テレアポのバイト (恐怖の体験談) 10286回

2012/08/15 10:12┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
ちょっと前にテレアポのバイトをしていた時なんだけど。 
小さな事務所で、インカム着けて通話しつつもお互いの内容がなんとなく聞こえるくらい。 
そこでバイト仲間の一人が妙なことになったんだよね。 

俺は壁際で、隣はA(学生、男)って真面目な奴しかいないんで、 
その会話を聞き流しつつ、めんどくせーとか思いながら俺もリストに従って順番にノルマやっつけようとしてた。 

インカムで塞がれてない左耳に「はい…7月の…18日ですね…渋谷。
はい、確実に」ってAの声が聞こえてきて、 
アポ順調だなーいいなーなんて思ってたんだけどそのあと、 
「息が止まるまで何度も、何度も、刺す…はい…死ぬまで…逃がさない」って。 


786: 2/2:2012/07/22(日) 02:18:35.76 ID:jef7ITba0
「えっ?」と思ったら、急にAが後ろ向きに、事務椅子ごとぶっ倒れたんだよね。 
反射的に見たら白目剥いて泡吹いてて、女子も多い事務所だからパニック状態になっちゃって。 
すぐに社員が救急車呼んで、Aは近所の病院へ運ばれたらしいけど、その後出勤してくることはなし。
 
テレアポで営業かけてたのは某CSのチューナーだし、
刺すだの死ぬだの物騒なキーワードが出てくるのは常識的にあり得ない。 
Aはどんなお客さんとどんな会話してるんだよ、と。 

通話記録(直前の会話分だけ録音してある)も残ってるはずだと思うんだけど、
バイト先からは何の説明らしきものはなかった。 

で、偶然、Aを見かけたんだよね、一昨日の飲みの帰り、始発電車の中で。 
面白みもない感じの普通の学生って感じだったAがガラガラの車内の真ん中で突っ立ったまま、 
涎を垂れ流しながら恍惚の表情で笑ってて、見るに堪えなかった。 
電話一本で何があったんだろうって急に思いだして、雑文ごめん。 





出典:どうして夏なのにこわい話がないのかなぁ
リンク:次世代の投稿者しっかりしてよ・・・と先輩からのアドバイス投稿
  投票  (・∀・):13  (・A・):16  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31379/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用