妻にお金持ちの愛人がいた (寝取られ体験談) 40523回

2012/09/04 17:04┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
最近妻がやけに化粧などをしだし 
かなりファッションにもこだわるようになってきた。 
前の妻の服装といえば、短パンに、キャラクターの顔の絵が 
乗っているTシャツ一枚・・・

今は、女性に人気のブランド?の服に、 
生足の見えるスカートなど、とにかくエロさがハンパじゃないことは 
男の僕が保障できる、その格好で出かけてくるというのである

これは怪しいと思い、同僚に相談したところ 
確実に不倫をしているといわれた、僕もすぐになっとくした。 
それから僕は同僚にお願いして、妻の行動を見張ってもらうことにした 
僕は妻が次に出かける日を知っていたから、その日に同僚に準備してもらって 
早速作戦開始、

その日の妻は、胸元は開き目で、つけまつげも今まで見たことの無いような長さ 
そして、足元はヒールにショーパン・・・ 
一応妻は32歳で、結構若作りしているように見えた 
そして友人にそのまま妻の行動を監視してもらった、僕は依頼料として 
友人に、少しばかりお金をあげたら張り切って行動してくれた。

そして僕はその日は友人に任せて家にいることした。 
そして夜になり妻が帰ってきたから『なにをしてきたのか』と聞くと 
妻は、久しぶりに会うことになった同級生と、色々とお話をしていたという

早速僕は友人の所にいくと妻に伝えて、同僚からすべてを明かされることになる。 
それは、妻の不倫現場をばっちりと移した写真。 
しかも相手の男性は高級車のベンツに乗っているお金持ちそうな年上っぽい男性 
友人は人の不幸なので楽しんでいるのか、ホテルに二人が入って、部屋を選んでいる様子まで携帯の動画撮影で撮影してくれてた・・・

ショックだった・・・ 
あんな派手な格好をして、お金もちの男に抱かれている妻の姿がとてもリアルに想像できた・・・

そして僕は、同僚とともに、数日かけて、その不倫相手である男を突きとめた。 
同僚抜きで、一人その日は会社を休み、その男と直接対決。 
僕はその男が通っているエステの場所を同僚と突き止め、そこで待ち伏せ 
すると、エステを終えたその男が現れた、みなりも僕より勝っている部分ばかり 
妻はこの男にどんな喘ぎ声をきかせているのだろうか・・・

僕は問い詰めた 
『○○という女性を知っていますよね、それは僕の妻です』と 
男は僕をしかめた目で見つめて『なんの用ですか』と一言

僕は興奮してなにも言わずに写真を見せた

男は冷静に『申し訳ないことをしたと思っている、大人同士金面でなっとくのいく形で解決したい』と一言

お金もちめ!!!

僕は、『今は判断できないから、すべてを教えろ、妻とどうやって出会い、どんなことをしたか教えろ、それで決める、それとうそをつくとすぐにばれるぞ』と言ってやった

それから男は冷静にしゃべりだした。

愛人紹介掲示板

という掲示板サイトがあり、そこに僕の妻がいたとのこと 
そして職業とかを書いてメールしたら返事がきたからそれが出会いの始まりと・・・ 
しかもホテルでは、男性に縛られる行為もおこなっていたとのこと・・・

殴りたかった・・・でも殴ったらすべてがダメになる 
我慢した、今までずっと妻や家庭のために働いてきたのに・・・

そして今は、その男と妻を告訴するために、 
弁護士に依頼をかけている最中だ

僕は妻と別れる決意をしている・・・ 
これまでの楽しかった生活は、もう戻らないんだと 
妻に現実を見せ付けてやりたいので、これから頑張りたいと思う!!

出典:妻にお金持ちの愛人がいた
リンク:http://www.moedb.net/articles/1346745207.html
  投票  (・∀・):63  (・A・):50  →コメントページ
読み終わったら評価を投票してください。押してもらえるだけで更新意欲がわくです。
コメント書かなくても投票だけでもできます。
作者の創作意欲を削ぐような発言は絶対に止めてください。
既出や重複の登録を見つけたら掲示板までお知らせください。
イイ→ イクナイ→ タグ付→
ココ
コメントがあれば下に記入してから押してください(30秒規制)
名前: トリップ:
コメント:

  トラックバック(関連HP)  トラックバックURL: http://moemoe.mydns.jp/tb.php/31855/
トラックバックURLは1日だけ有効です。日付が変わるとトラックバックURLが変わるので注意してください。
まだトラックバックはありません。
トラックバック機能復活しました。

  Google(リンクHP)  このページのURLを検索しています
検索結果が見つかりませんでした

TOP
アクセス解析 管理用