いじめ復讐殺人事件 (その他) 28637回

2012/07/11 22:15┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
山形一家3人殺傷事件(やまがたいっか3にんさっしょうじけん)とは
2006年5月7日に山形県西置賜郡飯豊町のカメラ店で起こった一家3人殺傷事件である。
 
この事件は5月7日午前3時55分頃、山形県飯豊町の田園地帯の民家に男性が突入し、
カメラ店経営の一家3人を襲った事件である。
父親(当時60歳)と長男(当時27歳)が死亡し、母親(当時54歳)も脳挫傷の重傷を負った。
母親には襲撃される心当たりがなく、当初「理由はまったく分からない」と話していた。
犯行後の午前10時、現場から数百メートル離れた山林の神社の軒下で右手に血がついたまま座っている男性を発見し、
一家殺傷の犯行を認めたため殺人容疑で一家の遠縁の親戚の男性(当時24歳)が逮捕された。
殺人の容疑で逮捕された男性は5月7日は憔悴が激しかったが、5月8日は午前6時半に起床し朝食を取った。
男性は長男に恨みがあったと話したが、夫婦の寝室に入ったのは夫婦の寝室だとは知らなかったためと供述した。
男性は5月7日夜の取り調べで「長年の恨みがあり、犯行は7日に行うと決めていた」と供述していた。
だが、この恨みを抱いた内容が公に発表されると様々な意味で激しい波紋が広まった。
犯人の男性は「(少年の頃に被害者の長男から)性的なことを強要されたことで、身体的な変調を来し、
(犯行を)抑えられなかった」と供述したのであった。
男性が長男に性被害を受けたのは小学4年の話だった。
実際、長男の顔だけに執拗に殴った大きな傷があることも判明した。
弁護側など一部ではPTSD説もあったのだが、精神鑑定は地裁が却下した。
被告の男性の一家と長男の一家は遠縁の親戚同士であり男性と長男は幼馴染であった。
犯人の男性は、年明けに長男が結婚する事を知り、小学校時代の性的いじめに対する報復として犯行を決意した。
長男には婚約者がおり、10月にはハワイで挙式する予定であった。
父親と母親に関しては殺意を否定し、悪い事をしたという証言も出た。

出典:山形一家3人殺傷事件
リンク:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E4%B8%80%E5%AE%B63%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6
  投票  (・∀・):72  (・A・):29  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30843/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用