹を感じたらしばらくキープ!
―――――――――――――――――――
空腹を感じたからといって、すぐに食事をするのはNG。それも、「サーチュイン遺伝子」を働かせるためだ。

極端にいえば、お腹が空かなければ食事の回数や時間にこだわる必要もない。 「食事の時間だから」とお腹が空いていないのに食べることは、食べ過ぎにつながるのだ。

しばらくは空腹をキープし、30分〜1時間後を目安に食事をするとよい。

―――――――――――――――――――
POINT2:空腹時のコーヒー、お茶はNG!
―――――――――――――――――――
空腹を飲み物でまぎらわせたいときは、コーヒーやお茶などのカフェインが入ったものは避けよう。カフェインには強い刺激があり、空腹時に摂取すると吐き気やめまいを招くこともあるため。

飲み物がほしくなったら、麦茶などカフェインレスのものを選ぼう。

1日30品目は必要ナシ!
“若返り遺伝子”を呼び覚ます食事のコツ(2)


▲食事量は、「腹6〜8分目」を目安にしよう。
―――――――――――――――――――
POINT3 :「腹6〜8分目」を目安に
―――――――――――――――――――
お待ちかねの食事となると、ついお腹いっぱい食べてしまいがち。けれど、できれば満腹を感じる前にセーブするよう心がけて。

食べる量が減れば、必然的にお腹が早く空き、空腹の時間も長くなる。腹8分目からスタートし、少しずつ6分目程度まで抑えられるとよいだろう。いつもの茶碗やお皿を小さいサイズに変えると、量を減らしやすい。

―――――――――――――――――――
POINT4 :1食分を「一汁一菜」に
―――――――――――――――――――
食事の量を手軽に抑えられるのが、昔ながらの一汁一菜。たとえば、朝食を小さめの茶碗でご飯1杯とみそ汁に変えてみよう。
ちなみに、朝食欲がわかなければ食べなくてOKだ。

1日30品目は必要ナシ!
“若返り遺伝子”を呼び覚ます食事のコツ(3)


▲私たちの体に近いバランスの「完全栄養」食が、小魚。また、野菜も根っこから葉っぱ、皮まで全部食べるのがおすすめだ。
―――――――――――――――――――
POINT5:まるごと食べて「完全栄養」を摂る
―――――――――――――――――――
食事の量を減らすと、栄養が十分に摂れるかという疑問も出てくる。だが、以前の指針であった「1日30品目」を目安にすると、当然食べ過ぎになってしまう。

実は、栄養で一番大切なのは「量」より「質」。
さらに、バランスのとれた栄養とは、「私たちの体を構成している栄養素と同じ栄養素が、同じ比率で含まれている」ものだ。

具体的には、骨や皮も含む魚をまるごと食べることが、私たちの体に一番近いバランスの栄養素が摂取できる方法。小魚が、まるごと食べるのに適している食材だ。

また、野菜もまるごとがおすすめ。普段捨ててしまう皮などに、むしろたっぷり栄養が含まれているためだ。食材をまるごといただくことで、量は少なくても質のよい栄養がきちんと摂取できるのだ。


出典:MSN
リンク:http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/article.aspx?cp-documentid=250115032&page=0
  投票  (・∀・):52  (・A・):23  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30587/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用