天狗 (恐怖の体験談) 13056回

2012/08/19 23:40┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
俺の正月の体験だ。 
俺は大晦日から元日にかけて滝行を行う。 
東北地方のある山地に篭り誰も知らない滝で六尺一本になって滝に打たれる。 
滝は寒さで半ば凍りつきこの冬はとりわけ寒いので氷柱が何本も勃った幻想的な 
光景になっている。 
俺は般若心経を唱えながら滝に打たれる。 
零下の気温の中で冷たい水に打たれるのは想像を絶する苦痛で寒さで金玉も魔羅も 
縮こまっている。 
明け方ブウォーという法螺貝の音がとこからともなく響いてきた。 
今年も来たな。 
俺は思った。 
滝壷の前に山伏姿で天狗の面を被った男が現れた。 
男は山伏装束を脱いだ。 
六尺一本の逞しい身体が現れた。 
冬だというのに肌は浅黒く濃い体毛が胸から下腹に続いていた。 
男の股間は隆々と盛り上がっていた。 
天狗男は六尺も解いた。 
天狗の鼻のような魔羅がビンと飛び出した。 
俺の縮こまっていた魔羅も鎌首をもたげ始めた。 
「よ、よう。いい体してんな。お、お、俺と爽快なホモセックスでハメ狂わねえか?」 
天狗と分かってる奴に声を掛けるのは初めてで、不覚にも声が震えた。 
「いいぜ。実は俺は天狗なんだ。俺のすげぇマラでヒィヒィよがらせてやるよ。」 
俺の妄想では、天狗野郎はこう言う筈だった。しかし、現実は甘くない。 
「なんなんですかあなた。気持ち悪い。警察呼びますよ。」 
やはり駄目だったか……。天狗野郎は俺を睨みつけると、どこかへ行ってしまった。 
まだ俺自身無垢な修現者だった頃を思い出し、俺の目から涙が溢れた。

出典:  
リンク:  
  投票  (・∀・):10  (・A・):27  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31556/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用