日本が理由付けに使った国の現状だべさ (エロくない体験談) 18884回

2012/06/29 18:43┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
ロンドン・オリンピックまであとひと月足らず。
英国全土では聖火リレーなど華やかなオリンピック関連行事で全土がわいているが、経済社会はかなり暗いムードに覆われているようだ。 

何しろ、若者の失業率は1980年代以降最悪の22%前後に高止まりしている。 
実質経済成長率も「オリンピック特需」にもかかわらずゼロ・コンマ台で推移している。 

実は英国はリーマン・ショック後の付加価値税(消費税に相当)増税で世界に先駆けたのだが、結果は大失敗でその最大の被害者が若者なのだ。 

日本国内では「英国に倣え」と財務官僚が騒ぎ立てて増税論議をあおったいきさつがあるが、恐るべき弊害には知らぬふりだ。 

英国の増税策の概要をみよう。
2010年5月に発足したキャメロン保守党・自由民主党連立政権はさっそく付加価値税率17・5%を11年1月から20%に引き上げる緊縮財政政策を決定した。
他にも銀行税を導入するほか、 株式などの売却利益税の引き上げ、子供手当など社会福祉関連の予算削減にも踏み切った。 

他方で法人税率を引き下げ、経済成長にも一応配慮した。
こうして国内総生産(GDP)の10%まで膨らんだ財政赤字を15年度までに1%台まで圧縮する計画なのだが、このまま低成長と高失業が続けば達成は困難だ。



@@@@
あくまで理想論だが、
所得税と法人税が担税力に沿った正当な税の姿である。
これは疑う余地が無いはずだ。

国民が疑う事無く納税し、経済システムが繁栄向上するには、
絶対に消費税を無くす事なんだが・・・・。

将来を担う若者君、
いま職に付いている会社が苦しくて止めてたくても、次の日頑張って会社に行こうな。
日本が理由付けに使った国はとんでもない大不況なのだよ。

出典:「欧米ではもうやっている」てのは全部言えよ 
リンク:・・・・
  投票  (・∀・):52  (・A・):20  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30682/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用