絶対に死なない (泣ける体験談) 45995回

2012/07/19 06:31┃登録者:えっちな名無しさん◆sswiKBzg┃作者:
497:おさかなくわえた名無しさん:2006/06/27(火)17:43:08 ID:KeTZnUso 
 
 父が定年目前で脳梗塞で倒れた。
 
 今でこそ一人で歩いたりできるんだけど、手術した当初は自分の名前もわからないぐらいで、もう父は一生こうなんだと私は覚悟した。 
 
 ICUにいる父は面会時間が決まっていて、二人で病院に朝から晩までずっと待機して、会える時間はずっと会った。 
 
 その待ち時間に、 
母が父と結婚した経緯を話してくれた。 
 
 父は若い頃にも重い病気にかかって、当時診た医者がヤブだったのか、悪くなる一方でサジを投げられて転院した。 
 そこで看護婦をしていたのが母だった。 
 その頃は恋愛感情なんてなく、看護婦と患者として普通に接していたんだ。 
 数年後、無事父は退院。地元に戻り就職、その後は特に連絡を取り合ったりはしなかったらしい。 
 
 しばらくして就職先で友達になった女性の家に夕食をご馳走になることになった。 
 そしたらなんと、その女性の妹が母。 
 父と母はそれからたびたび会うようになり、何年か付き合って結婚。 
 結婚後母は看護婦をやめたが、当時の看護婦仲間に会って父と結婚したことを報告すると必ず 
“あの人まだ生きてたの!”って、 
驚かれるぐらいひどかったらしい。 
 
だから母は 
“父は絶対に死なない、きっと元気になる”って 
私を励ましてくれていた。 
 
 そして、その通りになった。
 半身がほぼ麻痺してるけど、父は必死にリハビリして、母は毎日二時間のマッサージを欠かさなかった。 
 
 おかげで父は一日に何キロも歩けるようになって、二人とも庭仕事が大好きで日焼けで真っ黒。 
 
 うちの両親は日本一すごいと思う。 
 
 



出典:2
リンク:2
  投票  (・∀・):369  (・A・):69  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30920/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用