狂牛病 (恐怖の体験談) 15503回

2012/08/15 20:26┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
流れぶった切って俺も一つ話をしようか、狂牛病の話し。 

簡単に説明すると狂牛病というのはプリオンと呼ばれるタンパク質が変異を起してしまい、 
この異常プリオンが脳に蓄積されて神経細胞が破壊され脳に空洞ができてスポンジ状になる病気。 
これが羊だとスクレイピー病、人間だとクロイツフェルト・ヤコブ病と呼ばれ称してプリオン病と呼ばれてる。 
ただしこの説明は一般論で、まだ分からないことも多く異説もあって定説までにはいたらない。 

さて、はっきりしたことは解明されてないわけだが、どうも感染するかも知れないらしい。 
解明されてない今なにを言っても根拠とはならないけど関連する情報として・・・・ 


かつてニューギニア島では葬儀の際の食人習慣というのがあって
それにに起因するクールー病という病気もプリオン病の一つ。 
こちらはちゃんと解明されてる、共食いというかカニバリズムはやばいっぽい、特に脳。 

次に、狂牛病の起源はヤコブ病ではないか?というレポートがあったりあったりする。 
人の死体を食べた牛がヤコブ病に感染したのが狂牛病という話。 
そんなアホなことが・・・・ありうるそうなw 
「崎谷博征 ヤコブ病」でぐぐれば出てきます、結構有名な話らしい。 

最後に研究者達がが不審な死に方をしているという話、これも表に出てこない有名な話。 
アルツハイマー病の世界的権威であった斉藤綱男博士を含む
プリオン病の研究者たちが不審な死に方をしている。 
ちなみに変異型クロイツフェルト・ヤコブ病とアルツハイマー病はつながりがあるかも知れないらしい。 

プリオン病は潜伏期間があるから直ぐには発症しないが若くして発症する者もいる。 
信用できない物を口にするのはいかがなものか、と。 
自分も詳しくはわからんからこの辺で、既出だったらスマソ。 






出典:現役投稿者に喝をいれるべく一夜限りの復活
リンク:真夏の恐怖特集
  投票  (・∀・):33  (・A・):21  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31436/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用