メリー苦しみ抜いた末にこの世で最も残酷な結末が貴様に降りかかりますように (恋人との体験談) 10737回

2012/08/16 14:41┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
「え?」彼女は目を丸くした。
「昨日がイヴだから、今日はクリスマスでしょ?」
「違うよ」言い終わらないうちに僕は答えた。「キリストの誕生日なんて、僕にはどうでもいい」

「なにそれ」声が裏返り、目がヒクヒクと痙攣している。わかりやすい怒り方だった。
「じゃあ何であたしと一緒にいるのよ!どうでもいい日に呼ばないでくれる!?」
彼女の目は怒りから、軽蔑と悲しみに変わっていった。
「バカみたい。何でこんな男と――」目に涙を浮かべた彼女が踵を返し、駅の方へ向かおうとしたその時、いきなり僕は彼女を抱きしめた。

あたたかい。
コート越しの温もりを数秒間堪能したあと、彼女がサッと僕から離れた。
「何すんのよっ・・」
僕は柔らかな微笑みを絶やさぬまま、彼女に顔を近付けた。怒っていいのか、なにをしていいのか戸惑って目を泳がせている。
困惑の中で不思議と僕らは見つめ合う。

彼女の顔の筋肉が緩んできたので、僕は彼女の鼻の頭にちょこんと指を乗せた。
「今日は」はっきりと彼女の瞳を見つめた。




「君がいちばんきれいな日、だろ?」

メリークリスマス。 

出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):13  (・A・):23  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31466/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用