修学旅行の思い出 (学校での体験談) 33882回

2012/07/05 18:10┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
137 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/09/11(日) 02:42:11.80
高校修学旅行にて
夜に恒例の恋ばなをすることになった。
話す順番はトランプによって決められ、俺がいちばん最初に話すことになった。
茶道部のおとなしめのAちゃんが好きだと打ち明け、
いかに可愛いかを語っているときにふと、流れる微妙な空気に気づく。
「……あっ…あぁーー」
「…うん…そうかー…」
「えっ?なにっ?何かあるの?おしえろよー!」
気まずい感じで生徒会長をやっている友達がそーっと手を挙げて
「…この前Aさんに告白されてお付き合いしてます…」
なんかもう泣きそうになった。
「別に本気じゃないからいいし!ちょっと可愛いかなーぐらいだし!良いじゃねーかお似合いじゃん!」
と言いながら溢れる涙。みんなに凄く気を遣われる。
一日目の夜だったんだけどもうそれ以降の修学旅行の記憶が飛んでいる。
修学旅行が終わっても何だかその仲良かった奴等と話しづらくなってどんどん孤立していった。
卒業の時には話す相手がほとんどいない状態になった。

この前幸せそうに結婚したというハガキが送られてきた。もうすっかりどうでもよくなっているつもりだったが泣いた。

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):38  (・A・):26  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30757/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用