さやか (泣ける体験談) 9434回

2012/08/20 19:03┃登録者:痛(。・_・。)風◆pvNbTqv.┃作者:名無しの作者
元気だったあなたが事故に遭って、怪我をして、入院して、薬の治療か何かよく知らないけどたくさんのコードを巻きつけていましたね。

私は、あなたから逃げました。

「お父さん、喉乾いた」
そう言って、病院の売店でジュースを飲んみました。
何を飲んだかなんて覚えてません。

後に姉に私は言われました。
「あんた、おじいちゃんが怖かったがやろ?」
わかりません、だけど死への恐怖がなかったわけではありません。

それが最後でした。

ある日お風呂に入ってたら、電話がかかってきてお姉ちゃんが「おじいちゃんが死んだ」って言ったのを覚えています。
「何それ」って笑いました。嘘だと思いました。だけど、一家で車に乗っておじいちゃんちに行ったらおじいちゃんが布団で眠っていました。おばあちゃんが私に「おじいちゃんね、苦しみながら最後にさやかの名前を呼びよった」って言われた。みんなの名前呼んだけどさやかだけずっと呼びよったって。

この言葉の重さに私は気付かなかった。

今ならわかるよ

涙止まらんもん






出典: 
リンク: 
  投票  (・∀・):14  (・A・):18  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31601/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用