老いた飼い猫が救ってくれた (その他) 25187回

2012/07/26 22:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
506 名前:名無しさんといつまでも一緒:2007/12/23(日) 14:11:52 0
浮気されお金取られてDVまで受けたのに、
私の親が亡くなった時期が重なってしまい、元夫に執着してしまった。

最後の暴力がキッカケで別れたのだけど、
最後に振り絞る声で元夫に「出て行って」と冷静に言えた。

足でボコボコに蹴られている時、
愛猫がうずくまった私の肩に乗って私をかばった。(私にはそう思えた)

元夫は、動物には手を出さない人間だったので、
そこで暴力は止まった。

親を亡くして独りぼっちになって淋しいのに、
「出て行って」と言えたのは亡くなった親が私に言わせたような気がする。

今、元夫は借金まみれの惨めな生活を送っています。
別に私は慰謝料とか全然請求してないし、
ただ、離婚して出て行ってもらっただけなんだけどね。

逆に私は、元夫から
貯金や保険、全てのお金を取られて無一文同然になったにも関わらず、
借金を一度も経験しないまま、まっとうに働いて貯金も少し出来て、
愛猫と幸せに暮らしてます。

あのまま寂しさに負けて、
元夫に執着してすがりついていたらと思うとゾッとします。

「馬鹿は死ななきゃ治らない」とはよく言ったもんだなと思います。
浮気癖・借金癖・人を裏切る癖って、治らないんだね。

511 名前:名無しさんといつまでも一緒:2007/12/23(日) 23:30:28 0
>自分の寂しさに負けて元・汚夫に執着してすがりついていたらと思うとゾッとします。
寂しさから何かや誰かに依存すると、後で痛い目に遭うからねえ。
あなたは自分の足でしっかり立つ決意ができて良かったね。

512 名前:名無しさんといつまでも一緒:2007/12/24(月) 00:06:08 0
猫に感動してしまった

516 名前:名無しさんといつまでも一緒:2007/12/24(月) 01:33:16 0
私を助けてくれた猫は、暴力を受けている真っ最中に、
大きな人間の男の体をさえぎるように、
体の小さな猫が私の肩に抱きつくようにしがみつくように乗ってきたんです。

この時のことを思い出すと泣けてきます。
いつもは、この猫は私が「メッ」って言っただけで
耳をすぼめて逃げ出すんです。

そんな子が、基地外みたいに暴力ふるってる人間の前に立ちはだかるなんて。
猫だって怖かっただろうに。

私を守ってくれたこのけなげな猫を守る為にも、私は強くならねばと思いました。
もう13歳で、人間で言えば初老です。

今思えば猫のおかげで、元夫が再構築を求めてきてもキッパリ断れたんだと思います。

実は、私は今、優しくて常識のある男性と婚約してます。
世の中は広いから、本当に色んな人がいて、浮気や借金や暴力をしない男性もいるんですね。
そう思えるには時間がかかったけど。

私にしか懐かなかった猫も彼にベッタリなので、猫にもOKをもらったみたいなものです。

読んでくださった人達、ありがとうございます。
名無しに戻りますね。

517 名前:名無しさんといつまでも一緒:2007/12/24(月) 03:00:11 0
ああ、良かったねぇ。
辛い経験を経て今現在幸せそうで、
読んでいてとってもいい気分になりました。

うちにも猫がいて、私が一番辛い時に私を守ってくれた。
私もこの子たちと一緒に幸せになるよ〜!

辛い経験をした人は来年は幸せになれますように。

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):85  (・A・):58  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/30988/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用