大東亜戦争の名言集 (エロくない体験談) 21801回

2012/08/13 17:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:大東亜戦争の名言集
大東亜戦争の名言集(抜粋)


 ―ダグラス・マッカーサー元帥
(日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。


 ―A・トインビー(英国、歴史家)
第二次世界大戦において、日本人は日本のためよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大な歴史を残した。それらの国々とは日本の掲げた短命な理想、大東亜共栄圏に含まれた国々である。
日本人が歴史上のこした最大の業績は、世界を支配していた西洋人が「不敗の神」ではない事を示した点である。


 ―O・ラティモア(中華民国顧問)
ニッポンが立派にやり遂げた事は欧米の植民地帝国を完全に破壊した事である。


 ―ネール(初代インド首相)
彼ら(日本)は謝罪を必要とすることなど我々にはしていない。
それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。
講和条約にも調印しない。
(1952年日印平和条約締結)


 ―バ・モウ(ビルマ首相)
我々を白人支配から救い出してくれたのは日本だった。
我々は大戦終盤に日本を見限ったが、その恩は忘れない。
日本ほどアジアに貢献した国はいない。
日本ほど誤解を受けている国はいない。


 ―G・シャフエー(マレーシア外相)
なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか?
日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。この日本が払った尊い犠牲を否定する事は、バックミラーばかり見ているようなものです。


 ―プラモード(タイ国首相)
日本のおかげでアジアは独立できました。
日本というお母さんは母体を壊してまでもアジア諸国という子供を生んでくれました。
今日、アジア諸国が欧米と対等に話ができるのはだれのおかげか?
それは自らを殺してまで生んでくれた日本というお母さんがあったからだ。
我々は12月8日を忘れてはならない。


 ―シャルル・ドコール(仏)
シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。


 ―ゴー・チョクトン(シンガポール首相)
日本の統治は過酷なものだった。しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。
これはアジアに自信を与えた。大戦後、15年以内にアジアの植民地はすべて解放された。


 ―ナーセル(第2代エジプト大統領)(第3次中東戦争惨敗後の談話)
 アジアには日本がいた・・・アラブには日本がいない。


 ―ブン・トモ(インドネシア元情報相)
あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。
それなのに、すべて日本に背負わせて日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。

      ・・・申し訳ない。


出典:大東亜戦争の名言集 
リンク:http://netamesi.blog.fc2.com/blog-entry-566.html
  投票  (・∀・):255  (・A・):109  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31355/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用